home > 物語 > > 素晴らしき仲間達

素晴らしき仲間達

 

 九月に入ったが、まだまだ夏真っ盛りだ。

 ラムリーザ・シャリラン・フォレスターは、新しい土地で領主となるためにこの地にやってきてからそろそろ半年になろうとしていた。

 そろそろ馴染んできた頃だろうか。とは言っても、来年からはまた別の場所で暮らすことになるのだから、まだ何とも言えないかもしれない。

 現在エルドラード帝国最西端は、ここポッターズブラフである。しかし、さらに西へ新開地を開発し、西の隣国シロヴィーリとの国交中継地点にしようとする動きが帝国にあった。

 そのため、新開地が出来次第、ラムリーザはそちらへ引っ越すことになっていた。

 

 現在ラムリーザが通っている学校は、帝立ソリチュード学院だ。そして、今日からまた学校が始まる。

 昨日までの夏休みでは、この春に出会った仲間達と共に、自動車教習を受けたり人里離れた別荘へキャンプに出掛けたりしていた。

 新たに作ったバンドグループは「ラムリーズ」もいい感じにまとまり、毎週週末にライブ活動を行ったりしている。ラムリーザはそのリーダーでもあり、ドラムス担当である。

 ライブの衣装として、統一感を出すために学校の制服を着用していたので、久しぶりに袖を通すという気はあまりない。

 朝になると、ラムリーザは同じようにさっさと着替えて、ベッド脇に腰掛けて、同じく制服をもそもそと着替えている女の子を見つめた。

 

 彼女はソニア・ルミナス。バンドではベースギターとボーカル担当。

 ラムリーザの幼馴染で、この春から恋人に昇格して同じ学校に通うことになった。

 もともとはソニアは新しい土地についてくる予定はなかったのだが、ラムリーザの離れたくないというわがままから、将来の婚約者扱いして半ば強引に連れて来たという経緯もあった。

 ソニアも離れたくないという気はあったようで、ラムリーザの提案を受け入れ、今では同棲する仲になっていて、最近はキンクリ連発していた。うん、謎だね。

 ソニアの特徴は、緑色の長い髪と、バスト1メートルのおっぱい。

 その大きすぎる胸は、制服のブラウスのボタンを留めることを拒み、上から二つほど留める事はできない状態になっていた。

 ソニアがもそもそと着替えている理由は、下着がはみ出ないように調整して着る必要があるからだ。使用しているのはハーフカップのブラ。普通サイズでは半分ほど隠すことができないのであった。

 緑色のプリーツミニスカートを身に付け、太もも半ばまで達する黒い靴下を履いてソニアの着替えも完了。

 これまでは、やれ胸が収まらないだの、裸足でいることを好むため靴下が長すぎるだの文句タラタラだったが、この夏休み中にラムリーザが機転を利かせて胸はセクシーとか、ニーソは可愛いとか褒めてあげたので、最近はあまり不満は言わなくなっていた。

 右腕にエメラルドが数珠繋ぎになっているブレスレットをはめて、左手の薬指にエメラルドリングをつけて、ソニアはご満悦だ。リングはこの春ラムリーザが買ってあげたもので、ブレスレットは去年に同じく買ってあげたものだ。ソニアは、それをずっと大切に身に付けているのだった。

 ラムリーザとソニアが現在下宿している所は、大きな屋敷の一室だ。この屋敷の所有者はラムリーザの親戚で、新開地に新居が出来上がるまでの間、お世話になることにしていた。

 先ほども述べたが同棲状態で、二人は同じ部屋で生活して、同じベッドで寝ている。

 母には清い交際をしていることになっているが、もはや……、いや、この話はもういい。

 二人は食堂で朝食を取り、屋敷を後にして学校へ向かっていった。

 

 

「あっついなもー」

「うむ、暑いな、それは否定しない」

「夏の間限定で水泳部に入る?」

「一人で行け。天文部は日が沈んでからが主な活動時間だから、涼しいから俺は別にいい」

「でも今は暑いだろ?」

「うむ、それは否定しない」

 教室で、ラムリーザの後ろの席に居て話し相手になっている男子生徒は、銀色の髪と珍しいモノクルが特徴で、少し冷たい印象を受ける男子生徒だ。

 名前はリゲル・シュバルツシルト。バンドではリズムギター担当。

 珍しいモノクルの由来は、元々普通の眼鏡だったものを半分にしたものだった。去年まで付き合っていた恋人と別れるときに、半分にしてお互い分け合ったものであり、某エロゲーの合わせ石をパクッたものらしいが、それはどうでもいい。

 そういった過去の話は、夏休みにキャンプへ行った時に、ラムリーザはリゲルと過去の事について聞く機会を得て昔の彼女の話などを知ることができたのだった。

 リゲルは、この地方の鉄道、運輸を取り仕切るシュバルツシルト鉄道の跡取り息子だ。

 そういった地位もあり、庶民の娘――去年まで付き合っていた恋人――と付き合うことを親に反対されただけでなく、その娘の家族を栄転と言う形で転勤させてまで引き離されるという仕打ちを受けていた。

