home > 物語 > > 無茶をする男、豚カツが食べたい女

無茶をする男、豚カツが食べたい女

 

 登校後、最初の授業が始まるまでの自由時間。

  ソニア、リリス、ユコ、ロザリーンの四人は、それぞれ座席の場所を移動して固まってきて雑談している。

 その横でラムリーザは、傍に引っ付いてきているソニアに背を預けてもたれかかり、外の景色を眺めていた。

「ふえぇちゃんって知ってるかしら?」

 リリスの問いに、ソニアは「知らない」と答える。

「何かあったらすぐにふえぇっていう女の子のことですの」

「そんな女の子居るの?」

 ソニアは、しょっちゅう自分がそう言っていることに気付いているのかどうなのか。おそらく無意識のうちに発している悲鳴なんだろう。

 そういったことを証明するために、リリスはソニアの胸に手を伸ばす。

「こうして先端をつねってみると」

「ふえぇ……」

 いつも通りの反応だ。今更何も言うまい。

「いいねぇ、俺もボイン触らせろや」

 そこに、いつもと違う声が混じってくる。何故か隣のクラスのレフトールが、ラムリーザ達の席の近くにやってきているのだ。

 ソニアは胸を抱えてうずくまり、リリスは眉をひそめてレフトールを睨みつける。

「何かしら? あなた、ここに居るのが普通になってきたわね」

「あたぼうよ、俺はラムさん派だからな」

「そう言えばさあ、あんたラムにお金返したの?」

 ソニアは、胸を抱えたまま不満そうな声を出す。

 そういえば、レフトールがラムリーザを屋上で襲撃した時、ラムリーザの金貨入れから金貨を盗み取ったことが発覚していた。あの時は、すぐ返すから盗んだことは黙っていてくれ、とレフトールは言ったのだが……。

「あっ、いっけね! 完全に忘れてた! 今日中になんとかしてやる、ちょっと待ってな!」

 レフトールはがばっと顔を上げ、慌てて叫びながら教室を飛び出していった。今日中って大丈夫か? 確か金貨三枚だぞ?

「邪魔者は去ったわね」

 リリスの表情は穏やかになり、ラムリーザの周りにはいつもののんびりした雰囲気が戻ってきた。

 

 

 次の休み時間。

 なにやらクラスメイトの一人が憤慨して騒いでいる。

「くっそー、何なんだよ。この学校も最低になってきたな!」

「どうした? 何怒ってんだ?」

「なんか怖い人に小遣い取られた。くそっ、不良なんて居なくなればいいのに!」

 ようするに、カツアゲされたのか、この学校には悪い奴もいるからな。

 しかしラムリーザ周辺は、相変わらずのんびりとした空気が漂っている。

「ラムリーザ、あなた交換日記の良さを分かってくれたみたいね」

 リリスは、怪しげな微笑を浮かべながらラムリーザを見つめてきた。

「ま、まあな」

 ラムリーザは、リリスにじっと見つめられて、少し肩をすくめて答える。ラムリーザが止めていた交換日記は、リリスの手に回り再び動き始めていたが、その内容は一見交換日記に好意的に見せつつ、密かに批判したものだった。

「ただし――」

 リリスはラムリーザに顔を近づける。少し身を引いたラムリーザに、リリスは言葉を続けた。

「あなたが何を言おうと、やめないからね」

 どうやらリリスは縦読みに、すぐ気がついたようだ。

 ラムリーザは、決まりが悪そうにリリスから目を外すと、引っ付いてきているソニアに背中を預けて外の景色を眺め始めた。

 

 さらに次の休み時間。

 今度は別のクラスメイトがカツアゲされたと憤慨している。

「おっかなくて逆らえないけど、なんとかなんねーかな!」

 などと言っているが、そういうことはここで騒いでいないで、生徒指導の先生にでも相談すべきだろう。

「今日の昼ごはん、豚カツ定食がいいな」

 一方ソニアは暢気なことを言っている。

「急に何かしら?」

「なんかさっきからカツ揚げ、カツ揚げ言ってるから、食べたくなっちゃった」

 なるほど、そういう風にも聞こえないこともない。

「ふむ、これはひょっとすると……」

 リゲルは小さくつぶやき、ソニアにもたれて外の景色をぼんやり眺めているラムリーザの肩を引き寄せて耳元で言った。

「おい、たぶんレフトールが無茶やってると思うぞ。現場抑えて止めさせるべきだ」

「ん? どういうこと?」

「今朝お前に金貨三枚返すって言ってただろ? たぶん三万エルド手に入れるために、子分を使ってカツアゲしているぞ」

 今日のカツアゲ騒ぎは確かに異常だ。普段はここまで酷くはない。

「まいったな、レフトールも無茶して……」

「レフトールが勝手にやる分は好きにさせたらいい。しかしな、今はあいつと俺らつるんでいるだろ? それにあいつはラムリーザ派とか吹聴してる。そんなことされたらお前の評判が悪くなってしまいかねないぞ」

