home > 物語 > > 余計な実験をしてすれ違いを生み出してしまった問題 ~前編~

余計な実験をしてすれ違いを生み出してしまった問題 ~前編~

 

 ソニアは現在、ラムリーザに精神的に依存している所が強いのかもしれない。

 いつも一緒に居たがるし、リリスやユコがラムリーザに接近しようものなら、すぐに間に割って入って邪魔をする。

 そして夜寝るときは、ラムリーザと一緒じゃないと嫌、と言った感じになっているのかもしれない。合宿での夜這い然り、引っ付いてくると悪戯するぞと言ってもあえて引っ付いてくる事然り。

 これは、ソニアを突き放してみたら一体どのような反応を示すのだろうか……。

 ラムリーザは、ちょっとした悪戯を考え、また実験してみようと考えてしまったのだった。

 ほんの出来心だった。それが、非常にめんどくさい一日を作り上げてしまうことになるとは気付かずに……。

 

 

「ソニア、さようなら……」

「えっ? さようなら?」

「決めたよ、別れよう」

「な、何で? どうして?」

 実家の自室で目覚めて着替えが終わった後、ラムリーザは深刻そうな雰囲気を漂わせてソニアに語りかけてみた。突然の申し出に、ソニアは何が何だか分からないといった感じだ。

「君が昨夜寝る前に言ったじゃないか、『もう別れよう』って」

「えっ? 言ってないよ。あたし、そんなこと言ってない!」

「いや、僕は聞いたよ。今日で終わりにしよう」

「言ってない! 言ってないよぉ……、ふえっ、ふええぇぇん……」

 冗談とは気付かずに、ソニアは泣き出してしまった。その表情には、悲しみというより絶望感が漂っている。

 その表情を見てラムリーザは、やっぱりこの実験は止めようと思って、早々にドッキリ企画をばらすことにした。

「……とまぁ、冗談だ」

「ふえぇ……、え?」

「うん、そんなこと聞いてないよ。別れるわけないだろ」

 ソニアは、しばらくの間ラムリーザの顔をぽかーんと見ていた。だが、再び顔をくしゃくしゃにして泣き出してしまった。

「……ラムの馬鹿! ふええぇぇん!」

 ソニアはマジ泣きしてしまった。

 ラムリーザは、少しきつい冗談だったかと思い、ちょっと後悔したりしていた。日頃から幸せにしてやりたいと思っているソニアを悲しませてしまったのだから……。

 

 その時、部屋のドアをノックする音が聞こえ、外から妹のソフィリータが話しかけてきた。

「リザ兄様、もう起きてますか? 入りますよ」

 ソフィリータは、『お兄様』ではなく、『リザ兄様』と呼んだ。この事が意味するのは一つだけである。

 そして部屋に入ってきたソフィリータは、うれしそうに報告する。

「おはようございます、リザ兄様。先程リアス兄様が帰ってきましたよ」

 リアス兄様、それはラムリーザの兄であるラムリアースのことだ。兄は、去年から城勤めをしていて、それからは実家に帰ってくるのは年に一回か二回程になっていた。偶然ラムリーザが帰省したときに、城からお暇を貰ったのだろう。

 だが、ソフィリータが部屋に入ってきた今は、タイミングが悪かった。

 ソフィリータは、ソニアが泣き崩れているのを見て、「あれ?」と首をかしげた。

「ソニア姉様はどうしたのですか?」

 ソフィリータが不思議そうに尋ねてくるので、ラムリーザは先程行った実験について、気まずそうに説明した。それを聞いたソフィリータは、ラムリーザに非難するような視線を向けてきた。

