home > 物語 > > ラムリーズ・フルバージョン始動! だがしかし……

ラムリーズ・フルバージョン始動! だがしかし……

 

 この日の朝、普段は誰も居ないことが多いのだが、校内の掲示板に人が数人集まっていた。

 登校してきたラムリーザは、その光景を見てとりあえず目に留まったかと少し安心する。

「ねー、何かなあれ」

「ふっふっふっ、内緒だ」

 いつも一緒に登校しているソニアは、少し気にしたようだが、ラムリーザはニヤリと笑ってごまかしただけだった。彼女はちょっと見て行きたそうにしていたが、ラムリーザが先に進んでいってしまったので、仕方なく彼を追いかけて行った。

 

 下駄箱のところでラムリーザとソニアの二人は、丁度同じ頃に登校してきたロザリーンと鉢合わせした。昨日の事もあってか、三人の間に緊張が走り、少しの間沈黙の時間が流れていく。

「ローザ、おはよう!」

 その沈黙を、ソニアの元気な声が破った。ロザリーンは少し驚いたようだが、すぐに「おはよう」と返した。

「昨日はごめんね! ピアノはローザにとって大事な楽器なのに、あたし変な事して悪かった。あたしだってローザがあたしのギターの上に座っておならしたら同じように怒ると思うし。だからごめん!」

 折角謝っているのに、例えが最低だな、と残念がるラムリーザ。

 大きな声でおならとか言ったりして、昨夜「恥ずかしいからやめろ」と言ったのは、そういったデリカシーの無い所にもかかっているのだが、とラムリーザは思うのだ。

「そ、そんな事絶対にやらないから安心して。それよりも、こっちこそごめんね。少し乱暴すぎたと思ってるわ。バストはデリケートな場所なのに……まだ痛む?」

 ロザリーンは一瞬引きつった笑顔を見せたが、普通に返してくれたのを聞いて、ラムリーザは安心した。

 特に今日は、喧嘩した状態が続いていたら、困ったことになっていたのだ。

「割と大丈夫。昨夜ラムが一生懸命揉んでくれたから」

「えっ? ラムリーザさんが揉んで?」

「余計なことまで言わなくていい!」

 事実ではあるのだが、ソニアの発した言葉は問題発言だ。

 ラムリーザは恥ずかしい気持ちを押さえきれずに、二人を残してさっさと下駄箱を後にした。

「あ、待ってよーっ!」

 慌ててラムリーザを追おうとしたソニアは、下駄箱と廊下の段差に足を取られて、派手に転ぶのであった。

 

 昼休み、ラムリーザはラムリーズのメンバーを連れて、校内の掲示板を見に行った。

 この時期は、掲示している物はほとんど無いので、張り出されているものはとても目立っていた。

「これってまさか……」

「いつの間にできましたの?」

「まさかラム、昨日部室抜けた後にこれ作っていたの?」

「ふふっ、まあそういうわけだ」

 

 

ライブ活動について

本日より今月24日までの間、不定期で校内ライブを実施します。

お暇な方や、興味を持った方は、遠慮なく見に来てください。

場所は、第二予備棟付近でやります。

 

ラムリーズ メンバー

リリス・フロンティア ボーカル、リードギター

ソニア・ルミナス ボーカル、ベースギター

ユコ・メープルタウン キーボード

ロザリーン・ハーシェル ピアノ(キーボード)

リゲル・シュバルツシルト リズムギター

リーダー ラムリーザ・シャリラン・フォレスター ドラム

 

 

「本格的ね……」

「ライブ初めて、楽しみですわ」

「え? 初めて?」

 ラムリーザは、緊張した顔つきのリリスと、初めてと言ったユコに、少しばかり不安を感じるのであった。

 

 部活の時間になり、今日は早速ライブをやろうということで、みんな楽器を部室の外に運び出していた。部室は第二予備棟の一階にあり、裏口から出たすぐの所にそれぞれセットしていく。

