home > 物語 > > 巨乳は馬鹿に見えますか? はい、馬鹿です

巨乳は馬鹿に見えますか? はい、馬鹿です

 

「おはようござ」

「おはようござ、ラムリーザ様」

「挨拶途中で止めてるし……」

 ラムリーザとユコのふざけた挨拶から、試験明けの週が始まった。

 試験終了後の休み期間に採点が終わり、今日からその授業ごとに結果が返ってくるというわけである。

 一限目の授業は数学だ。早速担当の教師から、順に試験結果が返されていった。試験結果に一喜一憂してか、教室内はざわついている。

 ラムリーザは、自分の結果が平均点ちょいだったので、まぁそんなものか、と思っていた。

「ラムリーザ様、どうでしたか?」

 前の席に居るユコが、振り返って聞いてくる。

 ラムリーザが「平均点ぐらい」と答えると、ユコも「同じくらいですわ」と言って自分の答案を見せてきた。

「ぬ、一点負けたか……」

「わぁ、ラムリーザ様に勝ちましたわ。それじゃあ一つ目の命令は――」

「ちょっと待て。君はなんでいちいち勝負にして命令につなげるのだ」

「だってその方が面白いんですもの」

「面白くない、そもそもそんな勝負をする約束はしていないよ。リリスとやったらいいじゃないか」

「リリス相手だと、結果が見えてて勝負になりませんわ」

 それは勝てないということか? それともリリスは相当勉強できないのか?

 どっちにしろ、ラムリーザはユコと勝負するつもりはなかったので、後ろを振り返ってリゲルに話しかけた。

「リゲルって、どのくらい勉強できるのかな?」

 ラムリーザの問いに、リゲルはにやっと笑って「あまり興味はないが、98点だ」と答えた。

 雰囲気からなんとなくそんな気はしていたが、リゲルは勉強できる方だったということが分かった。

「えーと、クラス委員のロザリーンは?」

「私は95点でした。もう一息ですね」

「こ、これはちょっと待ってくれ……」

 ラムリーザは、月初のパーティメンバーが優秀すぎることにあせりを感じていた。自分は平均点で満足していていいものやら……。

 普段から家で勉強することはなく、ただ授業だけはちゃんと聞いて、試験前に復習した程度である。これからは、日々勉強するべきか? などと考えながら、同じぐらいの結果を出したユコに、親近感を感じているのだった。

 

 だが、試験結果についての騒動はここから始まる。

 

 教師から、「35点未満は赤点だから、放課後に補習に出るように」との通達があったのだ。

 再びざわつく教室内。

「えー……」

 ざわついた教室内で、ソニアが不満の声を上げるのをラムリーザは聞き逃さなかった。

 同じように、リリスも「ちっ……」と舌を鳴らす。

「ソニア、どんな感じ?」

 ラムリーザは、嫌な予感を感じながらソニアに尋ねてみる。

 だがソニアは、「あははは……」と乾いた笑い声と、引きつった顔をして答案用紙を隠す。

「出しなさい」ときつめに言うと、ソニアは「むー……」と口を尖らせながらしぶしぶと答案用紙を差し出す。受け取った答案用紙にはやたらとバッテンが多い。

「確か試験終わった時に、ばっちりと言ったよな? それに、勉強しなくても大丈夫と言って、ゲームばかりやっていたよね?」

 ラムリーザはため息を吐きながら言った。

「えへへ、そう言った、かなぁ?」

 ソニアは視線を合わせずに、しどろもどろな感じになって答えた。

「17点はばっちりと言うのか?」

「0点じゃないからいいもん……」

「やれやれ、困ったものだ。まぁ、補習がんばれよ」

 ラムリーザはソニアに答案用紙を返しながら、初めて知ったソニアの勉強事情にどうしたものか……と考える。

「あ、ソニアには勝てたか、よかった」

 さっきまで沈んでいたような感じのリリスは、少しだけうれしそうな感じで言った。

 ラムリーザが「何点?」と問うと、リリスは「23点」と答えた。

 それを聞いて、ラムリーザはさらにため息を吐き、「うちのグループの看板娘達は何をやっているのだ……」と心の中で呟いた。

 

 今日一日で、六科目の試験が帰ってきたが、全てにおいてリゲルとロザリーンの二人は優秀な結果を残し、ラムリーザとユコは平均的な結果を残し、ソニアとリリスは撃沈したのであった。

 結局ソニアとリリスの二人は、いろいろと補習を受ける結果になってしまった。

 放課後、ソニアは「ラム、置いていかないで……」と涙目で懇願するが、「それが嫌なら次から基準点取れるようにするんだな」と言って相手にせずに、残る四人と共に部室に向かって行った。

 

 

