home > 物語 > > カラオケ喫茶に向けて順調だったりする放課後

カラオケ喫茶に向けて順調だったりする放課後

 

 文化祭まであと一週間ちょいというこの日。一週間もあれば、まだまだカラオケ用の曲を増やすことができそうだ。しかし、いい加減疲れ始めてきたのも事実だ。

 今日は、リゲルとロザリーンは天文部の方で作業をするということで、軽音楽部の部室には来ていない。

 リリスとユコも、少し遅れてくると言って、なにをやっているのかわからないが、同じく部室に来ていない。

 先輩二人も、文化祭に向けて生徒会の仕事が忙しいので、当然顔を出すことは無い。

 今部室に居るのは、ラムリーザとソニアの二人だけだった。

 二人は、部室の窓辺に並んで立って、グラウンドに人が集まって、明後日行う体育祭の準備をしているのを眺めていた。

「晴れるといいね」

「そうだね、雨が降ると体育館で小規模の物しかやらなくなるからね」

 ソニアは、話をしながらラムリーザの顔に唇を近づけていく。しかしラムリーザは、もう少しで届くというところで、ソニアの唇に人差し指を当てて制した。

「おおっと、この先は屋敷に帰ってからね」

「むー……」

 部室でキスは避けたが、ラムリーザは不満そうに剥れるソニアの頭を、胸に抱きかかえるのだった。そのまま尋ねてみる。

「ソニア、この世で一番ソニアの事を大切に思っている男は誰かわかるかな?」

 ソニアは、今更何を尋ねるの? といった感じの表情を浮かべて即答してきた。

「そんなの決まってるじゃん、ラムでしょ?」

 ラムリーザは、ふふっと小さく笑い、ソニアの頭を撫でながら言った。

「残念、違うよ。正解は、ソニアのお父さんで、うちの執事ね。父の娘に対する愛情に、果たして僕は勝てるのか……」

 ラムリーザが、自信なさげな事を言ってみると、ソニアはラムリーザの胸をどんと突き、頬を膨らませて声を張り上げる。

「勝ってよ! ラムがお父さんに勝ってくれないと、あたしお父さんと結婚することになっちゃうよ?!」

 なぜそうなるのかわからないが、ソニアは強くそう主張するのだった。

「うん、それは大変だな。そうなると、いろいろとめんどくさいことになりそうだから、なんとかソニアのお父さんに勝てるよう、微力を尽くすよ」

「微力じゃダメ! 全力を尽くして!」

「はいはい」

 一通り叫ぶと、ソニアは再びラムリーザの胸に顔をうずめるのだった。

 

 まだ、リリスとユコは現れない。今日の部活は、練習ではなくて二人の時だろうか。

 ラムリーザの眺めるグラウンドには、いくつものテントが準備されていった。

「ラムの胸板って硬いね」

 ソニアは、ラムリーザの胸に頭をぐりぐりと押し付けながらつぶやいた。ラムリーザのこのボディの頑丈さのおかげでレフトールに勝てたようなものだ。ソニアは、さらに握りこぶしでトントンと胸板を叩くのだった。

「どうだ? 強そうだろう」

「うん、あいつの攻撃が効かなかったんだよね」

 ソニアの言うあいつとは、レフトールのことだ。まずは会話中に名前で呼んでもらえるようにならなければいけないかもしれない。

「まあね、鍛えていてよかったよ。それに引き換えソニアは――」

 ラムリーザは、自分がやられているのと同じように、ソニアの胸を握りこぶしでつついてみた。

 ラムリーザの胸がコツコツならば、ソニアの胸はポヨンポヨンといったところか。

「あ、やん……」

 胸を攻められて、ソニアは軽く悲鳴を上げる。

「ソニアも胸を鍛えないとね」

 そう言いながらラムリーザは、ソニアの胸の先端を、軽くつねり上げてみる。

「ふっ、ふえぇ……」

 ビクッと身体を震わせるソニアを見て、ラムリーザは軽く微笑むと、それ以上胸を攻めるのは止めてあげて、再び頭を撫でだした。ソニアの青みのかかった緑色の長い髪が奇麗だ、そう思いながら。

 

 しばらく静かな時間が過ぎ、次にラムリーザが口を開いた時は、部室に来てからの二人の時が二十分程経っていた頃だった。

「ふぅ、リリス達遅いな。今日はもう帰ったのかな」

「ふんだ、別に来なくてもいいの」

「そういうわけにもいかないって」

 再びラムリーザは口を閉ざして、外の景色をぼんやりと眺めだした。

 ソニアはラムリーザの胸を離れて隣に移動し、首を傾けて頭をラムリーザの肩に乗せ、同じように外を眺め始めた。

 しばらく二人は、黙ったまま外を眺め続けていた。

 

