home > 物語 > > 海賊船長エルリグの正体

海賊船長エルリグの正体

 

 朝からソニアは憂鬱だ。昨夜ほとんど寝付けなかったのか、目つきも怪しい。

 それも仕方が無いだろう。

 ソニアはここ一週間ほど、携帯ゲーム機の転売をネットオークションでしていた。

 しかし、ネットオークションの手数料をケチるために、携帯ゲーム機を本体と付属品に分け、本体を格安で販売して手数料を抑え、後から付属品もつけて本来の価格で売るようにしていたのだ。

 手数料を抑えることができて順調に利益を増やしていたのだが、昨日、本体だけを希望する落札者が現れ、ソニアの転売作戦が根底から崩れてしまったのだ。

 ソニアは、本体だけだとボタンをペンチで引き抜くなどして壊してしまうとか脅していたつもりなのだろうが、落札者は頑固に本体だけ希望するの一点張りだった。

 新品の携帯ゲーム機を破壊するわけにもいかず、格安で売るわけにもいかず、ソニアは途方にくれてラムリーザに助けを求めてきたのだ。

 ラムリーザ自身も、携帯ゲーム機の本体と付属品を分類する意味も分からず、どうしようもない。

 そこで、落札者の発送先の住所をもとに、実際に尋ねて謝罪して落札を取り下げてもらおうという話になったのだった。

 

 朝食が終わるとすぐに、ラムリーザはぐずるソニアを引っ張って、下宿先の屋敷から出て行った。

「全くもう、手数料をケチるからこんなめんどくさいことになる」

 むすっとして不満をもらすラムリーザに、ソニアは「ふえぇ……」としか答えない。

 落札者の住所はアチェロン。この町は、今ラムリーザ達の住んでいるポッターズ・ブラフの駅から、二駅離れた場所だ。

 帝都までの定期券は持っているが、途中下車には使えないので、二人分の切符を買って電車に乗り込んだ。

 いつもは何とも無い電車の窓から見る風景が、今日は妙に重苦しく感じられていた。

「とにかく、ごめんなさいするんだぞ?」

 ソニアは黙って頷いた。

 ラムリーザは軽く溜息を吐いて、窓の外に見える繁華街、エルム街の街並みを眺めていた。

 

 アチェロンはエルム街の隣町。

 ポッターズ・ブラフから乗り込んで、二十分もしないうちに到着することになった。

 ここからは、徒歩でアチェロンの町を歩き、落札者の住んでいる所を探さなければならない。

 ラムリーザは、相変わらずソニアがぐずるので、手を握って駅から出て行った。

「そういえばこの町に来るのは初めてだな」

 これまで出掛けるとしても、繁華街のエルム街に行くことがほとんどで、この町に来るのは初めてだった。ラムリーザもソニアも、必要以上に出掛けないという習性があったのだ。

 見た目は何の変哲も無い、どこにでもあるような住宅街。帝都でも、郊外の住宅街はこんな感じだ。

 ラムリーザは、携帯型情報端末キュリオのマップ機能を頼りに足を進めた。

 落札者の住所を入力すれば、そこまでの道のりが示されていた。その家は、住宅街の中心部にあるようだ。

「しかし、冷え込むなぁ」

 ラムリーザは、最近は定番となった呟きを漏らした。何度も言うようだが、ここの所例年と比べて妙に冷え込んでいる。

 ソニアは、そんな中でもミニスカ裸足にサンダルなのだからたいしたものだ……、と言いたいが、それは例年通りの温暖な南国の気候故のものであって、今は少し震えているようだ。

 寒さに震えているのか? これから出向く場所への不安で震えているのか?

 ただ、好きだからという理由でそのスタイルを貫くソニアも、たいしたものである。

「もうすぐだ、あの角を曲がればその家が見えるはずだ」

 ラムリーザの一言で、ソニアは引っ付いてきた。不安そうな顔をして、ラムリーザの着ている服の裾を掴んで離さない。

 ラムリーザは、ソニアを勇気付ける、というより不安を和らげるために、肩を抱き寄せた。

「おぉ……」

 角を曲がったところでラムリーザは小さくつぶやいた。

 そこには、これまで通ってきた街並みからかなり浮いている家が存在していた。

 特別変わった建物があるわけではなく、ラムリーザには見慣れた光景なのだか、そこには周囲の家とくらべて一回り以上も大きな屋敷があったのだ。

「へぇ、落札者は金持ちの家の人だったんだね」

「……それだったら本体だけとかせこい事言わずに、素直に付属品込みで買えばいいのに」

 ソニアは、あからさまに不快感を表した。

「それじゃ、行くぞ」

 ラムリーザは、足を止めようとするソニアの手を引っ張って、屋敷の門をくぐり玄関前へと向かっていった。そして呼び鈴のボタンを押す。玄関の扉越しに、心地よい鐘の音が響いた。

