home > 物語 > > なりきり!バンドマンに100の質問!

なりきり!バンドマンに100の質問!

 

リリス「こんにちは、雑談部部長のリリス・フロンティアです」

ソニア「副部長のソニア・ルミナスです」

ラムリーザ(以下ラム)「えっ? 雑談部? 部長?」

リリス「今日は、昨日に引き続き、100の質問コーナー第二弾をやるわよ」

リゲル「(黙って帰ろうとする)」

ロザリーン(以下ローザ)「あ、リゲルさん、交流交流」

リゲル「ちっ……」

リリス「というわけで、今回は『バンドマンに100の質問』をみんなで回答していくよ」

ソニア「あたしはバンドウーマンだけどね」

ユコ「これ、みんなで答えるんですの?」

ソニア「そういうこと、みんなのこともっと知りたいからね」

リリス「それじゃあ、さっそく行くわよ」

ラムリーザ「ついていけん……」

リゲル「やれやれだ……」

 

その1:とりあえずHN(バンドネーム)

ソニア「これはラムリーズだね」

リリス「実は魅惑の壺にしたかったんだけどね」

ラム「なぜ壺なんだよ……」

 

その2:年齢、生まれ月を

ラム「16歳、4月」

ソニア「15歳、12月」

リリス「15歳、8月」

ユコ「16歳、6月」

ローザ「15歳、2月」

リゲル「15歳、10月」

 

その3:バンドでのパートは?

ラム「ドラムス」

ソニア「ベースギター」

リリス「リードギター」

ユコ「キーボード」

ローザ「ピアノ」

リゲル「リズムギター」

 

その4:今までのバンド経験数は?

ラム「J&R、去年までやってたジャンとソニアとソフィリータのコンビだよ」

ソニア「ラムと一緒」

リリス「残りの人は今回が初めてなのよね」

 

その5:最近のバンドをやってorやめて何ヶ月?

ラム「引っ越してからやってないから、3か月ちょいかな」

ソニア「やろうと思えば、いつでも再結成できるけどね」

 

その6:今ライブしたい場所は?

ラム「とくに希望は無いかな。あ、強いて上げるなら大草原」

リリス「国内で有数の有名クラブでやっちゃったもんね」

 

その7:目指す最高のライブ場所は?

ソニア「お城とか?」

リリス「皇帝陛下の目前でってこと?」

ユコ「無茶ですわ!」

ラム「安い席の方は拍手お願いします、それ以外の人は宝石鳴らしてください?」

リゲル「そのネタわかる奴、居るのか?」

 

その8:ライブで許せない事は?

ラム「楽しそうにできない人かなぁ、無理して見なくていいんだよ」

リリス「歌ったり演奏できなかった自分が許せなかった……」

ユコ「でも乗り越えられてよかったですわね」

 

その9:間違えた時にする癖があれば…

ラム「ソニアを見る」

ソニア「何で? あたしは間違えても気にしない」

ラム「ちなみに、リゲルは舌打ちしている」

リゲル「言うな」

ラム「リリスは、足踏み鳴らす」

リリス「…………」

ラム「ユコは一瞬きょろきょろしてる」

ユコ「えっ? そうなんですの?」

ラム「ロザリーンは、下唇かみしめている」

ローザ「みんなのこと、よく見ているのですね……」

ユコ「やっぱりリーダーはラムリーザ様しかありませんわ!」

 

その10:毎回ノルマ達成してます?

みんな「もちろん」

 

その11:自分のバンド内で一番上手いのは俺!

ラム「いや、これは客観的に見たらリゲルだと思う」

ソニア「えー、あたしだよ!」

リリス「いや、私ね」

ユコ「私ですの!」

ローザ「みなさんジャンルは違えど、私が一番うまいのはゆずりません」

リゲル「……ここで自我自賛したら多数決で俺になるじゃないか。そうはさせんぞ、ラムリーザということで」

ラム「逃げたな」

 

その12:リーダー?

ラム「うん」

ユコ「これはラムリーザ様以外、あり得ません!」

 

その13:バンド楽しい?

ラム「楽しい、よな?」

ソニア「うん、楽しいよ」

リリス「当然ね」

ユコ「リリスと二人でやってた時よりも楽しいですわ」

ローザ「うん、みんなと出会えてよかった」

ラム「リゲルは?」

リゲル「ふぅ……、ここにあいつが居たらな」

 

その14:スタジオ楽しい?

