home > 物語 > > リリスの教官になろう

リリスの教官になろう

 

 この日、朝教室に入ったときラムリーザは、ユコは来ているのにリリスは来ていないという状況を見て、顔をしかめた。リリスとユコは、いつも一緒に登校しているはずなのだ。

 これは昨日の件で打ちのめされてしまったか……、と思ってしまう。

「ユコ、おはようございません」

「おはようございませんですわ、ラムリーザ様」

 ぷいっと顔をそむける仕草を見せるユコ。

「なんで挨拶が否定形なのよ……」

 それに突っ込むソニアは置いといて、ラムリーザは話を続けた。

「リリスは今日はお休み?」

「うーん、朝誘いに行ったら、リリスママに彼女はもう出たって言われましたの。一人で行っちゃうなんて、これまでほとんど無かったのにね」

「そうか……」

 ラムリーザは考える。やはり昨日のことがショックだたのだなと。

 リリスが完全に諦めてしまったのなら、仕方ないけどラムリーズはソニア主体で行く。だが、もし彼女がなんとかしたいという気持ちなら、こちらもいろいろ手を考えることのできるのだ。

 しかし、朝のホームルームが終わって、一限目の授業が始まっても、リリスは姿を現さなかった。

 

 休み時間、リリスが居ないとソニアも静かなものだ。ラムリーザの傍に寄ってくるのはいつもどおりなのだが、大きな胸を机の上に乗せて、頬杖をついてぼんやりしている。

 そしてユコは、ソニアのそんな様子を見て何か言いかけたが、とくに何も言わずに机に突っ伏しているし、ロザリーンも話が盛り上がっていないので、席を移動せずにそのまま何か本を読んでいる。

 そんな中、ラムリーザはリゲルに聞いてみる。

「リゲルなぁ、リリスどうしよう」

「ん? リリスか? そうだな……、なんとかしろ」

「そりゃあなんとかしたいのは山々だけど、彼女が落ち込んでいるんだとなぁ……」

「リリス居ないとソニア単体が主体になるんだろ? それは勘弁な」

「何で勘弁なのよ!」

 ぼんやりしていた癖に、悪口みたいなことを言われると速攻で反応し、声を張り上げ講義するソニア。

「その声がうるさいんだよ」

 リゲルは耳を押さえて顔をしかめる。

 いつもの事だが、ソニアが声を張り上げると、クラス中の何人かはこちらに振り向く。それほど高く通る声なのだ。

 

 二限目の授業が終わった後の休み時間、担任の先生に連れられてリリスが教室に入ってきた。

 先生に「もうサボるんじゃないぞ」とか言われて、リリスは「はい、ごめんなさい」と答え、自分の席にやってきた。そしてラムリーザと目が合い、気まずそうな顔をする。

「リリス、おはようございません!」

 そんなリリスに、ラムリーザは真顔で力強く挨拶をしてみた。ただし、謎の否定形挨拶だが……。

「え、あ、おはようございま……せん?」

「だから何で今日は否定形なのよ」

 ソニアの突っ込みは置いておくとして、この頓珍漢な挨拶でリリスの表情がやわらいだのを見て、ラムリーザは話を続けた。

「遅かったね、寝坊した?」

「え、でも――」

 何か言いたそうにするユコを、ラムリーザは手をかざして制する。

 すると、リリスは顔を赤らめてポツリ、ポツリと語りだした。

「あのね、昨日初めてライブしたけど、見ている人が多くて、何がなんだかわからなくなっちゃった」

「そうだね、たくさん実に来てくれた人が居たね。ラムリーズって結構期待されているのかもね」

「うん、だからね、人前で演奏できないのが悔しくて、朝から人通りの多い駅前で一人で無理やり弾き語りしてみたの……、ほとんどできなかったけどね……」

「そうなんだ」

 ラムリーザはリリスにやる気があるのに安心した。いつもと違って、口調に自信が感じられないが、彼女は逃げなかったんだ。

「でもね、お巡りさんに補導されちゃった」

 てへっと笑ってくる辺り、それほどショックは深刻ではないということだろう。

「しかしリリスも駅前でとは思い切ったことするなぁ、まるでストリートミュージシャンじゃないか。いいから少しずつ慣らして行こうね。リリスは技術はあるんだから、あとは場慣れだけだね」