 さらに十分ほど過ぎ、ラムリーザはふーっと息を吐き、「ソニアってどのくらい言いなりな女なのかな……」とつぶやいた。

「言いなりってどういうこと?」

 ソニアは、体勢を変えずに尋ねてきた。

「いや、奴隷とか……って違うな。ソニアは言いなりな女じゃない。自分の意思や意見を持ち、嫌な物は嫌といい、やりたいことには全力でぶつかっていく」

「ラムは奴隷が欲しいの?」

「ん~、奴隷は道具みたいなものだからなぁ。必要なら使うけど、あまり傍には置いておきたくないかな。僕に仕える人は、きちんとした意思を持って仕えて欲しいものさ」

 ソニアは、ラムリーザの肩から顔を離すと、心配そうな顔をして尋ねる。

「ラム、あたし奴隷?」

「なんでそうなる……。ソニアは奴隷になりたい?」

「嫌……」

「じゃあ、今のままで居るんだね。前にも言ったけど、僕は自然体のソニアが好きなんだ」

 ソニアは満面の笑みを浮かべ、再びラムリーザの肩に頭を預けてきた。

「よしソニア、『私は可愛い』と自信を持って言ってみよう、ほら復唱っ」

「あ、あたしは可愛い?!」

「うんうん、そうだね。他の男がどう思おうが、僕はソニアは銀河一可愛いと思ってるよ」

 ラムリーザは、ソニアの肩に回している手に少し力を加える。あまりにもリリス達が遅いので、部室で禁断の行為にでてやるか? といった邪な気持ちがむくむくと競り上がってきているのを感じながら、クサい台詞を言ってみたりする。

「てへっ、じゃああたしも他の女がどう思おうと、ラムは金河一かっこいいって思ってる」

「ありがと。でもキンガって何?」

「銀河の上を行く金河!」

「そうか……」

 ソニアのよくわからない理論のおかげで、少しは邪な気持ちが治まったかもしれない。

 その時ラムリーザは、背後に人の気配を感じて振り返ろうとしたが、それと同時にソニアは妙に深刻そうな顔になって、忠告めいたことを言ってきた。

「ところで気をつけてね、リリスはラムのことキモメンって言ってたよ」

「誰がそんなこと言ったのかしら? 勝手に話作らないでちょうだい」

 突然後ろから声をかけられる。びっくりして振り返ると、すぐ傍にリリスが立っていた。その後ろにはユコの姿も見える。ついでにもう一人、見慣れない人が居るのは気のせいだろうか。

「おおうリリスにユコ、ひょっとしてさっきの話聞いてた?」

「ふぅ、聞いてたわ。まったく、なんでこんな銀河一のイケメンが、こんなブサイク乳牛と付き合ってるのかしら」

「なんだと?! このちっぱい!」

「はい、顔を合わせるたびに口喧嘩するのはやめなさい。ところで、何故レルフィーナが一緒なんだい?」

 見慣れない人物は、クラスメイトのレルフィーナだった。レルフィーナは、クラスでの文化祭実行委員を引き受けている、お祭り好きな明るい女の子だが、今日はなぜかリリス達と一緒に部室に姿を現したのだ。

「カラオケ喫茶の進捗状況を確認しに来たのよ。あなたたちが、クラスの出し物での主役みたいなものだから、どんな感じなのかなぁ、ってね」

「そうなのよ、部室に案内してって言われて、レルフィーナの作業が終わるまで足止め食らっていたわ」

 それで今日はリリス達がやってくるのが少し遅くなったわけだ。

 しかしラムリーザは、これはこれで予行演習になって良いのでは、と考えた。

 コンセプトはカラオケなのだから、自分達は演奏、歌う人は客となっている。その客の役にレルフィーナを当てると、本番さながらの練習ができるのではないだろうか。

 ラムリーザは、早速レルフィーナに、現在仕上がっている楽曲のリストを手渡した。

「今演奏できるのは、これだけだよ」

「ふーん、結構多いのね」

 レルフィーナは、リストをざっと眺めて感想を言ってくる。そして、疑問に思ったことを尋ねてきた。

「ねぇ、曲名の横に書いている、(A)、(B)、(C)って何なの?」

 そう、例えば『きーらきーら(A)』、『ラムリーさんの羊(B)』、『復活の日(C)』といった具合になっているのだ。

「えっとね、さすがに数を優先するとね、全部が完璧ってわけにはいかないんだよ。それで、Aランクは完璧な演奏ができる、Bランクは一通り形になった演奏ができる、Cランクはとりあえずできるレベルの曲になっているんだよ」

