home > 物語 > > 生徒会長選挙応援運動

生徒会長選挙応援運動

 

 年末年始の休暇は終わった。

 久しぶりに学校に行くと、いよいよ間近となった次期生徒会長に立候補した生徒の一覧が発表されていた。それと同時に、各立候補者を応援するポスターも作られていた。

 始業前の時間、いつもの、そして久しぶりの光景。

 ソニア、リリス、ユコ、ロザリーンの四人は、それぞれ座席の場所を移動して固まってきて、生徒会等興味無いといった感じで、まったく違う内容の雑談をしている。

 その横でラムリーザは、傍に引っ付いてきているソニアに背を預けてもたれかかり、外の景色を眺めていた。

「ギョウニョウって知っているかしら?」

 リリスの問いに、ソニアは「知らない」と答える。

「凝縮した尿よ」

 リリスは真顔でソニアに説明する。凝縮した尿が何なのかは、さっぱり分からない。また、尿を凝縮して何の意味があるのかも分からない。そもそもそんな物が存在している方が不思議だ。

「汚いですわね」

 顔をしかめるユコを気にもせずに、リリスは解説を続けた。

「クリボウフォローチョ凝尿という物が雑貨屋で――」

「そんなの要らない!」

 ムキになって、ソニアは食い気味にリリスの言葉を遮った。凝尿は、雑貨屋で販売しているらしい。

 そんな会話を聞きながら、ラムリーザは、今朝登校時に出会ったユグドラシルとの会話を思い返していた。

 

「ラムリーザ君、いよいよ自分が大きな一歩を踏み出す時が来たんだ」

 休暇明けの登校中、ラムリーザの姿を見つけたユグドラシルは、いそいで駆け寄ってきて言った。ユグドラシルは、生徒会会長を狙っている。

「ああ、そういえばそういう時期ですね。ユグドラシルさん、がんばってください」

「そういうわけで、ラムリーザ君にも応援をお願いするよ」

「微力を尽くさせていただきます……、と言いたい所だけど、実際の所何をやったらいいのかわからないです。応援演説とかですか?」

「いや、応援演説は、現会長のジャレスさんにやってもらうことになっているから大丈夫。ラムリーザ君には、クラスメイトや知り合い達に呼びかけてくれるとかでいいよ」

「わかりました、できるだけのことはやってみます」

 

 ラムリーザの背後では、凝尿を巡ってソニアとリリスの口論が繰り広げられている。

「生徒会、か」

 こういうのは、やりたい人にやらせてしまうのでよい、ラムリーザはそう考えていた。それに、文化祭実行委員長としての実績から言って、ユグドラシルは適任だと思っていた。

「もぉ! ラムは凝尿なんて販売するの許せないよね?!」

 突然話を振ってきたソニアに、めんどくさそうに「そんなの実際に飲んでみて決めれば良いだろ?」と適当なことを言って、引っ付いているソニアから離れるように席を立った。

 リリスの「凝尿なんか飲むの? ソニアも物好きね」とからかう台詞と、それに対してまた文句を言い出すソニアを後に、ラムリーザは教室の後ろをうろつく。

 応援と言っても、応援ソングを作ることはできない。作曲はできるが作詞ができないのが、ラムリーズの欠点だ。ラムリーザは、なんとか応援ソングを考え出そうとしてみた。

 ――私はユグドラシル、夢と希望は風船のように1mも膨らんで――

 いや、これではソニアの応援ソングだ。いや、応援にすらなっていない。

 そんな事を考えながら、クラスメイトの中で、一番影響力があるだろう人物の所へ向かっていた。そこには、クラスの集団の中で、一際大きい男女の混じったグループが出来上がっていた。

「レルフィーナ、ちょっといいかな?」

 ラムリーザは、その中の中心人物に声をかけた。

「何々? またカラオケバンドやってくれるの?」

「いや、そうじゃなくて、生徒会選挙の事だけど、ユグドラシルさんが立候補しているだろ? 彼を応援してあげて欲しいんだ」

 仲間を増やすなら、その親玉を懐柔するのが手っ取り早い、というわけではないが、ラムリーザはレルフィーナをくどき落とそうとしてみた。クラス委員長はロザリーンだが、クラスの人気者としては、レルフィーナの方が上だったりする。