 それ以来庶民を疎ましく思い、同じ様な有力者である首長の娘ロザリーンには親しくするが、ソニア等には冷たく当たっていたりした。

 むろん、ラムリーザとは親しくしている。

「天文部って、屋上使うんだよね?」

「ん、そうだが?」

「ひょっとして屋上の鍵とか持ってたりする?」

「持ってたりするが、どうする気だ?」

 お互いに疑問系ばかりの会話をしていたが、その後ラムリーザは頼み込んでリゲルから屋上の鍵を借り受けることに成功した。屋上に行けば涼しいかもしれない。

「屋上で遊んだりするのは、あまり感心できませんよ」

 その様子を見ていて口を挟んできたのが、先ほど出てきた首長の娘、ロザリーン・ハーシェルだ。

 濃いめの金髪をポニーテールでくくっていて、眼鏡をかけている。真面目そうであって事実真面目。クラス委員も引き受けている。

 彼女もラムリーザの新しい仲間で、バンドでの担当はピアノとオカリナ。

 ラムリーザは、ロザリーンの注意を気にすることも無く、ソニアを連れて屋上に向かおうとした。すると、さらに二人ほど他の女の子がついて行くのだった。

「勝手に鍵を渡していいの?」

「ふっ、そこらの先生は俺に強く出られないさ」

 ロザリーンの心配も、リゲルにとってはどこ吹く風。リゲルは、権力の悪用も利用も心得ていたのだ。

 

 ラムリーザは、三人の女の子と屋上へ涼みに行った。思ったとおり、屋上は風が心地よくて涼しい。

 だが、少々風がきついようで、ソニア達のミニスカートが危うかったりする。

 ソニア以外の二人の女の子。一人は黒い長髪と、赤い瞳が特徴的な美少女だ。

 名前はリリス・フロンティア。バンドではリードギターとボーカル担当。ソニアと二人で二枚看板で主役扱いになっている。

 ラムリーザは、リリスを妖艶なる黒髪の美女と崇め、その美貌の虜……というわけではないが、ソニアとかは、嫉妬したりラムリーザを取られるのではと不安になったりで、奇行に走った過去があったりした。

 だがそれは作られた外面であり、内面は最近では美少女とはかけ離れつつあった。

 根暗吸血鬼とからかわれ、人の視線に脅えるのは過去の話。今ではソニアに同調して、大騒ぎするような楽しい娘になっていた。

 もう一人は、プラチナブロンドの長髪と緑色の瞳が特徴的で、神秘的な雰囲気の美少女だ。

 名前はユコ・メープルタウン。バンドではシンセサイザー担当。

 バンドでの役割はそれだけではない。楽譜作成や、構成メンバーに合わせた曲のアレンジなどができ、欠かすことのできない人材だ。

 リリスとは中学時代からの親友で、地味で根暗だったリリスを美少女に仕立て上げたのはユコの力だったりする。

 ユコは、一見まともそうな外面に見えるが、その内面は怪しい。ラムリーザ様等と勝手にキャラを作り上げたり、妙に18禁エロゲーに詳しかったりで、言動が妙だったりする。

 リリスとユコの二人は、家も隣同士で、いつも一緒に居ることが多い。

 

 ソニア、リリス、ユコの三人は、屋上の手すりに沿って並んで立って遠くを眺めていた。

 街の方々を指差しては、「あそこが教習所だね」とか、「あたしの住んでる屋敷だ」とか言っている。

 その一方で、ラムリーザは三人の少し後ろにあるベンチに腰掛けて、三人を後ろから眺めていた。

 んーと、リリスは黒、ユコは水玉、ソニアは薄緑っと、いや、なんでもない。

 こうして四人は、屋上でしばらくの間涼んでいた。

 

「こらっ、ラムズハーレム」

 突然後ろから声をかけられて、四人は驚いて振り返った。そこには、リゲルとロザリーンがやってきていた。

「ラムズハーレム言う度に、リゲルズハーレム形成可能性が1%上がる呪いをかけてやった」

「ふっ、無理だな」

 ラムリーザとリゲルの冗談の言い合いに、ロザリーンが割って入ってきた。

「まったく、屋上は遊び場じゃないのよ。それにそこの三人、さっきから下着が――きゃっ」

 一瞬だけ強い風が吹いて、ロザリーンのミニスカートまでめくれ上がった。うん、シルクの白。ラムリーザは、さっきから女の子の下着を見てばかりだ。

「まったく、やな風」

 ロザリーンはミニスカートの裾を押さえて、ラムリーザの座っているベンチに腰掛けた。さらに足を組んでガードを固めるのだった。

 

 学校が始まっても、六人は今まで通り仲の良いままだ。いつまでも良い友達で居られますように。

 休み明けの一日は、こんな風に過ぎていった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記