home > 物語 > > ボーカル争奪戦の始まり

ボーカル争奪戦の始まり

 

「ドラゴンファンタジー3のエンディングテーマ、『アイズ・オン・ユー』の楽譜が完成しましたわ。皆さんはこのゲーム、クリアしましたかしら?」

 聴いた音楽を楽譜に打ち出すことができるのは、ユコが得意としていることの一つだ。彼女は、ゲームをしては気に入った音楽を、このように楽譜に書き出しているのだ。

 ユコは、新しい楽譜を鞄から取り出して机の上に置き、自分もリリスの座っている二人掛けのソファーに腰掛ける。

 ユコの左隣にある一人掛けのソファーにロザリーンが居て、正面の二人掛けソファーには、ソニアだけが座っている。

 リリスは早速ボーカルパートの楽譜を手に取り、眺めながら言った。

「ふーん、あの歌ね。リードボーカルは私に任せてもらおうかしら」

「この曲は、間奏部分に笛の音が入るんですの。ロザリーンのオカリナの出番ですわ」

「そう? それは楽しみね」

 

 部室では、ようやくまったりとした雰囲気になってきていた。

 この三週間、練習に練習を重ね、ようやく一時間は演奏しつづけることができるほどの、歌のレパートリーを増やすことができた。元々才能のあるメンバーが揃ったのか、それともユコが楽譜を作成していたのがよかったのか、飲み込みが良く、次々にきちんと演奏できるようになっていったのだ。

 それに、当初出鼻をくじかれることになった、リリスの場慣れしていない……というより幼少時のトラウマ問題も、数をこなすことで最近はようやく慣れてきたようになってきた。

 

「いやー、意外となんとかなったもんだね、リゲル」

「うむ、あいつらが――とくにソニアがあれほどできるとは想定していなかったけどな」

 リゲルは相変わらず、さりげなくソニアを下げる。

 ラムリーザとリゲルはソファーには座らず、窓際に並んで立っていた。リゲルの弾くギターのアルペジオをラムリーザは聞いているだけだ。

「しかしこういうのもいいな、リゲルの演奏聞きながら、女の子達が楽しそうに談笑――」

「ちょっと待って! 歌ならあたしが歌う!」

 残念ながら、まったりとした雰囲気は吹き飛んで、とたんに騒々しい空気が部屋を支配し始めた。

 ソニアは、リリスの持っていた楽譜を奪い取り、眉間にしわを寄せて眺める。

「ソニアあなたね、あのきらきらなんとか言うギャルゲーのエンディングテーマをレパートリーに入れているんだから、ロールプレイングゲームの方は私に譲ったらどうかしら?」

「そんなの関係ないもん」

「あなたは裏方に回って、黙々とベース弾いてたらいいのよ」

「またその話? ちょっと、ラム!」

 ソニアは助けを求めるようにラムリーザの方を見て言ったが、ラムリーザは申し訳なさげに肩をすくめただけだった。

 ここまでボーカルは、ソニアとリリスが半々になるように設定してきたので、これ以上はどちらが歌うことになっても誤差なのである。二人のどちらが歌ってもいい以上、ラムリーザはこの場に干渉せず、二人の好きにやらせようと考えた。たとえ話がこじれても、曲のレパートリーは足りているのだ。

 もっとも、喧嘩して仲違いするようなら仲裁にはいるつもりではいたが。

「そうやってすぐにラムリーザに頼る。自分では何もできないのかしらね、くすっ」

「だったら!」

 リリスの煽りを受け、ソニアは手に持っていた楽譜を机の上に叩きつけ、「男なら腕相撲で決着よ!」と叫んで、机の上に右腕の肘を叩きつける。木製の机に鈍い音が響き渡った。

「私、女なんだけど……」

 リリスは納得のいかない顔をしてため息を吐いたが、それでも右腕を差し出して、ソニアとがっちり握り合う。

「ユコ、合図お願い!」

「わかったわ、それじゃあ二人とも……、始め!」

「ふん!」「んっ……」

 ユコの合図で、二人は腕に力をこめた。

 リリスの憂鬱そうな表情とは対照的に、ソニアは笑みを浮かべて力強そうな表情をしている。

 そして、結果はソニアの勝利だった。

「やったー!!」

 部室にソニアの歓喜の叫び声が響き渡る。満面の笑顔だ。

 それを聞いて、リゲルは顔をしかめ、舌打ちしつつ、つぶやいた。

「何がやったーだ、ソニアのあほんだら……」

「え? 何だリゲル?」

「……いや、なんでもない」

 そになリゲルの悪態を知らずか、ソニアは一人浮かれている。再び楽譜を手に取り、「歌うよ、歌うよ」と言いながら、リリスの目の前で振ってみせる。

「……まだよ」

 しばらく痛そうに右腕をさすっていたリリスは、静かに語ると今度は左腕をそっと机の上に置いた。

「何? 左なら勝てるって言いたいの?」

「試してみたらどうかしら?」

 リリスはくすっと笑い、不敵な笑みを浮かべてソニアを挑発する。

 ソニアはふんと鼻を鳴らし、今度は左腕を机に叩きつけ、再びリリスとがっちり握り合う。

「じゃあいくわよ……、始め!」

「ふん!」「んっ……」

 再びユコの合図で、勝負は始まった。

 今回もリリスの憂鬱そうな表情をして、ソニアは笑みを浮かべている。だが、すぐにソニアの表情から余裕が消える。

「えっ? 何で?」

 ソニアが、そんなはずはないといった表情を見せた直後、今度はリリスが押し切って勝利を掴んだ。そして、ぽかーんとしているソニアを、リリスはにやりとした表情で眺めている。

