home > 物語 > > マイン・ビルダーズ後編 ~イッツ・パーティ・タイム(全滅)~

マイン・ビルダーズ後編 ~イッツ・パーティ・タイム(全滅)~

 

 新しい朝がやってきた。空がだんだんと明るくなってくる。

 日の出とともに、夜の間うろついていたゾンビは消え去っていった。

 ラムリーザは、建物のドアを開いて外の景色を眺める。青い空、白い雲、木々のざわめき、そしてどこまでも広がる草原。そこには、ラムリーザの理想とする光景が広がっていた。

 近くの湖では、リゲルが昨夜のうちに作り上げていた釣竿を使って、釣りを楽しんでいる。

 連れた魚は、ロザリーンが建物の調理場の倉庫まで運んでいる。

 ユコの方はと言うと、建物の周囲に作り上げた小麦畑から、小麦を刈り取り、同じように調理場の倉庫に運び込んでいる。

 そして二人は、それぞれ持ち寄った材料を使って、料理を始めるのだった。

 ラムリーザ自身は、近くの木を切り取り、それを加工して武器を作っていた。武器は剣を作ることができるようで、それをソニアとリリスに持たせる。

 昨夜のこともあり、二人は建物の中から出て行こうとしなかったが、ラムリーザから武器を受け取ると、とたんに元気を取り戻した。

「これで勝つる!」「イッツ・パーティ・タイム!」

 二人は叫びながら、再び大草原へと飛び出していった。

「作戦は命大事にだからな、あと日が暮れる前に帰ってくること!」

 だがラムリーザの言葉は、二人の耳に届いていたかどうかはわからない。

 このように、ラムリーズの面々は、自由な世界を満喫していた。狩りに出る者、生産するもの、料理する者、みんながやりたいことをやっていた。

 フリーダムな世界、ユートピアとでも言うのだろうか。いやいや、これは「マイン・ビルダーズ」というゲームのお話だ。これまでの話はゲーム内での出来事で、会話はヘッドセット越しの通信だ。

「わー、よく切れるねー!」

 そう言って、リリスは羊を、ソニアは牛を狩り続けている。豚だけは、なぜか狙われずに放置されているのだが、何故だかわからない。

「二人とも戦士ですわねぇ」

 いつの間にかラムリーザの傍に来ていたユコが呟いた。

「ほら、男は家庭を守って、女は外に戦いに出ると言うじゃないか」

「ラムリーザ様、それは逆じゃないですか?」

「うむ……、まぁそれはいいや。あの二人には、次はビキニ・アーマーでも着てもらおうかな」

「ラムリーザ様のエッチ!」

「聞こえてるぞ。こんなちっぱいボディでビキニなんか着たくない!」

「私達がビキニ着るなら、ラムリーザもビキニパンツ履くのね?」

「はい、みんな作業に戻ってがんばろうー」

 ラムリーザは、話がおかしな方向に行きかけたのを制して、それぞれの作業に戻るよう促した。元はと言えば、ビキニ・アーマー発言が悪いのだが、それは置いておこう。

 ユコは、ラムリーザから離れると、昨日(ゲーム内)作成していた牧場のほうへと向かっていった。そして、さらに家畜を集める作業を始めたのである。

 そして一人になったラムリーザは、建物の上に造っていた塔の屋上に向かい、そこから周りの景色、動いている仲間達を眺めているのであった。

 

 

 空は徐々に赤みを帯びていき、夕方になってきた。

 ラムリーザは塔の屋上からその景色を見ながら、なんとなくこれまでのことを思い返していた。

 新開地開発のために帝都を離れると決まったこと。ソニアと正式に交際すると宣言したこと。やってきた新天地で新たにできた友人達。不安から来るソニアの暴走という名のゲームイベントの模倣。雑談部と化して音楽活動しない日々。ネットゲームにのめり込み廃人化しかけた美少女達。やっとこさグループバンドとして活動しはじめた時に発生したリリス問題。

 どれもこれも、今になって思えばいい思い出だ。「ラムリーズ」を作ってよかった、この五人とめぐり合えたことに感謝。ラムリーザは一人、物思いにふけていた。

 

