home > 物語

物語

タグ一覧
  • カテゴリーなし
狂喜乱舞の不思議な踊り
   シャングリラ・ナイトフィーバーにて。  緑色の髪をした乳妖怪が、ステージ上で花束を振り回しながら不思議な踊りを踊っている。周囲のちょっと引いた視線は、彼女には届いていないようだ。彼女は周囲を気にせずに、満面の笑みを […](更新日:2018月8月5日)
来春は清くない交際の終焉かもしれない
  「ふえぇ……」  この日の朝から、ソニアはベッドに横たわったまま呻いていた。  昨日、誕生日の祝いに浮かれて壊れて長時間無理な踊りを続けた結果、ソニアは起きてから全身の筋肉痛に悩まされていた。 「ラム~、痛いよぉ~、 […](更新日:2018月8月12日)
堅気を目指すレフトール
   レフトールは、年末年始の休暇に入ってから、ラムリーザに会えないのを不思議に思っていた。ラムリーザだけでなく、その取り巻きも見かけない。少しでも取り入ろうと仲良くしたいと思っているのだが、居ないものは仕方ないし、連絡 […](更新日:2018月8月19日)
○○○はいてないから恥ずかしくないもん
  『――青コーナーより、キガス、クレセント、ゴーレム入場です!』  大観衆のひしめく中、三人のレスラーがリングに向かって入場を進めている。ゴーレム選手を先頭に、クレセント、そして大将のキガスと続いている。いよいよメイン […](更新日:2018月8月26日)
十七年目の付き合い
   新しい年が始まった。  年始は、帝国内の各種竜神殿で、年始祭が行なわれている。年始祭は年の初日から三日の間開かれていて、この一年の幸福などを願うといった、どこにでもよくあるイベントだ。  ラムリーザは、家族と共に帝 […](更新日:2018月9月2日)
災厄の年が始まったのか?
   今日は、年始祭最終日。  ラムリーザは、リゲルの運転するバンに乗り、友人達と共に二度目の参拝へと向かっていた。  助手席のラムリーザ、後ろから前に乗り出してくるソニア、パンツ丸見えなソニアを写真に撮るユコ。それを見 […](更新日:2018月9月9日)
休暇中のとある日常
   日も暮れかけた頃、ラムリーザはドラムを叩いて過ごしていた。メトロノームの音に合わせて、チェンジアップとチェンジダウンを繰り返しながら、ソニアのプレイしているゲーム画面を眺めていた。  ラムリーザは四分音符、八分音符 […](更新日:2018月9月16日)
生徒会長選挙応援運動
   年末年始の休暇は終わった。  久しぶりに学校に行くと、いよいよ間近となった次期生徒会長に立候補した生徒の一覧が発表されていた。それと同時に、各立候補者を応援するポスターも作られていた。  始業前の時間、いつもの、そ […](更新日:2018月9月23日)
ラムズ・カルテットの雑談
   放課後、ラムリーザは珍しい組み合わせで校舎裏をぶらついていた。  一緒に居るのは、リゲル、レフトール、そしてマックスウェルだ。西に沈み行く太陽を見ながら、改めて自己紹介のような会話をしていた。 「ところでレフトール […](更新日:2018月9月30日)
一触即発の危機?
