home > 物語 > > TRPG第一弾「死と埋設」 第一話後編 連続殺人事件?

TRPG第一弾「死と埋設」 第一話後編 連続殺人事件?

 

 ラムリーザ、ソニア、リリス、ロザリーンの四人は、今年十六歳、駆け出しの冒険者である。すっかり顔馴染みになってた四人は、今日も冒険者の酒場で次の仕事を探していたりしていた。

 ソニアとリリスは、勇敢なのか無謀なのか分からない戦士であり、ロザリーンは竜神ルヴァル二アに仕える神官。そしてラムリーザは、冒険に憧れていた魔導師学校の生徒だった。

 そこに、顔馴染みの詩人ユコが現れて、田舎の村フィオリーナで人が何者かに襲われるという事件が発生していて困っているという話を聞いた。

 そこで、一同はフィオリーナという村に向かっていったのだが、非協力的な村長と話するのはひとまず置いておいて、ガードマンのシェリフと共に、意識を取り戻したという被害者の居る病院へと向かうことになったのである。

 

「そういうわけで、お前らは病室に来た」

 リゲルは、少しばかり笑みを浮かべた感じで、ゲームを進行していく。

「なんだよ、妙にニヤニヤしてるな。……で、フレディだっけ? 彼の様子はどうなんだ?」

「病室には、全身に包帯を巻いた人が横たわっていた。さらに、被害者の所持品らしい画材等が焼け焦げた状態で置かれている」

「ひっどいな、顔は分かるのか?」

「顔も包帯でグルグル巻きだ」

「…………」

 ラムリーザは、状況を想像して顔をしかめた。炎でやられたということは、敵はドラゴンか何かだろうか? それとも、強酸を持つ魔物か……、などと考えながら。

「ええと、治療はできますか? 一応回復魔法使えるプリースト技能もってますが」

 ロザリーンは尋ねたが、リゲルは「治療してこの状態だ」と答えた。

「もー、なんかリゲルの話、嫌! 怖いよ!」

 黙りがちだったソニアが文句を言ってきたが、リゲルはフッと鼻で笑って話を進めた。

「そこに居た医者が、話があると言ってお前らを医務室へ連れて行く」

 ソニアは剥れ、リリスもつまらなそうにダイスを転がして遊んでいる。やはりこの二人は、バトルにしか興味が無いようだ。

 その一方で、ユコとロザリーンの二人は、こういったアドベンチャータイプの展開に乗ってきているようだった。

「それで、医者は何って? 被害者の容態は?」

 ラムリーザの問いにリゲルは、「一命は取り留めたが、話を聞くことはできない」と答えた。

「ええと、記憶喪失ですか?」

 ロザリーンの問いには、「彼には舌が無くなっているのだ」と答えた。

「うわっ……」

 ラムリーザが少し引いた隣で、ソニアが爆発する。

「何よリゲル! グロい話ばっかりして! もう嫌!」

「そうね、リゲルはちょっと悪趣味だわ」などと、リリスも同意する。

 ラムリーザは、ソニアをなだめようとしていたが、ふとユコが何か考えているような表情をしていたので、「何か気になるのか?」と聞いてみた。

「いえ、先程の村長邸にあった遺体も、身体の一部がなかったみたいですので、妙な符合だなと思いまして」

 ユコの話を聞いて、ラムリーザはなるほどと思った。

「まさか、犯人は人体の一部ずつ繋ぎ合わせて人造人変をつくろうって魂胆じゃないのかな?」

 そうつぶやき、そんな馬鹿なことがあるか、などと思い返すのだった。

「ええと、筆談……しようにも、全身火傷じゃペンももてませんね、どうしましょう……」

「そうだな、いろいろ質問してうなずいてもらえばなんとかなるかも。詳しくは無理だが……」

「その時、医者の机の上に置いてあった小さな水晶球が光を灯した」

 ラムリーザとロザリーンがいろいろと相談しているところで、リゲルは新たな展開を示してきた。

「何ですの? 光り物は頂きますわ」

「患者の容態が変化すると、この水晶球が光を灯すようにセットしていたわけだ。便利な魔法道具のようなものだな」

「悪化したのか? それはまずいぞ」

「すぐに見に行きましょう」

「さてと――」

 リゲルは、にやりと笑って話を続けた。

「病室に入ると患者、誰だったっけ……フレディだ。フレディの眉間にダガーが深深と突き刺さっていた」

「ちょ……」

「リゲルのバカ!」

 ソニアは、先程から文句ばかりだ。横からラムリーザに引っ付いて、リゲルから顔を背けて剥れている。

「今さっきだよね? 犯人はまだ近くに居るか?」

「私はダガーを調べますわ」

「ダガーは、どこにでもあるような、ごく一般的なものだ」