 そうこうしている間に、日が落ちて辺りに闇が訪れていた。

 辺りは暗くなり、かがり火に囲まれた建物周辺だけが輝いている。

 リゲルは釣りを切り上げ、建物の中に退避してきて、ロザリーンもそれに続く。

 そこでラムリーザは、今回もソニアとリリスが戻ってきていないことに気がついた。

「ソニア、リリス、直ちに撤退せよ」

 ヘッドセットのマイク越しに、二人に呼びかける。

「大丈夫、今回はラムの作ってくれた剣があるから」

「そうね、私達に直ちに影響は無いわ」

「ふむ……」

 そう言っている間に、この夜も土の中からゾンビの群れが現れて徘徊しはじめた。そして二人の姿を見つけるや否や襲い掛かってくる。だが、今回は前回とは違う。

「ラムの作ったこの『ラムソード』を食らえ!」

「ラムソード、なんだか弱そう、くすっ」

「リリス、君にはもう作ってあげないからな」

「あ、冗談冗談、えいっ!」

 ソニアとリリスは、剣を振りかざして襲い掛かってくるゾンビを蹴散らしていた。

 その様子を屋上から見ていたラムリーザは、ふと建物近辺を見てみたところ、ユコが建物外の牧場でたたずんでいるのに気がついた。

「ユコ、夜になったから建物の中に戻ってきたほうがいいよ」

 だがしかし、返事はなかった。いったいユコに何が起きた?

 そのうち、ソニアの方に異変が起きた。

 ソニアは何度も剣を叩きつけて、ゾンビを撃退していたが、それが終わりの時を迎えたのだ。

「あれっ? 『ラムソード』が無くなった?!」

 どうやら剣には耐久度が設定されているようで、酷使に耐えかねて壊れてしまったのだ。

 突然の出来事に、呆然としてしまったソニア。そして戸惑っているうちに、ゾンビに囲まれてしまったのだ。

「ラム! 助けて!」

「無理!」

 前回と同じやり取りが行われ、「いぃぃやぁぁぁ!」と甲高い悲鳴を上げるソニアであった。

 

――ソニア、DEAD。

 

「……またこの展開か」

 そのうち、建物の方にもゾンビが出現し始めていた。そして、徐々に立ちつくしているユコに接近してくる。

「ユコ……?」

「ごめんなさいね、ちょっとお花摘みに行ってきてましたわ――って、何ですのこれは?!」

「あ、戻ってきた。夜になったからゾンビに襲われるから、じゃなくて、襲われているぞ」

 ユコはともかく、リリスは時間の問題だろう。

 武器の剣に耐久度があるということは、リリスの使っている剣も、そのうち壊れることになるだろう。

 リリスは、ゾンビと戦うのをやめて、建物に向かって撤退を開始していた。

 しかし、まったく戦わずに進めるわけではなく、とうとうリリスの剣も壊れてしまった。

 その頃、ユコは建物に戻ってきて、屋上まで上がってきていた。

「全くもう、安心して離席もできないゲームですわね」

「席外す前に建物に入っていればよかったのに」

「そうですわ、なぜ先にそう言ってくれないんですの!」

「そこで怒られても知らんがな……」

「えっ、そんな、なぜ? やっ、やめて!」

「ん?」

 屋上でラムリーザとユコが話をしていたら、突然ロザリーンの悲鳴が上がる。

 何故? ロザリーンは建物の中に居るはずなのだが。

 

――ロザリーン、DEAD。

 

「ふっ、くだらんな、馬鹿な話だ」

 続いて、リゲルの機嫌の悪そうな声が聞こえる。

 

――リゲル、DEAD。

 

 次々に犠牲者が出ている。

「一体何が起きているんだ?」

 ラムリーザは、この状態を理解することができなかった。昨夜(ゲーム内)は、建物の中に居たら、安全だったはずなのに。

「ふう、やっと建物に戻ってこれた……って、な、何これ?!」

 リリスは、ゾンビの追撃を振り切って建物に戻ってくることができたようだが、そこで何故か悲鳴を上げる。

 

――リリス、DEAD。

 

「あっ!」

 突然ユコは大声を上げる。

「どうした?」

「ご、ごめんなさい、私、入り口のドアを閉め忘れたかも……」

「…………」

 そして、屋上に繋がっている階段から、ゾンビの群れが姿を現す。つまり、そういうことだった。

「……だよね、建物に入ったらゾンビが待ち構えていたし」

 リリスの声だけが、ヘッドセットを通じて聞こえる。

 やれやれ、とラムリーザはため息を吐き、ユコの方を振り返って明るく言った。

「ユコ、楽しかったよ、今度会った時は……」

 まるで今生の別れの様にそう言い残して、ラムリーザは自らゾンビの群れの中に飛び込んで行った。

 

――ラムリーザ、DEAD。

 

 ユコは全てを諦めて、その場に膝をついてうなだれる。そしてそこに群がっていき……。

 

――ユコ、DEAD。

 

 

GAME OVER

 

 

「はい、今日はここまで。明日は帝都に行くし、みんなもう寝ようね」

「ちょっと待ってラム、ユッコと今度会った時は何?」

「ちゃんとドアは閉めようね、だ。はい、おしまい」

 ユコが何か言いかけたが、ラムリーザはすぐにゲーム機の電源を落としてしまった。

 時間を見ると夜の十一時を過ぎている。みんなラムリーザの言葉に従って、ゲームを切り上げるのだった。

 そしてその夜、ゾンビに襲われる夢に悩まされたそうな。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記