   ラムリーザが、リゲル、レフトール、マックスウェルと共に雑談しながら校舎裏をブラブラしていた時、突然背後から呼びかけられた。 「ウサリギ……」  突如現れたウサリギは、三人の仲間を引き連れていた。  すかさずレフトー […](更新日:2018月10月7日)
麗しき乙女達の雑談
   今日も朝からいつもの光景、いつもの雑談が教室の座席で繰り広げられている。 「ナリオ製品って知ってるかしら?」  リリスの問いにソニアは「知らない」と答える。会話の流れもいつもと同じだ。 「CMで今やってるわ、ナリオ […](更新日:2018月10月14日)
転売師ソニア
   休日、今日はラムリーザの下宿している屋敷に、リゲルとロザリーンを招いていた。  フォレストピア開拓について、これまでのまとめと、話し合いにロザリーンも混ぜるというのが目的だ。  ラムリーザの部屋のテーブル席に三人は […](更新日:2018月10月21日)
フォレスター・キラー
  「いよっ」  この日の学校での休み時間、ラムリーザ達のクラスにレフトールが現れて、丁度空いていたユコの前の席に後ろ向きに座った。 「なんですの? ここはあなたのクラスではありませんの」  突然目の前に現れたレフトール […](更新日:2018月10月28日)
生徒会長立候補演説
   この日の午後、生徒会長選挙に向けての演説を聞きに行くために、ラムリーザは学校の体育館へと向かう通路を歩きながら、リゲルと話をしていた。 「ロザリーンとはうまくいっているみたいだね。ひっつけた僕が今更言うのもアレだけ […](更新日:2018月11月4日)
グリーン・フェアリーと海賊船長エルリグと加害届け
   今日もいつもの光景、いつもの雑談が教室の座席で繰り広げられている。リリスの提供するネタも尽きないものだ。 「おしんりんって知っているかしら?」  リリスの問いにソニアは「知らない」と答える。リリスが博識なのか、ソニ […](更新日:2018月11月11日)
海賊船長エルリグの正体
   朝からソニアは憂鬱だ。昨夜ほとんど寝付けなかったのか、目つきも怪しい。  それも仕方が無いだろう。  ソニアはここ一週間ほど、携帯ゲーム機の転売をネットオークションでしていた。  しかし、ネットオークションの手数料 […](更新日:2018月11月18日)
TRPG第二弾「カノコの依頼」 第一話
   今日は、久しぶりに部室にいつものメンバーが集合した。  実に十日ぶりというのだから、メンバーの部活に対する入れ込みが冷え込んでいるのが分かる、のか?  まずは、この空白期間を生み出す原因となった勝負の結果から話が始 […](更新日:2018月11月25日)
TRPG第二弾「カノコの依頼」 第二話
   ラムリーザは暗闇の中、ヴァンパイアロードと対峙していた。  ヴァンパイアロードは、妖しげな視線を向けて挑発している。  ラムリーザは、ヴァンパイアロードに臆することも無く、落ち着いてファイアボールの詠唱をした。 「 […](更新日:2018月12月2日)
平日のとある日常、積雪前夜
  「ラム~、おなかすいた~」  下宿先の屋敷で自室のソファーでのんびりしていると、日も暮れた頃にソニアがラムリーザに寄り添ってきてきた。 「リゲルに貰ったチョコレートはどうなった?」 「もう全部食べたよぉ。というか、学 […](更新日:2018月12月9日)
南国エルドラード帝国を襲った異常気象
   その日目覚めた時、ラムリーザは氷の中に居るのかと錯覚した。  部屋の中が異様に寒い。  窓の外の風景にも違和感を感じた。妙に白い。  ラムリーザは、布団から這い出るとともに身震いした。  絨毯の無い床の部分は、これ […](更新日:2018月12月16日)
フォレストピアでの最初の仕事決定
   エルドラード帝国を襲った異常気象、大寒波。  その翌日、雪は止んでいたが、例年に比べてかなり冷え込んだ日となっていた。    ラムリーザは、大寒波の影響が新開地、フォレストピアにどんな影響を及ぼしているか気になって […](更新日:2018月12月23日)
TRPG第二弾「カノコの依頼」 第三話
   エア・フィールド・ソードを誇らしく掲げるプリースト、ロザリーンが誕生した。    今日は部室に集まって、テーブルトークゲームで前回の続きをすることになったが、結局魔剣の所持者は、ソニア、リリス、互いに譲らず、結局ロ […](更新日:2018月12月30日)
TRPG第二弾「カノコの依頼」 最終話
   エア・フィールド・ソードを誇らしく掲げるファイター、リリス。  マインド・スマッシャーを誇らしく掲げるファイター、ソニア。  バンドグループのラムリーズ同様、冒険者グループでもこの二人は二枚看板だった。 「さて、あ […](更新日:2019月1月6日)
良いとこ無し
   今日もいつもの光景、いつもの雑談が教室の座席で繰り広げられている。リリスの提供するネタは、まだまだ尽きないようだ。 「痰吐き人形って知っているかしら?」  リリスの問いにソニアは「知らない」と答える。 「世界中にチ […](更新日:2019月1月13日)
ゲーム実況をやってみよう
   寒波は去り行き、例年通り暖かくなった日、ラムリーザは朝からバルコニーの木造デッキチェアに腰掛けてのんびりとくつろいでいた。  一方ソニアは、携帯型情報端末キュリオの画面をじっと見たままだ。なにやらゲームをプレイして […](更新日:2019月1月20日)
面白いゲーム実況って何?
