home > 物語 > > TRPG第五弾「悲劇のサーカス団! 指輪に込められた願い」~中編~

TRPG第五弾「悲劇のサーカス団! 指輪に込められた願い」~中編~

 

 さて、ユコがゲームマスターをするテーブルトークゲームは続いている。

 珍しく饒舌になったリゲルが、サーカス団員のレジーナ――マーメイドの格好をしているが、先日舞台で見たときには足があった――を問い詰めていると、先日ソニアがサーカス入場のチケットを買いに行ったときに、チケット売りをしていたお姉さん、ウルフィニカが現れた。

「やいやいやい! 人んチに勝手に上がりこんでおいてアタシの妹分いじめるたぁ、何様のつもりだい!? と凄んできますわ」

 ただし、ユコの奇麗な声で凄まれても、ちっとも怖くないのが残念だ。本当は、もっとドスの効いた声で演出したかったのだろうが、そこは仕方が無い。

「お前にとって何様とは、ラムリーザ様のことではないのか?」

 まだリゲルはやりあうつもりらしい。今日はユコとの舌戦を楽しんでいるのか?

「現実とゲームを混同させないでくださいの!」

 とかくゲームと現実を混同しがちなユコが反論する。

「喧嘩はやめなさい」

 竜神官ロザリーンの一言で、リゲルは「ふっ」と笑ってこれ以上ユコをからかうのをやめにした。

「まったく……。で、ウルフィニカはレジーナに、馬鹿だなぁ~。何で正体明かしちゃうのさぁ! アタシ達、また追われるんだよ? などと騒いでいます」

「とりあえず落ち着かせましょう、ウルフィニカにサニティをかけます」

「了解、かけるなら技能ロールしてね」

「それともう一つ、魔法を使うときは詠唱しなくちゃダメ!」

 またしてもソニアは、魔法の詠唱を要求してくる。以前ラムリーザに、ファイアーボールの詠唱を要求してきたこともあった。

「詠唱ですか? ……えーと、竜神よ、この者達の心の嵐を静めたまえ――。こんな感じで如何でしょうか?」

「ん~、普通。ラムならどう詠唱する?」

 ロザリーンの詠唱が無難だったためか、ソニアはラムリーザに振ってきた。

「なんで僕が詠唱を――。そうだな、万物の根源たる森羅万象を司る万能なる竜の神よ、果てしなき暗黒に捕らわれ心の虚空を消し去り、まやかされた汝の身体を汝の意のままに清めたまえ、そして私も清まろう、永遠に――。こんな感じ?」

「なんだかよくわかんないけど、かっこいい」

 ラムリーザとソニアが、どうでもいいやりとりをしている横で、ロザリーンはダイスを転がした。

「ウルフィニカは、まいったなぁ……、こっちも正体ばれると商売上がったりなんだよなぁ、と言いながら、爪を伸ばしたり引っ込ましたりしている――って、その目だと沈静化されましたねぇ。はぁ……、しゃーない。団長の指示を仰ぐか、と大人しくなりました」