 

「ほう、ソニアは昔から力強かったけど、リリスもやるんだな」

 離れた位置から一連のやりとりを傍観していたラムリーザは、感心したように呟いた。

「まあギターやっているから、多少は筋力つくんだろう。それにリリスは左利きだろ」

 ソニアが負けた為か、なんだか嬉しそうな表情を見せながらリゲルは答えた。

 

「インチキしたでしょ! 今絶対両手使った!」

 ソニアは、再び難癖をつけて騒ぎ出してしまった。

「私が審判してましたわ。リリスはそんなことしてませんの」

「ユッコはリリスの味方だ! ローザ、ローザは見てたよね!」

「リリスさんは普通にやってましたよ」

「ラム!」

 ソニアはラムリーザの方を仰いだが、ラムリーザは首を横に振っただけで何も言わなかった。恋人としてはソニアの肩を持ってあげるべきだが、グループのリーダーとしては、あくまで中立を保たなければならない。贔屓は人間関係の拗れを生み出してしまう。

「もう、何なのよぉ……」

「リリスは左利きですのよ」

「……くっ」

 結局のところ、胸以外体格、筋力がほぼ同じぐらいのソニアとリリス。それが右利きと左利きの違いがある以上、腕相撲で平等に決着をつけようとしても、勝負はつかないわけである。

「仕方ないわね……、じゃあこれで決めようかしら」

 そう言って、リリスは鞄から何やらカードの入ったケースを取り出した。

「トランプ、ポーカーならルール知ってるかしら?」

「うん、知ってるよ」

「チップは――長くやっても仕方ないから20枚でいいね。これが先に無くなった方の負けということで」

 そして二人は、カードゲームという他の方法で勝負を始めた。

 

 騒々しかった部室は鳴りを潜めて静まり返り、リゲルの弾くアルペジオだけが、心地よく響いていた。

「腕相撲にトランプか、やっぱりあいつらは雑談部が似合ってるな」

 リゲルはフッと笑って独り言のように呟き、ラムリーザに「どっちが勝つと思う?」と聞いてきた。

「ポーカーか、リリスの勝ちだな……」

 ラムリーザは、ポーカーに興じるソニアの表情を眺めながら答えた。ソニアと長い付き合いのあるラムリーザにはわかっていたのだ。だからはっきりと即答できたのだ。喜怒哀楽、表情豊かなソニアと、落ち着いた冷静なリリスとでは、ポーカーで勝負になるわけがない。

 リゲルの方も、特に深い意味を持って問うたわけではなかったようで、それ以上会話は続けずに持っていたギターを傍らに置くと、窓のふちに手をかけて外を眺め始めた。

 ラムリーザもそれに倣い、外の方を向いて空を見上げた。西の空が赤く染まっている。

 そしてしばらくの間、部室に沈黙の時間が流れることになった。たまに、リリスの「降りるわ」という呟きと、「何でよ!」という声が響いたりしていたが。おそらくソニアが、カードを見た瞬間嬉しそうな顔をしたのだろう。

 しばらくして、ラムリーザはリゲルだけに聞こえるように、ぼそっと言った。

「リゲルってさ、ロザリーンと付き合ってるのか?」

「……さあな、親が決めることだ」

 リゲルは、何も感情をこめずに、ただ淡々と答え、ラムリーザも「そうか」と言っただけで、特にそれ以上追及しなかった。

 ラムリーザ自身、あの時ソニアを選ぶと決めなければ、そのうち親が縁談を持ってきて、どこぞの令嬢と付き合うことになっていたのだろう。ソニア以外の女性を選べということになると、ぶっちゃけ誰でもいいという気持ちもあった。

 そしてリゲルも権力者の息子なので、同じような立場なんだろう。だが彼にとって、ラムリーザにとってのソニアみたいに好意を持てる人は現れなかったのだろうか。

 だから、少し聞いてみることにした。

「リゲルには好きな――」

「ちくしょおおお!」

 ラムリーザの声は、部室に響き渡ったソニアの叫び声にかき消された。

 どうやらトランプでの決着がついたようだ。

「ほう、リリスの勝ちか、よいことだ」

 リゲルは部室内を振り返って、ニヤニヤしながら対照的な二人の様子を眺めていた。

 ソニアは机に突っ伏していて、リリスは勝ち誇ったように楽譜を手に取り眺めている。

「あの感情表現豊かなソニアが、ポーカーで勝てるわけないって……」

 

 帝都でのライブまで一週間を切ったこの日、もう一曲レパートリーを増やすことができるような流れになってきました。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記