home > 物語 > > のだま対戦 ~長い一回裏の攻撃~

のだま対戦 ~長い一回裏の攻撃~

 

 カツッ!

 ソニアの投げたラムリーザに対する第三球目、ボールはラムリーザの強振したバットの下側にかすった。

 結局ラムリーザも、ボールを上手く捉えることができず、投手前へのゴロとなってしまった。しかしソニアに対しては、それでも十分に攻めになる。

 胸が極端に大きすぎるソニアは足元の視界が悪く、転がってくるボールを足元で受け取るのが苦手なのだった。

 ミーシャと違ってラムリーザは、一応打てたので一塁目掛けて駆け出した。同時にソフィリータも、二塁から本塁目掛けて全力疾走だ。

 ソニアがボールをなんとか拾った時、目の前を駆け抜けていくソフィリータが目に入った。本塁突入されたら点を取られる! ソニアはそう思ったが、捕手のユコへとボールを投げる前に、ソフィリータはホームベースを踏んで駆け抜けてしまった。ラムリーザチームは、投手前のゴロ三連打で一点をあげたのだった。

 ソニアが本塁送球を迷っているうちに、ラムリーザも一塁に到達した。ソニアのピンチはまだ続く。

 次、四番打者のリゲルが、ゆっくりと右打席に入った。そして、バットを水平に差し出して、ソニアを見つめてにやりと笑った。最初からバントで投手前に転がす作戦に出たようだ。

 その構えを見て、ソニアはムッとする。正面に転がされたら捕球しにくい、それを狙っているのが見え見えなのに腹を立てた。しかし、ラムリーザを相手にしている時の絶望感は無かった。ソニアにとって心の支えだったラムリーザと違い、リゲルは元々敵のような物だ。今更びびる必要は無い。

 その時、ロザリーンがタイムを要求してきた。そのままソニアの所へと駆け寄ってくる。

「何よ! 交代しないからね!」

 ソニアは、ロザリーンが投手交代を求めてきたものだと思って声を荒らげた。

「違うの、ゴロの取り方を思いついたから試してもらおうと思って来ました」

「何よちっぱい! ローザはちっぱいだから取りやすいって言いたいんでしょ!」

「落ち着いて、カッカしたらリゲルさんの思う壺よ。ちょっとボールを貸して、それとゴロを転がすから、身体を横に向けて転がるボールを見てみて」

 ロザリーンはソニアからボールを奪うように取り上げ、少し本塁側に歩いてからソニア目掛けて転がした。

 ソニアは不満そうな顔をしながらも、言われたとおりに身体を右横に向けて転がるボールを見てみた。すると横から見れば、巨大な胸は邪魔にならずに、グラブを差し出して捕球することができたのだ。

「ほら取れた。あなたは階段を下りるとき、いつも横歩きで降りているでしょう? あの要領よ」

 ロザリーンは、もう一度試すように同じ行動を取ってみる。ソニアは身体を右に向け、グラブをはめた左手を差し出して、ボールを捕球できた。

 ソニアは、安心したような、それでもやっぱり納得いかないような顔をしていたが、ロザリーンの言うやりかたでうまくいったので、先ほどまでイライラしていた気分はどこかに飛んでいってくれたようだ。

「体の正面で捕球しろというセオリーが通用しない奴だな」

 リゲルはふっと笑ってそうつぶやくと、バントの構えをやめて普通の構えに戻した。

「セオリーどおりにいかないですの、だって相手は風船おっぱいお化けですもの」

 リゲルの言うセオリーの意味についてはよくわかっていなかったが、ユコはそういって茶化してきた。

「リゲル君だったかな? さっきから情けないバッティングの連続で、おっちゃん悲しくなってくるよ。君なら気持ちいいヒットを見せてくれるかな?」

 審判をやっているごんにゃの店主は、相次ぐお粗末な攻撃にがっかりして、リゲルに期待を寄せてきた。しかしリゲルは何も答えずに、素振りをして見せるだけだった。

 ソニアのリゲルに対する一球目!

 しかしリゲルは、じっと構えたまま動かなかった。

「ボールゥ!」

 巻き舌宣言相変わらず。

「つまりそういうことだ。あいつらクソボールをぶんぶん振り回していただけなんだ。これではまともなヒットになるわけが無い」

 そんなに投球慣れしていないソニアの投げる球は、あまり良いものではなかった。ただし、フォアボールのルールは適用していなかった。ボール四つでカウントリセット、どうせまともな球を投げられない前提での特別ルールを適用していた。

 ソニアの二球目は、すっぽぬけた。大きく右にそれて、リゲル目掛けて一直線。

 リゲルは、左手をバットから離すと、飛んできたボールをそのまま受け止めてしまった。

「力むからクソボールになるんだ。力を抜いて綺麗に投げてみろ」

 そう言って、ソニアにボールを投げ返した。

 ソニアは「フン」と鼻を鳴らしたが、今度は力まずに軽く投げてきた。なんだかんだと素直なソニアだ。

 しかし、少しスピードの落ちたボールは、打ちやすいコースに入ってきた。リゲルはボールから目を離さず、無心で振りぬいた。

 パコーン!

