home > 物語 > > 胸が大き過ぎて正面を攻められたらどうしようもない海での出来事

胸が大き過ぎて正面を攻められたらどうしようもない海での出来事

 

 ポッターズ・ブラフは、海から離れた内陸部に位置する地方都市である。そのため、海に行くには、電車なりバスなり、交通機関を使わなければ、簡単には行くことができないのであった。

 

 そんなわけでラムリーザ達は、駅前のバス停留所で待ち合わせをして、バスで海岸近くまで行くことにしていた。

 そしてバスの中で、ラムリーザはみんなに念のため聞いてみることにした。

「えっと、海が初めてという人は居ないよね?」

 ラムリーザの問いに、みんなは大丈夫というように頷く。

 それならばよしだ。初めてで戸惑われては困る。

 ラムリーザには、先月発覚したリリスが人前での演奏が初めてだということで発生したトラブルを、少しばかり気にかけていた。

 そして、ふとリリスと目が合う。

 リリスがすまなそうな目をしていたので、ラムリーザは「いや、とくに気にすることじゃないさ」と言って、これ以上は何も言わなかった。

 

 バスで三十分ほど移動して、ラムリーザ達は町から南に行った所にある海岸にたどり着いた。

 海岸には、学校は休みになったが、世間では平日だということもあって、人はほとんど居ない。所々岩場になっているが、そこそこ広い。

 岩場の一つを拠点にして、そこで早速女の子達は水着に着替え始めた。

 一方リゲルは、元から泳ぐつもりはなかったので、釣竿を抱えてとっとと岩場の先に行ってしまった。

「くれぐれも、気をつけて遊ぶんだぞ」

 ラムリーザはそう言い残して、自分もリゲルの後を追って岩場を進んでいった。

 

 

「海だーっ!!」

 

 ソニアは一人叫んで、青空の下の波打ち際に駆け出していった。

 ソニアは、元々服の下に水着を着込んで来ていたので、着ていたキャミソールとミニスカートとサンダルを脱ぎ捨てて、一番乗りで海に飛び込んでいった。ちなみに、ソニアの着ている水着は、緑色のビキニだ。ボトムは何の問題ないが、トップはJカップの胸を包み込むには、少し頼りない感じもするが仕方ない。

「わぁ、海に入ると胸が楽だなー」

 ソニアの大きな胸は、まるで浮き袋のように波間にぷかぷかと浮いている。

「それに慣れると、陸に上がったときに地獄を見るよ」

 そう言ってソニアに近づいてきたのはリリスだ。紫色のビキニに身を包んだリリスも、それなりにプロポーションはいい。

 ソニアに「ちっぱいちっぱい」言われているが、それは「Jカップ様」から見てのことである。リリスも、少なくともFカップはあると思われる。

 残るユコとロザリーンは、ワンピースタイプの目立たない水着を身に着けている。ソニアとリリスに比べたら、見た目は普通である。普通というのも味気ないが、比較対象が悪すぎるのだ。

 そして、しばらくの間、四人は波間で遊び続けていた。

 

 一方その頃、リゲルは釣り糸をたらして竿先を見つめていて、ラムリーザはその傍らで仰向けに横になってまったりしている。ここだけ時の流れが、ゆっくりしているような錯覚に陥ってしまう。

「ラムリーザ、俺が言うのも何だが、せっかくあれほどの上玉揃えてやってきて別行動って、勿体無くないか?」

 リゲルは、まるで自分は関係ないと言ったような感じで、ラムリーザに問いかけてきた。

「んー、別に……。ソニアと同棲しているから、いろいろと麻痺してきているのかもしれんね」

「お前、あいつと同棲してんのかよ……。まぁ、ありうるか」

 さらっとラムリーザが言ったことに対して、リゲルは呆れたように感想を述べた。

「あ、そうか、リゲルは知らないんだったな」

 ラムリーザとソニアが同棲しているのは、かなり早いうちにリリスとユコにばれていたが、どうやら二人はとくに周囲に話していなかったようである。

「あいつは同棲までしているくせに、リリス達に対してあんなに余裕が無いわけか……、あほだな」

「それよりもリゲルも朴念仁みたいなことやってないで、彼女らと遊んできたらいいのに」

「冗談じゃない。リリスもユコも、お前のソニアも俺の趣味じゃない。というか、あいつらはお前のハーレム住人じゃないか」

「ロザリーンは違うよ」

「他は認めるんだな?」

「……リゲルの好みのタイプは?」

 ラムリーザは、話の形勢が悪くなってきたので、さらっと話題を変える。

「うむ……」

「ロザリーンとか合いそうじゃない?」

 リゲルは沈黙し、ラムリーザの問いに答えることはなかった。ラムリーザはリゲルが黙り込んでしまったので、大きく伸びをして目をつぶり、波の音だけを聞くことにした。

 

