home > 物語 > > 清くない交際がばれても意外となんとかなるかもしれない

清くない交際がばれても意外となんとかなるかもしれない

 

 この日の昼食後、ラムリーザとソニアの二人は屋敷の庭園に二人で散歩に出掛けた。

 庭の木々からは、蝉の声がやかましく鳴り響いている。日差しは強い、夏真っ盛りだ。

 ラムリーザから少し遅れてついて来ていたソニアは、ラムリーザの隣に並ぼうとして少し駆け足で近づいてきた。その時、石畳の段差に足を取られて前につんのめてしまった。

「ほらもう、足元――、今日もいい天気だねぇ、蝉がうるさいねぇ」

「わざとらしく話題変えなくてもいいよもう……」

 ソニアはラムリーザの隣に並び、腕を絡めてきた。これでひとまずは派手な転倒は防ぐことができるだろう。

「しかし、こうして二人で庭を散歩するのは、あの日以来だな」

 それはこの春、ポッターズ・ブラフに出発する少し前の事だった。さらに言えば、ラムリーザがソニアに告白する以前の事だ。

 あの頃はまだ二人は腕を組むことは無く、ソニアはラムリーザの周りをうろうろしているだけだった。

「ねぇ、あの日寝転んで何を考えていたの?」

 それは、今二人が立っている、腰ぐらいの高さのこんもりとした芝生で覆われた小さな山だ。

 あの日、ラムリーザは二人で散歩に出たものの、すぐにここに寝転んで考え事をしていたのだった。

 ラムリーザは、あの時と同じように寝転んでみる。するとソニアは、同じように横たわり、すぐに右脇に引っ付いてきた。あの時と違い、二人の距離はゼロになっていた。

「あの時かぁ。ソニアを連れて行くかどうするか、連れて行くにはどうすればいいか、そんな事をずっと考えていたなぁ」

「それでその日の夜、突然の告白に繋がったのね」

「受け入れてくれなかったら、一人で行く覚悟はできてたけどね」

「あ……」

 ソニアは何かを思い出したのか、少し顔を強張らせた。ソニアは一度、ラムリーザを受け入れない光景を見たことがあったのだ。それは……。

「はい、悪夢の話はもう忘れようね」

 ラムリーザは、ソニアの気分が沈む前に制しておいた。そして、右脇に引っ付いてきているソニアの身体を抱き寄せて、自分の身体の上に乗せる。

「ラム……」

「こうして堂々と抱き合う仲になるとは、五ヶ月弱で変わりすぎだよな」

「はぁ……、五ヶ月前とはラムとはただの友達、ただの幼馴染だったのかー」

「今の二人は何だい?」

「変人!」

 ソニアは真顔で力強く言い切った。

「いや待て、文章で書く場合その誤字は百歩譲ってありえると言ってやる。だが言葉に出して間違えるのはわざとだよね? おかしいだろ?」

「ラム、あなた疲れているのよ」

「ごまかすな」

「ひまわりの種が好きな、変人ラム」

「あのなぁ、百歩譲って僕は変人でも別にいい。いや、よくないけど。それで、ソニアの彼氏が変人だってことは受け入れるのか? 将来の旦那が変人なんだぞ?」

「キスしようよ」

「ちょっ――」

 ソニアは、ラムリーザがソニアのよく分からない台詞に真面目に受け答えしてあげていると、その隙を突いていきなり唇を奪ってきたのだった。

 遠くに入道雲が並んでいる以外は、大海原のように広がる青空。夏の強い日差しが差し込む芝生。その芝生に寝転がってキスをする二人。聞こえる音は蝉の声だけ。

 二人の時は、誰にも邪魔されることなく、ただ静かに過ぎていった。

 

「ラム……、しよっか……」

「まじか、やりたいか……、ふむ……」

 キスで気を良くしたのか、ソニアはさらに上をねだってきた。

 だが、この開けた場所では家族に見つかってしまう可能性が高い。

 清い交際をしていることになっているので、母親のソフィアに見つかるのだけはなんとしても避けなければならない。というより、キスしている地点で清い交際もクソもないのだが。