ラム「これは部室のことかな」

リリス「雑談部へようこそ、くすっ」

ソニア「雑談部楽しいーっ!」

ラム「困ったものだ」

 

その15:何処のスタジオが一番いい?

ラム「部室しかないから次の質問に行こう」

 

その16:楽器の町と言えばもちろん

ラム「どこだろ?」

ソニア「知らない」

リリス「品ぞろえが良いのは帝都だけどね」

 

その17:よくコピーするアーティストorバンド

ラム「今は主にコピーバンドだけど、何をコピーしてるんだろね。メタ発言になるけど、ここは異世界だし」

ユコ「私が書いてる楽譜は、主にオールディーズとかゲームサウンドですわ」

 

その18:今はなに系バンドやってる?

ラム「ロック?」

ソニア「ゲーム?」

リリス「メタ発言だけど、異世界だからね」

 

その19:今のじゃないジャンルもやりたい?(それはなに?)

ラム「とくに希望はないなぁ」

 

その20:いくつから音楽やってる?

ラム「13歳の時、ソニアがいきなりギターやろうって言いだしてから」

リリス「同じく13歳の時、ユコと知り合ってギター弾いたのが初めて」

ローザ「4歳からピアノやっているよ」

ユコ「ピアノなら6歳だったかしら」

リゲル「14の時……、ちっ」

ラム「なんだ? 何か嫌なこと思い出したか?」

リゲル「気にするな」

 

その21:今の楽器orVOいつからやってる?

ラム「同じく13歳の時。ソニアに無理やり転向させられた」

ソニア「だってラムは指先不器用……、じゃなくて、ギターだけのグループじゃ意味ないじゃん。あたしもそのタイミングでベースだよ」

リリス「最初からギターね」

ユコ「キーボード買ったのいつだったっけ、いつの間にかあったからわからないですわ」

ローザ「ピアノは変わらず、オカリナは13歳の時よ」

 

その22:そのパートをやろうと思った切っ掛けは?

ラム「だからソニアに無理やり転向させられて……」

ソニア「いいじゃない、バンドでドラムは父、ベースは母なのよ!」

リリス「物珍しかったから。ゲーム以外で初めて興味持ったもの」

ローザ「オカリナの音色に惚れたのよ」

ラム「リゲルの話も聞きたいな」

リゲル「俺の演奏で踊って……、いや、聞くな。もう過ぎ去った過去の話だ」

 

その23:使うもの(楽器等)でこのメーカー!ってこだわりある?

ラム「またしてもメタ発言になるけど、異世界なので次行こう」

 

その24:今は何処のメーカー使ってる?

ラム「異世界……」

リリス「いせかゆい……、うま……」

 

その25:ここのこれがメチャ欲しい!ってある?

ラム「特になし」

ユコ「もっと多機能のシンセが欲しいですわ」

 

その26:バンドをしてて一番良かった事

ラム「みんなと知り合えたことかな」

リリス「それは異論ないわね」

 

その27:バンドをしてて一番悪かった事

リリス「人前に立つと、トラウマが甦って……」

ラム「克服していこうね。僕は、うまくギターが上達しなかったことかな」

ソニア「だからラムはドラム叩いているのがいいの」

 

その28:バンドをしててもらった一番嬉しかったもの

ラム「みんなは何かもらった?」

リリス「夢をもらえたわ」

ラム「なんか詩人だね」

 

その29:バンドをしててもらった一番嬉しくなかったもの

ラム「とくに何ももらってないしなぁ。みんなは何か嫌な物もらった?」

みんな「(首をかしげる)」

 

その30:嬉しかったファン

ラム「帝都では人気だよ、学校やポッターズ・ブラフではまだマイナーだけど」

 

その31:嫌なファン

リリス「学校でライブした時に、私を見て……いいわ、やめとく」

ユコ「もうあんな奴らのこと気にしないでおきましょうよ」

ソニア「胸ばっかり見ている人が居る!」

ラム「それは仕方ないだろう……」

 

その32:励みになった言葉

リリス「腕はいいんだから、慣らしていこうよ、だね」

リゲル「…………(遠い目)」

ラム「どうしたリゲル」

リゲル「なんでもない、気にするな」

 