 海で遊んでいた、ソニア達四人は、そろそろ冷えてきたというのもあって、水から上がっていった。

 そして、次はビーチバレーをやろうという話になった。この海岸では、毎年ビーチバレーの大会が行われていて、砂浜にネットが置かれていたりする。それで、大会の無い時は、コートを自由に使っていいことになっていた。

「そうだ、昨日の新しい歌のボーカルの座を賭けて、ビーチバレー勝負しない?」

 リリスは、いい勝負の方法を思いついてソニアに言ってきた。

「いいよ、じゃああたしローザと組む……、う……お、重い……」

 ソニアは浅いところまで泳いで行き、立ち上がり水から身体を上げたとたん、その大きな胸を抱えてへたり込んでしまった。

「何やっているのかしら」

「ふ、ふえぇ……」

 リリスはくすっと笑って、ソニアの腕を引っ張って立ち上がらせる。ソニアは、そのまま涙目で胸を抱えて猫背で砂浜に上がっていった。

 ソニアがロザリーンと組むと言ったので、とりあえずリリスはユコと組むことにした。ボーカル争奪戦に対して、ロザリーンは中立だが、ユコはリリスの親友でありどちらかと言えばリリス派だ。ということで、妥当な組み合わせとも言えるだろう。

 ビーチバレーは、最初はソニアチームが優勢に試合を進めていた。

 ソニアは大きな胸が邪魔だと言っているが、スポーツができないわけではなく、というより元々はスポーツ得意だ。そしてロザリーンも文武両道の優等生のお嬢様だ。そしてリリスもソニア並に運動ができないわけでもないが、このメンバーの中では、運動に関してはユコが見劣りしてしまう。

「ああっ、ごめんねリリス……、私のために迷惑かけて申し訳ないですわ……」

「気にしないで。それよりも、向こうが打ってきたのは私が拾うから、次に攻撃しやすいように上げることに専念してくれたら、それでいいわ」

「そうですの? やってみます」

 次第に、リリスが拾ってユコがパスをして、そしてリリスが攻撃するという形が整ってくると、試合の流れは緊迫したものになってきた。

「リリス達も慣れてきたようね。ソニア、最初のリードを生かしてこのまま逃げ切るよ」

「う、うん」

 ロザリーンの呼びかけに返事するソニアの顔色が悪い。胸を押さえてしかめ面をしている。

「どうしたの、大丈夫?」

「む、胸が揺れて、痛い……」

「…………」

 その会話が偶然聞こえたリリスは、目をきらりと光らせ怪しげな笑みを浮かべた。

 そしてリリスは、攻撃のポイントをとある点に集中させ始めた。ソニア集中攻撃、リリスの左腕から放たれる攻撃は、正確にソニアの正面を狙う。

 ソニアは、左右に来たボールに対しては、片手を伸ばして容易に拾うことができるが、正面に来たボールはそうは行かない。大きな胸が邪魔で、正面で腕が組みにくいのだ。それで胸の下で腕を組むと、胸が余計に盛り上がって死角が生まれてしまう。

 そのため、正面に来たボールを拾うのは困難だわ、胸でできた死角にボールが飛び込んでくるわで、ソニアは散々な目に遭いはじめた。

「このぉ……、リリスの卑怯者ぉ……」

 ソニアチームはリードがあったが、ソニアのミスでその差をどんどん詰められていく。

 そしてついに同点に並ばれ、逆転され、後一点入ればリリスチームの勝ちという状況になってしまった。

 ソニアは涙目になっているが、リリスは容赦せずにソニア正面攻撃を続けた。

 そして最後に悲劇が起こる。

 リリスの放った攻撃は、ソニアの腕で受ける前に、大きな胸の先端部分に激突してしまった。

「痛い!」

 ボールと腕に胸を挟まれ、その激痛でうずくまってしまう。ただでさえ揺れて痛かった所にこの衝撃である。

「やったわ、これで新しい歌のボーカルは私ね」

 額の汗を拭って勝ち誇るリリスと、うずくまったままぷるぷる震えているソニア。

「腕と膝を突いてうなだれたら、orzになりますわね」

「片膝をついて頭を抱えてもらって、その後ろでガッツポーズして走ればホームランね」

 リリスとユコの雑談に、とうとうソニアはブチ切れて泣き叫んだ。

「このちっぱい! ちっぱいちっぱい! うわあああぁぁぁぁん!」

 そして泣きながら、岩場で昼寝をしているラムリーザの方に向かって駆け出していった。

 