   この日の昼休み、ソニアは嬉しそうに自分の持っている携帯型情報端末キュリオをリリスに手渡した。早速昨日作ったゲーム実況の動画を見せようとしているのだ。 「キュリオがどうしたのかしら?」  リリスはよくわかっていないよ […](更新日:2019月1月27日)
動画再生回数戦争 ~前編 自作自演~
   翌日、朝の会話は昨日の結果についての話から始まった。  ソニアとリリスは、次の新曲のリードボーカルの座を賭けて、ゲームの実況動画を動画投稿サイトに載せて、その再生数を競うという話になったのだ。二人とも動画を作成して […](更新日:2019月2月3日)
動画再生回数戦争 ~中編 マクロ自動化の恐怖~
   この日は、朝から微妙な空気が流れていた。  ユコは折角作ってきたテーブルトークゲームの開始が、またしても一週間お流れになることが確定したことに対する不満を漂わせている。  ソニアとリリスは、お互いの行動に対する牽制 […](更新日:2019月2月10日)
動画再生回数戦争 ~後編 しょうもない結末~
   週末の休日期間、ソニアはマイコンの画面を時折確認しながら過ごしていた。  朝起きては、一晩中動いていたことを確認し、帝都へバンドの演奏に出掛けて、帰ってきては確認してと、そんな具合だった。  自動クリックツールを仕 […](更新日:2019月2月17日)
夜のバーベキュー大会
   今日は、夜にラムリーザの屋敷に集まって、食事会をすることになった。  動画の再生回数戦争は、ソニア、リリス共に気まずい結果を生み出すだけとなってしまい、昨日の放課後は、二人とも気が抜けたように部活で遊ばずに帰ってし […](更新日:2019月2月24日)
寝耳に水のリロケーション
   結局うやむやになったリードボーカル争奪戦は、第二ラウンドへと突入することになった。 「動画の投稿勝負をもう一度やって、今度こそ次の歌のリードボーカルを決めましょう」  リリスは、DoS攻撃まがいでアカウント停止を食 […](更新日:2019月3月3日)
家出した不良娘と不良の親分
   今日も学校の教室で朝からリリスとソニアは雑談中。  リードボーカル争奪戦は、動画を投稿したは良いが、今度は再生回数の少ない方が勝ちという意味不明のものだった。 「リリスさんが七回で、ソニアさんは三十二回ですね」 「 […](更新日:2019月3月10日)
ハーレムを形成しろと言われてもな……
   ラムリーザはこの日、珍しい客を屋敷に迎えることになった。  ユコは何度か来た事があるが、レフトールとその子分マックスウェルが来たのは初めてだった。 「珍しい組み合わせだね」  ラムリーザの一言にレフトールは、「ゲー […](更新日:2019月3月17日)
TRPG第三弾「カノコ誘拐事件」 第一話
   今日も部活はテーブルトークゲーム同好会状態。  ユコが転校するという話はこの日の朝の内に皆に知れ渡ることとなり、いずれは盛大なお別れパーティを開こうという話になった。  しかし、テーブルトークゲームはまた別である。 […](更新日:2019月3月24日)
TRPG第三弾「カノコ誘拐事件」 第二話
   テーブルトークゲームは続いている。  前回の冒険で一緒したカノコが行方不明になり、妹のマコの依頼で調査することになった。カノコの部屋には剃刀レターが残されていて、その刃には何らかの毒が塗られていた。  そこで、毒に […](更新日:2019月3月31日)
TRPG第三弾「カノコ誘拐事件」 第三話
   さて、一日空けてテーブルトークゲームの続きをすることになった。  ちなみに昨日は、本来のバンド活動の練習に充てていた。毎日遊ぶのはよくないということで、一日遊べば一日練習する。この形は今年に入ってからは崩していない […](更新日:2019月4月7日)
TRPG第三弾「カノコ誘拐事件」 最終話