その33:凹んだ言葉(悪意の無い)

ラム「うるさい、かな。ソニアに言われた」

ソニア「えー? あたしそんなこと言うわけないよ!」

ラム「ネトゲ廃人になりかけた時に言ったくせに……」

ソニア「覚えてない!」

 

その34:凹んだ言葉(嫌味、罵倒、中傷など)

リリス「はぁ……」

ユコ「だから、もう気にしないの」

 

その35:対バンしたいバンド

リリス「J&Rとやってみたいわね」

ラム「半分かぶってるぞ」

リリス「ジャンやあなたの妹の演奏、聞いてみたいの」

 

その36:このバンドorこのジャンルの奴とは対バンしたくない!

ソニア「パロディーズ」

ラム「いや、それ世界違うし」

ユコ「たぶん私達は、フォークソングとは合わないと思うんですの」

 

その37:音楽会社から誘いがきたら?

リリス「願ったり叶ったりだわ」

ラム「いやぁ、僕はずっと音楽やっているわけにはいかないからねぇ」

ソニア「ラムが行くなら行くよ、行かないなら行かない」

 

その38:自分のバンドのHPもってる?

ユコ「作ってもいいですの?」

ラム「ご自由に」

 

その39:自分のバンドのいいところ

ラム「みんな仲良し」

 

その40:自分のバンドの悪いところ

ラム「気が付いたら雑談部になってる」

リリス「ボーカルは私だけでいいのに、余計な者が居るところ」

ソニア「むっ! 嫌味な魔女が居て、イメージダウンしているところ」

ラム「はいはい、喧嘩は部室の外でね」

 

その41:今のVoどう?

ラム「二枚看板だからな、帝都ではお互い客受けはいいぞ」

ソニア「あたしだけでいいのにね」

リリス「あなたは裏方に回って黙々とベース弾いてたらいいのよ」

リゲル「ソニアはうるさいだけだ」

ソニア「何よ!」

 

その42:バンドで一番重要だと思うパートは?

ラム「やっぱりボーカルだと思う。バンドの顔だからね」

リリス「いや、全部よ。みんなが合わさって、バンドなの」

ラム「いや、他のパートはうまい人が居れば代役できるけど、リリスやソニアの声は自身でしか出せないだろ?」

ソニア「そんなことない、あたしラムが叩かなかったらベースやらないよ? だからドラムが大事」

ラム「それは感情論だろ……。だから、次の目標は一人最低一曲はボーカル担当ね」

 

その43:ピアノ出来る!出来るようになりたい!

ラム「ピアノ弾いてる女の子って美しいよね」

ローザ「ありがとう」

ソニア「むっ、ローザ! あたしとパート交代しろ!」

ユコ「キーボードなら同じようにできますよね? 次から私がピアノしますわ」

ラム「お前ら……、ユコはともかく、ソニアはピアノ弾けたっけ?」

 

その44:自分達のバンドの成功or失敗のきっかけ(なるべく成功を…)

ラム「みんな元々上手かったんだよ。リゲルとか、今すぐにプロでもやっていけると思う」

ユコ「ラムリーザ様がしっかりとプロデュースとマネジメントしてくれたからですわ」

リリス「ラムリーザがジャンと親友だったのも大きいと思うわ」

 

その45:自分は音楽が好きで×2たまらないバンドおたくだ!

ラム「いや、そこまでは……」

リリス「ゲームと天秤」

ソニア「同じく」

ロザリーン「嗜みです」

 

その46:音楽理論は好き?

ラム「そういうもの、あるのか?」

ユコ「私は興味ありますわ」
 

その47:1日どれくらい練習する?

ソニア「ゲームやってないときは練習するかな」

リリス「ゲームやってないときは練習するかな」

リゲル「ゲームやってないときは練習するかな」

ラム「お前ら……、リゲルまで……」

ローザ「ピアノなら1時間は弾きますよ」

ラム「ロザリーンが最後の良心だった」

 

その48:練習どう思う?

