home > 物語 > > らむりーず♪

らむりーず♪

 

 ついに、「ラムリーズ」デビューの日がやってきた。

 この日のためにここ一ヶ月弱、一時間演奏するために曲を増やして、みんなで仕上げてきたのだ。それでもここまで来るのにいろいろあった。そもそもこの話が無ければ、雑談部で話しているだけだったり、ネットゲームで廃人化しかけるだけだった日々。話が決まっても、リリスの経験不足や過去のトラウマから来る問題を解決するために、いろいろ動き回ったりもした。

 そして今日、それらの成果を試される日が来たのである。

 場所は、「帝都・シャングリラ・ナイト・フィーバー」、帝都でも有名な高級クラブの一つだ。

 

 演奏の時間が来るまで、メンバーは舞台裏の控え室のような所で待機していた。

 休日であるが、メンバー全員学校の制服で集まっている。ラムリーザはジャンと、事前に当日の衣装について話し合っていたのだが、その時にグループとしての統一感が出るということで、制服で出るということに決まったのだ。特に女子制服が気に入ったジャンの、強い要望があってのことだということには触れないで置こう。

 その時ソニアだけはそのことに反対したのだが、他のみんなが特に気にせず受け入れたので、従うしかなかった。ソニアの「胸が収まらないのに……」というぼやきには、「だがそれがいい」とジャンに、キリッとした表情で返されてしまう始末であった。

「あまり遅くまで居られないということで、一番目に出てもらうよ。まぁ、ラムリーザのメンバーだから初めてじゃないから気にならないだろうし。ラムリーザとソニアは去年まで常連だったし、リリスも最近顔出ししているからね」

 控え室にやってきたジャンに、最初に出演するということを聞いた。遠くから来ているというのもあって、あまり遅くなると帰る事ができなくなるからだ。それに、ロザリーンなどのお嬢様もメンバーに入っている。

「ジャン、ありがとう。この日がなかったら、僕ら何をやっていたかわからないよ」

 ラムリーザは、ソニアとリリスとユコを見ながら言った。この目標がなければ、雑談とゲームしかやっていなかった三人だ。ソニアがそれでいいというただそれだけの理由なら、あえて改善するつもりはなかったが、リゲルが離れて行ったことや、リリスの夢について考えた時、そしてなによりもこの三人がネトゲ廃人になりかけた時に、このままでいいのか、と思ったりしたのだった。

「ありがとうはこっちもだって。お前は知らんかもしれないけど、ラムリーザファン結構居るんだぞ。なぁ、帝都には戻ってこないのか?」

 帝都に戻ってこないのか、ジャンがその問いを発したとき、リリスとユコ、特にリリスが困ったような顔をした。リリスの中では、自分の夢に向かって進んでいくのに、今ではラムリーザの力が必要だということがわかっていた。

 そういったリリスの懇願を読み取ったわけではないが、ラムリーザはジャンに答える。

「ごめんよ。でも僕は別に気分転換で帝都を離れたってわけじゃないんだ。この話は去年したよね」

「そうだったな。まあいいか、それでこうして新しい仲間もできたんだし、リリスとか掘り出し物だぞ、おい。ソニアよりリリスの方がいいんじゃないか?」

「なんでそうなるのよ!」

「おっ、ソニアが怒った。お前はリリスはいい女だと思わないのか?」

「あたりまえじゃない、こんなちっぱい。ラムはちっぱいは嫌いだって言った」

「言ってないってば、何を言い出すんだお前は……」

 ジャンはリリスの胸をちらっと見て、「ちっぱいかねぇ?」と呟いてから、ソニアの胸を凝視して「俺にはお前が極端なだけに見えるんだがな」と言った。

「ラム……、こいつ嫌い……」

 そう呟きながらソニアは、胸に突き刺さる視線から逃れるようにラムリーザの後ろに隠れる。

「ラムリーザにしか興味ない奴に嫌われても、痛くも痒くも無いわ――っと、そろそろ時間だぞ」

 こうしてついに本番の時間がやってきた。立ち上がる六人に不安な表情はない。この日のために、納得いくまでじっくりと練習してきたんだから。

 

「さて、お集まりの皆さんこんばんは。今日は新しいグループがやってきました。その名は『ラムリーズ』。みんなのラムリーザが、新しいメンバーを率いて帰ってきました。それでは演奏をお楽しみください、どうぞ!」