   さて、テーブルトークゲームは続いている。  ひとまずカノコは無事に保護できたが、犯人を突き止めなければ気がすまないというソニアとリリスの意見を取り入れて、物語はもう少し続くことになった。 「でも学院の講師に喧嘩を売 […](更新日:2019月4月14日)
学年末試験勉強
   今日は学校は休み。そして来週からは学年末の試験が始まる。  そういうわけでリリスとユコは、今回もラムリーザの部屋を訪れて、一緒に試験勉強だ。  リゲルとロザリーンは、いつも通り二人で図書館にでも行って勉強するらしい […](更新日:2019月4月21日)
魅惑の壷、発祥の地
   三日間の学年末試験の終わった翌日、ユコはリリスの家にお出かけの誘いに現れた。篭り気味のリリスなので、ユコの方から誘いに来るのは三年前からほとんどこの形で続いていた。 「リリス~、今日は学校お休みだし、遊びに行きまし […](更新日:2019月4月28日)
新たなる物語の開幕に乾杯
   さて、今日も月初めの週末に実施されている、アンテロック山脈中腹にあるオーバールックホテルでのパーティだ。いつものように、リゲルの運転する車に集まって向かうことになった。  後部座席真ん中に座っているラムリーザは、左 […](更新日:2019月5月5日)
新開地フォレストピア最終視察
   この日は、学校も休みということもあり、ラムリーザにとっては引越し前最後の新開地フォレストピア視察に行こうという話しになった。  ラムリーザ、リゲル、ロザリーンの主要メンバーに加え、今回はソニアとリリス、ユコも行くこ […](更新日:2019月5月12日)
TRPG第四弾「サーカス団」~前編~
   今日は、いつものメンバーが部室に集まって、もう何度目になるか、テーブルトークゲームを始めていた。  ゲームマスターはユコ、おそらくこれがユコが最後に作り上げる物語になるだろう。 「それでは始めますわ。とりあえず好き […](更新日:2019月5月19日)
TRPG第四弾「サーカス団」~中編~
   ユコがゲームマスターをする物語、サーカス団が町にやってきたはいいが、雑談がはかどりすぎて物語が進まない。  雑談に終止符を打つべく、また物語をさっさと進ませるという名目の下に、一気にサーカスの始まる夜へと時間が進め […](更新日:2019月5月26日)
TRPG第四弾「サーカス団」~後編~
   ソニアが入った大きな箱は、ウルフィニカがドアを閉め、ファンティーナが鍵をかけた。  テーブルトークゲーム、今回の舞台は町にやってきたサーカス団。  ステージ上の出し物にソニアが参加することになり、進行のお姉さんのウ […](更新日:2019月6月2日)
シャングリラ・ナイトフィーバー一号店最終話
   今日は終末、帝都にある一流クラブ、シャングリラ・ナイトフィーバーでライブ演奏をする日だ。そしてこの日のライブでは、二つの大きなイベントが用意されていた。 「今日は、二つのメインイベントがあります」  ライブの開始前 […](更新日:2019月6月9日)
TRPG第五弾「悲劇のサーカス団! 指輪に込められた願い」~前編~
   さて、いよいよ高校一年生としての学校生活は、今週で終わりとなる。  同時に、ユコと一緒に遊べるのも、今週で終わりである。  というわけで、ユコがゲームマスターをする、最後のテーブルトークゲームが始まった。 「それで […](更新日:2019月6月16日)
TRPG第五弾「悲劇のサーカス団! 指輪に込められた願い」~中編~
   さて、ユコがゲームマスターをするテーブルトークゲームは続いている。  珍しく饒舌になったリゲルが、サーカス団員のレジーナ――マーメイドの格好をしているが、先日舞台で見たときには足があった――を問い詰めていると、先日 […](更新日:2019月6月23日)
TRPG第五弾「悲劇のサーカス団! 指輪に込められた願い」~後編~