「ユグドラシルさんって、文化祭の時のあの人? いいよ、私も文化祭の時は結構お世話になったし、あの人のおかげで文化祭は楽しかった」

 クラス単位の文化祭実行委員だったレルフィーナは、ユグドラシルと知己はあったので話は早かった。

「そう、僕も応援を頼まれてね。だからレルフィーナにも協力してもらいたいんだ」

「いいよ、みんなユグドラシルさんに投票するよ、いいね?」

「そんなことより、レルフィーナが会長になったらいいじゃんよ」

「私は祭りは好きだけど、それ以外の仕事はやりたくないの。だからユグドラシルさんね、決定!」

 これで、このクラスの大半はユグドラシル派になるだろう。文化祭の成功は、ユグドラシルに良い方向へと話を持っていけたようだ。

 

 同時刻、ユグドラシルは、以前より週末のパーティで知己のあったニバスに取り合っていた。一つずつ、一つずつ仲間を増やしていく方針のようだ。

「対立候補は誰だ?」

 周囲に美女を侍らせたニバスは、特に生徒会に対して興味の無さそうな雰囲気で尋ねてくる。

「ケ、ケルムさんだよ」

 ニバスハーレムに近づき、ユグドラシルも美女に囲まれてしまい、ドギマギしながら答えた。

「げっ、風紀委員のあいつか! わかった、堅苦しいあいつがトップを取ると、俺の楽しい学園生活も制限されそうだ。お前に入れるよ、君達もいいね?」

「はぁい、ニバス様ぁ」

 これで、ニバスと彼のハーレム集団も、ユグドラシル派となった。

 

 人気の少ない中庭では、ウサギリ一派と、レフトール一派がぶつかっていた。

「おいレフトール、お前にはいろいろと言いたい事があるが、まずはこれだ。今度の生徒会選挙、ケルムさんに入れろよな?」

 ウサリギにそう言われて、レフトールは「やだね」と一言だけ答えた。

「じゃあ誰に入れる? って聞くだけ無駄か」

「ああ、俺はラムリーザに入れる。だからもうお前には用は無いな」

 子分を従えてこの場を立ち去ろうとするレフトールを、ウサリギは回り込んで止めた。

「ラムリーザとやらは立候補してないぞ、ケルムさんに入れろよ。それとは別に、休暇前の話だがな――、ってこら!」

 レフトールはウサリギを無視して、反対方向へ立ち去って行く。そこに、始業のチャイムが鳴ったので、「授業が始まるぞ」と言いながら、レフトールは子分たちと共に体育館裏へと向かっていった。

 

 一時限目の授業が終わった後、ラムリーザ達の所へレフトールがやってきた。

 とたんにジト目で見つめだすリリスとユコ。ソニアは先日、ラムリーザとレフトールについて話をしていたので、とくに嫌な視線は向けずにいた。ロザリーンは、根が真面目なのか、表向きには特に雰囲気は変えない。

「ラムさん、これ返すよ」

 レフトールは、休暇中にラムリーザに言われたように、学校が始まってから金貨を返しにきたのだ。ラムリーザの前の机の上に、金貨を三枚並べてみせる。

 リリスとユコは、同時に「あ……」とつぶやいた。

「やぁ、本当に返してくれるとはねぇ」

 ラムリーザは、わざと大げさに感心してみせる。

「どうだか――」

 ユコはまだ否定的だ。

「――どうせ誰かから奪ってきたのに決まっていますわ」

「いや違うって」

 否定するレフトールを、ラムリーザはかばった。

「うん、年始祭で働いていたのを知っているだろう? その時にもらった給金だよね?」

「おお、そうだともそうだとも」

 ラムリーザに、「ねっ」と言われて、リリスはジト目でレフトールを見るのを止めた。ユコも納得いかないって感じだったが、しぶしぶ受け入れたようだ。ロザリーンに至っては、少し好意的な表情に変わっているのにラムリーザは気がついた。

