home > 物語 > > 一触即発の危機?

一触即発の危機?

 

 ラムリーザが、リゲル、レフトール、マックスウェルと共に雑談しながら校舎裏をブラブラしていた時、突然背後から呼びかけられた。

「ウサリギ……」

 突如現れたウサリギは、三人の仲間を引き連れていた。

 すかさずレフトールは、ラムリーザの前に出てウサリギと対峙した。早速守護者を演じるつもりらしい。

「いやいや、ちょっと待って」

 ウサリギの登場に、ラムリーザは慌てて口を挟んだ。レフトールの肩をつかんで、はやる気持ちを抑えにかかる。

「大丈夫、ラムさんには指一本触れさせやしないさ」

 レフトールは、ラムリーザに良い所を見せたいといったところか。

「その触れさせやしないってのも分からないんだ。僕がウサリギ君と争う理由が無いんだし。いや、ウサリギ君の知らない所で迷惑をかけていたのなら改めるけど」

 ラムリーザの言葉に、ウサリギはフッと笑ってみせる。

「確かにな、俺はお前に用は無い。用があるのはそこに居るレフトールだ。いや待てよ、レフトールが正義ぶるようになったのがお前のせいなら、迷惑をかけていることになるな」

「聞いたか? 俺は正義の味方らしい」

 相変わらずレフトールは調子がいい。ウサリギの言葉を借りて自分の株を上げにかかった。

「まいったなぁ」

 レフトールと仲良くするのが悪いと言われたら、対処のしようが無い。ラムリーザは、リゲルの様子を見たが、彼は腕を組んだまま落ち着いている。喧嘩で負けない自信があるのか、手を出されない自信があるのか……。

「マックスウェル、とりあえず集合かけろ。そしてウッサリギちゅわん、オコンニチハ」

 レフトールは、マックスウェルに指示を出し、一歩前に出てウサリギから顔を背け、横目で怪しげな笑みと視線を向けながら妙な挨拶をする。

 マックスウェルは、「あーいよ」と暢気な返事をするが、その動きは俊敏だった。あっという間に校舎の中へと消えていった。

「あまり無茶はするなよ……」

「大丈夫でさぁ、ウサリギによく言って聞かせやす、つべこべ抜かしたらぶっ殺しまさぁ」

「いや、それがちょっとね……」

 ラムリーザは、困って再びリゲルの方を見たが、リゲルは先ほどから変わらず平然としている。リゲルが堂々としているのならと、ラムリーザは余計な心配をするのを止めた。

 ちらりと校舎の入り口付近を見ると、そこにはラムリーザのボディガードを務めているレイジィの姿も確認できた。あの日以来、レイジィは影ながらラムリーザに付きっ切りだったのだ。

 こうなったら、レフトールの自由にやらせてもいい、ラムリーザはそう思った。

「あれ? よーく見たらお前ら、ゲーセンでナンパしていた馬鹿共じゃねーか?」

 レフトールは、ウサリギの連れて来た三人に見覚えがあった。三人は、年末年始休暇直前に、ゲームセンターでユコを強引にナンパしようとして、レフトールにのされてしまった三人だった。