  「ノクティルカは静かに語った。私以外、みんな俗に言う『魔物』って奴よ。例えばファンティーナはワイト、ウルフィニカはワーウルフ、レジーナはマーメイドってね」  今回プレイしているユコがゲームマスターをするテーブルトーク […](更新日:2019月6月30日)
フォレストピア創造記 序章 ~完~
   学校生活一年目の最後、終業式の翌日。  今日、ユコは新天地へと旅立ってしまう。  そして、それを追うように明日、ラムリーザ達もフォレストピアへと引っ越すことになっていた。  ラムリーザとソニアの二人は、屋敷を出てユ […](更新日:2019月7月7日)
フォレストピア創造記 第二章 第一節 ~新生活~
   あらすじというか概要  いよいよフォレストピアの開発が本格的に始まり、主な舞台をフォレストピアに移してラムリーザ達の新生活が始まります。  後輩も増え、新たな仲間達も加えて、隣国ユライカナンの異文化を体験していきま […](更新日:2019月7月14日)
新開地フォレストピアでの新生活始まる
   新開地フォレストピアは、隣国ユライカナンとの国交を目的とした、エルドラード帝国最西端の街である。今はまだ開発が始まったばかりで小さいが、これからどんどん発展していくことになるだろう。  ラムリーザ・シャリラン・フォ […](更新日:2019月7月14日)
なんかもう初日から無茶苦茶
   二年目の学校生活始まりの朝、去年と同じような座席配置となったラムリーザは、いつも通り引っ付いてきているソニアに背を預けもたれて、窓から外の景色を眺めていた。  前の席からレフトールがしきりと話しかけてくるが、ラムリ […](更新日:2019月7月21日)
第一回フォレストピア首脳陣パーティ
   今日は、フォレストピアでの首脳会議と称した月一のパーティが、大倉庫の会議室で開かれた。  去年までは、月始めにオーバールック・ホテルで地元の有力者の集まるパーティに参加していたが、ここ数回のパーティでの内容が、フォ […](更新日:2019月7月28日)
らうめん
   フォレストピア駅前の大倉庫前にて。  ラムリーザはいつものメンバーといっしょに集まっていた。時間は試食会ということで、昼前。ついでに昼食にしてしまおうということだ。 「言うほど曲がりくねっているか?」  レフトール […](更新日:2019月8月4日)
部長は居ないけど部員は増える軽音楽部
さて、今日から新年度の部活開始日だ。 去年の三年生が居なくなって部長不在だったりするが、新入部員も増えてより賑やかになった軽音楽部。 そして何かわけがありそうなリゲルとミーシャの関係は――?(更新日:2019月8月11日)
現在の彼女と過去の彼女の間
リゲルは、じっとラムリーザの目を睨みつけながらもう一度つぶやいた、お前のせいだ、と。 「お前が『ハーレムが形成される呪いをかける』とか言い続けていたからこうなったんだ」  ラムリーザも本気で言っていたわけではない。リゲルがいちいちリリスやユコのことでラムリーザをからかうから、反撃していただけなのだ。ほんの他愛無い冗談、冗談のつもりだった。呪いを信じるリゲルも、本来のリゲルじゃない。(更新日:2019月8月18日)
前方宙返り式二段踵落とし
ラムリーザの妹ソフィリータと、レフトールが遭遇した。 去年の出来事をまだ許せていないソフィリータは――(更新日:2019月8月25日)
フォレストピア・ナイトフィーバー開幕
帝都にあった一流クラブ、シャングリラ・ナイトフィーバーの二号店で、地名にちなんでフォレストピア・ナイトフィーバーと命名されている。今日はそこでの初ライブと日であった。 (更新日:2019月9月1日)
スシのサビで遊ぶんじゃない