 リゲルは、ソニアの悪態を気にすることも無く、ゲームを進行していった。ソニアはラムリーザに引っ付いたままだし、リリスは既にお地蔵さんプレイヤーと化していた。

「えっと、ダガーに毒とか、何か手紙みたいな物は残ってない?」

 ラムリーザは、引っ付いてくるソニアを押し返そうとしながら尋ねた。ソニアは推理ゲームを放棄して、ラムリーザといちゃいちゃすることを選択したようだった。

「毒も手紙も無いな。窓には鉄格子がはまっている」

「そっか、犯人は窓から入ってきたわけではないんだな。……ってか、眉間に刺さっているのなら毒とか関係無いな」

「ダガーは、スローイングダガーですの?」

「いや、窓から投げ込むには角度的に問題がある」

 ラムリーザやユコの質問を、リゲルは淡々と答えていく。

「犯人はリゲルだから」

「医者は苦悩した様子で、村長を呼ぶしかないと言い出した」

 ソニアの横槍を気にすることなく、物語は進んでいく。

「待って、殺人のようだから葬儀はまだじゃありませんか?」

「折角だから包帯を取って傷跡を見せてもらおう……、と言っても、後で殺すなら舌が無くなったわけがわからんなぁ……」

「とりあえず医者は村長を呼びに行き、ガードマンのシェリフは周辺を調査しに出て行った」

「今は葬儀屋より傷の検証をやってもらいたいのですけどね」

「暇だからソニアを後ろから蹴っ飛ばしてみるわ」

「な、何よ! リリスに攻撃する! この場合どうやったらいいの?」

 考える事が苦手で、暇をもてあそんだソニアとリリスが騒ぐ中、ラムリーザは一人考えていた。

 内部の者以外でも医者などに装えば簡単に侵入できる、が魔法使いならどこからでも入れるが、それならダガーなど使わぬか……。

「誰が何処から侵入したものか……」

 ダイスの目が大きい方が勝ちと言いながら、リリスと一緒に勝手に遊び始めたソニアの隣でラムリーザはつぶやいた。

「その時、ガードマンのシェリフが戻ってきて、『近場を調べて来ましたが、犯人は堂々と入り口から入ったとしか考えられません』と言う」

「え……、堂々とって事は、この村に犯人が?」

「怪しい目撃者は居なかったか? とシェリフに聞いてみる」

「内部の犯行という可能性もありますわね……」

「やった、あたし五でリリスは三だ」

 ラムリーザの問いに、リゲルは「看護婦が一人居たが、彼女は知らないと言っている」と答えた。

「あれ? 私達が病室から医務室に移った時、病室には患者だけだった……、のですよね?」

 ロザリーンの問いには、「患者一人だった」と答える。

「でも、時間的に患者が一人だった時間は短いのではないでしょうか? なのに目撃者もなく堂々正面からって?」

「何ですの、犯人が分からないですわ」

「やった、あなたは一ね。何が出ても負けは無いわ」

 既に、ゲームに参加している者と、他の事で遊んでいるグループに分かれてしまっていた。

「その時、医者が村長を連れて戻ってきた。その医者は、遺体は葬儀屋を兼ねている村長に引き渡すことになっていると言う」

「駄目ですね。明らかに人為的に殺されてますので、慎重に調べてからですね」

「まぁ、調べてからだな」

「医者は、火傷によって重態、死因は眉間のダガーというのは間違いないと思われると答える。さらに村長は、そろそろ遺体を引き取ってもいいかな? と尋ねてきた」

「いや、ちょっと待てよ。さっき村長のとこに居た夫人の死体もこの病院から引き取ったものなのか?」

 ラムリーザの問いに、リゲルは「夫人はすでに死んでいたので、現場から直接引き取った」と答える。

 ゲームに参加していないソニアとリリスを他所に、ユコとロザリーンは顔を近づけてヒソヒソと囁きあっている。

「この村長、どうしてそんなに遺体を引き取りたがるのでしょうか?」

「死体愛好家じゃないんですの?」

「気味が悪いですね……」

 その時ゲームマスターのリゲルは、ダイスを転がして遊んでいるソニアとリリスをじっと見つめていたが、二人に唐突に声をかけた。

「おい、ダイスで遊んでるお前ら。真面目にゲームしている二人の間で遊んでるのは邪魔だ。ユコ、ロザリーンと席を替われ」

 ラムリーザから見て左側の単座席にリゲルは腰掛けている。二人掛けのソファーでラムリーザの右隣に居るのはソニアだ。正面にリリス、その隣にユコ。リゲルと向かい合った単座席にロザリーンという配置になっているので、リゲルの言うとおり、ダイス遊びの二人がゲームに参加しているユコ、ロザリーンを分断している形になっているのだ。