 言われてみれば、リゲルの言うとおりだ。レフトールが勝手にやっていることだが、これがもしラムリーザの指示でやっていると取られたら、非常にめんどくさい。

「昼休み、人気の少ない場所を巡って現場を押えるか」

 ラムリーザは、リゲルに了解したと言い、再び窓の外へ視線を向けた。

「ねぇ、昼休みカツ揚げ食べようよー」

 ソニアがラムリーザの肩を揺すりながら言ってくるが、とりあえず相手をしないでおくことにした。

 

 昼食後、ラムリーザはリゲルと二人で学校内を回っていた。

 ラムリーザは、昼食にソニアだけでなく、何故かリリスとユコにも豚カツ定食を奢るハメになってしまったりする。まぁ、別に良いのだけどね。

 満腹~、といった感じで食堂脇のベンチでうたた寝しているソニア達を置いて、校内を巡回していた。

「体育館裏から当たってみよう」

 リゲルの提案で、人気の少ない場所へと向かう。もしレフトールが、人から金を奪っているのならば、やめさせなければならない。

 しかし、体育館裏には誰も居なかった。

「普通に人が来ない場所だとダメか。人が多くなく、全然居なくない場所、そういう場所ってあるのかな」

「意外と中庭って、人少ないよな……って待てよ。俺が恐喝するとしたら、ああいった大人しそうなやつをだな……」

 リゲルは、特別教室専用となっている校舎の方を見ながらそう言った。そこには、大人しそうな男子生徒が一人、ダンボール箱を持って校舎裏へと向かっていた。

「おい、あいつにも、レフトール一味にも気付かれないようにつけるぞ」

 そうして二人は、物陰に隠れながらその生徒をつけていくのだった。

 

 大人しそうな男子生徒は、校舎裏の焼却炉脇にあるゴミ置き場に、持っていたダンボール箱を置いた。どうやらゴミ出しに来たのだろう。

「オイッス!」

 その時、焼却炉の逆方向から聞き覚えのある声が聞こえた。

 レフトールだ。

 レフトールは、二人ほど子分を引き連れて、焼却炉脇でぽかんとしている男子生徒の傍へ近寄っていった。

「お、おいっす……?」

 男子生徒は、少し怯えた風に返事する。

「声が小さい! もういっちょ、オイッス!」

 そう言いながら、レフトールは子分と一緒にその男子生徒を囲んでしまった。

 

「お山の大将自らカツアゲしている現場に出くわすとはな、ついてるぜ俺達」

「全く、レフトールにも困ったものだねぇ」

 茂みに隠れて見ていると、レフトールは男子生徒の胸倉を掴んだりして脅している。男子生徒は、しぶしぶといった感じで、懐から硬貨入れを取り出した。

「さてと、そろそろ出るぞ」

 リゲルに促されて、ラムリーザは茂みから出ていった。

「よーし、これで一万六千エルド、後半分超えたぞ。次いってみよう」

 ラムリーザとリゲルに見つかっていたことに気付いていないレフトールは、男子生徒から奪った硬貨をお手玉しながら次の狩りへ向かおうとしていた。

「ダメだよ、そんなことしたら」

「うおわっ!」

 ラムリーザに後ろから声をかけられて、レフトールはビクッと身体を硬直させる。

「げっ、ラムさん、とリゲル?!」

「お前はホントに馬鹿な奴だな」

 リゲルは、冷ややかな視線をレフトールに向ける。しかしレフトールも、必死で言い訳をしてくる。

「ほ、ほら見てくれ。一万六千エルドだ、この分だと明日の昼までには返せるぞ」

「あのねぇ、僕がそんな汚れた金を受け取れると思っているのかい?」

「う……」

 ラムリーザは困ったように言ってみると、レフトールは少したじろいだ。

「それに、ラムリーザから奪ったのは金貨三枚だろが。何だその小銭は?」

「いやそのー、後で換金して、だな……」

 ラムリーザがじっとレフトールの目を見つめると、レフトールは黙り込んでしまった。

 とりあえずは、レフトールが強引に巻き上げた金をどうにかしなければならない。

「ひとまずそのお金、受け取るよ。それと、ちょっとついてきてもらえるかな?」

 ラムリーザは、レフトールから金を受け取ると、そのまま放送部へと向かうことにした。

 

