home > 物語 > > 文化祭でライブやらなくてもまあいいか

文化祭でライブやらなくてもまあいいか

 

 さて、体育祭も終わり、文化祭まで一週間をきっていた。

 最近の部活では、同じようなことの繰り返しで、Cランクの曲――とりあえず演奏できるもの――をBランク――一通り演奏できるもの――へ上げることに専念していた。

 Aランクに指定しているものは、ステージで演奏できるレベルのものなのだが、文化祭のカラオケ喫茶にそこまでのクオリティは必要ない。そういうわけで、Bランクの曲をAランクに上げるという練習はほどほどにしていた。

 その結果、先日レルフィーナに聞かれた時のように、Bランクの曲がどんどん増えていくのだった。

 

 ラムリーザ達は、一時間ほど練習して一旦休憩するかということになり、部室中央のソファーにみんなで座り込んだ時だ。部室のドアが開き、珍しい客がやってきた。

 いや、客という言い方はおかしいかもしれない。

 やってきたのは、生徒会長のジャレスと、生徒会役員の一人セディーナだった。みんな忘れているかもしれないが、セディーナは軽音楽部の部長で、ジャレスも部員だったりする。

 実際リリスなどは、「すっかり忘れていた」とか言って、最初は部外者扱いしようとするのをラムリーザはなんとか押し留めたほどだ。

 先輩二人は、普段は生徒会の仕事を主にやっていて、部活にはほとんど顔を出さない。

 この文化祭の時期も例外ではなく、全体を取り仕切る作業で忙しくて、部活どころではなかったりするのだ。

「いつもお疲れ様です」

 あまり語ろうとしないソニア達は置いといて、ラムリーザは無難な挨拶をした。

 今日ジャレスが部室にやってきたのは、気になっていることを確認するためだった。

「君達は、熱心に暗くなるまで練習しているみたいだけど、無理はしていないだろうね?」

「はい、大丈夫です。どうせこいつら、家に帰ってもゲームしかやらないので丁度良いぐらいです」

 不満を言いそうになるソニア達だが、ラムリーザは知らん振りだ。

「ところで、文化祭での体育館は使用しないのかな? 使用申請が来ないから忘れているのかな、と思って確認にきたんだけど」

 カラオケ喫茶のことで頭がいっぱいになっているラムリーザは、思わず質問してしまう。

「え? 体育館で何をやるのですか? 当日は間違いなく忙しいから、体育館に行っている暇は無いと思いますが……」

 ラムリーザの質問に、ジャレスは首をかしげる。

「あれ? 軽音楽部はステージで演奏するのが定番だろ? 忘れていたのかな?」

 そこでラムリーザは、ジャレスの言いたいことを理解することができた。少し事情が違っていたので忘れていたことに間違いは無い。

「えっと、忘れてました。そういえば定番ですね」

 先日、リゲルに連れられて、他校の文化祭を見に行き、そこでリゲルの友人レグルスのライブを見て、ラムリーザ自身は代役で参加したばかりだ。

 つまり、これまではこの学校でも毎年ライブをやっていたのだろう。しかし……。

「まだ間に合うから、ステージの使用申請はこちらでやっておくよ」

「ああ、それは大丈夫、結構ですよ」

 ラムリーザはすぐにジャレスを制した。さらに首をかしげるジャレスに、現在自分たちがやっていることについて説明した。

「クラスの出し物で、カラオケ喫茶をやることになったのです。バンドの生演奏付きのカラオケ、これはきっと受けると思うんです」

 ジャレスは「なるほど」とうなずき、感心したようだった。

「そういえば一年生の出し物にカラオケ喫茶というものがあったな。珍しい企画だと思っていたけど、そうか、君たちが絡んでいたんだね」

「なんだかよくわからないうちに決まったんだけどね。まぁ、変な演劇に付き合わされるよりはずっといいけど」

 ソニアやリリスが狙っていた、ラムリーザと一緒にやろうとしていた演劇を、ラムリーザはあっさりと変な演劇と言い捨てる。

「でもいいのかな? 文化祭のステージ演奏は、軽音楽部一世一代の見せ場だと思うんだけど」

 ジャレスはそう言うが、ラムリーザは体育館での演奏にそれほど魅力は感じていなかった。なぜなら……。

「ライブならいいのです。僕達は、どうしても行けない週を除いて毎週帝都のクラブでライブさせてもらっているから」

「シャングリラ・ナイト・フィーバーだよん」

 ソニアが嬉しそうに横から口を挟む。

「帝都のクラブで? それはすごいな……」

 ジャレスはすごく驚いたようで、目を丸くして話を続けた。

「今年の一年生は、これまでの部員の中で一番活躍しているかもしれないな。さすがラムリーザ君だね、ユグドラシルからいろいろ聞いているよ。それに、文化祭に向けて君の母から多額の寄付金を頂いたりして、いろいろ助かっているんだよね。もう君に足を向けて眠れないよ」