 この時までにラムリーザは、ばれなければそれでいい、そういう考えだった。

 だからソニアの手を取って、屋敷の裏手に回っていった。そこは屋敷の陰になっていて、日も当たらずに薄暗く、茂みに入ればほとんど目立たない。

 ラムリーザはソニアを茂みに連れ込んで言った。

「えっと、ここなら大丈夫かな。それじゃあそこの庭石に手をついて後ろ向いて」

「えっ? 後ろから?」

 えーと……、キンクリ。

 

 

――ラムリアースは、二階にある自室の窓から裏庭を眺めていた。

 とくに何かを見ようと思ったわけではない。書物を読むのに疲れて、目を休めるためにたまたま裏庭を眺めていただけだったのだ。

 ラムリーザとソニアがそこに現れて、二人で一緒に茂みの中に入っていくのが見えた。

 そこは茂みと言っても垣根のようになっていて、横から見れば遮られているが、上からは丸見えだったりしていた。

 つまり、ラムリアースは、ラムリーザとソニアの二人の時間について一部始終を全て見ていたりするのだった――。

 

 

…………。

 

「ふう、やれやれだ」

 ラムリーザは一息ついて、その場に座って一休みしていた。

「こりゃまるで僕らは猿だな、ソニアは嫌にならないか?」

「どうしてそんな事思うの? 大好きなラムとできるんだから、嫌なわけないじゃない」

「それはそれなら良いとして――」

 ラムリーザはなんとなく、二人の関係についてソニアに話しておこうという気になった。

「――母に隠していることがあるんだな」

「え? ソフィア様に?」

「僕達は、清い交際をしていることになっているんだ。だけど、清いかねぇ?」

「うーん……」

 そこでラムリーザは、ふとソニアの足に目が行った。そこには清くない交際の残骸が残されていた。どこかで足を洗ってから戻らないと、まちがいなくばれてしまうだろう。

 その時、ソニアは突然その場所にしゃがむと、いきなり小便を始めてしまった。

「おいおい……」

「いいの、ついで! どうせあたし達、もう清くないもん!」

「まあいいけどさぁ……」

 ラムリーザは、すぐ隣にしゃがんでいるソニアの頭を撫でながら、「ちょっと調子に乗りすぎかな」とか考えていた。

 そして何気なく屋敷の方を見上げると、二階の窓からこちらを見ているラムリアースと目が合ってしまった。

「しまった……」

「どうしたの?」

「あいや、いや、いややや、どうしたもんだろねぇ」

 ラムリーザは慌てていたが、ラムリアースは何故か親指を立てるポーズを見せてニヤッと笑い、窓から消えていった。

 とうとう家族にばれた。実家でやるのがそもそも間違いだった。だがそれが兄だったのが不幸中の幸いだ。

 呆然と立ち尽くすラムリーザの腕を、ソニアは立ち上がって引っ張ってきた。そして、「ティッシュがない……」と困ったような顔でラムリーザの顔を見上げてくるのだった。

「ああ、ないねぇ」

 とりあえず相槌を打ちながらも、ラムリーザは内心気が気でなかった。一刻も早く兄の元に向かって、口止めしなくては……、そんなことで頭の中はいっぱいだった。

「ふえぇ、どうしよう……」

「どうしようはこっちの台詞だ。そこの水道で洗えばいいだろ。ついでに足も洗っておけよ」

 ソニアは、ラムリーザに示された庭にある水道に向かっていき、ホースの先を掴むといろいろと洗い始めた。

「ふぅ、タオルが無いから乾くまでノーパンかな?」

「そのスカート丈でノーパンか、大惨事だな」

「なにそれどういう意味よー」

「いや、そんなことはどうでもいい! 日なたに出て日光浴でもしていたら自然と乾くだろ。つか部屋に戻れよ。こっちは大事な用があるから、後は自分でなんとかしろ」

 ラムリーザはそう言って、ソニアを裏庭に残したまま屋敷に戻り、兄の部屋へまっすぐ向かっていくのだった。

 

 