 ピアノはさすがに持ち出せないので、窓際に移動させて外からもよく聞こえる場所に持ってきた。

 すでにクラスメイト達を中心に、何人か集まっている。よい傾向だ。

 男子生徒が多い、やっぱり、美人のリリスやユコ目当てなのかなとラムリーザは思ったりしていた。

「ねー、ジャレスさんは居ないの?」

 上級生らしき女子生徒からは、そう質問されたりしていた。

「ごめんね、今日は一年生だけなんだ」

 そうラムリーザが言うと、「ふーん、まあいいか」と返事する。

 もともと学校の行事の時にしか活動していなかった部活なので、先輩達を見かけることはまれなのだ。

 まぁこのグループは、リリスとソニアの二枚看板で行くことにしているから、どちらかといえば男子向けなのかもしれないということなのだろう。

 女子人気を増やすためには、リゲルも表に立たせる方がいいのかもしれないが、彼はそういう方向はあまり乗り気が無いみたいなのだ。

 集まってきた生徒達はどんどん増えていき、次第に騒がしくなってきた。

 

「校庭ライブってめずらしいよな、初めてじゃないかな?」

「真ん中の緑の娘、誰? あんな娘居たっけ? すげぇ巨乳じゃん、服からはみ出てるし」

「おっ、リゲルが居る。あの踊り子ちゃんとは別れたのかな。最近一緒に居るところ見ないよな」

「あれ、あいつ根暗吸血鬼じゃね?」

「あ、ほんとだ。根暗吸血鬼がバンド? 似合わねぇな、根暗吸血鬼の癖に」

「ってか、歌えるの? あいつが」

「おーい、根暗吸血鬼ー、何やってんのー?」

「ぎゃははは」

 

 生徒の間では、なんだかよく分からない単語まで飛び出している。何がおかしいのだろう。

 セットが終わり、頃合いを見計らってラムリーザは挨拶した。

「さて、お集まりの皆さんこんにちは。今日はこの『ラムリーズ・フルバージョン』の演奏をお楽しみください」

 挨拶してから、ラムリーザはメンバーを見渡した。フルメンバーのラムリーズ。みんなはどんな気持ちで臨んでいるのか。

 ラムリーザはまずは、部室内でピアノに向かっているロザリーンを見た。窓越しに目が合ったので、ラムリーザが親指を立てて合図すると、ロザリーンも笑顔で同じポーズをして返すのだった。

 次に自分の左隣に居るリゲルを見た。彼は、いつもと変わらない雰囲気で、黙々とギターの調整をしている。

 ラムリーザから見て、ステージ前列左側に居るユコは、観客に手を振ったりしていてご機嫌のようだ。

 前列中央のソニアは、なんとも形容し難い不思議な踊りを踊っている。なにを考えているのか知らないが、テンション高すぎだろう。

 ラムリーザは、見ているだけで精神力を吸い取られるかのような気がして、さらに人事ながら恥ずかしくなってくるので、あまり見ないようにしてさっと隣のリリスに目をやる。

 前列右側のリリスに目を向けた時、ラムリーザは「ん?」と呟き眉をひそめた。

 彼女は一人棒立ちで、ラムリーザから見える横顔は、目を大きく見開き、顔も赤く汗のかき方が異常な気がするのだ。

「リリス?」

 ラムリーザは彼女に呼びかけてみたが、声が届いていないのか反応が無い。よく見ると、足も震えているようだ。

「リリス、大丈夫か?」

 今度はちょっと強めに呼びかけてみる。

 するとリリスは、ハッとした感じでラムリーザの方を振り返った。二人の目が合うと、リリスは安堵したかのように、軽く目をつぶりため息を吐くのだった。

 ラムリーザは、彼女は大丈夫だろうか、と不安になり始めていた。

 だが再び正面に目を向けると、ソニアの不思議な踊りが目に入り、一気に脱力して心配事はふっとんでしまうのだった。
 
リリス大丈夫か?
 

「それでは一曲目行きますっ、ワン、ツー、スリー、フォー!」

 ラムリーザの紹介と合図で、「ヤーヤーヤーヤーヤーヤー」とソニアとユコのコーラスから始まった。

 これはオールディーズのロックンロールで、リリスがメインボーカルで歌うことになっている。

 ラムリーザは、出だしのリードギターが入ってないことに嫌な予感を感じていた。そしてそれは歌が始まると、予感は現実のものとなった。

 リリスは固まったまま俯いてしまっている。

 その様子を見たラムリーザは、普段自信満々のリリスは、実はあがり症だったのか? と思い、心の中で「あっちゃー」と呟いてしまう。さらに、観客の頭上に「?」が浮かび上がっているのが見えるような気もした。

