home > 物語 > > 戦後処理、約束だから何でも言うことは聞きます

戦後処理、約束だから何でも言うことは聞きます

 

「はぁ……」

 三人のネトゲ中毒娘、ソニア、リリス、ユコは放心状態だった。

 一週間寝る間も惜しんでゲームをプレイしたが、結果はのんびりとプレイしていたように見えるラムリーザ(実は廃課金プレイヤー)に惨敗したのである。

「さてと……」

 ラムリーザは腕を組んで三人を見据えた。彼女達は正直見るのも痛々しい。

「約束は守るわ、何でも言うことは聞く。もう好きにして……」

 これまでは余裕綽々だったリリスが、力なくしゃべる。

 好きにしての範囲がどの範疇まで許されるのかは判らないが、支配欲に駆られた人間なら嬉しがること間違いないだろう。つまりラムリーザは、三人の娘から「何でも言うことを聞く」、この状況を作り上げることができたのだ。

 これが美人で妖艶なリリスの台詞である。もっとも、今のリリスは、荒れて乱れて無残な状態で、ちっとも美しくないが……。

 ラムリーザは、まずは着ているものを全部脱ごうか、とは言わなかった。

「そうだな、まず三人とも壁鏡の前に立って、自分達の姿をよく見てみろ」

 ラムリーザは、まずはこの痛々しい状態を本人達に知らしめてらろうと考えた。

 三人はフラフラと立ち上がって、鏡の前に立つ。そこに映った姿は……。

 酷くやつれた姿。病気のような窪んだ目、顔には生気が無く、長い髪はボサボサに荒れ、制服はよれよれ。

 彼女達は、それなりに自身の変わり様にショックを受けたようだった。

 リリスは、とりわけ自分の美貌に自信を持っていたのか、その度合いが強そうに見える。顔色も悪いし、赤い目の色もあってまるで吸血鬼だ。

 ユコに関しては、美しい人形がまるで打ち捨てられたかのような、呪いの人形化している。この状況だと、ソチミルコの人形島がお似合いだ。

 ソニアは、ちっとも可愛くない。着こなしが適当になっているので、胸からブラが少しはみ出している。よく風紀監査委員に捕まらなかったな、と思うがこの一週間、基本的に自分の席から動いていない。ただ単に風紀監査委員の目に触れなかっただけだろう。

「はい、状況がよくわかったのなら、こっちに戻ってきて掛けなさい」

 先程までよりもさらに呆然自失となった感じで戻ってくる三人。

 ソニアはいつもと同じようにラムリーザの隣に座ろうとするが、それを制して三人を向かい合った席に並べて座らせる。

 力なくうなだれる三人にラムリーザは言う。

「やれやれ、せっかくの美少女がもったいない……」

 大きくため息を吐いて続ける。

「何でも言うことを聞くって話だったな?」

 三人はうつむいたまま頷く。

「そうだな、まずは無茶なプレイはもうやめろ。というか、君達がネットゲームをやるとどうなるかがよくわかったから、もうネットゲームはするな」

 弱弱しく「……はい」と返事をする。

 約束を守るということだけは律儀なようだな。

「それと、雑談部はやめろ。リゲル達がなぜ最近顔を出さないのかわかっているのか?」

「…………」

「まあ主に言いたいことはこのぐらいかな。わかった?」

「……はい」

「リリスもユコも音楽好きなんだろ? リリスはギタリスト目指すとか言っていたのに、何をやっているんだ?」

「だって……」

「だって?」

「いや、なんでもない……ごめん」

 やれやれ、妖艶な美女も形無しだな、と改めてラムリーザは思う。

「そしてソニア。僕は明るく元気に笑っているソニアが好きなんだ。だがな、そんなやつれたソニアは嫌いだ」

「やめて! 嫌いだなんて言わないで!」

 目に涙を浮かべてソニアは悲鳴を上げる。

 まだ叫ぶ元気は残っていたか、とラムリーザは思ったが、優しく言ってあげる事にした。

「まあよい。明日からはまた以前の君達に戻ってくれたら、僕はそれでいいんだ。あ、命令していいんだったな。元に戻れ」

「は……はい」

「明日、あー、確か明日は……」

 そこでラムリーザは思い出す。

 明日は「帝国建国記念日」で、学校は休みだ。

 そして、帝都シャングリラで「建国祭」という祭りが毎年行われているのだった。

「明日は帝都で祭りがある。気晴らしにいっしょに行こうか」

「……はい」

 今も命令が続いているな、とラムリーザは可笑しくなった。

 そこで、今の三人がどこまで命令を受け入れるのか試してみようという悪戯心が生まれた。

「そうだな、可愛い姿が見たいから、ミニスカート着用で来ること」

「……はい」

 我ながら馬鹿らしい命令だとラムリーザは思ったが、受け入れるか……。

 まあ、ソニアに至ってはミニスカート姿しかほとんど見たことなかったが。

 ぬるいか、と思ったラムリーザは、さらに無茶な要求をしてみた。

「下着は着けて来るな」

「…………はい」

 さっきまでと比べて多少返事が遅かったが、受け入れた……。この命令ゲームはここまで過酷だったのか……。

 実際のところ、ラムリーザは三人が文句を言ってくると思っていたのだ。そこで笑い話にして少しでも元気を取り戻そうと考えたのだが、当てが外れた。

 どうやらこの三人は相当参ってるようだ。反発する元気も無いのか、それともそこまで命令は絶対のつもりでやっていたのか……。

 これではこの三人の美少女を変態さんにしてしまう。いや、そもそもこのような要求を提案するような自分も変態さんなのでは? とラムリーザは思い、「冗談だ」と言った。

 三人は何も答えなかった。

 

 今日はこのまま居ても部活にならないだろうと判断したラムリーザは、最後の命令を出すことにした。

「今日はもう帰ってすぐに寝ろ。明日朝十時に駅前集合だぞ。ああ、さらにもう一点追加、明日は元気な姿を見せろ」

「……はい」

 最後まで元気の無い状態だったが、リリスとユコは返事をすると、そのままのそのそと立ち去っていった。

 まるでゾンビだ……。吸血ゾンビに呪いの人形。ちょっと言い過ぎかもしれないが、今の二人には遠慮は無用、多少厳しくして反省させるのがいいだろう。

 ソニアは、ラムリーザが帰らないのでまだ残っている。

 そして、何か言いたそうな悲しそうな目でラムリーザを見ている。

「さっき言ったことを気にしているのか? 元気に笑っていたら嫌いにはならないよ」

 そう言うと、ソニアは疲れた顔で無理矢理笑顔を作るのだった。多少引きつっているが……。

「お前も帰ったら今日はもう寝るんだぞ」

「うん」

 ラムリーザは立ち上がって、ソニアの肩に手を回して抱き寄せて帰ろうとしたが、思わず跳ね除けてしまった。

「――っと、その前に風呂に入れ、くせーわ。そんなのと一緒の布団で寝たくない。申し訳ないけどちょっと離れて歩いてね、そんな臭いのと一緒に帰って友達に噂とかされると恥ずかしいし」

「…………」

 きついことを言われても、ソニアは言い返せずにうつむいてしまうのだった。

 ゲームに熱中している時は、ソニアは毎日テーブルで寝落ちか徹夜していたので気にならなかったが、流石に一週間風呂に入っていない娘と一緒に寝るのは遠慮したいと思うラムリーザであった。

 多少きつく言ってしまったが、これはこれでいいだろう。廃人化するとラムリーザはソニアの傍から離れて行ってしまうよ、と思わせることができれば、今後の行動もまともなものになるだろう、ということだ。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記