「ちっ、うるさい奴が来た」

 リゲルは、ソニアの泣き叫ぶ声がだんだん近づいてくるのを感じて、顔をしかめてぼやく。

 それに対してラムリーザは、「何が起きた?!」と言ってガバッと身体を起こし、傍に来たソニアの方に手をやってなだめようとする。

「……ひっく、あのちっぱい共が、あたしの胸を僻んで、ひっく……、ふえぇぇぇん!」

「落ち着け、胸を僻むって何だよ……」

 気が付くと、全員岩場に集まってきていた。

 ラムリーザは、ソニアの頭を抱え込み、やれやれと言った感じに集まってきたみんなを見て言った。

「さっきまで仲良く遊んでいたじゃないか、ソニアにいったい何が起きたんだよ」

「ソニアがビーチバレーでレシーブがうまくできなくて、拗ねてしまっただけよ」

 リリスは、淡々と先程起きたことを答えた。弱点を突いたから、ではなくてただレシーブがうまくできなくて、ということにする。むろんラムリーザは、見ていたわけじゃないのでリリスの言うことを信じるしかなかった。

「ち、違っ……。く、くそぉ……こんな胸なんか引きちぎってしまえばリリスなんかに負けないのに!」

「何を物騒な――ってこらやめなさい」

 ラムリーザは、ソニアが自分の大きな胸を鷲掴みにして、本当に引きちぎろうとするので、慌てて腕を取って止める。

「だってえ……ぐすっ」

 ソニアが危なっかしくて仕方なくて、みんなが見ている前だけど、しっかりと抱きしめる。ラムリーザからしてみると、「どうしてこうなった?」状態なのである。それでもソニアは、抱きしめられていることで、少しずつ落ち着きを取り戻していった。

「とりあえず、リゲルが釣った魚でも食べよう。適当に火をおこしておいてくれないかな?」

「わかったわ」

 リリス達三人は、岩場を離れて枯れ枝を探しに行こうとしたが、リリスははたと足を止め、ラムリーザの方を振り返って言った。

「私達に働かせて、ラムリーザはソニアと抱き合っているのかしら?」

「……こほん、僕も行くよ」

 ラムリーザは、リリスとユコとロザリーンを海岸の傍の林に向かわせ、自分はソニアと二人で、流木を集めに砂浜を回ることにした。

 

 しばらくした後、集まった枯れ枝や流木を使って、焚き火を始めることができた。

 リゲルが釣った魚は、リゲル自身の手で手際よく調理され串刺しになり、焚き火の傍に並べられていった。釣り好きなリゲルは、その後の調理方法にも精通していたようだ。

「いいか、こうして魚は遠火で焼くのだ。火はしっかりおこしておけよ」

「ん? その調理道具や串はどこから?」

「釣りに行くときはいつも持ってきている」

「そ、そうか」

「食べ終わるまでが釣り、それが俺の考え――っと触るなまだ早い」

 ソニアが火にかけられている魚の串に手を伸ばそうとすると、リゲルは持っていた棒切れでソニアの手を弾いた。

「なによー、ひっくり返そうとしただけなのに」

「そんな短時間でひっくり返す必要は無い」

 口を尖らせて抗議するような目でリゲルを見るソニアを、ラムリーザは抱き寄せて焚き火から引き離す。

「リゲルに任せようね。ほら、餅は餅屋に聞けだよ」

 ラムリーザはそう言って、剥れるソニアをなだめるのだった。

 

 しばらく経った後、リゲルの「そろそろいいぞ」という許しを得て、各々焚き火の周りに指してある魚の串に手を伸ばした。

「お魚おいしい」

 ソニアは食事にありつけると、元気を取り戻していつものように明るい声でしゃべりだした。

 幸せそうな表情で焼き魚にかじりつくソニアを、リゲルは何か昔を思い出しているような、懐かしむような目をして眺めていた。

 ソニアがその視線に気が付いてリゲルの方を見ると、リゲルは目を逸らして「ちっ」と舌打ちをした。そして、誰にも聞こえないような小声で何かを呟いた。

「ふーん、リゲルさんってこういった特技もあったのね」

 ロザリーンは、リゲルの意外な特技に感心したような感じで言ったが、リゲルは海の方を向いたまま聞こえていないようだ。

「リゲルさん?」

 ラムリーザに肩をつつかれて、リゲルははっと我に返るのだった。そして、何事もなかったかのように、ロザリーンと会話を続けていた。

 

 魚を食べ終わる頃には、ソニアの機嫌はすっかり元に戻っていて、リリスと雑談に興じている。

「サバイバル生活ってのもおもしろいかもしれないねっ」

「無人島にキャンプに行くとか、かしら?」

「あっ、それいい。それいいかも!」

 さっきまで喧嘩していたのが嘘のように、ソニアとリリスはまだ見ぬ冒険劇について夢のようなことを語り合っている。それはまるで、先日みんなでやったゲームの世界にでも居るかのようだ。

 ちょっとした食事会が終わった後は、誰からともなく砂浜に大の字になって横たわり始めた。

 そして六人は、ただ静かにいつまでも夕日を眺めていた。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記