今日もユライカナンの食文化を体験しようイベント開催である。 今日のネタは、「スシ」というものらしい。ラムリーザ達にとっては初めて見聞きするものであったが、先週のように店主に迷惑をかけないよう、ソニアとリリスを監視しつつ、スシ屋の仮店舗へと入っていった。(更新日:2019月9月8日)
ソニアの災難 ~家族同居のめんどくささ炸裂~
ラムリーザとソニアの二人は去年と違い、二人きりの生活ではなく家族同伴の生活へと変わった。 去年の悪行が母親にばれたソニアは――(更新日:2019月9月15日)
Lカップにまで成長した脅威の風船おっぱいお化け
リリスは気にせずに言葉を続けていった。 「すっごいのよ、ソニアのおっぱい、103cmで驚きのLカップ」 ユコは思い出し笑いをし、ソニアは「うるさい!」と怒鳴りつけた。 要するに、また膨らんだわけだ。去年一年間で、5cmのバストアップはたいしたものだ。カップ数と言えば二段階も大きくなっている。 「103cmのLカップ様、くすっ」(更新日:2019月9月22日)
雑談の場と化した部室での光景
今年に入ってから、もうほとんど部活動としての体裁が整わなくなった学校の部室だが、たまには顔を出しておくということで、今日は部室に集まっていた。(更新日:2019月9月29日)
ナイトフィーバータイム
ジャンの経営するシャングリラ・ナイトフィーバー二号店、通称フォレストピア・ナイトフィーバーは、音楽を聞きながら食事をしたりするクラブハウスである。 今日もラムリーザ率いるラムリーズは、ライブ演奏を行うのであった。(更新日:2019月10月6日)
のだま
今日も快晴、晴れた日はスポーツ日和とはよく言ったもの。ラムリーザ達は、今日はその運動広場に集まって、「のだま」というスポーツをして遊ぼうという話になっていた。(更新日:2019月10月13日)
のだま対戦 ~一回の攻防~
ラムリーザ達いつものグループは、のだまというスポーツで三角ベースの試合を始めたところだ。(更新日:2019月10月20日)
のだま対戦 ~長い一回裏の攻撃~
投手のソニアはピンチを迎えていた。胸が極端に大きすぎるために足元の視界が悪く、転がってくるボールを足元で受け取るのが苦手なのだった。(更新日:2019月10月27日)
のだま対戦 ~死闘の彼方には何がある?~
マウンド上では、座り込んでいるラムリーザを尻目に、五人の少女達が片足で跳びながら立てた膝をぶつけ合うといった意味の分からない光景になっていた。(更新日:2019月11月3日)
誕生日プレゼントは何ですか?
「はい、誕生日のプレゼントですの」  この日の学校が終わった後、ラムリーザは屋敷にユコを客として迎えた。自分の部屋に通した後の、ユコの第一声がこれであった。(更新日:2019月11月10日)
はなく人形はなくらす
無表情な顔、髪の毛は一本も生えていなくて、頭頂部にはとさかのようなものがついているの。それで体つきはずんぐりむっくりとしていて三本足。腕は常に泣いているかのように目に当てているわ。特筆すべき点は、ぴっと光線を発してきてはなく病を辺りに撒き散らすのよ……(更新日:2019月11月17日)
神のせそ汁
 せそは、発酵食品の一つで、大豆や米、麦などの穀物に塩と麹を加えた物で、ユライカナン料理の代表的な材料と言われている。  五大調味料にも加えられていて、定番の砂糖、塩、酢に、この「せそ」と「そょうゆ」を加えたものが、「調味料のさしすせそ」と言われているぐらい有名だ。(更新日:2019月11月24日)
ココちゃんぷにぷにカレー
 ソニアは三人の中で一番にカレーにスプーンを突っ込んで一すくいすると、何の迷いも無く口へと運んだ。 「ふっ、ふえぇ――っ!」  とたんに響く、いつものフレーズ。リリスは苦しむソニアを見てふっと笑うと、続いてカレーを一さじ口へと運んだ。 「ぶふぉっ!」  とたんに噴き出すリリス。(更新日:2019月12月1日)
うらにわにはにわにわとりがいる その二