 すぐに玄関が開き、一人の初老の男性が顔を出した。

「どちらさまでいらっしゃいますでしょうか?」

「ラムリーザと申します」

「何のご用件でしょうか?」

「ええと……」

 そこでラムリーザは言葉に詰まった。

 ラムリーザが知っているのは住所と、落札者のハンドルネームだけだ。相手は、住所だけ知らせて、本名は伏せていたようだ。

 それで取引が成立するのか? と思ったが、入金があったのも事実だ。

 とりあえずラムリーザは、今知っていることだけで事実を伝えることにした。

「海賊船長エルリグという人と取引をしました。この屋敷内に、その名前で取引をした者が居るかどうか調べて下さい」

 今の地点では、こう言うしかなかった。

 初老の男性は、一瞬変な顔をしたが、すぐに真顔に戻って「しばらくお待ち下さい」と言い残して屋敷内へと戻っていった。

「ええと、落札者の本名は?」

 ラムリーザはソニアの携帯型情報端末キュリオを借りて、もう一度確認しようと思ったが、とりあえず初老の男性が戻ってくるのを待った。

 そんな者は居ないと言われた地点で、改めて確認して伝えればよい。

 いろいろと手を回すラムリーザの隣で、ソニアはそっぽを向いて不貞腐れていた。

 しばらくして、初老の男性が玄関前へと戻ってきて、手招きしながら言った。

「お待たせしました、どうぞこちらへ」

 どうやら先ほどの用件で通じたようだ。

「ほら行くぞ、海賊船長とのご対面だ」

 ラムリーザは、ソニアの手を引っ張って、初老の男について行った。

 初老の男性に案内された部屋は、木目調の外壁と家具で統一された大きめの談話室だ。部屋にはテーブルを挟んで、一人掛けのソファーと三人掛けのソファーが向き合って並んでいる。

 そして、一人掛けのソファーには、銀髪の男性が腰掛けていた。

 部屋に入ると、その男性は立ち上がり振り返った。モノクルが特徴的で、凍てつく様な鋭い視線の持ち主。

「リ、リゲル?!」

 ラムリーザは、初老の男性の方を振り返って、「ここは?」と訪ねた。

「ここはシュバルツシルト邸でございます。海賊船長エルリグの件を聞いて回ったところ、リゲルお坊ちゃまに通すように言われましたので、案内致しました」

 シュバルツシルトと言えば、確かにリゲルの苗字だ。すると、この初老の男性は執事ということか。

「あ、ありがとう」

 ラムリーザは、ぎこちなくお礼を言い、ソニアの手を引っ張って談話室へと入っていった。

 リゲルに促されて、ラムリーザはソニアと共に三人掛けのソファーに並んで座った。

「珍しいな、というか初めてだな、お前らが俺の家に訪ねてくるのは」

 ラムリーザは社交辞令は抜きにして、単刀直入に本題を切り出した。

「海賊船長エルリグの件だが、ゲーム機を落札したのはリゲルか?」

 リゲルは、じっとこちらを見つめているラムリーザと、唇を震わせて睨み付けているソニアとを交互に見た後で答えた。

「そうだ」

 ラムリーザは、落札者が何処の馬の骨ともわからない人ではなくて、知り合いだったことに少し安堵すると同時に腹が立ってきた。

「なんであんなめんどくさい事をしたんだよ」

 何もリゲルがソニアに意地悪をする必要は無いはずだ。何の目的であんなグダったやり取りをしていたのか問いただすことにした。

「あれか、あれはな、あの転売方法に欠陥があることを知っていたが、その欠陥を突いたらどういった反応を示すのか試してみただけだ」

「欠陥ってリゲル、君が発案したやりかたじゃなかったのか?」

「うむ、欠陥に気がついたが、話す機会が無くてな」

 機会なら学校でいつでもあったはずだ。

「ならば何故?」

 ラムリーザは、リゲルに対する不快感を感じながら、再度問い詰める。

「丁度2DOを買おうかなと思ってな、昨日なんとなくネットオークションを見てみたら、俺の考えた方法と同じ事をやってる奴がいたので、ちょっと遊んでみただけだ」

 ラムリーザは、昨日珍しくリゲルが携帯型情報端末キュリオをいじっていたのを思い出した。ソニアの小さな悲鳴とが、やり取りをした時間的に一致する。

 昼休みに転売についてリゲルに尋ねた時、リゲルが小さく吹き出したのも裏で転売屋と遊んでいてそのタイミングで聞かれたからなのだろう。

「それで、リゲルの言う『本体』とは何なんだよ」

「俺も知らん。だがソニアの解釈には笑わされたな。挙句の果てには『加害届け』とか言い出して、どのように収拾をつけるのか俺も気になってしかたなかったな」

 そう言いながら、リゲルは「ふっ」と笑いをこぼす。

 笑わされた点については、ラムリーザは自分自身もソニアのやり取りを見た直後には笑ってしまったので人の事をとやかく言えない。

 