「席を替われって何よ」

 ソニアは、リゲルを睨みつけて文句を言う。

「お前とロザリーンが場所を替われ。それで、ユコとリリスも座席を替われ」

「やだ! ラムの隣は誰にも譲らない!」

 揉めだしたことを察したラムリーザは、ソニアとリリスが遊んでいるダイスをすばやく奪い取り、「ゲームに参加するか、もう帰るかどっちかにしろ」とソニアに言う。

「むー……、死体を奇麗にできるんだったら、今この場でやってみろ!」

 一応話は聞いていたようだ。

 だがリゲルは、「ここでは無理だ。村長の屋敷に運ばないと、道具が無いと答えた」と言った。

「それで、どういう依頼だったかしら? 何を調べたらいいの?」

 ダイスを奪われたリリスは、仕方無さそうにリゲルに尋ねる。

「フレディを焼いた犯人を突き止めてもらいたかった、とガードマンのシェリフは答えた」

「今の所手がかりが無さ過ぎなんだよね」

 ラムリーザのつぶやきに、リゲルは「シェリフも手がかりなさすぎて、途方にくれている」と答えた。

「まぁ、魔道士と喧嘩したら、ファイアボールを食らうこともありますわね」

「とりあえず、現場検証しよう。事件のあった川岸か通りにでも向かおうかな? ところで今、何時?もう、日が暮れそう?」

「そろそろ日暮れだな」

 ラムリーザは、日暮れということで川岸は明日に回して通りから調べてみようと考えた。道行く人に聞き込みでもすれば、何か手掛かりがつかめるかもしれない。

 リリスは口元に手をやって小さくあくびをし、ソニアはリゲルをじっと睨みつけている。

「ええと、殺されたときの目撃者は居ないんですの?」

「聞き込みをしてみたが、道行く人々は目撃どころか、そのような事件を知らないなどと言っている」

「キナ臭くなってますね……」

「襲われた時間は?」

「ガードマンのシェリフは、細かい時間まではわからないが、夜に襲われたのは間違いないと答え、遺体を村長邸に運ぶためにお前らと別れていった」

「夜か……」

 ラムリーザは、隣に引っ付いてきたソニアを押し戻しながらつぶやいた。リゲルを睨みつけるのに飽きたのか疲れたのか、ソニアはラムリーザにひっついてきていちゃつこうとしている。

「おら、暇人二人、お前らの出番作ってやる。辺りが完全に暗くなったとき、何者かが襲い掛かってきた」

「誰ですの?!」

「一番近くに居たユコに、『笑え……』と言いながら攻撃してくる。ほら回避ロールしろ」

 リゲルの転がしたダイスは、二と四の目が出ている。ユコもすぐにダイスを転がし、その目は一と六が出た。

「回避したな、運のいい奴だ」

「『笑え』ですの? それより前衛、出てくださいまし!」

「バトル?」

 ソファーの背もたれにもたれかかってぼんやりしていたリリスは、急にガバッと身を起こしてダイスを二つ握り締める。

 リリスは、命中ロールと攻撃ロールを行い、いきなり襲い掛かってきた通り魔に四点のダメージを与えることに成功した。

「調子に乗るなよ」

「あたしも攻撃する!」

 ソニアもダイスを転がしたが、命中はしたものの受け止められてしまった。

「事情を聞いてみたいです。二人とも殺さないでくださいよ」

「何が目的ですの?!」

「謎の襲撃者は、無言で襲いつづけている」

 リゲルは淡々と通り魔のバトルロールを繰り返しているし、ソニアとリリスの二人も、アドベンチャーロールでは退屈そうにしていたが、バトルとなるとそれなりに楽しいようで、リリス等は「入ります」等と言いながら、リゲルと同じようにバトルロールを繰り広げている。

 バトルはターン制で、一通り行動を宣言してから行なっている。

 主にソニアとリリスが前に出て戦い、敵の攻撃も二人に集中している。二人の生命力が減ると、回復役プリーストのロザリーンはすぐに回復を行なう。ラムリーザとユコの二人は、バトルロールとなるとあまり出しゃばらずに傍観気味だ。