 心地よい音が鳴り響き、ボールはソニアの頭上を超えていった。クリーンヒットだ。

 ロザリーンは懸命にボールを追いかけたが、ラムリーザはゆうゆう本塁まで戻ってきて、リゲルも一気に二塁まで進塁できた。

 ソニアは、ガツガツとマウンドの土を蹴りながら、二点の失点にイライラし始めてきた。

 打者は再び一番に戻り、ソフィリータが右打席に入る。しかし何を思ったか、左打席へと移動して、先ほどリゲルが見せたように、バットを水平に差し出して構えた。最初からバントするつもりらしい。

 その時、リリスは再びソニアの側へとかけてきた。

「交代しましょ、あなたは冷静じゃなくなっているわ」

「やだ! あたしが投げる!」

「じゃあ気分を落ち着かせなさい、このままだと大量得点されて負けるわ」

「むーっ」

 負けるのも嫌だし、リリスに交代するのも嫌なソニアは、その場で深呼吸をして気分を落ち着かせた。ここからは下級生二人だ。この二人を抑えて攻撃を終わらせよう。

 そう考えながら、ソニアはソフィリータに対して第一球、投げた!

 ソフィリータは、バットを振り回さずにボールに合わせて当ててきた。コンッと軽い音を立てて、ボールはバットに当たった。バントで当てることは成功したようだ。当たると同時に、ソフィリータは一塁目掛けて全力疾走。

 ボールはころころとソニアの正面へと転がっていく。ソニアは身体を右に向けて、転がってくるボールをしっかりと視界に入れて捕球した。本塁に走りかけていたリゲルは、ソニアと目があって二塁へと戻った。

 ソニアはリゲルを牽制した後、素早く一塁へと送球する。しかし、ボールよりも早くソフィリータは一塁を駆け抜けていた。

「ちょっと何この娘、足速すぎ――、あ……」

 リリスは自分がボールを受け取るよりも早く駆け抜けたソフィリータを見てぼやきかけたが、あることを思い出して思わず声をあげる。

 ソフィリータの足を見て、リリスは思い出した。ショートパンツから伸びるソフィリータの足は、白いサイハイソックスに覆われているが、その筋肉量はその上からでもよくわかる。ソフィリータの脚力は、蹴り技だけでなく走力の方にも遺憾なく発揮されていた。

 ソフィリータのバントは、ソニアの守備の穴をつくやりかたではなくて、たとえソニアがうまく捕球できても先に一塁まで駆け抜けることができる、といった自信からくるものだった。また、左打席に移動したのは、少しでも一塁に近い打席を選んだだけなのだった。当てるだけなので、右も左も関係ない、そういうことだ。

 リゲルが動かなかったために、満塁となった。ソニアのピンチはまだまだ続く。

「ミーシャちゃん、打順が回ってきたよ」

 蝶々を追いかけていたミーシャにラムリーザは声をかける。

「ミーシャ打てないから、太鼓打ちのおにーちゃんが打って」

「そういうわけにもいかないよ、さっき当てたじゃん。今度は当てた後に走れば、リゲルも褒めてくれると思うよ」

「ほんと~? じゃあミーシャ打つ」

 なんとものほほんとしたやり取りがあった後、二番打者のミーシャは右打席へと入った。

 ソニアは、相手が頼りないミーシャなので、気分をリラックスさせて第一球、投げた!

 ミーシャは思いっきりバットを振り回すが空振り。

「ストオォルアァ~イクゥ!」

 リゲルに言われたこともすっかり忘れ、目をつぶって強振している。これではダメだ。ラムリーザは、ツーアウト満塁で自分に回ってくる、何故かそう確信していた。

「ストオォルアァ~イクゥ! バッター、アウッ!」

 二球目も三球目も空振り。結局三球三振でミーシャの打席は終わった。

「当たらなかったぁ、リゲルおにーやんに怒られる!」

「仇は僕が取ってあげるさ」

 ラムリーザは、二度目の打席へと向かっていった。

 一方三振に打ち取ったことで、ソニアは気分をよくしていた。このまま次の打者も抑えて――

「ふえぇ……」

 神主打法で大きく構えたラムリーザを見て、ソニアは思わず小さく悲鳴をあげた。またラムリーザとの対戦がやってきた。

 いつも格闘ゲームではラムリーザに積極的に勝負を挑んでいるが、スポーツの「のだま」では、そうもいかないようだ。そこの所のソニアの考えとしては、一対一のゲームならラムリーザとどれだけ勝負してもいいが、コンビを組んで戦うゲームで、ラムリーザと敵対関係になるのが嫌なだけだった。