「あ、それあいつのせいだから、たぶん」

 ソニアの言うあいつとは、レフトールのことだ。まだ名前で呼んでくれない。

 ソニアの言うとおり、以前ラムリーザが校内で暴行を受けた事件があり、そういったことが二度と起きないようにということで、ラムリーザの周辺警護の者を学校内に入れることになった。このことを学院長に認めさせると同時に、取締りを強化させる名目で金を渡したという経緯があった。

 その雰囲気をレフトールはすぐに察して、ラムリーザに屈したというわけだ。

 あまり思い出したくないことなので、ラムリーザはすぐに話を元に戻した。

「それに、カラオケ喫茶ってほんとに良い案だと思うんです。演奏者と客って大抵距離があるものなんだけど、カラオケだと客と密接な関係を楽しめるんですよね。クラスメイトに歌ってもらったりして感じたんだけど、客に近い立場で演奏するのも、一つの理想だと思います」

 ラムリーザの思いを聞いて、ジャレスはすっかり感心していた。

「これはもう我々は必要ないな。安心して生徒会の仕事に専念できるってものだ。もっとも、文化祭が終われば、ほぼ任期は終わったようなものだけどね。あまり部活に顔を出さずに、ちょっと投げっぱなしすぎたかなとずっと思っていたけど、君達に任せっきりにしていて問題無いとわかった。思うままに活動してくれたまえ」

 これだけ言い残すと、ジャレスとセディーナは部室を後にした。

 

 さてと……。

 

 ジャレス達と入れ替わりに、レルフィーナを先頭に何人かのクラスメイトが部室に入ってきた。

 また遊びに来たとでも言うのだろうか?

「こりゃあ、練習の邪魔! 部外者は帰れ!」

 ソニアは大声を出す。だがレルフィーナは、ソニアの大声に怯むことなく、普通に言い返してきた。

「あのね、喫茶店はここの部室に作ろうと考えたの。教室で演奏したらかなりうるさいでしょ? 他のクラスの迷惑になるから、防音設備が整ってるここでやろうと思ったの」

 それはレルフィーナの言うとおりだ。教室でやるわけにはいかない。

「それはいいけど、今日は何の用かな?」

「部屋のスペースを計って、テーブルはどれだけ置けるか、お菓子や飲み物を備蓄できるスペースはどれだけ確保できるか。実際に設置するのは文化祭前日だけど、それまでにいろいろと考えなければならないのよ」

 さすが実行委員に名乗り出るだけあって、レルフィーナは計画的だ。さっそくメジャーを使っていろいろ計算し始めている。

「とりあえず、練習の邪魔にならないように、お願いするよ」

 ラムリーザの要望に、レルフィーナは大丈夫と答える。

「演奏スペースは……、本番はそこの簡易ステージ上かな。とりあえずドラムセット置いて、三人ぐらいなら左右に配置して、歌う人は真ん中……、スペース取れるかな」

 ラムリーザは、レルフィーナのつぶやきは聞こえなかったが、ソニア達を集めて再びCランクの曲をBランクへ持っていく練習を再開した。

 

「いつもー、欠かせないー、私の気持ちをー、あなたに届けたいのよーん」

 ステージ上で作業していたレルフィーナは、いつの頃からかマイクを片手に演奏に合わせ歌い始めた。

 やっぱりそうなるか……。

 結局、この日は下見と場所決めにものすごく時間がかかったりしていた。それは、レルフィーナが途中からカラオケを始めたりしたわけで、下見作業が終わった頃には外も暗くなっていたのだった。

「ええと、いいかな? もう暗くなったし練習終わらせて帰るよ?」

 ラムリーザは、ステージ上でマイクを持って次の演奏を待っているレルフィーナに話しかけた。

「え? あ、もう終わり? あう……、まだ細かい所まで調べ終わってないのに……。まあいいや、明日も来るね」

 レルフィーナはそう言って、一緒に来た人達を連れて帰って行った。

 ラムリーザは、明日もこれが続くのか、と思いながら大きく伸びをして、後六日間がんばるか、と思うのだった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記