 ジャンの紹介で、六人はステージに上がっていった。そしてその途中で、リリスがラムリーザに話しかける。

「さっきの挨拶、なんだかラムリーザのいつもの挨拶とそっくりじゃない?」

「よく気がついたな、実はジャンの挨拶を真似ていたんだ。去年まではジャンがリーダーだったからね」

「ああ、そうなのね……」

 この一連の会話をしてみて、ラムリーザはリリスの成長を感じ取った。ステージで普通に話しかけてきたのだ。散々慣らせてきた成果が、着実に現れている。このステージに上がるのも初めてじゃない。後は……。

 

 メンバーが準備でき次第、ラムリーザの挨拶も無しにいきなり演奏を始める。

 オープニングに、「剣闘士の入場」をアレンジしたものをいきなり始めるという演出だ。

 軽快で、少し滑稽なメロディに合わせて、「さあ登場、これから始まるよ!」といったニュアンスの歌を、ソニアとリリスが二人で歌っている。

 そして、オープニングが終わったところで、改めてラムリーザの挨拶が始まった。今日が初めてということで、メンバー紹介をしておくことにしていた。

「初めまして……じゃないね、僕は……」

 出だしで躓いて、観客から笑いが起こる。

「こほん、ただいま、ラムリーザです。今日は新しいグループ、『ラムリーズ』を率いて戻ってきました。今日はメンバーの紹介をしておきます。まずは前列向かって左から、我がグループ二枚看板の一人、リリス・フロンティアです」

 ラムリーザは、紹介しながらリリスの様子をじっと見る。リリスは、観客の目を避けて目をつぶり、ギターを鳴らせてみせた。これを見て、ラムリーザはリリスが「動いている」というのが確認できて、ようやく安心することができた。

 これができたら、後は流していける。

「この娘はもう馴染み深いよね。同じく二枚看板の片割れ、ソニア・ルミナスです」

 ラムリーザの紹介に、「ソニア久しぶりー」との声が上がる。

 当のソニアは、オープニングが終わってから、いつもの不思議な踊りをずっと踊っている真っ最中だ。ラムリーザは、その踊りを軽くスルーして紹介を続ける。

「そして向かって右。ユコ・メープルタウン」

 ユコは普段通りに、可愛らしい笑顔で観客に手を振っている。

 その時ジャンは、「あれ、リリスにばかり目が行っててノーマークだったけど、このユコって娘も結構美人じゃね?」と呟いた。今のリリスの外面を作り上げたのが彼女だということを、ジャンは知る由もなかった。

「次にピアノ担当の、ロザリーン・ハーシェル」

 ロザリーンは椅子から立ち上がり、観客の方を向いてお辞儀する。

 ジャンの感想は、「優等生タイプのお嬢様、性格は悪くないだろうが真面目なタイプと付き合うのは苦手だ。まぁ、ラムリーザみたいな奴とならうまくやっていけるだろう」であった。

「最後に、ギター担当のリゲル・シュバルツシルトです。以上、『ラムリーズ』を今後ともよろしく!」

 ラムリーザはこうしてメンバーの紹介を締めたが、観客からは「ラムリーザの紹介は?」と突っ込まれる。突っ込まれたラムリーザは、「いや、知ってるでしょ」と返して先に進むことにした。

 もう一度リリスの様子を見てみるが、リリスは不思議な踊りを踊っているソニアを見て、生暖かい微笑みを浮かべる余裕さえ生まれている。

 よし、行ける。

 ラムリーザは大きく頷いて、「それではイッツ・ショウ・タイム! お楽しみは、これからだ!」と声高らかに宣言して、演奏を開始した。

 軽快なリズムと、ソニアとユコのコーラスから始まった歌は、リリスがメインボーカルを担当する歌だ。この曲は、「ラムリーズ」として初めて校庭で演奏したときの曲だが、その時はリリスは歌うことはできなかった。その時は仕方なく、ソニアに歌わせることでごまかしたが、今回は……。

 リリスが歌えた!

 こうなったら、もう今日のライブは成功したも同然だ。二枚看板が機能してくれたら、怖いものは無い。後は勢いに任せて、突っ走るのみだ。

 こうしてラストナンバーに設定した、ソニアの歌うギャルゲーエンデイングテーマまで無事に終わらせることができたのであった。

 盛大な拍手の中、「ラムリーズ」のみんなは、客席に向かってお辞儀をして退場していき、ここに一つの時代が始まったことを告げたのである。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記