 この日の夕方、ラムリーザの父であるラムニアスも帰省してきた。

 年に一度、あるかないかのフォレスター家一家団欒が生まれたのである。

 父は、兄とは同じ城勤めでよく会っているので、自然とラムリーザの近況についての話題になってくる。

「ラムリーザは一人で新しい町で生活することになったが、しっかりやってるか? 困ったことや問題は起きてないか?」

「全然大丈夫だよ、父さん。それと、一人じゃなくてソニアも一緒に行くことになっているから」

「ああ、そういえばソニアと付き合うことにしたのであったな。父さんは別に反対はしないが、夜の営みはうまくやっているか?」

 そこまで聞いて、ラムリーザとソニアは同時に「ぶっ」と食べていたものを吐き出してしまった。さらに母のソフィアが二人にとって痛いことを重ねてくる。

「ラムリーザとソニアには早すぎます。二人とも清い交際をしているのですよね?」

「お……、おう……」

 ラムリーザはそう答えるのが精一杯であり、ソニアは何も言わずに赤い顔をしたまま俯いてしまった。

 これは、今日真昼間から、裏庭でアオ○ンをしていたなんて、口が裂けても言える状況ではない。しかし、今日は都合の悪いことに目撃者が居た。

「いや、ラムリーザとソニアなら、今日の昼――」

「兄さん! 話が違――っ!」

 ラムリーザは、わたわたとしながらラムリアースの言葉を遮った。

 

 今日の昼、あの後ラムリアースの部屋に行って、見なかったことにしてくれとか、清い交際をしていることになっている旨を伝えたりいろいろしていた。

 ラムリアースは、その時は笑って言ったものだ。

「俺もお前ぐらいの時は、権力と金に物を言わせて同級生の女に好き放題やったもんだ。もっとも、城勤めし始めてからは真面目に堅物ぶっているけどな。その点ソニア一筋のお前は、かえって清々しいと思うわ」

「さっき見たことは親には内緒で……」

「それはわかった」

 そこでラムリアースは、さらに今向こうでどう生活しているのか等を聞いてきた。ラムリーザは同棲状態だということを隠さずに話したら、ラムリアースは「そりゃ清い交際しろと言われても無理だわ」と笑いながら言うのであった。

 結局この後、二人の初めてから何から何まで、根掘り葉掘り聞かれたりしたものだが、ラムリーザは黙ってくれることを条件に全部答えるハメになったりしたものであった。

 

「――まあこの二人は、俺が居ないとまともに仲良くできないからなぁ」

 そういう事もあり、ラムリアースはさらっと話を変えてくれたのであった。しかしその後で、さりげなくラムリーザとソニアにとって重要なことを聞き出してみたりしてきた。

「ラムリーザとソニアが清くない交際したらどうなるん?」

「あぐ……」「ふえぇ……」

 ラムリーザとソニアは、同時に変な声を上げてしまう。でも、それは念の為に聞いておきたいことでもあった。

「そうですねぇ……」

 ソフィアは、ソニアの母であるメイドのナンシーの顔を見据えた。ナンシーは「そんな恐れ多い事……」とだけ答えた。特にその先は考えていないようだ。

「ラムリアースみたいに好き放題やらかすよりは、ソニアだけって決めておけば問題ないぞ。結婚も視野に入れているんだろう?」

 一方父ラムニアスは、何気に肯定的だったりしている。

「特にどうなることはありません。ラムリーザとソニアのモラルに任せましょう」

 ラムニアスが肯定的な以上、ソフィアも否定的に考える必要は無いと判断したのか、さっさとこの話を切り上げてしまった。

「ま、何かトラブルが起きたらすぐに連絡するんだぞ。危害を加えるような者が出てきたら、すぐにレイジィを派遣するからな」

 レイジィとは、ラムリーザに幼い頃から専属で付けられていた警護のような者だ。今現在は、主に屋敷の警護に当たっている。

「たぶん大丈夫。なんだかのんびりした田舎だしね」

「嫌な奴なら居るよ、風紀監査委員とか風紀監査委員とか!」

「それは、お前が制服を乱して着るから目をつけられるのだ」

「むー……」

 などと話しながらの、久しぶりの一家団欒であった。

 清い交際というのは建前であるだけで、意外とそんなに大事なことではないのかもしれない。これが分かったことが、一番の収穫かもしれないかも。

 
 
 
 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記