 ソニアも心配そうにリリスの方を見て、すぐに困ったような顔をラムリーザに向けてきた。

 ラムリーザは、ソニアと目が合ったことに少し安堵して、視線でメッセージを送る。「お前が歌え」、と。

 ソニアはすぐに視線の意味を理解して、歌の続きを代わって歌い始めた。彼女は主役になって調子に乗ったのか、大きく縦ノリしている。

 それを見た観客――主に男子生徒――の顔がにやける。

 ラムリーザは、あの調子だとソニアの大きな胸が大変なことになっていると軽く予想できた。そして、まぁそれはそれで今回はリリスの事をごまかせるからいいか、と思うのだった。

 二曲目は、ソニアが歌う予定だった曲を選び、ひとまず無難に終わらせることが出来た。

 リリスの様子がおかしいので、今回は二曲で終わらせることにした。開始時と同じように、ラムリーザが終わりの挨拶をして、第一回校庭ライブはお開きとなった。

 

 

「リリス、大丈夫か?」

 片付けが終わった後、ラムリーザは先ほどと同じ言葉をリリスに投げかける。彼女は俯いたまま何も言わない。よく見ると、肩が震えているようだ。

 ラムリーザがもう一度リリスの名前を読んだ時、彼女は顔を上げ、二人の目が合う。彼女の目には涙が溜まっていて、すっと一筋垂れた。そしてすぐに彼女は目を伏せ、身を翻して部室を飛び出していってしまった。

 やれやれ、とラムリーザはため息を吐いて、残ったメンバーの方を振り返った。

「なあユコ、リリスってあがり症?」

「え、そうなのかなぁ。部室での練習は上手かったし、昔から二人で家に集まってよくやってきましたわ」

「んー、人前でのライプの経験は……、無いのだったね」

「うん、こんな風に演奏するのは初めてですわね。ただ、今日は観客がちょっと……」

「なるほどな、初めてということで、極度の緊張や戸惑い、いろんなものが一気に襲い掛かってきたんだろうな」

 ラムリーザにとって、これは想定外のことでもあった。いつも余裕綽々なリリス、一番の安全パイだと思っていた人が、一番問題を抱えていたのだ。

「俺はなんとなくそんな気はしていたんだがな……」

 リゲルは腕組みしたままぼそっとつぶやいた。

「どういうことだい?」

「あいつ、授業中当てられて前に出てた時、毎回相当テンパってただろ。普段は余裕綽々に見えるが、人前はダメなんだろうな」

「あ、それはその、そうじゃなくて――」

 ユコが何か言いかけたが、「――やっぱりいいですわ」と止めてしまった。

「たとえ答えがわからんとしても、ソニアの場合は『てへぺろ』みたいなウザい反応していただけだろ。だがリリスは顔色悪くしていたからな」

「ウザい反応って何よ!」

 ソニアは文句を言うが、リゲルはシッシッと追い払うジェスチャーを見せただけなので、彼女は剥れてしまった。

「こほん、えーと、ユコは平気なの?」

 このままだと話が逸れてしまうので、ラムリーザはソニアをスルーして話を進めた。

「私は小さい頃から、ピアノの演奏会とかに何度か出ていましたので」

「ん、ロザリーンと同じだね」

 ユコは良いとしても、ラムリーズは根幹に問題を抱えてしまった。

「ラムリーザ様、ソニアだけをメインボーカルで行ったらいかがでしょうか?」

 確かにそれが安易な解決方法だ。

 しかしそうすれば、リリスは一生気まずい思いを抱えていくことになるだろう。

 だから、ラムリーザはその考えを否定した。

「いや、リリスの事を考えたら、彼女にもがんばって乗り越えてもらわなくちゃならない。それに、彼女の夢を大切にしてあげたいから」

「くすっ、やっぱりラムリーザ様は、優しいのですね」

 ユコの賛辞はさておき、さてどうするか、ラムリーザは思案をめぐらせてみた。しかしどう考えても、場数を踏んでもらうとしか思いつかない。

「やっぱり慣れてもらう方法を考えるか」

 だが、慣れの問題だけではない、リリスの心の闇について、ラムリーザはこの時は分かっていなかったのであった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記