「えーと、ファイアーボールとか飛ばすべきかな?」

「いえ、敵は一人ですし、リリスとソニアの二人でなんとか戦えているから、ラムリーザ様は控えていていいですの」

「そうか、まぁそれでもいいけどね」

「しかし、あの通り魔は正気があるのでしょうか……?」

 バトルはしばらくの間、淡々と続いていた。このままソニアとリリスに任せたまま終わるのだろうか? しかし、意外な所からバトルは変な方向へと進み始めてしまった。

「お、ファンブルだな。ソニアの攻撃は通り魔にかわされてリリスにヒットした」

 リゲルは、妙に嬉しそうに宣言する。どうやら判定により、同士討ちが発生してしまったようだ。

「な、なにそれ?」

 リリスは一瞬あっけに取られたが、すぐに怒りの矛先をソニアに向けてきた。

「あなたね、敵味方の区別が付かないのね、ちょっとお仕置きが必要かしら」

「な、なによ。あたし悪くない。リゲルが勝手にそう判定した!」

 リリスは軽く笑みを浮かべ、リゲルに宣言する。

「ソニアを剣の柄で殴るわ」

「ちょっと待てよ」

 ラムリーザは慌てて止めるが、リリスは知らん振りだ。

「それなら命中判定だ、ダイスを振れ」

 リゲルは、この仲間割れを楽しんでいるかのように判定を促し、リリスはそれに従いダイスを転がした。

「ん、ソニアの回避力と比べると……、回避したな」

「あっ、リリス裏切った! あたしもリリスに攻撃する!」

 そういうわけで、ソニアとリリスは、通り魔の事をすっかり忘れてゲームの中で喧嘩を始めてしまった。

 リリスはソニアの攻撃を回避すると、今度は「正面から剣の腹でソニアの膝元を強打する」と言い出した。

 リゲルは再び命中判定を促すが、「風船おっぱいお化けは足元が見えないから回避できない」などと言い出すのだ。どうでもいいが、ソニアがゲームで使用しているキャラも、風船おっぱいお化けだと言うのだろうか。

 怒ったソニアはリリス目掛けてダイスを投げつける。リリスは素早く受け止め、ソニアに投げつけ返す。ソニアも受け止めて、また投げつける。

「えーと、戦闘を再開してもいいかな?」

 ラムリーザは、遠慮がちにリゲルに尋ねた。敵は一体だから、ソニアとリリスが抜けても何とか鳴ると考えたのだ。こうなったら、ゲームを超越した戦いを繰り広げている二人に期待することはできない。

 リゲルは別世界に行ってしまった二人を鼻で笑うと、ラムリーザ達の方へと向き直った。罵り合いを続けるソニアとリリスを尻目に、ラムリーザ、ユコ、ロザリーンの三人は、再び通り魔との戦いを再開した。

 バトルがしばらく続いた後、ロザリーンのクリティカルヒットが出る。そこでリゲルは、ラムリーザ達がバトルに勝った事を宣言してきた。

「よし、ロザリーンの攻撃で通り魔のダガーを持った腕を切り落とした。そのまま通り魔は何処かへと姿をくらましてしまった」

 ソニアとリリスはまだ喧嘩中だが、とりあえずは通り魔を撃退することに成功したようだ。ラムリーザ達は、後に残されたものについて話し合いを始めた。

「このダガーと腕は、手がかりになりそうね。気持ち悪いけど……」

「ラムリーザ様、証拠品の管理をお願いしますわ」

「えーと、とりあえず腕と武器を拾う、かな」

「その腕におかしなところはありますか?」

 リゲルはラムリーザに知力ロールするように言ってきたのでラムリーザはそうしたが、結果的に何も分からなかった。

「そこに、村長邸に遺体を届け終わったガードマンのシェリフが戻ってきた」

「彼に先程の出来事を話ししますわ」

 ユコはべらべらと語りそうになるが、すぐにリゲルはそれを制する。

「語らんでよい。シェリフには伝わった、それでいい」

「ああ、あと一言。『笑え』って言葉を発していましたわ」

「その一言に、シェリフは眉をひそめただけだった」

 その時、ロザリーンはなにかふと気がついたようにつぶやいた。

「焼け焦げた死体は、さっきの通り魔と別の者がやったかも。だって、あの相手は火を使ってくる気配は全然なかったですし」

「ん~、複数の犯罪が同時に多発しているということかな?」

「いや、通り魔はダガーを使っていた。フレディーもダガーにより殺された……」

「とりあえずこの証拠品は、シェリフに預けて村長か医者に調べてもらおう。ここで一旦切らない?」

 ラムリーザは、窓の外を見つめてそう提案した。外はもう真っ暗、そろそろ学校から帰る時間だ。

「さっきの通り魔のバックに、何者かがいるかもしれませんわね……って、また今度にしましょうか」

 ユコも、ラムリーザに同意する。

「それじゃあ今日はここまでにして、続きはまた後日にやろう」

 そう言ってリゲルは、ルールブックを鞄にしまいこんだ。

 ひとまず切りの良い所なので、ここで一旦終了にして、それぞれ帰途についたのであった。なんというか、テーブルトーク同好会の誕生した日だったするのだった。

 ただし、仲間割れを起こした二人が次も参加するかどうかは、わからない……。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記