ラム「ソニアとのコミュニケーションの一つだからね」

ソニア「いつも一緒に練習してるよ」

リリス「うらやましい……」

ユコ「私は練習より楽譜作成の方が好きですの」

 

その49:もし1日なれるとしたら誰になる?(アーティストで)

ラム「異世界なので次行こう」

 

その50:もしなんでも治せる呪文があったら何処を治す?(音楽に関わることで)

リリス「過去のトラウマ……」

ラム「指先を器用に……」

ソニア「胸が邪魔……」

 

その51:ライブ衣装ある?(何着?作る?買う?)

ラム「今は学校の制服で統一しているよ。学生バンドってことで」

 

その52:ライブで着る物のこだわりはある?

ラム「こだわりはないなぁ」

ソニア「だったら変えようよ!」

ラム「やっぱある。グループの統一感ということで」

 

その53:バンドメンバーで大変なことになった人いる?

ラム「リリスが……、いや、もう慣れたからいいんだけど、最初は大変だった」

リリス「ごめんね、そしてありがとう」

 

その54:メンバーとの連絡はもちろんメール

ラム「今はそうだね。以前は電話だったけど」

 

その55:もしも携帯を持って無い人が加入したら?

ラム「リリス達に勧められるまで、自分が持ってなかったし……」

 

その56:上手さと人間性どっちとる?

ラム「人間性かな」

ソニア「うん」

ユコ「上手いだけなら機械でもできますわ」

 

その57:売れるならなんでもする。

ラム「えーと、ソニアやリリスのヌード写真を添付したら確実に売れるけど、どうする?」

ソニア「しない」

リリス「しない」

 

その58:バンド関係の人に恋愛したことがある

ラム「きっつい質問だな、次行こう、次」

リゲル「逃げるな、ラムズハーレム」

ラム「うるささ」

 

その59:G.B.Dr外すならどのパート?(今のメンバー関係無しに音楽性で)

ラム「ドラムなくても、アコースティックバンドで成り立つんじゃないの?」

ソニア「やだよ、ラムが叩かないならあたしもベース弾かない」

リリス「そうしたら、ラムリーザは何をするのかしら?」

ラム「メインボーカル」

ユコ「……それもありかも」

 

その60:バンド仲間には隠し事をしていない

ラム「してないよ」

ソニア「親には隠し事しているくせに」

ラム「お前のせいだろうが!」

ユコ「リゲルさん、校庭ライブの時に客が言ってた踊り子ちゃんって何ですの?」

リゲル「知らんな……」

 

その61:バンドはみんな仲良し!

ラム「それだけは自信を持 って言えるかな」

ソニア「リゲルが怖い」

ラム「おおっと」

 

その62:ライブスタート5分前!きゅ!きゅうにお腹が!どうする?(いいわけも)

ラム「普通に便所行くよね?」

ソニア「うん、またおもらししたくないもん」

ユコ「また?」

ソニア「あ、なんでもない!」

 

その63:暇な時はもちろんイメトレ

ラム「草原で昼寝に限る」

リゲル「俺は暇つぶしに弾くぞ」

ソニア「ゲームするよ」

リリス「ゲームするよ」

 

その64:音楽雑誌毎月買ってる?

リリス「ゲーム雑誌なら買ってるわね」

ラム「音楽雑誌ってあったのか……」

ユコ「気になる記事があった時は買ってますわ」

 

その65:自分は売れる才能がある

ラム「あると思う人挙手しなさい」

ソニア「はいっ!」

ラム「一人だけか? みんな自信持てよな」

リゲル「うぬぼれたくないだけだ」

 

その66:俺って天才かも!っと思った瞬間

ラム「僕は無いね。天才だと思う人は挙手しなさい」

ソニア「はいっ!」

ラム「一人だけか? みんな自信持てよな」

リゲル「うぬぼれたくないだけだ」

ラム「まぁ、ソニアのこの強気な所はいろいろと助かる」

 

その67:俺って最悪…っと思った瞬間

ラム「僕は無いね。最悪だと思う人は挙手しなさい」

ソニア「はいっ!」

ラム「……こいつ、何も考えてないだけだった」

 

その68:ZONEの曲は余裕でコピーできるよね?

ラム「異世界の話だし、作者も知らんらしいので次へ」

 

その69:Whiteberryも出来るよね?