『えーと、皆さんおはようございます。今日これまでに、強引なやり方でお金を奪われた生徒は、今すぐ放送室前に集まってください。繰り返します――』

 昼休みにおはようございますという挨拶は置いといて、ラムリーザは全校生徒に向けて呼びかけを行なった。とにかくお金は、奪われた生徒に返そうとしたのだ。

 しばらくして何人かの生徒が集まったので、個別に奪われた金額を聞き出して、一人ずつ返していった。

「レフトールさん、どうなってるんスか?」

 そこには、金を奪われた生徒以外に、がらの悪い生徒も集まってきていた。

 レフトールに話しかけたのは、確かマックスウェルと言ったっけ。レフトール一味の副将的立場の者で、ラムリーザと初対面の時につかみかかってきたので、ラムリーザに手を強く握られた者だ。

 レフトールは話しかけられたが、決まりが悪そうに顔をしかめて目を逸らしていた。

 その傍らで、ラムリーザは一人一人に頭を下げながらお金を返している。

「ごめんよ、迷惑をかけたね。ほら、これで許してくれ」

 お金を奪われた生徒は、レフトールの姿に怯えていたが、お金が返ってくるとラムリーザに少しだけ頭を下げて、逃げるように立ち去っていった。

 一方リゲルは眉をひそめて、低姿勢なラムリーザを見ていた。

 

 レフトールは奪った金を着服せずに、また奪われた生徒も多めに申告することもなかったのか、ラムリーザの手元にお金が無くなると同時に、人だかりも無くなっていた。

 ラムリーザは、これで問題は解決したということで、レフトールの方を振り返って言った。

「こんな乱暴なやり方したらダメだよ。急いで返してもらう必要ないから、まともなやり方でお金を作ろうね」

「す、すまん……」

 レフトールは、ラムリーザがそう言いながら顔の方へ手を近づけてきたので、思わず身を引きながらつぶやくように謝った。

 ラムリーザは、上げた手を下ろしてレフトールの肩をぽんと叩くと、その場を立ち去って行った。ここまでやっておけば、今後レフトールも乱暴な手段に出ることも無いだろう。

 しかし、リゲルは気が済まない様で、ラムリーザが去ったあとに、レフトールの傍にやってきて胸ぐらをつかんで激しく睨み付けてくる。

「お前、ラムリーザとつるむつもりなら、もう少し行動考えろよ」

「いや、金を返すために動いただけだぞ。これが、俺のやり方だ」

 リゲルは首を横に振りながら溜息を吐く。

「お前のせいでラムリーザのイメージが下がったらどう詫びるつもりだ? 悪ぶるのは勝手だが、今までのように振る舞いたいのなら、俺達と関わらんでもらいたいね」

 そう言い残すと、リゲルもその場を立ち去って行くのであった。

 残されたレフトールは、しかめっ面でリゲルの後姿を睨みつけていた。

 レフトール以外に残っているのは、子分Aのマックスウェルだけだ。

「レフトールさん、カツアゲとあいつらに何の関係があるんですか?」

 レフトールは、朝から子分を使って強引に金を集めていたが、その理由までは語っていなかった。子分達は、これまでのように遊ぶ金を稼ぐつもりでいたのだ。

「くっそ、カツアゲは止めだ。しっかし、それならどうやって金を稼げばいいんだよ……」

 今更ながら、レフトールはラムリーザから金貨三枚奪ったことを後悔しはじめていた。

 ラムリーザがどうでもいい奴ならば、レフトールは何も気にすることは無かった。

 しかし、強大な権力に媚びる生き方をするレフトールにとって、ラムリーザに付いておくことは非常に魅力的で、なんとしても良い関係を構築させたかった。

 急いで返してもらう必要は無い。

 レフトールは、ラムリーザに言われたその一言にすがるつもりで、しばらく借りておくことにしようと考え、放送室の前から立ち去って行った。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記