「昨日はうまく逃げたつもりだったようだが、今日はそうはいかねぇぜ」

「あーそういうこと? お前らウサリギのもんだったのね。それで、頭がけじめ取りに来たわけだ」

 レフトールは、やれやれと両手をすくめて見せる。

 ウサリギも一歩前に出て、レフトールとの距離を少しつめた。

「俺の連れに手を上げるとはな。お前本気で癒し猫会合抜ける気なんだな」

「ずっと前から抜けているつもりなんだがなぁ……、あ、そうだ。お前金貨三枚ほど俺にくれね?」

 どさくさにまぎれて、レフトールはウサリギから金をせびろうとしてきた。これは悪いレフトールが奪った金として、ラムリーザに返すつもりだろうか。

「何を馬鹿な事を、貴様が会合抜けるなら、脱退費として逆に俺に金を払え」

「それじゃあまず金貨五枚もらおうか。その中から脱退費として金貨二枚払うわ」

「ふざけんなよてめぇ! そんなに金が欲しいならくれてやるぁ」

 ウサリギは、突然レフトールに何かを投げつけてきた。それはレフトールの額に当たり、上に跳ね上がった。

「ってぇな! 何しやがる!」

 いきり立つレフトールの後ろで、ラムリーザは飛んできた小さな物を受け取った。それは、一枚の銅貨だった。

 ラムリーザは再び困ってリゲルの方を見た。リゲルもこちらを見て、「うろたえるな」と一言だけ言った。

 レフトールとウサリギは、今にもぶつかり合いそうだ。この雰囲気は以前も見たことがあるが、その時はラムリーザは二人に気づかれること無く、遠目に見ていただけだった。

「まいったなぁ……」

 ラムリーザは、再び同じことをつぶやく。そして、この場をどう収拾をつけるか考えながら、自然と銅貨を持つ指に力が入っていった。

「マックスウェルの奴遅いな……」

 レフトールはちらりと校舎への入り口の方を見て言った。ウサリギ一人ならレフトール一人で十分だが、ウサリギが連れてきている三人に加勢されたら分が悪い。

「まぁ後ろの雑魚の三人は、ラムさんやリゲルでもどうとでもなるか」

 レフトールのつぶやきに、リゲルは「ほぅ」と答えた。一方ラムリーザは、これから起きるであろう争いを考え胸の高揚を感じ、銅貨を指先で挟んだままぎゅっと力をこめた。

「お前はラムリーザの守護者気取りだが、結局ラムリーザの手を借りるのだな?」

「いやまぁ、そういうわけじゃなくてだなぁ」

「俺一人で抑えるから、この場を立ち去れぐらい言わんのか?」

「いやそれは……」

 レフトールも、仲間が居ればそうしてもよかったが、さすがに一対四ではそこまで気が回らなかった。

「レフトール一人を犠牲にするわけにはいかないよ」

 ラムリーザはそう言って、銅貨を握っていた指を開いて、リゲルに見せた。手は汗で濡れていて、指でつまんでいた銅貨は――。

 その時リゲルは、ラムリーザの持っていた銅貨を見るやいなや素早く奪い取った。そしてそのまま、ウサリギの方へと軽く投げ返した。

 ウサリギは、リゲルの投げ返してきた銅貨を軽く受け取り、それを見て顔が引きつった。銅貨を両手で持って何かをしようとした。

「ふざけやがって……」

 そのまま、まるで気味の悪いものを投げ捨てるような感じで、レフトールの方へ再び銅貨を投げつけてきた。今度はレフトールは、受け止めることができた。

「なんだよ、銅貨一枚でうだうだと――って、げえっ」

 今度はレフトールが、その銅貨を見て驚く。

「そういうわけだ、くだらん諍いは止めるんだな」

 リゲルは落ち着き、勝ち誇ったように言ってのける。

「ウサリギの奴、冗談じゃねぇ……」

 レフトールの持っている銅貨は、中央部分から不自然に曲がってしまっていた。レフトールは銅貨を伸ばそうとするが、「普通びくともしないって……」と言って諦めて投げ捨てた。

 レフトールとウサリギの二人は、それぞれ多少の違いはあるが、同じような考えに至り、かなり戦意を消失していた。レフトールはウサリギを恐れ、ウサリギはレフトール達三人の中の誰かに怯え。

 レフトールはウサリギが銅貨を曲げたと思い、ウサリギは銅貨を投げ返してきたリゲルにびびっていた。

 その時、三人の後ろからのんびりとした大声が聞こえた。

「レフ、やばいっす、今日はもうみんな帰って誰も残ってないや」

 仲間を呼びにこの場から離れたマックスウェルが戻ってきた。どうやら仲間はもう居なかったようだ。

 レフトールは、仲間どころではなかった。これまでレフトールの思っていたよりも、ウサリギは秘めた力を持っていると考え、緊張が高まっていた。一方人数で勝っているウサリギも、連れとなにやら相談をしている。

「マックスウェル、他の奴はいいからお前も加われ、総力戦だ」

「あいよっ――、げえっ!」

 マックスウェルのゆったりとした返答は、突然驚愕の叫びへと変わった。

 校舎から出てきたところで、すぐ傍の壁にもたれてじっと争いの場を見つめている男の姿が目に入ったのだ。

 マックスウェルは、男から目を離さずにジリジリと後退してレフトールの傍へ戻ってきた。

「レフ、やばいよ、あいつがいる……」

 マックスウェルは、レフトールの耳元で小さくつぶやき、目線でレフトールの注意を校舎脇へと向けさせた。

「うわっ、あいつまだ居たのか……?」

「やばいって、とりあえずラムリーザ……、ラムさんは帰した方がいいと思う」

「ん、んんむ……」

 この時リゲルは、レフトール達が慌てているのに気がつき、二人がチラチラと見ている方向へと視線を向けた。リゲルにはすぐわかった、そこにいる男がプロの用心棒的な何かであることを。

