home > 物語 > > シャングリラ・ナイト・フィーバー二号店

シャングリラ・ナイト・フィーバー二号店

 

 この日は学校は休みだが、ラムリーザとソニアの二人は、下宿先の屋敷の自室で制服に着替えていた。ソニアは、もう制服に文句を言うことも無く、黙々と着替えている。

 今日は学校ではなく、ライブの日だ。

 制服に着替えているのは、ステージ衣装を制服で統一しようというジャンからの強い要望があってのことだった。

 朝食後、すぐに屋敷を出て駅に向かい、駅前で待ち合わせしていたリリスとユコの二人と合流して、帝都行きの列車に乗り込んだ。

 

 列車に乗り込んだ四人は、六人掛けの席を陣取ってのんびりしていた。

 窓際からユコ、リリス。向かいはソニア、ラムリーザとなっていて、ゴトゴトと電車に揺られていた。

 夏に入った頃に目標立てた、最低一人一曲はボーカルを担当というのは、少しずつまとまってきていた。ユコも歌う曲は何曲かできたし、ラムリーザも去年まで歌っていた曲を復活させたりしていた。

 これまでに演奏できる曲は何曲になっただろうか。

 作詞ができないため、すべて既存の曲のコピーで、百曲は行き過ぎかも知れないが、七十曲ぐらいはレパートリーは増えているかもしれない。

 これだと文化祭での出し物にしているカラオケ喫茶も、ぼちぼちできるかもしれない。

 課題は作詞能力といったところか。

 

 列車は繁華街であるエルム街を通過。

 エルム街は、ポッターズ・ブラフ地方では最大の繁華街。田舎とはいえ、大概の物は手に入る。

 無論、悪夢に悩まされるといったことはない。

 リリスとユコの二人は、よくここにショッピングに出かけているし、ラムリーザも荷物持ちとして付き合わされたことも何度かあった。

 この半年間で出かける先といえば、ポッターズ・ブラフ内か、このエルム街であることがほとんどだった。

 

 次は住宅街のアチェロンに到着。

 首長官邸や、シュバルツシルト鉄道の本社があるアチェロンに、リゲルとロザリーンは住んでいて、二人は学校へは電車で通っていたりする。

 ここでリゲルとロザリーンの二人と合流することになっていた。

 このために六人掛けの席を陣取っていて、リゲルはラムリーザの隣へ、ロザリーンはリリスの隣へ座り、一同は帝都目指して向かっていった。

 これまでロザリーンは、帝都に向かう時は自家用車で送り迎えしていたのだが、リゲルと正式に交際することになってからは、リゲルと行動を共にするようになっていた。

「リゲル、帝都に行けばミーシャさんに会えたりしないのか?」

 ラムリーザは、リゲルの元カノであるミーシャが帝都に行ったということを聞いていたので尋ねてみた。

「やめろ、決心が鈍るから会わない、……いや会ってもいいかも、……いやだめだ。くっ、俺が悩むとはな……」

 リゲルの葛藤を聞いて、ラムリーザは尋ねない方が良かったかと少し反省する。そこにロザリーンが手を伸ばしてきて、リゲルの手を握った。

「ええと、世界は……、何でしたっけラムリーザさん」

「この世界が好きだ、滅びて欲しくない」

「リゲルさん、この世界が好きだ、滅びて欲しくないですよ……って、ちょっと違わない?」

「あ、次の世界を一緒に作っていこうだった」

「そういうことですよ、リゲルさん」

 ロザリーンは微笑み、リゲルも軽く笑うのだった。

 ラムリーザ自身、ソニアと次の世界を一緒に作っているのだ。リゲルとロザリーンも、きっとうまくいくだろう。

 

 

 帝都に到着して、しばらくの間のんびりしてから昼食の時間となった。

 その後は、シャングリラ・ナイト・フィーバーのある都心部への移動だ。これまではタクシーを使っていたところだが、ロザリーンも一緒になったことで二台分必要になったのだ。

 そこでラムリーザは、使用人に連絡して大きめの車を用意してもらうことにしていた。

「ちょっとリリスとユコには、場違いな場所に感じるかもしれないけど、気にせずに大船に乗ったつもりでいてね」

 ラムリーザが言ったことを示すように、数分後、大きなリムジンが到着することになった。

 運転しているのは、フォレスター家の執事だ。

「あっ、お父さん!」

 ソニアは嬉しそうに叫んで助手席に飛び乗った。

 ラムリーザとリゲルとロザリーンは慣れた感じで、リリスとユコはドキドキしながら乗り込む。

「楽しくやってるか?」

 ソニアの父は、ソニアに語りかける。

「うん、後ろに乗ってる人みんな友達。あ、ラムは恋人で、リリスは魔女、ユコは呪いの人形、ロザリーンは仮面優等生で、リゲルは氷柱だけどねっ」

「後半は意味がわからんが、楽しそうにやっているようでなにより」

 

 この日のライブ活動も、いつもと同じように滞りなく、問題なく終わらせることができた。

 コピー曲とはいえ、毎週一曲か二曲は新しい曲を用意してくるので、飽きられるということも無いのだ。

 その点に関して言えば、ユコの楽譜作成能力がものすごく役に立っていた。一般的なPOPや、オールディーズ・ロック、ゲームソングにギャルゲソング、果てにはエロゲソングなども飛び出す「ラムリーズ」のジャンルの広さは、それだけでウリになっていたりした。

 この日も、いつもの「きーらきーら」で終わり。

 活動が終われば、食事の時間だ。他のグループの音楽を聴きながら、あまり遅くならないうちに変える。これがいつもの流れだった。

 