 さて、そういうわけで「ラムリーズ」の二枚看板を欠いている今日の部活は静かなものだ。

「しっかし――」リゲルは呟いた「――巨乳は馬鹿に見えるとはよく言われるが、あいつらは本気で馬鹿だから困るな。ふっふっ」

「見事にバストの大きさと、試験結果が反比例してしまいましたわね」

「栄養が脳に行かずに、胸に行った結果があいつらだ」

「いやーほんと参ったね、ずっと一緒に過ごしてきたけど、ソニアがあんなに勉強できないとは知らなかった。まぁ、勉強の話はしなかったし、気にもしてなかったけどね」

「私はリリスが勉強できないのは知ってましたわ。でも、人に教えるほど私は勉強に興味がないのでして」

 ユコのリリス改造計画は、勉強面についてはノータッチだったようである。まさにリリスは外面のみ、内面は見劣りしまくりだ。

「やっぱりね。後ろから見ていたけど、リリスさんは授業中ほとんど伏せていたし、ソニアさんは手遊びばかりして全然ノート取ってなかったみたいだし」

「でもリゲルさんとロザリーンはすごいですわね」

「うん、やっぱりいいとこのお嬢様とかは、こういったところが違うんだよね」

「家柄的にはお前が一番なのだが、どうなのだ?」

「さあ、雑談部になってるぞ。今日も張り切って練習しようね!」

 ラムリーザは、話の形勢が悪くなってきたので、会話をぶった切って部活動を開始することにした。

「でも、あの二人が居なくちゃ……」

「大丈夫、気分転換になるさ。以前、リリスとユコ抜きでやったこともあるし」

 ラムリーザは、あまり乗り気じゃないユコを諭しつつ、リゲルにソニアのベースギターを渡す。

「しょうがないからリゲル、ベースやって。そしてロザリーンのピアノに合わせて、ボーカルはユコ。シンプルに行こうね」

「えっ? えっ? 私がボーカルですの?」

「あの二人が居ないから仕方ないっしょ。というわけで、第一回『ラムリーズ』……んー、インテリジェンスバーションのセッション始めるよ」

「えっ? えっ?」

「お前とユコは、インテリジェンスか?」

 戸惑うユコはほっといて、突っ込みを入れるリゲルには何も言わずに、ラムリーザはロザリーンとリゲルの三人で適当な曲を選んで演奏を始めた。

「待って、待ってください。私がメインボーカルだなんて……」

「いや、これからの目標の一つに、みんな最低一曲は担当して歌うってことに決めたからね。デイ、アフター、デイ――ほら、続けて」

「そっ、そんな……勝手に決めないで欲しいですわ!」

 ユコはちっとも歌おうせず、わたわたしながらラムリーザの叩いているドラムの前に立って非難してくる。

「リーダーは僕だ」

 ラムリーザにきっぱりと言われて、ユコは「うーん……」と唸る。

 そんなユコを見て、ラムリーザはあることを思いつき、演奏の手を止めた。そして、ユコにドラムスティックを差し出して言った。

「だったらユコがドラム叩いてみない? それなら代わりに僕が歌うから」

「えっ? そんな、なんで私がですの?」

 ラムリーザは立ち上がり、ユコの手にスティックを握らせ、肩を押して連れて来て、椅子に座らせる。

「いやぁ、なんとなくユコならマルチプレイヤーできそうな気がするから。リゲルやリリスはギタリストってイメージだし、ロザリーンは生粋のピアニストだ」

「ソニアはどうなんですの?」

「あれがドラムやるなら最初からやっている。僕はソニアに押し付けられて……いや、この話はしなくていいな」

 ユコは、押し付けられたスティックでシンバルを軽くつつきながら、納得がいかないって感じの目でラムリーザの顔を見つめている。

 リゲルとロザリーンも、ラムリーザが演奏を止めてユコと話を始めたので、同じように演奏を止めている。

「ラムリーザ様って、どうしてドラム始めたんですの?」

 ラムリーザは、ユコのその問いには、少し答えづらい気がしていた。あまり前向きな内容ではないからだ。

「たぶん、あまり期待している内容じゃないと思うよ」

「それでもいいですわ」

 ラムリーザは、ユコがそう言うので、昔のことを思い出しながらゆっくりと語った。

「最初はね、突然ソニアがギターやろうって言ってきたんだ。だから、二人でギター始めたんだよね。たぶん、ゲームかアニメの影響だと思うよ。唐突だったからね」

 三年前の出来事、ラムリーザはその日のことを思い返していた。

「そうしていると、兄と妹が加わってきたんだ。あー、そういえば始めたばかりの頃は、兄はまだ城勤めしてなくて学生で、屋敷に居たんだったなぁ」

「へー、ラムリーザ様って兄と妹が居るんだ」

「次男坊か、庶民なんかと付き合って文句言われないわけだ……」

 ラムリーザの兄妹発言について、リゲルとユコは、それぞれ違った感想を述べた。

「四人で好き勝手ギターやってたら、そのうち役割分担しようとかいう話になってね、その時ソニアがどこから情報を持ってきたのか知らんけど、ドラムは父、ベースは母とか言い出して、なし崩し的に僕がドラム叩くことになっちゃった。これは、ソニアに押し付けられたようなものだね。まぁ、兄も『お前とソニアは一緒に居ること多いから息も合っているだろう』とか言ってたし、これはこれでいいんじゃないかな」

「確かにラムリーザ様とソニアのコンビは息がぴったり合ってますわね……」

「二年半はやっているからね、さすがに慣れたよ」

「でも、ラムリーザ様は、ドラムにそんなに思い入れ無いんですの?」

「んー、どうだろ。言われて見たらそうだね、確かに僕は別にギターでもドラムでもいいんだよね。ただ、ソニアが楽しそうにしてるれるなら、それでいいんだ。僕が叩くとソニアは喜ぶ、ソニアが喜ぶから僕は叩く」

「文面だけ見ると、SMプレイみたいですわね……」

「楽しそうにしているソニアって、可愛いだろ?」

 ラムリーザは、嬉しそうな顔で三人に同意を求めたが、素直に同意して頷いてくれたのはロザリーンだけだった。ユコは「ソニアソニアってもう……」と呟いて何だか面白くなさそうな表情をしているし、リゲルに至っては、ふんと鼻を鳴らして顔を背けてしまうのだ。

「ほらユコ、任せたよ。ワン、ツゥ、スリーはいっ、アースエンジェル、アースエンジェル、ウィルユービマーイン――」

「そんな! いきなり無理ですわ!」

 慌てふためくユコを尻目に、ラムリーザはリゲルとロザリーンの伴奏に合わせてバラードをしっとりと歌い始めた。

 

 結局補習は下校時間まで続き、ソニアとリリスは部活に顔を出さないまま終わったのであった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記