「ふっ、ふええぇぇぇん!」

 

 その時、突然ソニアが泣き出してしまった。

 ラムリーザは久々に見るソニアの大泣き。ソニアは、丸まったまま肩を上下させながら泣き崩れている。

「あのさぁ――」

「リゲルには普段から冷たくされるけど、それでも仲間だと思ってたのにぃ! ふええぇぇぇん!」

 ソニアは、昨日からかわれた事や、リゲルに裏切られたという気持ちで一杯になり絶望していた。

 ラムリーザは、ソニアの悲痛な叫び声を聞いて、リゲルの顔を睨みつけながら言葉を続けた。

「ソニアをいじめるのはいい加減にしてくれないかな? リゲルがソニアを気に入っていないというのはわかってるから仕方ないとは思うけど、僕はソニアを大事に思っているし、幸せにしてあげたい。今日だって、謝罪して落札を取り消してもらうために来たんだ。だがどんな理由があるにしろ、今回の件は許すことができないな」

 怒鳴り声にならないように気分を抑えながらラムリーザは言い切った。ソニアは隣でしゃくりあげている。

 リゲルは、顎に手を当てて少しの間考えているようなポーズを取っていたが、すぐに目を閉じて頭を下げた。

「すまなかった」

 謝罪される側だったリゲルが謝罪することになり、談話室に重たい沈黙が流れ、ソニアのすすり泣く声だけが妙に際立っている。

 柱時計の、コチコチという音が、やたらと耳についた。

 ラムリーザはじっとリゲルを凝視し、その間リゲルは下げた頭を上げなかった。

「それで、どうするんだい?」

 リゲルの態度から、本気で謝罪していると見たラムリーザは、沈黙を破って問いかける。

 リゲルは顔を上げ、おもむろに懐へ手を突っ込んだ。そして取り出した硬貨入れから、金貨を二枚出してテーブルの上に並べた。

「慰謝料込みで、これで2DSを買おう」

 ソニアは、泣いている指の間からそれを見て、「現金なんか要らない」と吐き捨てた。

「倍額だぞ?」というリゲルに、「現金じゃなくてネット銀行に振り込んで!」と叫ぶ。

 こんな時までリリスとの勝負を忘れないのは、しっかりしているというべきか。

 リゲルは金貨を引っ込めると、今度は携帯型情報端末キュリオの操作を始めた。

「振り込んでおいた、それで許してくれ」

 ソニアは、自分の端末を見て、入金を確認するとようやく泣き止んだ。

 ラムリーザは、お金で解決するのもどうかと思ったが、とりあえずソニアが落ち着いたのでそれで良しとした。

「しかし、これから大丈夫かなぁ」

 落札者がリゲルだったから、大問題に発展することはなかったが、今の方法を続けると第二、第三のリゲルが現れかねない。

「詫びついでに、別の方法を提案してやる。次は本体と付属品とやらに分けるのではなくて、購入権を格安で提供して、落札が決まった後に本体を売りたい額で売ればいい」

 ラムリーザは、リゲルの代案をよく考え、次に落札者が「購入権だけ希望します」と言えば、そのまま「はいそうですか」と答えれば良いだけだと考え、この案を良しとした。

「また変な難癖つける落札者が出たら、どうするんだい?」

 それでも念のため聞いてみる。

「この案で不利益が出たら、その分は俺が立て替えてやる」

 リゲルは、とりあえずこの件に関してのみは、ソニアを全面的にバックアップしてあげることにしたようだ。

「わかった、今回はそれでいい。でも、もう止めてくれよな、ソニアに意地悪するのは」

「ん、了解した。俺からも言わせてくれ」

「何だ?」

「ソニアも突っ込みどころを晒しまくるのも大概にしろ、な」

「何よそれ!」

 元気を取り戻したのかソニアは叫ぶが、ラムリーザはその件に関してはリゲルに同意せざるをえなかった。

 例えば年末年始の休暇の時、パンツを先に見られた方が負けという謎のルールを仕掛けたところ、ノーパン作戦で来たのはどうか?

 何はともあれ、携帯ゲーム機の本体と付属品にまつわる一連の騒動は、こうして幕を閉じたのであった。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記