home > 物語 > > 新開地に行ってみよう その3 ~はい、あーん~

新開地に行ってみよう その3 ~はい、あーん~

 

「ラムリーザはここをどのように開発して行くかという構想はあるのか?」

「いやぁ、まだ全然そんなの考えてないなぁ。それに僕が正式に領主になるのは、二十歳になってからだし。それまでは暫定的に母がやるみたい」

「ふむ、なるほど。それもそうだな」

 

 隣国シロヴィーリとの国交のために、新たに作られている貿易拠点となる新開地を見に来た一行は、まだ建設中の倉庫以外、何も無い平野を見ながら、それぞれ自由に行動していた。

 何も無いと言っても、平野の中に一本だけ道が引かれていて、ポッターズ・ブラフがある東の方角に山脈に向かって伸びている。資材を運ぶための道路が、先に作られているのだろう。

 東から続いているその道は、倉庫からさらに北に伸びている。

「この道はどこに向かっているのか……」

 リゲルが独り言のようにつぶやいた。

「たぶん屋敷だと思う。この街に屋敷ができたら、そこに引っ越すことになっているから。この道が将来メインストリートになると思うよ」

「ふむ、後で行ってみるかな」

「まー他に行くところも無いし、そうするかな」

「さてと……」

 リゲルは振り返るが、さっきまで一緒に居たはずのソニア、リリス、ユコ、ロザリーンの四人は、何処かへ姿を消していた。

「――チッ」

 舌打ちしてリゲルは草むらに腰を下ろす。

 それを見たラムリーザも、草むらに寝転がった。こういう自然の中でのんびりするのは好きだった。しかし、倉庫を建設しているトンカンという音が気に入らないな……とか思ったりしていた。

「ったく、軽く視察したらすぐに帰るつもりだったのに、あいつらピクニックのようにはしゃぎよって……」

 四人の姿が見えないのをいいことに、リゲルは不機嫌な感じで本音をぼやく。

「まあいいじゃないか。そういえばリゲルは、家では主に何をやっているんだ?」

 不機嫌なリゲルをなだめるように、ラリムーザは話題を振りかけてみた。

「ん、本を読んでいるか、ギターを弾いているか、後はゲームかな」

「ゲームだと……リゲル、お前もか」

 自分の周囲にはゲーム好きが多いな……と思ったラムリーザであった。

 実際のところでは、ポッターズブラフは地方なので、それほど外で遊ぶところが無かったりするのだ。だから自然と、ゲーム好き、本好きが増えることになっていた。

 

「ねえ、何も無いよ!」

 ソニアの甲高い声で、うとうとしかけていたラムリーザは現実に引き戻された。ソニアの声は、目覚ましになるものだ。

 四人は、何か無いかなと思って、建設中の倉庫の周りをぐるっと一周してきたようだった。だが、振ろうが叩こうが、今ここにあるのは倉庫だけなのは変わらない。

 ソニアは寝転がっているラムリーザに馬乗りになって言葉を続ける。

「倉庫以外、他には何も無いの?」

「ねーよ」

 答えたのはリゲルだ。

「じゃあ、ここは何のためにあるのかしら?」

「一年後ぐらいに来ていたら、隣国シロヴィーリの文化を取り入れた、新しい街ができていたかもな」

 リリスの問いに、ラムリーザは答えた。どう取り繕っても、今ここに何も無い。

「そういうことだ。今日はちょっと見たら帰るつもりだったんだ。ほら、帰るぞ」

 そう言ってリゲルは立ち上がった。

「お弁当、持ってきたのになぁ……」

 それを聞いて、ロザリーンが残念そうにつぶやいた。それを見て、リゲルはやれやれと言った表情で言った。

「……仕方ない、ラムリーザどうする?」

「ん、少し散歩するか。あの向こうに見える川辺の辺りでも行ってみよう」

 とりあえずゆっくりするなら、倉庫の建設音から離れておこうと思ったのだ。六人は、倉庫を離れて草原を進み、川辺に向かっていった。

 草原を歩いている途中、ソニアが何かに躓いて転んだ。足元には大きめの石が地面から飛び出していた。

「足元に気をつけろよ」

 ラムリーザはソニアの手を取って起き上がらせる。

「足元見えてる?」

 リリスがくすっと笑って尋ねてきたが、ソニアは顔をそむけて何も答えなかった。

 

 川辺は、せせらぎの音と緑に包まれた癒しの空間になっていた。

「これがいいんだよなぁ」

 ラムリーザはそう言って、ここでもごろんと横になって目を閉じる。そして、ソニアはこれまでそうしてきたように、ラムリーザの傍らに腰を下ろして、軽く歌を口ずさみだした。

「きーらきーらがーがやーくゆーきがー、せいやの……」

 ソニアは少し歌いかけて、はたと何かに気付いたかのように口をとめる。

「あれ、歌わないんだ」

「いや、雪って見たこと無いなぁ、と思ってね」

「あー、そうねぇ。もっと北の方に行けば見ることができるみたいだけど」

 

 ラムリーザやソニアが住んでいるエルドラード帝国は南国で、年中通して温かい。春と夏と秋しかなくて、冬に当たる季節はほんの少しの期間だけ肌寒いだけって感じであった。

 