 今日は、その食事にジャンも加わってきた。

 そういうわけで、座席順は左からリリス、ソニア、ラムリーザ、ジャン、ユコ、ロザリーン、リゲルという順番になっているが、それはソニアが指図した結果ということだったりする。

 食事が終わると雑談タイムだ。

「えーと、俺は別にゲストだからって、別に真ん中に入れなくてもいいんだけどなぁ」

「いいの、ジャンは壁役ということで」

「ソニアは細かいところまで意地汚いんですの」

「ふんっ、ラムの隣に来ようなんて、426年早いわ!」

「俺は良いんだな? じゃなくて、今日は大事な話があって来たんだけど。あー、でもみんなに言う必要はないかぁ。ラムリーザ、いいかな?」

 どうでもいいことでソニアが騒ごうとするので、ジャンはすばやく話題を展開させて場を沈めようとする。

「ラムを部屋に連れて行って二人で掘り合うの?」

「それはソニアに頼むとしよう。前と後ろ、どっちがいい?」

 しかし、ソニアにすぐに割り込まれて、ジャンもそれに乗ってしまう。この辺りの乗りのよさは、去年までと変わらない。

「やだ、あたしのはラム専用」

「じゃあ上の口でもいいぞ?」

「こほん!」

 話が変な方向に進んでいくのをラムリーザは咳払いで止める。ラムリーザはソニアとジャン二人に挟まれているので、その状態でそんな話をされると気分悪いったらありゃしない。

「おっと、というわけでラムリーザよ……」

「何の話なんだい? ソニアはお口にチャックで!」

 また何か言い出しそうになるソニアを、ラムリーザはすばやく制する。しかし、しゃべることは無いが「むーむーむー」とうるさい。

「うーむ、こいつは……、なんだか話しにくいな。仕方ない、ちょっと別室によろしく」

 ラムリーザを誘うとジャンは、「ちょっとごめんよ」と言いながらテーブル席から抜け出すのだった。

 ラムリーザもそれに続いてテーブル席から抜け出すと、ソニアも付いてこようとする。

「いや、ソニアはそのままで」

 ジャンがそう言うので、ラムリーザはソニアを押し留めようとするが、ソニアは言うことを聞こうとしない。そこでラムリーザはリリスに目配せした。

 リリスはその視線に気がつくと、怪しげな笑みを浮かべてソニアの方へ手を伸ばした。しかし、ソニアの太もも半ばの靴下へ手を伸ばしかけて、その手を引っ込める。なにも変態乳牛の悪い例を模倣するめことはない。

 そこでリリスは、ソニアのミニスカートの中へ手を突っ込んで、下着を思いっきりずり下げたのだった。変態度は低いが、より性質が悪いわ!

 当然その瞬間、ソニアの悲鳴がクラブに響き渡り、ステージ上の演奏が一瞬止まったりした。

 ジャンとラムリーザも一瞬足を止めたが、すぐに心配そうに振り返るラムリーザを促して、二人とも奥の部屋へと消えていった。

 その後に繰り広げられたソニアとリリスの争いは知らん。

 

 ラムリーザは、そのまま舞台裏の個室へと連れて行かれた。

 そこは応接間になっていて、ジャンは部屋の片隅にあるソファーを促して、そこに腰掛けた。

「なあラムリーザ、お前西の果てに新しい領地を創っているんだってな?」

「うん、まだ土台部分で、倉庫しかできてないし、話も神殿しか来てないけどね」

「よし、まだ他の奴らは動き出してないか、しめしめ。で、街の名前は何だっけ?」

 ラムリーザは、一瞬ソニアの言っていた「ラムちゃんシティ」が脳裏に浮かんだが、すぐに脳の片隅へと追いやった。

「ん、まだ検討中。ユートピア系にしたいと思ってるんだけどね」

「ユートピアか、お前らしいな。フォレスターと合わせてフォレストピア、なんちって。それは良いんだが、そこで大事な話があるんだ」

 ジャンは、散々ソニアに邪魔されてきた話を、ようやく切り出すことができた。

「伺おう」

 一呼吸置いて、ジャンは言った。

「お前の創る新しい街に、シャングリラ・ナイト・フィーバー二号店を出すことを検討しているんだ」

「うわっ、それいいね!」

「支配人は俺。話が決まれば来年までには完成させたいが、それまでここで特訓だ」

「おもしろそうだ、期待しているよ」

 クラブが近くなると、自然と自分達が演奏する場所はそちらになるだろう。近くだと移動も楽だから、良い事尽くしだ。

「そこで、一つ頼みがあるんだ」

「伺おう」

 ラムリーザは、さっきと同じ事を言って、ジャンの顔をじっと見据える。

「ナイトクラブ系は、俺の所に独占契約させてくれ。ライバルの参入は見合わせる方針で……」

 これは結構重要な話だ。ラムリーザにそこまでの権限は……、あったりする。

 ジャンはそこまで見越して、その状況を最大限に利用しているのだ。

「それと、立地は駅前で。建物の上部はホテルにもできるし、そういった面でも駅から近い方が便利だ。客にも俺にもな」

「ああ、それは……いいよ」

 一瞬ラムリーザは、勝手に決めてもいいのかな、母と相談すべきではないのかな、と思ったが、神殿の件を思い出して自分で考えてもいいはずだと思って了承した。

 親友ジャンの頼みなら、聞いてあげよう。

「さすがラムリーザだ、心の友!」

「何を大げさな。僕と君の仲じゃないか」

「よし、それならば俺も全面的に協力だ。繁華街の形成方法に悩んだら、いつでも相談してくれ。街造りについても勉強しておくよ」

「それは心強いな、ありがとう」

 

 今日の新開地開拓記。

 帝国有数のナイトクラブである、シャングリラ・ナイト・フィーバーの二号店が、専属契約で街の娯楽施設として君臨する予定になったのであった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記