home > 物語 > > 金銭感覚が違いすぎてもうね……

金銭感覚が違いすぎてもうね……

 

 休み時間、ソニアは机に硬貨を並べながら数えていた。

「銀貨一枚、二枚、三枚、四枚。銅貨一枚、二枚、三枚、四枚…………、十二枚――」

「何やってんだ?」

 ラムリーザは、またソニアの奇行が始まったのかと思って尋ねてみた。

 ソニアの前には、硬貨が一枚ずつ並んでいる。ぱっと見た感じ、何かの儀式をやっているのか? と思わせる光景だ。

「私達、どのくらいお金持っているか数えているの」

 よく見ると、そう答えたリリスも、前の席から後ろを振り返った状態で、ソニアの隣に硬貨を一枚ずつ並べているようだ。

「玉入れみたいな感じですわ」

 ユコも、ラムリーザの位置からは背中しか見えないが、同じように硬貨を並べているような動作が見て取れる。

 いったい何のイベントが始まったというのだろうか。

 

 ここエルドラード帝国では、エルドという単位の通貨が使用されていて、これは金貨、銀貨、銅貨から成り立っている。

 銅貨百枚で銀貨一枚、銀貨百枚で金貨一枚という関係になっていた。ちなみに物価の目安は、缶ジュース一本銀貨一枚といったところだ。

 

「二十三枚、二十四枚、二十五枚――」

「二十七枚、二十八枚、二十九枚――」

 ソニアとリリスはぶつぶつ呟きながら、一枚ずつちまちまと並べている。

 ラムリーザは、そんな様子を見ていてじれったくなってきて口を突っ込む。

「そんな数え方だと日が暮れるだろ、こう数えろよ」

 そう言ってラムリーザは、自分の硬貨入れを取り出す。硬貨入れは二袋用意していて、片方は金貨入れ、もう片方は銀貨銅貨入れにしていた。

 そこで、まずは金貨入れに手を突っ込んで、十枚ずつ積み重ねて机に並べ始めた。それを八回ほど繰り返した後で、残った三枚を隣に並べた。

「ほら、これで八十三枚。こうすれば効率よく数えることができるだろ?」

 ソニアは剥れてしまい、その一方でリリスとユコはぽかーんとしている。

「どうした? コカトリスが石つぶて食らったような顔をして」

「すごい……」

「すごいですわ……」

「いや、そんなことで驚かれても困る。効率よく金貨数えただけじゃないか」

 完全に動きが止まってしまった二人を尻目に、ソニアは剥れたまま言われたとおりに銅貨を積み上げ始めた。

「十、二十、三十――」

「いやいやいやソニア、あなた何受け入れてるの?」

「金貨八十三枚ですのよ?」

 効率よく数え直し始めたソニアの横で、リリスとユコが騒ぎ立てる。ソニアはうるさそうに言い返した。

「それがどうしたのよ。だからあたしも数え直しているんじゃないの、文句ある?」

「そうじゃなくて!」

 どうやらリリスとユコは、ラムリーザが効率よく数えたことに本気で驚いているようだ。

 ソニアは昔からちょっと間の抜けたようなところがあるが、リリスとユコはどうなのか? いや、ここは田舎だから、ひょっとしたらその程度で驚いたりするのかもしれない、とラムリーザは考えたりしていた。