 昼を過ぎて、みんなお腹もすいてきたので、ロザリーンが作ってきたお弁当、サンドイッチを食べることにした。

「お弁当作れるのっていいなぁ」

 ソニアはうらやましそうに言った。

「あれ、ソニアは料理できないの?」とリリスに言われて、「作ったこと無いし」と答える。

「ふっ、お前使用人の娘だろ?」

「そんなの関係ないもん!」

 リゲルに馬鹿にされたように言われたソニアは、少し怒ったように言い返した。

「まあ、料理は料理人が作るからね。ソニアは料理人じゃないし」

 そう言って場をなだめるラムリーザであった。

「でもさぁ、恋人にお弁当作ってもらったりして、あーん、とかやったりしない?」

「ソニアが弁当? あーん?」

「無いみたいね。そういう所はラムリーザ、残念ね、ふふっ」

「ちょっと待ってよ、残念って何?!」

「ん~、料理なら料理人がやることになってるから気にしたことないね。それに、『あーん』って何?」

 

 ソニアはラムリーザとずっと一緒に育ってきた。

 つまり、ソニアにとっても料理と言えば料理人が作るというのが当たり前な環境であり、ソニア自身が料理をするという機会はこれまでなかったのだ。やろうと思うことも無かったのだが。

 今住んでいるポッターズ・ブラフに越してきてからも、朝晩食事つきの屋敷に下宿したためにその機会は生まれずにいる。

 

 ラムリーザは五つほど食べたら満足して、そのままソニアの膝枕でのんびり食後の昼寝をやり始めた。

 サンドイッチは、まだ数個残っている。

「余っちゃったね」

「ソニア、ラムリーザに食べさせてあげたら? あーんって。やったこと無いんでしょ?」

 リリスがいたずらっぽく提案してきた。

 ソニアは折角だから、言われたとおりに残っているサンドイッチを手にとり、ラムリーザに食べさせようとした。

「あう……」

 ソニアはサンドイッチをつかんだまま、膝の上で寝ているラムリーザの方を見て固まった。

 なぜなら、ソニアにはラムリーザの顔は見えなかったのだ。視界に入っているのは、自分の大きな胸だけであった。かろうじて、膝頭が胸の先から覗いているぐらいだ。

「くっ……」

 サンドイッチを持っていない方の手を、自分の胸を抱え込む。腰を引いて前かがみになり、ようやくラムリーザの顔が見えた。

「やっぱりさっき、足元見えてなかったんじゃないのかしら?」

 リリスはくすくす笑いながらからかう。巨乳は足元が見えないって、本当なのだろうか?

「うるさいわね! ほらラム、あーん!」

「?」

「口開けてよ!」

「何を怒ってるんだ?」

「あ……ごめん。口、開けて、ね」

「はいよん――むぐっ」

 ラムリーザが口を開いたところに、ソニアはサンドイッチを突っ込んだ。

 突然口に突っ込まれて何事か? と思うラムリーザだったが、ソニアが胸を押さえている手を離したために、視界がソニアの胸で隠されてしまい、ますます訳が分からなくなり戸惑う。

「どう? これでいいでしょ?」

「いろいろ突っ込みたいところはあるけど、形だけはそれでいいわ」

 どや顔で三人を見回すソニアに、生暖かい目で答えるリリスであった。

 

 この後、しばらく川辺で遊んだ後、あまり遅くならないうちに、電車に乗って帰っていったのである。

 

 

 

その夜――。

 

「あれ、この部屋キッチンが無い」

 ソニアは、なんとなくだけど料理してみようかな、とか思ったのだが、自分達が間借りしている部屋にはキッチンというものが存在していなかった。

「ん? ああ、一軒の屋敷の一室を間借りしているからね。アパートと違って、キッチンは一階の食堂だけにあるからなぁ」

「えー、それじゃあ料理できないじゃない……」

「なんだ? 料理人目指すことにしたのか?」

「そ、そうじゃなくて!」

 料理する機会どころか練習すらできない状況に、ソニアは少し不満を覚えた。

 ラムリーザの方は、別にソニアが料理できなくても全く気にとめていない。だが、料理がしたいのなら、使用人にそう取り計らってもいいと考えていた。

「ん? 明日から料理の手伝いする? するなら使用人に話しつけてくるけど」

「いや、いい……」

 ソニアはラムリーザの申し入れを断ると、テレビの前にペタリと座ってゲームをやり始めた。ゲーム画面では、コックの姿をしたキャラクターがちょこまかと動き、ウインナーなどの敵キャラを避けながら、ハンバーガーを画面下に作成している。

 ゲームを続けながら、ソニアはラムリーザに尋ねてみた。

「ラムは料理できる女の子の方が好き? その、ロザリーンとか……」

「え? ロザリーンが好きかどうかだって? またそんな事聞くのか?」

 ラムリーザは、ソニアがまた自分が他の女の子に目移りするんじゃないかと不安になったようなことを聞くので、少しむっとした感じで答えた。

「あ、いや、なんでもない」

 ソニアは慌てて何も尋ねなかったことにして、ゲーム内でハンバーガーを四つ完成して、クリアしたのであった。

 
 料理の練習は、ゲームでやりましょう!

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記