 そこでラムリーザはあることを閃いた。

 リリスは弾き語りしていた所を補導されたので、今丁度ギターを持って教室にやってきている。そこで、今この場で弾かせるのはどうだろうかと考えた。

「そうだ、今この場で演奏してごらん。クラス内だと、ある程度気心知れているだろ?」

 ラムリーザは、これまでに聞いた話や見てきたことで、リリスはユコと二人だったり、部活の仲間だけとやってきた時は、かなりの腕前を見せてきた。

 それが、周りに人が多くなるとできなくなってしまうのだから、少しずつ周りを広げていけば慣れていくかもしれないと考えたのだ。

 そしてリリスは机に座り、ラムリーザ達の方を向いて演奏を始めた。

 

 演奏を始めたリリスは、明らかに周囲が気になっている様子だ。チラチラと周囲を見ていて視線が

落ち着かない。

 そこでラムリーザは、リリス一人にやらせるのはきついかなと思い、ソニアにも参加するよう促した。

「ソニアも歌って。えーと、あれがいいかな」

 それは、高音域と低音域の二つのパートがある歌で、二人は高音域をソニアが、低音域をリリスが担当して歌い始めた。

 リリスはちらっとソニアの方を見る。ソニアは周りは気にならないといった感じで、いつも通りに歌っている。それを見たリリスは、悔しそうな表情を浮かべる。リリスにとってソニアは、いつもからかってやりこんでいる相手なのに、今はソニアの方が堂々としているのだ。

 そんなソニアを見ていたら、リリスも吹っ切れたのか、目を閉じて表情が和らいできたようだ。というより、目を閉じた後は普段通りのような感じになってきた。

 いつの間にか、数人のクラスメイトが周囲に集まり輪になっていた。一部の生徒が、離れた位置からニヤニヤしながらこちらを見ているのが気になったりはするが、なにがおかしいのか分からないので放っておくことにした。

 歌い終わった後には、集まってきた生徒は「二人ともうまくハモるねー」とか、「歌声が美しいよ」とかいろいろと感想を言ってくれるのだ。

 それを聞いてラムリーザは、得意げな感じでクラスメイトに答えた。

「当然だよ、この二人はラムリーズの目玉、主役の二枚看板だからな」

 それを聞いて、ソニアも得意げに腰に手を当てて胸をそらす。その瞬間、大きな胸が美しいバウンドを見せるのだった。

「その、ありがとう」

 リリスは、ラムリーザの方を見て嬉しそうな表情で言った。

「うん、でもまだまだこれからだよ。もっと場慣れしていかないとね」

「はいっ、ラムリーザ」

「ラムリーザではない、教官と呼びなさい」

「……教官?」

 突然のラムリーザの提案に、リリスはきょとんとする。

「あ、ラムは最近あたしが買ったギャルゲーやっててさー、なんか後輩の大人しい娘と仲良くしていたよ。それでやっぱりラムは胸が大きい方が好みなんだよね」

「言わんでいい!」

 

 その後、あることを思いついたラムリーザは、携帯型の情報端末キュリオを取り出して電話をかけようとする。

「あ、キュリオ使ってる。やっぱり便利でしょ?」

 そんなラムリーザを見て、リリスが微笑みながら話しかけてきた。

「うん、だがネトゲはダメだからな」

「はいはい」

 リリスを手を振って追い払い、ラムリーザは改めて目的の相手に電話をかけた。

「あ、もしもしジャン。ちょっと頼みたいことがあるんだけど――」

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記