「サーカス見たいだけなのに、何で怒るのよ」

 ソニアは、自分が入り口の扉を破壊して入ってきたことも忘れて、ぶつくさ文句を言っている。

「じゃあ、開演時間にくればいいじゃん、とすっかり大人しくなっています」

「一旦サーカステントから出ようか、ここには何も無いみたいだし」

 そういうわけで、ラムリーザ達は外に出て、ぐるりと周辺を伺ってみることにした。このままサーカステントの中に居ても、何の進展も無さそうだ。

「テントの裏に回ってみます、何かありますか?」

 ロザリーンの問いに、ユコは「裏手には舞台テントよりふた周りくらい小さなテントがあって、とても静かですわ」と答えた。

「そのテントにも入る」

 ソニアが無鉄砲に突撃するが、それも彼女の役割なので任せておく。

「入り口付近は、物置っぽいですの」

「指輪を持ってきたけど誰かいませんか? と声をかけてみます」

「呼び掛けるの? すると虚空から『指輪?』って聞こえました。そんでもって、すぅっと半透明の人間が現れますの」

「半透明?」

「たぶん敵に当たって小さくなって、その間の無敵時間なのよ」

 今度はリリスが謎の設定を持ち込んできた。

「そんな設定ありませんの! で、その半透明の人間は、指輪って、団長の指輪よね? と尋ねてきました」

「ええそう――」

「団長の指輪かどうかは知らないと答えておけ」

 ロザリーンが素直に答えようとしたところを、リゲルが遮って入れ知恵をしてくる。ユコは、少しむっとしながらも、話を続けてきた。

「昨日サーカスを見ているから分かるんだけど、その半透明人はファンティーナ(背高ピエロ)ってことがわかりますの。ただし、サーカスのときはちゃんと肉体があったけどね。この辺りの事情を知りたい人は、セージ判定してくださいの」

 とりあえず言われるがままに、全員ダイスを転がしてみた。

「今、何も無い所から出てきたように見えましたが」

 転がしながら尋ねたロザリーンに、ユコは判定の結果を述べながら答える。

「ん~、その目だと誰もわかりませんね。で、ファンティーナは、これは飛んだところを見せちゃったわね、と苦笑いをして答えましたわ」

「敵に当たったん? されとも魔法?」

 ソニアの問いに、「敵は関係ありません。魔法じゃないわ、これが普段の私よ」とユコは答え、「ところで、貴方達何の用? 確か指輪がどうのって言ってませんでしたか?」と尋ねてきた。

「団長さんに用事があるのですが、団長さんはどちらですか? あ、その前に、この指輪って団長さんのですか? と言って、指にはめた指輪を見せます」

 ロザリーンは、リゲルが否定的なのを見越して、先に指輪の持ち主を確かめておくことにした。

「ファンティーナは、あら? そうそう、その指輪よ! と答えるが、団長は今はちょっと会えないと答えました」

「え? 何で? 昼夜逆転の引き篭もり?」

 ソニアは、ちょっと見当違いなことを言ってきた。引き篭もりがサーカス団の団長のはずが無い。

「やっぱり団長さんの指輪じゃないですか」

 ロザリーンはリゲルの顔を見つめて言うが、リゲルも「そうとは限らんぞ……」と言い返すが、少し苦しそうだ。

「ファンティーナは、ちょっと日中はねぇ……、と困ったように答えました」

「それって吸血鬼じゃんか」

 ソニアは、ゲームマスターのユコではなく、リリスの方を向いて言った。

「乳神様はおだまり、Kカップ様」

 どうやら一メートルを超えた胸は、Jカップを突破してKカップと認識されたようだ。

「まあいいです、指輪を置いて帰りましょうか」

 ロザリーンの提案に、リゲルは「本人がいないのに置いてかえるのは嫌だな」と答えた。あくまで報酬をせびるつもりらしい。

「ところでさ、この指輪を持っていたのは少年らしいけど、何か心あたりない?」

 ラムリーザは、そもそもの発端となった指輪スリ入れ事件についても尋ねてみることにした。

「ファンティーナは、あぁ、あの忌々しいクソガキね? あれは確か盗掘をメインとする盗賊団の一味よ、と答えます」

「盗賊? リゲルの子分か何か?」

「違う、俺のキャラは盗みで食いつないでるわけじゃないから仲間じゃない」

「その時、ウルフィニカも裏のテントにやってきて、ファンティーナと何やら話をしています。ファ~ン! ちょっとヤバいことに……、とか、ウルフィ……そっちもなの……? と溜息を吐きながらひそひそと話をしはじめましたわ。聞き耳を立てるならシーフ技能と知力でロールしてね」