 ラムリーザは、みんながレフトールに対して敵意が消えたところで、机の上の金貨三枚を、レフトールの方へ移動させて言った。

「じゃあ、この金は受け取れられないな」

「え?」

 突然のラムリーザの否認に、レフトールは困った顔をする。

「この金は、レフトールが真面目に働いて稼いだ金だから、レフトールのものだ」

「それじゃあラムリーザ様から奪った金貨三枚はどうするんですの?」

 ユコの問いに、ラムリーザはすまし顔で答えた。

「あれは、ポッターズ・ブラフ悪の双璧と呼ばれていた男に奪われたんだ。ここにいる真面目なレフトールじゃないよ」

 ラムリーザは、リゲルが時々言っていた「ポッターズ・ブラフ悪の双璧」という言葉を覚えていた。

「だから、今の彼からお金を受け取ることはできないんだよね」

「ラ、ラムさん……」

「だからみんな、レフトールのこといい加減許してやってくれないかな? 僕を失神させたとか言いたいだろうけど、僕もレフトールの指を脱臼させ、顔に穴を開けたからね、おあいこだよ」

 リリスは、「いいわ」と答え、ユコも「わかりましたわ」と答えた。これでレフトールをみんな受け入れてくれれば、ラムリーザとしてもありがたかった。

「あ、ところでラムさん」

 レフトールは、突然何かを思い出したかのように言った。

「ラムさんは生徒会長に立候補せんの? 俺はラムさんに入れるよ?」

「あー、それね。僕はユグドラシルさんを応援しているから、君も一緒に応援してくれよ」

「誰そいつ?」

 ここが、表舞台に興味を示さなかった、不良時代のレフトールならではの反応だ。文化祭の時も、真面目に参加することはなく、子分達と裏でダラダラしていたに違いない。

 そういうわけでラムリーザは、レフトールにユグドラシルのことについて説明しなければならなかった。

「ん、俺はラムさんを全面的に支持する。だから、ラムさんが応援するユグドラシルを支持する」

 回りくどい言い方をされたが、こうしてレフトールとその子分達を、ユグドラシル派に取り込むことができたのだった。

「な、こんな感じに仲間を増やすんだよ」

 ラムリーザは、ソニアの肩に手を回して耳元で言った。するとソニアは、ラムリーザの手をするりと抜けると、席から立ち上がる。

「じゃああたしもラムの手伝いする!」

 そう言って、教室から飛び出して行った。

「僕の手伝いじゃなくて、ユグドラシルさんの手伝いなんだがなぁ――って、待てよ?」

 ラムリーザは嫌な予感がして席を立ち、ソニアの後を追って行った。

 ラムリーザが教室から出たところ、隣の教室内からソニアの元気の良い声が聞こえてきた。

「チロジャル!」

 ラムリーザの予想通り、ソニアはチロジャルの所へ向かっていっていた。ソニアは浮気写真事件以降、何故かチロジャルの事を気に入っていた。

「は、はいぃ、何ですか?」

 続いて、怯えたような弱々しい声が続く。気が弱いチロジャルは、爆弾のようなソニアをいつも怖がっていた。

「チロジャルも、モテナイ残念なロザ兄に入れるんだぞ!」

「ロ、ロザニイって誰ですか?」

「こら! またお前か! チロジャルをいじめるな!」

 すかさずチロジャルの幼馴染のクロトムガが、二人の間に割って入る。ラムリーザも、急いでその間に入り込んだ。

「まぁまぁまぁ、みんな落ち着いて。クロトムガ君だったかな? よかったらユグドラシルさんを応援してあげてよ。ほら、文化祭の時活躍していたあの人だよ」

 ラムリーザは、憤慨しているクロトムガをなだめながら、さりげなくユグドラシルを推してみる。それを聞いたクロトムガは、腕を組んで「どうだか」と言った。

「俺はそのメロンパイが気に入らない。チロジャルを怖がらせてばかりいるから、そいつが推すのと反対の対立候補に入れてやる」

「メロンパイだと?! ――ムガムガ……」

 ラムリーザは、憤るソニアを両手で押さえ込み、クロトムガに忠告するような感じで言った。

「いいのか? 対立候補は、あの風紀委員だぞ?」

 風紀委員という単語に、クロトムガははっきりと反応を示した。

「げっ、俺あいつ苦手。わかった、ユグドラシルにしよう」

 こうして、ささやかな同意者をさらに得ることができたのだった。

 

 しかし、この選挙戦は、ラムリーザの動きとはあまり関係無しに、この地方の有力な貴族の令嬢と、この地方を纏める首長の嫡男の争いなのだった。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記