 ラムリーザは、ついでに自分も所持金確認しておこうと考えて、もう一方の硬貨入れからも銀貨と銅貨を取り出して積み上げ始めた。

「とにかく一枚ずつ数えるのは、非効率的」

 そう言って残りの硬貨も積み上げ終わり、所持金の確認はすみやかに終わらせることができた。

「数え方じゃないですわ、八十三枚ですの?」

「見たらわかるよね? えっと、残りも合わせると、全部で838861エルドになるね」

「いやいやいやいや……」

 リリスはラムリーザの前に積まれて並べた硬貨を見つめたまま、うろたえたように口をパクパクさせている。よく見るとユコも、じっと見つめたままだ。

「ラムリーザ様は、どれだけ持っ――、月にいくらもらっているんですの?」

「ん~、月の生活費として、実家から金貨五十枚が送られてきているね」

「いやいやいやいや……」

 リリスはさっきから「いやいや」としか口にしていない。

「いや、兄さんは月に金貨五百枚ぐらい国から貰い受けているし、父は三千枚ぐらい貰い受けているから、自分は大したことないよ」

「いやいやいやいや……」

 ラムリーザの父は帝国宰相だし、兄も城勤めだ。国からそのぐらい貰い受けていても不思議ではないのだが、リリスは完全に言葉を失ってしまった。

 その隣でユコは、引きつった笑顔を見せながら言ってきた。

「そんなにもらっているのでしたら、私に月五枚……、いや三枚、いや二枚でいいからわけてほしいですの……」

「ん? お金に困ってる? 借りるのか?」

 ラムリーザは、硬貨を袋に片付けながら尋ねた。

「いえ、貸し借りじゃなくて分けてもら――」

「何ずうずうしいこと考えてるのよ」

 ユコの言葉をかき消すように、ソニアの不機嫌そうな声がかぶさってきた。

「はい、あたしは4971エルド持ってる。あんたたちの小遣いは?」

「私は50銀貨一枚、5000エルドもらってますわ」

「私も同じ……、ソニアは?」

「えーと……、あれ? あたしいくらもらってるんだろう? 親と別居しているし、あれぇ?」

「ああ、ソニアの生活費も僕がもらっている中からやりくりしろと言われてる。いくら渡したらいいかわからないから、いつもおつりを全部あげているだろ?」

 そう言えば、携帯型情報端末キュリオとかはソニアは手が出せず、ラムリーザに買ってもらったりしていた。

「ああ、ソニアにいつも支払いさせてるのは、そういうことね」

「そのことで、何だか変な噂が立っているみたいだけど、別にそれは好都合ですわ」

「そっか、5000エルドか。はい今月の生活費。ところで変な噂って何?」

 ラムリーザは、手持ちの中から50銀貨を一枚取り出してソニアの前に置きながら尋ねてみた。

「いえ、その、ラムリーザ様は、デートの費用を全部彼女に出させる男だって陰口叩いてるのを聞いたことがありますの。たぶん二人で食事に出掛けたときとかを見られたのだと思いますわ」

「あー、そうか。傍から見たらそう見えるねぇ……、まいっか」

 ラムリーザは悪い噂を気にしないことにした。誤解されたままでも、さほど悪影響はなかろう。ソニア一筋と考えているので、他の娘がこんな理由で寄ってこなくなるのはむしろ都合がいい。

 ん? ユコも好都合と言っていたような……。まさかライバルを減らすため?

「で、あたし数えたよ? あんた達は?」

「あ……」

 リリスとユコは思い出したかのように硬貨を数え始めた。今度は十枚ずつ束に纏めながら。

 

 

「お前、身辺警護とか大丈夫か?」

 お金の話が終わって静かになった時、後ろの席に居るリゲルがラムリーザに尋ねてきた。

「身辺警護?」

「どう見てもお前は要人だろ? よく考えてみたら、領主になるような奴を一人で遠方に送り出すとは、お前の家族も無用心じゃないのか? それに、そんなに金を持ち歩かない方がいいぞ」

 リゲルは、ラムリーザの所持金などを見てそう考えたのだ。金貨83枚は過ぎる。悪い奴が奪いに来ても不思議じゃない。

「一人じゃない、あたしが居るよ!」

 ソニアが大声で突っ込んできたが、リゲルにギロッと睨まれて慌てて顔を背ける。

「いや、ここは田舎だから大丈夫じゃないのかな?」

 ラムリーザからすれば、普通に貨幣を所持しているだけだったので、その額がどうとか考えたこともなかったのだ。それに、父や兄と比べたら、ぜんぜん大したことないと思っているのだ。

 リゲルは軽くため息を吐く。

「おぼっちゃん、あのね――」

 まるで子供をあやすかのような口調で言いかけたが、すぐに普段の口調に戻して続けた。リゲルは、ラムリーザを馬鹿にしたりおちょくったりしようという考えは、全然持っていないのだ。

「――田舎とは言え、やばいやつは居る。例えばこの学校にも、俺が知る範囲で問題児は二人居るぞ。いや、頭が二人でその取り巻きも含まれるか」

 リゲルの話では、この学校にもつっぱった奴が居るということだ。

 だがラムリーザは、つっぱった奴と聞いてもあまり脅威に感じていなかった。そういう人は帝都にも居たし、その中でもアキラとは、利害関係が崩れない限り友好的だった。また他のグループも、ラムリーザ、というよりフォレスター家の者に手を上げようとしなかった。かつて一人手を出してくる奴が居たが、その者の末路は……。

「とりあえずウサリギ・ファイヤンダ、レフトール・ガリレイ。この二人には気をつけろ。まぁ、二人とも普通にしていたら絡んでくることは無いと思うが、念の為、な」

「リゲルも良いとこの出じゃないのか?」

「お前とは規模が違う。あと、そんなに金貨持ち歩くな。せめて十枚ぐらいに留めて、残りは屋敷で管理してもらっとけ。十枚でも普通有り得んけどな……」

「ん、わかった。用心しとくよ」

 ウサリギにレフトール。しかしこの時のラムリーザは、後にこの二人を交えてややこしい話に巻き込まれることになるということは、思いも寄らなかったのであった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記