「私はロールしないから、リゲルよろしく」

 相変わらずリリスは、シーフ技能を使いたがらない。従って、残りの四人がロールすることになった。

「人魚……。透明人間……。半獣半人……。このサーカスっていったい……」

 ダイスを転がしながら、一風変わったサーカス団のメンバーにラムリーザは考え込む。

「リリスも吸血鬼だからメンバーに加えてもらったらいい」などというソニアの軽口に、「風船おっぱいお化けもメンバーに入る資格はあるわ」と返すリリス。

「あ、そのロールの結果だと、ラムリーザ様とリゲルさんは聞き取ることができますの。えーとね、どうする? うちらの正体こんなにばれちゃってさぁ、と言うファンティーナ。ヤバいよねぇ~、団長は日が沈む前起きてこないし……、うちらだけで判断するのもねぇ~とウルフィニカ。そして会話は、一応指輪も持ってるみたいだし、と続いています」

「ラムもリンゴを握り潰す特技でサーカスできるし、リゲルもチョコレートを客席に投げるパフォーマンスで人気者になれるよ」

「それってただの力自慢と、敗戦国に駐留する兵士だね」

「チョコレート頂戴」

 そう言ってリゲルの方に伸ばしたソニアの手を、リゲルはぎゅっと握り締め、少し捻る。

「痛いよ!」

「このように力を込めずとも、少し工夫するだけで相手に痛い目を見せることも可能なのだ。お分かり頂けたかな、ラムリーザ君」

「それは、何のキャラだい?」

「さらにこうして極めてやると――」

 そう言いながら、リゲルは反対側の腕も使って、掴んだソニアの腕を複雑に組んでいく。

「痛い! 痛いよう!」

 ソニアはリゲルから手を引こうとするが、リゲルはガッチリと組み固めて逃がさない。

「これが関節技だ。力任せに顔面を握り潰さなくても、相手に悲鳴を上げさせることができる」

「な、なんかすごいね」

 ラムリーザは、リゲルがそんなに力を入れていないのにソニアが本気で痛がっているのを見て、感心してしまった。

「どうだ? これでも俺はお菓子配りか?」

「違う! 違うから離してーっ!」

「外野うるさいですの! 二人はしばらくひそひそやった後、ウルフィニカの方が、ちょっと副団長も呼んでくるわ、と奥に引っ込みましたわ」

 ユコは話を進めるが、リゲルはソニアいじりに興味が向いてしまっていてほとんど聞いていない。

「このように、技で悲鳴を上げさせるのだ。さ、次は力で悲鳴を上げさせてみろ」

 リゲルは、ソニアを極めていた腕を放して、その手をラムリーザに渡して次の行動を促した。

 ラムリーザは、ソニアの手を掴んだまま、リゲルの誘いに乗るか、何もしないか少し考えた後、「地獄の九所封じ、本物の八番目」と言って、握った手に加減して力をこめた。

「ふえぇ……」

「とまぁ冗談は置いといて、物語の続きはどうなった?」

 ラムリーザは、ソニアを解放してあげてからユコに尋ねる。それから、「もう、なにが出て来ても驚く事はなさそうだ……」と追加しておいた。

「とりあえず、夜まで待ってあげるべきではないかしら?」

 ソニアを中心とした茶番劇が終わったのを見て、ロザリーンはラムリーザに物語の進行について聞いてきた。

「その方がいいかな、指輪の持ち主だと思われる団長が夜にならないと動けないんだしね」

「それでしばらくしてウルフィニカが副団長をつれてくる。派手なとんがり帽をかぶったお姉さんですわ。ちなみに、ソニアは彼女を知っています。先日、座長の下まで引っ張っていったノクティルカですの」

「副団長が出てきましたか。まあいいや、副団長さんこのサーカスは、ちと変わった構成員で、できているみたいですね、と聞いてみます」

 ラムリーザは、一風変わったサーカス団のメンバーについて尋ねてみた。

 ユコは少し間をあけて、場が静かになったのを確認してから答えた。

「ノクティルカは静かに語った。私以外、みんな俗に言う『魔物』って奴よ――」

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 フォレストピア創造記