「ふーん、Bランクが一番多いのね」

「そりゃそうさ。一番取り組んでいることが、Cランクの曲をBランクに持っていくって作業だからね」

 レルフィーナは、しばらくリストを眺めていたが、とりあえず「奇跡の大海原」を選択してきた。

 この曲は、Aランクに持ってきてもいいのだが、メインボーカルが決まらないのでそれほど練習に力を入れてなかったのだ。だが、今回の場合では丁度いい選曲かもしれない。

 レルフィーナは、部室内の簡易ステージに上り、スタンドに置かれているマイクを握るとラムリーザ達の方を振り返って言った。

「ねぇ、始まりはどうするの?」

「そうだなぁ、ここはルールみたいなのを決めておこう。とりあえず、僕と目を合わせたら始めることにしよう。よし、始め」

 ラムリーザのスティックによる合図で演奏は始まった。

 フロアタムとクローズドリムショットの組み合わせからなる独特なリズムに、ユコはシンセサイザーの音を重ねる。さらにソニアがベースを重ね、リリスはリゲルが居ない分、リズム半分リード半分のギターを奏で始めた。

「黄昏がやってきて、二人を分かつのよ――」

 レルフィーナの歌声は、慣れた感じで無理なく正確なメロディを発している。初めてではない、よく歌っている曲なのかもしれない。

 歌い終わると、レルフィーナはすごいすごいの連呼だった。

「すごいよ! 私カラオケが好きでよく遊びに行くんだけど、やっぱり機械演奏のカラオケより、生演奏の方がいいね。ねぇ、時々歌いに来てもいいかなぁ?」

 レルフィーナは、目をキラキラさせながら、わざとらしいぶりっこポーズでラムリーザに懇願してくる。

「まぁ、練習の邪魔にならなければ別にいいよ。そっか、カラオケ好きなんだね。歌い慣れているわけだ」

「あなた達は行かないの? カラオケ」

「うん、カラオケ行くなら自分達で演奏しようがモットーなんだ。いや、モットーにしていたっけ……?」

「うわー、いいないいな。私も学校でカラオケ自由に歌える部活を作ろうかなぁ。カラオケ部……、いや、それだと露骨、コーラス部とか……?」

「ちょっと待って」

 ラムリーザとレルフィーナの会話に、リリスが割り込んできた。

「今はカラオケ喫茶に向けて、演奏だけやってるけど、本来は私がメインボーカルだからそう簡単に歌わせないわよ」

「ちょっと待って! なんでリリスかメインボーカルなのよ、あたしでしょ?!」

「とにかく、好きに歌いたければコーラス部だかなんだか知らないけど、別の場所に作ることね」

 他の場所と言っても、この学校で防音設備が整った建物は、一階に一つの部屋のある三階建ての建物だけだ。そこに一階に軽音楽部、二階に吹奏楽部、三階に合唱部が使っていて、これ以上部屋は空いていない。レルフィーナがカラオケ部を作っても、部室の確保は難しいだろう。

「合唱部ではダメなのか?」

 ラムリーザの問いに、レルフィーナは首を横に振って答える。

「私はアイドルみたいなのをやりたいの。カラオケ部だと遊んでいる感丸出しだから、コーラス部をいつか作ってみせるわ」

「ん、それはがんばってくれ。それじゃあ今日は――」

「あ、次はルシアでも歌わせて。大声出したい気分なの」

 これは、ソニアが得意とする絶叫系の歌だ。レルフィーナもやるもんだ。やるもんだ。やるもんだ。だ。だ。だ。だ…………

 

 

 結局レルフィーナは、二十曲ぐらい歌い続け、気がつくと日は落ちて外は暗くなっていた。

 グラウンドで作業している人も、すでに帰宅したのかもう誰も居ない。

「えっと、次は――」

「ストップ!」

 レルフィーナが次の曲をリクエストしてくるのを、ラムリーザはうんざりした顔で制する。止めないと、レルフィーナはいつまでも歌い続けそうだ。

 まあ、本番では一日中演奏し続けることになるし、同じ曲を演奏することもあるだろうから、これくらいでうんざりしているわけにはいかない。

 しかし、外も暗いし、あまり遅くなるのもよくないので、今日はここらで演奏は終わりにして部活を終了しようと思ったのだ。

 レルフィーナは、しょうがないなぁ、といいつつも満足そうだ。レルフィーナの受けはばっちりだ。

 

 カラオケ喫茶は成功するだろう。

 みんなそう思いながら、帰路につくのだった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記