「おいラムリーザ、あそこに居る人はひょっとして?」

「あ、リゲルも気がついた? 以前レフトールに襲われた時に帝都から呼び寄せたボディガード」

「ふっ、そういうことか」

 ここでリゲルは、レフトール達が動揺している理由がわかった。一度やられたプロに、再び遭遇したのだから。

「なぁレフ、この場は逃げようぜ? 一応ラムさんは仲間ということになっているけど、あいつはラムさん以外全員ぶちのめすかもしれんぞ」

「あいつに背中を向けるのは気が進まんが、そうも言ってられんな……、いや、待てよ?」

 レフトールは、再びウサリギと向き合い、一歩前に出て言った。

「ウサリギ、もう日も暮れることだし、今日は日没引き分けにしないか?」

 とりあえずレフトールは、この場は無かった事にしようとした。ラムリーザの手前、弱気なところを見せたくないが、人数で劣っている以上強気に出るのも無謀と考えたのだ。

 ウサリギも、レフトールを睨みつけたままじっと黙っていた。彼も、この場は無かった事にしようと考えていた。

 やられた仲間の仇は取りたいが、リゲルやラムリーザまで巻き込むのには気が引けていた。銅貨を捻じ曲げられたのだからなおさらだ。しかし、仲間達の手前、レフトールに背中を見せるのには抵抗があった。

「ああそうそう、俺に用があるって最初に言ってたけど、そいつらの仇討ちがやりたいならいずれタイマンで決着つけてやるよ。もっとも――」

 レフトールは、にやりと笑って話を続けた。

「――俺は、そいつらが無茶なナンパをしていたから女の子を助けてあげただけだぜ。スケベな仲間を庇うのも間が抜けているぞ、と」

「ほぅ、レフトールにしては殊勝な事をしたんだな」

 すかさずリゲルの皮肉が飛んでくる。今現在、この場で一番落ち着いているのはリゲルだろう。

「まぁそう言うなって、助けたのはお前らの連れの、ええと、根暗吸血鬼じゃない方……、ユコって奴だぞ」

 レフトールがリゲルに弁明している最中、ウサリギも仲間たちとなにやら話し合っていた。時折ウサリギは、仲間の額を小突いている。レフトールの言うスケベな仲間を諌めているのだろう。

「よかろう、今日の所は引いてやる。だがレフトール、いずれは決着をつけてやるからな」

 少し後に、ウサリギはそう言い残して仲間達を率いてこの場を立ち去って行った。

 

 気がつけば、日は沈みかけて周囲は薄暗くなっていた。

 ラムリーザは、いろいろと疲れてしまい、早く家に帰って休みたいと考えていた。

「これからはもう少し人数増やして動くことにするべし、だな」

 レフトールの発言に、リゲルは「俺達を巻き込むな」と冷たく言い放つ。

「ウサリギと、あまり事を構えたくないから、そっちの争いはレフトールだけでやってね」

 ラムリーザは、今日みたいなことはもうこりごりだ。プロのボディガード、レイジィがついているのはわかっているが、わざわざ争い事に巻き込まれる必要は無い。

「しかしまいったね、こりゃ。ウサリギにあんな力があったとは」

「あんな力?」

「銅貨をひん曲げやがった……」

「だめだよ、お金を粗末にしたら」

 レフトールに、少しずれた説教をするラムリーザを見て、リゲルはきょとんとしている。

 リゲルは、ラムリーザが銅貨を捻じ曲げた事に気がついて、ウサリギに対する牽制になりうると判断して、素早くラムリーザから銅貨を奪い投げ返したのだ。

 ラムリーザ自身は、銅貨の状態を確認する前にリゲルに奪われたものだから、自分が捻じ曲げたことに気がついていない。

 また、レフトールはウサリギが二度目に投げつけてきた銅貨を見ただけなので、ウサリギが捻じ曲げたと勘違いしている。

 そこに、それぞれの認識のずれが生じていた。

「とりあえず、次からはお前らが揉め始めたら、すぐに立ち去るからそのつもりでいろよ」

 リゲルは、生じている認識のずれを修正しようとは考えていなかったので、とくに触れずに話を終わらせた。

 その時、ラムリーザの持っていた携帯型情報端末キュリオが、メールの着信を告げるメロディを奏でた。

 ラムリーザが確認すると、そこには――

 

 送信者:ソニア

 本文:ラムどこ? そろそろ帰ろうよ。部室で待ってる

 

 ――と表示していた。

「今日はもう帰るね、また明日」

 そう言って、ラムリーザは部室の方へと駆け出した。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記