ラム「ひとつ前の質問と同じ」

 

その70:スタジオでは必ず休憩をとる

ラム「部室の事か? 練習とソファーで駄弁ってるのが半々だからなぁ」

 

その71:曲作りはすべて人任せ

ラム「これは、ユコ任せ。ただのコピーじゃなくて、アレンジまでできるってすごいよな」

ユコ「そんな持ち上げないでくださいましー」

ソニア「オリジナルソングは?」

ラム「ACT2でネタにするから今はノーコメント」

 

その72:これから、また曲を作ろうと思う

ラム「新曲作ってみたいよね、ACT2でネタにするけど」

リリス「あなた、98のロケットおっぱいがどうのこうのって歌ってなかったかしら? あれはオリジナルじゃなくて?」

ラム「あれでいいのか?」

ソニア「いいわけ無いじゃない!」

 

その73:お前ら!これだけは絶対聴いとけ!!ってCDある?

ラム「異世界だし……、それに、CDよりレコードが主流な文化にしたいらしい」

ソニア「オールディーズの時代をイメージしているからねぇ」

リリス「シャングリラ・ナイト・フィーバーのイメージは?」

ラム「あれは、ハンブルグのスタークラブでのビートルズのライブをイメージしているらしい……」

リゲル「裏設定話になっとるな」

 

その74:音楽は自分の何番目?

ラム「草原で昼寝の次だから二番目かな」

ソニア「ゲームの方が好きだから二番目」

リリス「同じく」

リゲル「俺はギター弾くの一番でいいぞ」

ユコ「私も楽譜書くのが一番だから一番ですわ」

ローザ「ピアノが一番かなぁ」

ラム「リリスは歌手やギタリストより、プロゲーマー目指せばいいと思うよ」

 

その75:音楽と異性どっちとる?

ラム「危険な質問だな……、僕はソニアとドラムならソニアを選ぶということで」

ソニア「ラムに決まってる」

リリス「そうねぇ……」

ラム「ヤバいから次行こう」

リゲル「ふっ、ラムズハーレムだからな」

ラム「うるささ」

 

その76:MC好き?

ラム「演奏の合間の司会でいいのかな? それなら僕が、次はだれそれのなになにを歌いますって紹介するけど。つまり僕の事かな」

ソニア「それなら好き」

リリス「好きね」

ユコ「好きですわ」

リゲル「ラムズハーレムになったな」

ラム「しまった、ひっかけ問題だったか!」

 

その77:ライブで曲をとめてしまった事がある

リリス「…………」

ラム「大丈夫、あの時の事ならとっさの機転でソニアにフォローさせたから気にしないで」

 

その78:初ライブ何歳?どこで?

ラム「14歳でシャングリラ・ナイト・フィーバーで……」

ユコ「その年で国内でも有名なクラブで?」

リリス「……コネって恐ろしいね」

リゲル「俺の場合はライブとなると、オーバールック・ホテルでの6月のパーティ会場でだな」

ローザ「バンドとしてなら私もそれですが、ピアノコンクールなら4歳の時から…」

 

その79:自分のパート以外で上手くなれるとしたらどのパート?

ラム「苦しいな、たぶん打楽器以外は無理だと思う……」

リリス「みんな自分のパート専念だと思うわ」

ユコ「指揮者ならできるかも……」

 

その80:中古派?新品派?

ラム「新品だな。あえて中古を買う必要ないからね」

リゲル「それは同感だ」

ローザ「うん、そうですね」

リリス「このブルジョワ集団め……」

 

その81:音楽の話と普通の話どっちが楽しい?

ラム「音楽の話、あまりしないよな。こいつらゲームの話ばっかりしてるし」

リリス「あなたはジャンとどんな話していたのかしら」

ラム「あの子は顔が良いとか足が綺麗とか、女の話していた記憶が……。例えば、見ろ、いい女だぜ。お前どっちを選ぶ? とかね」

ユコ「えろすけ」

リリス「えろすけ」

ソニア「えろすけ」

ラム「突然反旗を翻された?!」

 

その82:バンドがこの世から無くなってしまいます。どうしますか?

ラム「ん~、僕は何も変わらないかな?」

ローザ「元々一人でピアノ弾いていましたので別に……」

リゲル「俺もずっとソロだったから気にしないな」

ソニア「ゲームするよ」

リリス「私も」

ユコ「バンド無くても作曲はできますよね?」

 

その83:コンピューターで音楽を作ってるのはどう思う?