「それはリザ兄様が悪いです。冗談でもそんなこと言っちゃダメだと思います。言って良い冗談と、悪い冗談があると思いますよ」

「ですよねぇ」

 ラムリーザは、決まりが悪そうに頭をかいてソフィリータに同意した。ソニアは今もぐずぐずと泣き続けている。

 ソフィリータが、しょうがないなといった感じでソニアに歩み寄って行こうとした時、開けたままにしていたドアの向こうから、元気のいい声が聞こえてきた。

「おう、元気にしていたか? お前の兄が帰ったぞ……って、え? ひょっとして修羅場?」

 ラムリーザの部屋にやってきた兄、ラムリアースは、部屋の中の異質な雰囲気を察して口をつぐんだ。

「リザ兄様が酷いんですよ。ソニア姉様に別れようって言ったんですって」

 ソフィリータは、ラムリアースに事の顛末を報告した。内容は、ラムリーザが言ったことそのまんまだ。

「おいおいお前なぁ、言っていい事と悪いことの区別もつかんのか? 待てよ、お前ら恋人同士になったのか?」

 ラムリーザがソニアとの関係を進めた時、既にラムリアースは城勤めで屋敷に居なかったので、付き合い始めたということを知らないのだ。

「ええ、まぁ……」

「リザ兄様が告白して、それから新しい町に連れて行ったのですよ」

 ラムリアースの問いに、ラムリーザは口ごもりながら、ソフィリータは詳細まで詳しく答えた。

「まぁ、幼馴染同士がずっと仲良く付き合っていくのはいいことだ。もっとも、今はそんなこと言ってる場合じゃないけどな」

 ラムリアースは、そう言いながらソニアの元に歩み寄っていった。そして、ぺたりと座り込んで泣いているソニアの肩に手を当てて、「ラムリーザが悪い事したな、ごめんよ」と優しく語りかけた。

「あっ、ラム兄! ふええぇぇん!」

 ソニアは、再び大泣きしながらラムリアースに抱きついた。

 抱きつかれた瞬間、ラムリアースは少し顔をしかめて、ソニアを引き離す。そして横から肩を抱きかかえるように手を回して立たせた。

 ラムリーザは「ごめんよ……」と言ったが、ソニアは泣き止まない。

「ラムリーザ、お前は少し反省してろ」

 ラムリアースはそう言い残すと、ソニアを連れて部屋から出て行ってしまった。

「リザ兄様、リアス兄様に寝取られても文句言えませんからね」

 続いてソフィリータも部屋から出て行った。

 一人残されたラムリーザは、先程までのちょっとした後悔が、今では本気で大きな後悔となっていた。くだらない実験で、大切な宝『グリーン・フェアリー』を失ってしまうというのだろうか……。

 

 

 朝食の時間。

 久しぶりに兄弟と妹、そしてもう一人が揃ったというのに、なんとなく重く沈んだ雰囲気が支配する食卓になっていた。誰も一言もしゃべらなくてシーンとしている。

 ソニアはいつものように幸せそうにパクつかないし、ソフィリータはみんなの表情を伺うようにそわそわしている。それにラムリーザ自身も、何とも言えない気まずさを感じていた。

 気にしていないのは、事情を知らない母ソフィアだけであった。ソフィアは、どちらかと言えば静かに食事しているということをよしとしているので、今日のように静かにしてくれていた方がよかったりするのだ。

「ごちさま」

 ソニアは食事を終えると、弱々しく呟いて一人で食堂から出て行った。

 そこで初めて、ソフィアはソニアの異変に気がついた。

 これまでは、ソニアがラムリーザよりも先に食べ終わった時でも、ラムリーザが食べ終わるのを待って二人揃って出て行くのが自然だった。むろん、食べ終わるのが早いのが逆の場合でも同様だったのだ。これだけのことで異変と取られるほど、二人はいつも一緒だった。

「ひょっとしてラムリーザ、ソニアと喧嘩するか別れるかしましたか?」

「いや、どっちもない……と思う」

 ソフィアの問いに、ラムリーザはぼそぼそと言葉を濁して答える。だがすぐにラムリアースは、「いや、こいつやらかした」とはっきり言った。

「そうですか……」

 ソフィアは一言答えただけで、それほど気にした様子も無く、それ以上追求しようとはしなかった。

 その一方で、ソフィアの脇に控えていたメイドのナンシー――ソニアの母親――は、心配そうな表情を浮かべるのだった。

 

 朝食が終わった後、ラムリーザはラムリアースに強く忠告されてしまった。

「ラムリーザ、ちゃんと謝って修復させるんだぞ」

「わかってるって……」

 ラムリーザも、ソニアとの関係をむざむざと終わらせる気は無いのだ。言われるまでもないと言った感じで、ソニアの後を追って食堂から出て行った。

 ソフィリータは、ラムリーザの後姿に冗談で「しっかりしないと、リアス兄様に取られてしまいますよ」と言ったが、ラムリアースはきっぱりと「それは無い」と答えた。

「俺は交際する相手は決まっているし、苦手なものがある」

「リアス兄様は、ソニア姉様が苦手なのですか?」

 ラムリアースはすぐに答えずに、ラムリーザが完全に食堂から出て行くのを確認してから答えた。

「いや、ソニアは元気いっぱいで可愛い。それは認める。だがな――」そこでラムリアースは表情を険しくする。「あの胸はいかん。俺はいわゆる『爆乳』と言う奴が、どうも好きになれない。ソニアは幼馴染だしお前と同じ妹みたいなものだ。だがあの胸だけはいただけない」