ちなみにあの後ユグドラシルは固まったままで、遊んでいるニバスを呆然と見つめているだけで、それから数日間、「女を連れ込んだのに遊べなかった男」としてニバスにからかわれることになるのであった。 こうして裏山は、主にニバス派のグループが支配する、カップルの聖地として残ったのであった。(更新日:2019月12月8日)
自由気ままな二人
よし、遊園地デートをするぞ。俺もリリスを誘う。お前もソニアを誘え、ダブルデートだ。ただし、家は別々に出ろ。電車も別々に乗り、そうだな、ソニアは電車、お前はバスとか移動手段は別にして、とにかく遊園地につくまで一緒にいるな。それで待ち合わせというものをやってみたらいいぜ。(更新日:2019月12月15日)
第二回フォレストピア首脳陣パーティ
今日は、月に一回行なっている、フォレストピアでの首脳会議と称した進捗報告会議の日だ。 今回からは、会議を兼ねたパーティは、フォレスター家の屋敷のホールで行なうことになった。(更新日:2019月12月22日)
バクシングをやってみよう
今回体験するのはバクシングというスポーツ。聞いた話では格闘技の一種で、主に拳だけを使って戦う競技のようだ。(更新日:2019月12月29日)
バクシングの対戦をしてみよう前編 ~体格差~
体重差もそうだが、少しばかりは格闘技をかじっているラムリーザと、ほとんど素人のソニア。やってみなくても分かるようなものだが、ソニアはやりたいやりたいと我侭を言うばかりだった。 そしてリングの中央にラムリーザとソニアは歩み寄る。(更新日:2020月1月5日)
バクシングの対戦をしてみよう後編 ~意外性の実現~
そう言えば格闘ゲームの女キャラも、エロい格好をしていたりする場合が多い。それは今回みたいな作戦を狙って、普通にやったのでは勝てない大男に勝つ作戦とでも言うのだろうか? そんなわけないか? まあいいや。(更新日:2020月1月12日)
修学旅行の班決め
 今年の修学旅行の行き先は、隣国ユライカナンということに決まったそうだ。既にユライカナンまでの線路は完成していて、国同士の貿易が始まっている。そろ路線を使えば、外国旅行もお手軽なものである。  そういえばラムリーザ達はまだユライカナンに行った事はない。これは良い機会かもしれなかった。(更新日:2020月1月19日)
増えるココちゃん
とにかくソニアもユコに負けないぐらいの数のココちゃんが欲しいのだというのだ。まったく困ったぬいぐるみ、いやクッションだ。ここまで好かれるのも、ココちゃんとしてはまんざらでもないだろう。(更新日:2020月1月26日)
ギュードンに入れる赤い粉
今回体験するのは「ギュードン」という食べ物。前回聞いた話では主に牛肉と米を使ったメニューだそうだが、いったいどんなものなのやら。(更新日:2020月2月2日)
修学旅行始まる
今日は学校行事、修学旅行が始まる日。向かう先は隣国ユライカナンだ。(更新日:2020月2月9日)
バスで移動 ~謎の設定~
 電車がユライカナンの首都ランザンヌに到着した時、既に日は西に傾いて橙色に染まっていた。  修学旅行初日目は移動だけだ。これからバスで宿舎へと向かうことになる。(更新日:2020月2月16日)
夜の自由時間 ~プロレスを見よう~
 とりあえず旅行ということでそれぞれ小遣いを持ってきていたので、そのままチケットを購入して会場の中へ入ってみる。時間的にもまだ始まったばかりで、今現在はほぼ前座の試合が行なわれていた。 「プロレスはな、最初からケツが決まっているんだぞ」  リゲルは腕組みをしたままそう言ってきた。(更新日:2020月2月23日)
宿舎にて ~雑談しながらヨンゲリアを鑑賞しよう~
ホラー映画を鑑賞しながら、友人同士雑談して過ごす夜。(更新日:2020月3月1日)
集団行動 ~名所巡り~
修学旅行二日目、移動日を除けば初日目、今日は集団行動の日だ。 一同はバスへ乗り込み、これからユライカナンの各名所に向かうことになっていた。(更新日:2020月3月8日)
