home > 物語 > > あいつさえ居なければ……

あいつさえ居なければ……

 

 今日は、休み時間になっても、ラムリーザの周りはいつものようににぎやかにはならない。

 リリスもユコも、ラムリーザの顔を見るとなにやら話し難そうだ。レフトールの顔がちらつくのだろうか……。

 再び重苦しい空気の中、ソニアはラムリーザに擦り寄ってきて耳元で囁いた。

「ラムにはあたしが居るから。何が起きようと、あたしは変わらないよ」

 しかし、それを聞きつけたリリスは反論する。

「何言ってるのかしら、私達も何も変わらないっていったでしょう?」

 ユコもそれを聞いてうなずくが、ソニアはそんな二人に冷ややかな言葉を投げつけた。

「ふんだ、『ラムリーザ様』だの『心の支え』などとか言ってたけど、それが崩れちゃったんだもんね、ざまーみろ。ラムは、そんな上っ面だけで付き合えるような難易度の低い男じゃないんだっ」

「な、何ですの?! 私はそんな……」

「野蛮人に負けないような、本当に強い男を探した方がいいんじゃないかなーあっ」

 ソニアは、自分の中にある強い不満を二人にぶつけていた。ラムリーザが屋上で倒れていた姿が、なかなか頭から抜けないのだ。

 それはリリスとユコも同じだったので、ソニアの嫌味に力強く反論することができなかったのだ。あれほど憧れていたラムリーザを直視することができないのに、いらつきも見せていたりした。

「くっ、あいつめ……」

「そうですわ、あいつさえ居なければ……」

 二人は悔しそうにつぶやく。

 レフトールさえ居なければ、二人はこんなに悩むことはなかっただろう。

 実際の所、夜の決闘でラムリーザはレフトールを返り討ちにしている。しかし、ラムリーザがあまり荒っぽいことを話したがらなかったので、ソニア達はその事を知らないのだ。そこの所、事実と感情に多少のすれ違いが生じていた。

 

 この時、ラムリーザは担任の先生に呼ばれた。手招きされて廊下に出る。

 教室を出て、廊下の周囲に誰も居ないことを確認して、先生はラムリーザに尋ねてきた。

「ラムリーザ君、最近困ったことは起きてないか?」

 先生の口調は、多少落ち着かない感じだ。何かをすごく意識しているような感じだが、ラムリーザにはそれが何かまではわからなかった。ただ、レフトールとの一件を尋ねてきているのはわかった。

「大丈夫ですよ」

 ラムリーザは簡潔に答えた。確かに屋上でやられたが、夜の公園ではこちらがやつけたのでイーブンだ。それに、あまり話を大きくしたくないというのもあった。

 その点は、やられた記憶が抜け落ちていることが幸いしていた。記憶にないことについて、うじうじと悩む必要は無いのだから。

「いや、君が暴行を受けたという話があってね、本当の事かい?」

「ああ、それならもう決着をつけ――、あいやいや、大丈夫です。そんな話、誰がしているのかなぁ」

 うまくごまかしきれてないが、自分でけりを付けることができたことに対して、わざわざレフトールをさらに晒し上げる気は無かった。

 それに、自分は一発しか殴られてないのに、こっちは二発殴りつけている。もっともこれは、蹴られているのを入れると相打ちになるとしていいのだが、決闘の後、屋敷で自分の右手が血まみれになっていたのだ。

 ラムリーザ自身は右手に怪我を負っていなかったので、おそらく返り血だろう。すると、少なくとも相手に怪我をさせたのはラムリーザの方だ。過剰防衛にもなりかねない。

 もっとも、しつこく絡んでくるようなら、話は違ってくるのだが。

「何かあったらすぐに言ってくるんだぞ。そういう生徒はすぐに処分するから」

 そんな大げさにしなくても、とラムリーザは思った。処分とはいったいどういうことか。というより、この先生の慌て方は何かあったと思われる。

 その単語や先生の挙動に、ラムリーザは兄ラムリアースの姿がちらついたりするのだった。

 過去に兄が介入して、話が大きくなりすぎたことがあったので、それだけは避けようと思っていたのだ。

「今目撃者を探しているところだ」

「いや、目撃って……」

 どうやら屋上での暴力沙汰は、事実として処理されているようだ。実際事実なのだが。

 あーあ、レフトールもばれたら気の毒に。ラムリーザはそう思ったが、これはもう自業自得と判断するしかない。

 話が終わり、ラムリーザは再び教室へと戻っていった。

 

 その会話は、隣のクラスの廊下側最後列に座っていた男子生徒に、扉越しに聞こえていたりした。

 その男子生徒レフトールは、眉をひそめて先生の言っている話を気にしていた。「処分」という言葉に、何か普通じゃないということを感じ取っていたりしたのだ。

 

 