 つまり、それが理由でラムリアースは、ラムリーザの部屋でソニアに抱きつかれたときに顔をしかめたのである。

「そうですか……」

 ソフィリータの発した一言は、先程ソフィアが発した言葉とイントネーションまでそっくりだ。さすが母娘と言ったところか。

「だから、ソニアはラムリーザがなんとかするしかないのだ」

 ラムリアースは、きっぱりとそう言い放った。

 

 その頃ラムリーザは、ソニアの部屋の前まで来ていた。

「ソニア、今朝はごめんよ」

 ドアをノックしながら言ったが、ソニアの返事は無かった。

「えーと、入ってもいいかな?」

 だが、今度も返事が無い。ラムリーザは、ソニアがへそを曲げてしまったと思い、ため息を吐いた。どうしようもないが、このまま自分の部屋に戻る気にはなれなかった。今朝、一人取り残されたときのあの重苦しい空気が漂う部屋に戻りたいとは思えなかったのだ。

 ラムリーザは、仕方なく屋敷を出ると、午前中は敷地内の庭園を散歩して過ごすことに決めたのだった。

 

 ラムリアースは、朝食後しばらく母と話をしていたが、その後はとくにやることもなかったので、自室に戻って城から持ち帰った書物を読んで時間を潰していた。

 本当なら久しぶりにラムリーザ達と遊びたかったのだが、ラムリーザとソニアがあんな状態ではその気になれなかったのだ。

 十一時頃になった時である。

 ラムリアースの部屋を誰かがノックしてきた。「どうぞ」と言うと、ソニアが悲しそうな表情をして入ってきた。

 ソニアの中では、ラムリーザが一番、ラムリアースが二番であったが、今はラムリーザに頼ることができないのでラムリアースの所にやってきたのだ。

「俺の所に来られても困る。ラムリーザは来なかったのか? もうダメか? 見限ったか?」

 ラムリアースは、読んでいた書物から目を上げて、ソニアの様子を伺う。短すぎるスカートは百歩譲ってもいいが、やはりその胸の大きさはいただけない。

「ううん、今でもラムが好き……。でも、怖い……」

「怖いって何が?」

「ラムに別れようって言われるのが怖い……」

 ちなみに、ソニアにとってラムリーザが『ラム』であり、ラムリアースは『ラム兄』である。

「やれやれ、あいつはいったに何をやっているんだ。それで、ちゃんと話し合った?」

「ラムが帰ってこない……」

「帰ってこない? 何とか修復しろと言ったのに、まったく……」

 ラムリアースは、しょうがないなぁといった感じにため息を吐いた。

 ソニアはくすんと鼻を鳴らすと、「ふえぇ……」とお馴染みのフレーズを口にして泣き出してしまった。

「ここに来て泣かれても……、ああもう。ラムリーザがどこに行ったか分からないが、昼食の時間には戻ってくるはずだから、それまで待ってその時に話を聞くんだぞ」

 ソニアは「うん」と頷いて、ラムリアースの部屋に入ってきて座り込もうとした。だがラムリアースは、それを制して部屋に戻るよう促す。ひょっとしたら、ラムリーザは戻ってくるかもしれない。その時のために、ソニアは部屋に帰っておくべきだ。

 それと、昔ならともかく今のソニアはラムリーザの恋人という立場になっている。弟とはいえ、人の恋人を自分の部屋に居座らせる気は、ラムリアースには無かった。

 だから、「ラムリーザを信じろ」と言って、ソニアを立たせて部屋の外まで連れて行き、「部屋に帰ってろ」と言ったのである。

 ソニアは、肩を落として歩き去っていった。

 

 その頃ラムリーザは、庭園の芝生に寝転がって昼食の時間まで時間を潰していた。

 ソニアの事が気になっていないわけではないのだが、呼んでも反応しないのでどうしようもない。だから、仕方なく外で気晴らししていたのだ。

 時々携帯電話を取り出しては、ジャンとメールのやり取りをして暇つぶしをしていた。

 ソニアとの仲がこじれている今、リリスやユコと楽しむ気にはなれなかったので、そちらとは連絡を取っていない。

 その辺りはまだ良心がある、とでも言うのかな。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記