ユコ「打ち込みならやってみたいと思ってますわ」

 

その84:モーニング娘は音楽だと思う?

ラム「異世界の話だし、作者もあまり知らんみたいなんだよね」

ソニア「あいうぉんちゅー、あいにーどぅーだっけ?」

ラム「さぁ……」

 

その85:今注目アーティストは?

リリス「ラムリーズでいいんじゃない?」

ラム「大きく出ましたな」

 

その86:自分と同じくらいのLVだと思う人

ラム「難しい質問だね。異世界の話でいいかな?」

リゲル「デビュー前の、ハンブルク遠征時代のビートルズイメージしているからそのくらいか?」

リリス「それって、結構すごいってことにならない?」

その87:自分の楽器愛してる?

ローザ「当然。バスト叩きつけるなんてどうかしてます!」

ソニア「だからあの時はごめんってばぁ……」

ラム「まぁ、みんな楽器は大事にしろよ」

 

その88:自分の楽器に名前を付けるなら?

ラム「ぽこたん」

ソニア「でとどん」

ローザ「ぴっころとぽろん、それぞれオカリナとピアノね」

ユコ「パップラドンカルメ、鍵盤ってところね」

リリス「竜王バハムート」

リゲル「…………くだらん」

ラム「リリスのが意味不明だね」

 

その89:音楽以外での最近のおすすめは?

ラム「昼寝だね」

ソニア「ゲームだね」

リリス「ゲームだね」

ユコ「ゲームですわ」

リゲル「ゲームだな」

ローザ「ゲームかな」

ラム「お前ら……、もう電脳部行けよ……」

 

その90:気分転換のしかたは?

ラム「昼寝かな、敵襲以外起こすな。あ、ゲームの人は回答しなくていいよ」

その他「…………」

ラム「お前ら……」

 

その91:壁にあたったらどうします?

ラム「そのうち何とかなる」

ソニア「爆弾仕掛けて破壊する」

リリス「ドリルで穴をあける」

ユコ「はしごをかけて乗り越えますわ」

リゲル「穴を掘って潜り抜ける」

ローザ「壁に沿って歩いて壁がなくなったところで回り込みます」

ラム「いや、そういう物理的な壁って質問じゃないと思うぞ……」

 

その92:打ち上げ好き?

ラム「どっちでもないかな」

ソニア「好き! おいしいものたくさん食べたい」

リリス「クラブでの演奏後、そこで取ってる晩御飯が打ち上げのようなものね」

リゲル「あまり好きじゃないな……」

 

その93:打ち上げはやっぱ酒でしょう!?

ラム「みんなまだ未成年だから……」

 

その94:VOへ一言

ラム「二枚看板頼んだぞ、君たちが顔だからね」

 

その95:Gへ一言

ラム「リリスはもっと目立って、リゲルは堅実に」

 

その96:Bへ一言

ラム「僕ら二人は息ぴったしだよな」

 

その97:Drへ一言

ラム「ってか、僕だけしかしゃべってない? みんなも何か一言言えよ」

ソニア「Dr.ラム、ドクターラム。マッドサイエンティスト、うひょ」

リリス「怪しいわね……」

ユコ「お医者さんごっこをやるんですの?」

ラム「…………」

 

その98:その他パートへ一言

ラム「楽譜提供ありがとう、綺麗な音色をありがとう」

 

その99:あなたにとってバンドとは?

ラム「趣味の一つ」

 

その100:みなさんありがとうございました。最後にみんなに一言

ラム「ってかさ、最後の方は僕だけしかしゃべってないよね?」

リリス「なんだか疲れてきたわ」

ソニア「飽きてきたし」

ラム「言い出しっぺが何をぬかすか! 最後まで責任もってだな」

ユコ「責任はリーダーにありますわ」

ラム「何の責任? これって雑談部の活動だよね? 部長はリリスだろ?」

リゲル「おい、もう帰ろうぜ。駄弁っているだけで、全然練習しないじゃないか」

ラム「全面的に同意、もう帰る。そもそも雑談部の部員になった記憶はないしな。それじゃあ、ばいばい」

ソニア「あ、待ってよぉ~」

ローザ「それではみなさんお疲れ様です。それではご機嫌よろしゅうございます」

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 目次に戻る

新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記