自由行動日 ~釣鐘で遊ぶ娘~
 今日は待ちに待った、修学旅行自由行動の日。  朝から特にここへ行くという指導はなく、ずっと一日中自由に過ごしてよい日だ。もっとも、門限21時という規則だけはあったが、それだけあれば十分だ。(更新日:2020月3月15日)
自由行動最終日 ~ぱふりんこ~
今日は修学旅行最後の自由行動の日。 ラムリーザ達はユライカナンの街へと繰り出し、土産物屋を物色していた。(更新日:2020月3月22日)
マックナルド・ヨンディーヌ
「ルァンルァンルゥ~」  仮店舗に近づくと、突然ピエロのような格好をした人が、謎の掛け声と共に現れて一同は驚く。(更新日:2020月3月29日)
媚び媚び娘のミーシャ
この日の放課後、ラムリーザ達のグループは特に意味もなく学校の部室に集まっていた。ジャンの店にあるスタジオではなくて、部室ということは適当に雑談して過ごしているだけだ。(更新日:2020月4月5日)
ハメ技が使えなくなったら全然戦えない娘
それじゃあ今日は、久しぶりにみんなでゲームセンターに行ってみようか(更新日:2020月4月12日)
建国祭を開催してみよう
   エルドラード帝国の建国記念日まであと二日と迫ったこの日、帝国内でチェーン展開しているカレー店「ココちゃんカレー」でラムリーザとジャンは談話をしていた。  正面の席ではソニアとユコの二人が、悪戦苦闘しながらも「ココち […](更新日:2020月4月19日)
うらにわにはにわにわとりがいる その三
ラムリーザはソニアを連れて、今日は学校の裏山へと遊びに出かけていた。 学校の裏山と言えば、とくに何の変哲も無い裏山だが、一部の生徒の間では濡れ場として有名――ではなく、ひっそりと知れ渡っていた。(更新日:2020月4月26日)
フォレストピアでの建国祭
今日はエルドラード帝国建国記念日。毎年主要な都市では建国祭が行われている。そして今年からは、フォレストピアでも建国祭を行うことになった。(更新日:2020月5月3日)
カラオケで遊んでみよう
今日は部活動はお休みしてみんなでカラオケハウスへと遊びにいくことに決まった。(更新日:2020月5月10日)
二人の時間
ストロベリー・フィールズ、それはフォレストピアの中央公園につけられた名前だ。 この日ラムリーザとソニアは、学校が終わった後にちょっと寄り道してこの中央公園に立ち寄っていた。 (更新日:2020月5月17日)
第三回フォレストピア首脳陣パーティ
月初めの週末はフォレストピア開発打ち合わせと称した首脳陣パーティだ。 今回の議題第一弾として挙がったのは、フォレストピアオリジナルの祭りを作ってみようという話だった。(更新日:2020月5月24日)
クッパ国の滅亡
フォレストピアの治安維持に向けてのラムリーザの取り組みは遅れていた。 そこでリゲルは、犯罪歴史学では有名な話であるクッパ国の滅亡を例に挙げて語りだすのだった。(更新日:2020月5月31日)
TRPG第六弾「指輪に込められた願い 完結編」 第一話
TRPGシリーズ第六弾 指輪に込められた願い 完結編 第一話 指輪の秘密、悲しきサーカス団。乞うご期待! 時の涙を、君は見たか?(更新日:2020月6月7日)
TRPG第六弾「指輪に込められた願い 完結編」 第二話
TRPGシリーズ第六弾 指輪に込められた願い 完結編 第二話 指輪の秘密、悲しきサーカス団。乞うご期待! 時の涙を、君は見たか?(更新日:2020月6月14日)
TRPG第六弾「指輪に込められた願い 完結編」 第三話
TRPGシリーズ第六弾 指輪に込められた願い 完結編 第三話 指輪の秘密、悲しきサーカス団。乞うご期待! 時の涙を、君は見たか?(更新日:2020月6月21日)

1 2 3 4

return to page top

©発行年-2021 フォレストピア創造記