 ソニアは、敵としてじっと見つめてくるラムリーザも嫌だったし、ミーシャがラムリーザを応援しているのも嫌だった。

 ラムリーザは、神主のように構えたバットを、僅かに上下にユラユラさせながら、ソニアがボールを投げてくるのを待っていた。しかしソニアは、なかなか投げてこない。

「おーい、早く投げてこないと、遅延行為で反則取るぞ~」

 審判をやっているごんにゃ店主に呼びかけられて、ソニアは仕方なくラムリーザに対して一球目を投げた。空振り!

「う~ん、当たってくれないものだね」

「スイングはさっきのリゲル君より鋭いから、芯に当たりさえすれば凄い打球が飛ぶと思うんだけどねぇ、あ、ストライクね」

「振らなかったらボールだよね?」

「まあね」

 などとラムリーザとごんにゃ店主が話をしている間に、ソニアは第二球を投げてきた。これにはラムリーザも対応できなかった、見逃しだ。しかし――

「こらこら、打者が構える前に投げたらそれは反則になるぞ」

 打者と正対する前に投球するとボークになるらしいが、のだまに詳しい店主ぐらいしかわからないルールだ。

 とりあえず今の球はノーカンということで、次に進むことになった。ボールにしてもいいのだが、どうせフォアボールでノーカンにするからあまり意味は無い。

 ソニアとしては、ラムリーザが立ち向かってくる前に仕留めようとしたのだが、残念ながらそれは反則。

 というわけでラムリーザが構えたところで、ソニアはラムリーザの敵としての視線に耐えながら投げた。

 カツッ

 またかすっただけ。しかし、今度はバットの上の方にかすった。ボールはふわりと浮き上がり、ソニアの頭上を超えた。

 ロザリーンは打球を追いかけるが、もう少しというところで届かなかった。ボールはころころと外野へと転がっていく。人数が少なくてセンターを守る人が居ないので、ボールはロザリーンが追いかけるしかない。

 二塁ランナーのリゲルは悠々とホームイン。

 ロザリーンがボールに追いついた時、一塁ランナーのソフィリータも、二塁を蹴って本塁へと突入しているところだった。

 ロザリーンは、本塁を守るユコへとボールを投げたが、ソフィリータはボールよりも早く本塁を駆け抜けていってしまった。

「何あの娘、足速いのね」

 ロザリーンは敵ながら感心してしまう。何気にソフィリータの運動能力は高い。男子と下級生の女の子というチーム分けにしたが、ミーシャは良いとしてソフィリータは普通に戦力になっている。

 ラムリーザの記録は、走者一掃のタイムリーヒットとなった。

「もうやだ!」

 ソニアが文句を言ったところに、リリスが再びやってくる。

「ボールを貸しなさい」

「やだ! 交代はしない!」

 それでもソニアは、投手を交代する気にはならないようだ。

「いいから貸して」

 リリスは、強引にソニアからボールを奪った。打席には、先ほど走者として戻ってきたばかりのリゲルが入っている。冷たく睨みつけてくるリゲルと、不満そうにイライラしているソニアの目が合った。

 リリスは一塁へと戻っていって、プレイが再開された。しかし、ソニアはリゲルを睨みつけたまま、なかなか投げてこない。その時である――

「タッチしたよ!」

 リリスが大声で宣言してきた。

「えっ?」

 ラムリーザは、何が何だかわからなかった。一塁ベースを少し離れると同時に、リリスがボールを押し付けてきたのだ。

「おまっ、なっ……」

 リゲルも呆然としている。

「んあ? ランナーアウト! って隠し球かよ!」

 審判の店主も驚いている。

「というかラムリーザ! さっきリリスがソニアからボールを思いっきり奪っていったじゃないか!」

「しっ、知らんっ、見てないっ!」

「いや、見てろよ!」

 なんだかリゲルも白熱してラムリーザと言い合いを始め、ミーシャはそんな二人を不思議そうに眺めていた。

 とにかく四点も入った長い攻撃は終わり、再びソニアチームの攻撃が始まった。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 フォレストピア創造記