home > 物語 > > これまで育てていただきありがとうございました

これまで育てていただきありがとうございました

 

 今日はラムリーザの誕生日である。

 そういうこともあって、今日が休みということもあり、久しぶりに実家に帰ることにした。

 むろん、ソニア一人で残っているのも嫌という話になったので、一緒に帰る事になった。

 もともと帰る場所も同じなのだから、さほど問題は無い。ラムリーザ同様、ソニアも時々は親に顔を見せろということだ。

 

 二人が準備している時、ラムリーザはソニアに言った。

「あー、帰るときは制服にしろ」

「えー……」

 ソニアは不満気だが、ラムリーザは気に留めずに話を続ける。

「ぶっちゃけ普段着より制服の方がかわいいし……、というか普段着がダメすぎる……」

「そ、そう?」

 後半はボソッとつぶやいたので前半しか聞こえなかったのか、かわいいと言われたので多少は抵抗がなくなったようだ。残っている抵抗感は、制服だと収まりきらない大きな胸だ。

 だが同時に、先日ラムリーザに大きい胸が良いと聞いたことも思い出していた。

「まいっかー」

 そう言って、ソニアは制服に着替え始めた。

 ラムリーザはしばらく部屋の片付けをしていたが、ふとソニアの方を見ると、靴下を手に悩んでいるような顔をしているのが見えた。

「どうした? 何か困ったことでもあるのか?」

「あたし、この長い靴下嫌い……」

 少し心配して聞いてみたのだが、悩んでいる内容は普段からぶつぶつ文句を言っているどうでもいいことだった。ソニアは素足で居るのが好きなのだ。

「嫌なら履かなくていいぞ。学校に行くわけじゃないんだから」

 ラムリーザは、軽くため息をつきながら言う。

「そう? うん、そうよねっ」

 途端に機嫌よくなるソニアであった。

 結局、上半身は学校の制服、下半身は素足にサンダルというチグハグなコーディネートになってしまうのだった。

 それでもラムリーザは、いつものだぼだぼニットよりは、ブラウスの方がマシだと思っていたのである。

 

 そんなこんなで、この町に来たときとは反対側の路線に乗り込んで、帝都シャングリラを目指して出発した。

 二人掛けのシートに並んで座り、一息つく。

「一ヶ月も経ってないのにいろいろあったねー。友達もできてよかったー」

 ここに来て二週間ちょいを振り返って、ソニアはしみじみとした感じで言う。

「僕はソニアの暴走の方が印象に残っているけどな」

「そ、それは本当に不安だったんだから……」

「無用の不安だよ、まったく」

 ソニアが勝手に思い込んでいた、ラムリーザがリリスやユコに取られるのではないかという不安は、さまざまなソニアの奇行を生み出していた。

「でもね、今思うと不安だけじゃなかったんだ。あ、ラムにだけ言うけどね、昔、ただの友達だったときは、ラムが女の子と話をしていても、男友達が女友達と話しているだけ、みたいな感じがしてなんとも思わなかったの。それが彼氏になったとたん、彼氏が他の女と話しているって感じがして、嫉妬しちゃった……みたいな」

「やれやれ、ソニアは独占欲が強かったのか」

 ラムリーザは、ソニアの頭を撫でながら呟いた。するとソニアは、ラムリーザの肩に頭を乗せてくるのであった。

「そうなっちゃうね……でも、自分でもそれは何だか嫌だなーって思うから、改善していくね」

「善処してくれ。じゃないと僕は、ソニア以外の女の子と話できなくなってしまう」

「ごめんね、くすくす」

「笑いながら謝るな。というより、昔はそれほど好きってわけじゃなかったんだね」

「うーん、その時はよくわかんなかったんだけど、ラムがこの春から遠くに行っちゃうんだなって知った時、ラムのこと好きだったんだなって気がついたの」

「今はべったり離れないもんな」

 ソニアは、さらに腕を絡めて引っ付いてきた。

「あたしは自分に正直に生きてるの」

「さいでっか」

 列車は、仲むつまじい二人を乗せて走っていく。

 

 

 二時間ほどして、帝都に到着した。再び帰ってきたのだ。

 事前に連絡していたので、駅の外には既にメイドが用意してくれていた車が待っていた。そして、そのままフォレスター邸まで向かっていった。

 屋敷の前では、ラムリーザの妹であるソフィリータがお迎えでもするように待っていた。

 そして、ラムリーザが車から降りるやいなや、ソフィリータは走ってきて飛びついた。

「お帰りなさいませお兄様!ソフィリータはずっと会いたかったです!」

「久しぶり。ただいま、ソフィリータ」

 そう言ってソフィリータの頭を撫でつつ、ソニアの方を向いていたずらっぽく言ってみる。

「そして、妹に嫉妬するソニア君であった」

「嫉妬してないわよ!」

 ラムリーザはソフィリータの方に手をやって屋敷に入って行き、ソニアはそれを追いかけていくのであった。

 そしてその途中、ソニアは石畳に足を引っ掛けて派手に転ぶのであった。

「ソニアお姉様、足元に気をつけてくださいね」

「そうだぞ、お前はほんとにそそっかしい」

 ソフィリータに心配され、ラムリーザに呆れられてしまった。

 ソニアは何も答えずに、唇をかんで恨めしそうに自分の大きな胸をにらみ付けながら立ち上がるのであった。

 

 フォレスター家には、一般とは違った風習があり、この誕生日もその一つだった。

 誕生日に一般的によくある、生まれた月日を祝ってもらうのではなく、生まれた月日に両親にこれまでの感謝を述べる日となっている。

 だから、晩餐の後、ラムリーザは母のソフィアに、「これまで育てていただき感謝しております。ありがとうございました」と述べるのであった。

 これが、フォレスター家での誕生日の儀式であった。

 

 晩餐が終わった後久しぶりということもあり、就寝時間までソフィリータと遊んであげることにした。

 兄妹で遊ぶことと言えば、一緒に音楽をやるか格闘技の組手である。そして今日は、ソフィリータの趣味である格闘技で一緒に汗を流すのであった。

 ソフィリータは主に蹴り技を多用して、素早い蹴りを連発してくる。それをラムリーザは、一発一発正確に腕で受け止めていくのであった。

 逆にラムリーザの放つ正拳突きは、大げさにバク転で避けるソフィリータであった。

 ただし、ソフィリータは下段蹴りと中断蹴りばかり使用して、絶対に上段蹴りは放ってこないのである。だがそれは、身体が硬くて足が上がらないというわけではない。

 組手の後で、ソフィリータは上段蹴りを使わなかった鬱憤を晴らすかのように、サンドバッグに上段蹴りの連発を放つのであった。

 そういうことで、ソニアも久しぶりということで家族の元に帰っていた。もっとも、同じ屋根の下だが……。

 ソニアは独占欲が強いかと思われたが、ラムリーザの妹に対してはそれほど気にしていない風ではあるようだ。

 だがしかし、就寝時間になって、ラムリーザが自室で一人ベッドでくつろいでいて、そろそろ寝ようかなと思った頃にソニアが入ってきた。

 どうやら寝る時は一緒じゃないと嫌なようだ。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記