 次の休み時間、リゲルはそっとラムリーザに顔を近づけると、昨日のことについて尋ねてきた。

 ラムリーザは、リゲルには話しておいてもいいかと思い、すべて伝えておくことにした。リゲルなら、言いふらしたりして話を大きくすることはないだろう。

 そこで、昨日は母親に休むよう言われて休んだこと。一昨日は、夜レフトールに呼び出されて一騎打ちをしたことを語った。

 リゲルは、レフトールが一騎打ちとは珍しいと言ってきた。彼は、常に仲間とつるんでいるような奴だ。一人で来るわけがないと。

 それについては、幼い頃からラムリーザの警護にあたっていた者を呼び出して、事前にレフトールの子分を始末するよう差し向けたことを語った。

 最後に、一騎打ちの顛末について聞いてきたので、ラムリーザはリゲルに右手の指先を見せて語った。右手の爪の間には、まだ赤黒い血が残っていたりするのだ。

 身体を蹴られることは覚悟して頭をカバーして、相打ち狙いでパンチを決めたこと。レフトールの両手の拳を潰したこと。顔面を掴んで片手一本でつるし上げたこと。その時の返り血が、この指に残っていることを語った。

「ふむ、勝ったか。それなら何の問題も無い。お前は腕力とボディの打たれ強さは異常だということがわかった。ヘッドの打たれ弱さも異常だがな……。しかし、あいつらはそのことを知らないわけだ」

 あいつらとは、リリスやユコ達のことである。彼女達が知っているのは、屋上でラムリーザがやられたことだけだし、ソニアもレフトールを力ずくで返り討ちにしたとは知らない。

「まぁ、ソニアは気にしていないみたいだし、ラムズハーレムが崩壊しても俺は別にかまわん。だが、事実を知らずにもやもやさせておくのはかわいそうだから、話してやれよ。お前が居ないところでは何も変わらないって強気になってたけど、いざお前を前にしてしまうと、気にしてしまうんだろうな」

「ほぉ、リゲルの口からかわいそうと言う言葉が出るのは初めてだな。少しは彼女達の事を気にしてあげるようになったんだね」

「一応、仲間だしな。バンドのグループだし、その輪が乱れるのが嫌なだけだ」

 これはロザリーン効果抜群、リゲルも丸くなったものだ。リゲルも元々良い奴なんだ、ミーシャロスでひねくれていただけだろう。リゲルのロザリーンとの交際はよかった、とラムリーザは思っていた。

 その時、教室の扉が勢いよく開けられて、一人の男子生徒が入ってきた。

 入ってきた男子生徒を見て、ソニア、リリス、ユコの三人は顔をしかめる。

 レフトールがやってきたのだ。レフトールは、ラムリーザの所へまっすぐ向かってくる。まさか教室内で報復をするつもりか?

「おい、お前!」

 レフトールはラムリーザの傍に来るなり、少しばかり不安そうな顔で尋ねてきた。

 レフトールの顔は、鼻が酷く腫れている。これはラムリーザにパンチをもらった所だろう。それと、顔の五箇所に白い絆創膏が貼られている。丁度指が当たるような場所だ。これが、ラムリーザのブレーンクローで掴まれた所だろうか。

 しかし、その荒れた顔が、ソニア達をまた怖がらせるのだった。

 その一方で、リゲルは一人納得していた。ラムリーザは、表面上無傷なのに対してこのレフトールの傷つき様。

 ヘッドの弱点を除けば、驚異的なパワーとボディの打たれ強さはすごいものがある。それに加えて圧倒的な破壊力を持つ握力。弱点さえ付かれなければラムリーザは負けることは無い、リゲルはそれが瞬時に理解できて、一人笑いをこらえていた。

「お前一体何者なんだよ!」

 レフトールはラムリーザに詰め寄って激しく言い散らす。かなり動揺しているようだ。

「えーと、何と言ったらいいのかなぁ」

 ラムリーザは言葉をぼかすし、ソニア達は怯えていて口を開かないので、ここはリゲルが説明してあげることにした。

「お前が手を上げた相手は、帝国宰相の息子だ」

「嘘だ! 帝国宰相の息子とか有り得るかよ! だいたいそんな奴がなんでこんな辺境に居るんだよ!」

「お前は新開地開拓を知らんのか? 疑うのは自由だが、取り返しのつかないことになっても知らんぞ」

「リゲルが意味も無く嘘を言うとは思えないし……、くっ……」

 レフトールは苦悶の表情を浮かべた。

 リゲルの生真面目さを知っていれば、「こいつは帝国宰相の息子だ」という嘘を言うとは考えられない。

 レフトール自身つっぱってはいるが、とある理由から権力者には手を出さないというポリシーを持っていた。しかし、今回それに思いっきり反してしまった結果になったのだ。

「知っていれば……、どうしてこうなった……」

 レフトールはうなだれてつぶやくだけだった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記