home > 物語 > > シャングリラ・ナイトフィーバー一号店最終話

シャングリラ・ナイトフィーバー一号店最終話

 

 今日は終末、帝都にある一流クラブ、シャングリラ・ナイトフィーバーでライブ演奏をする日だ。そしてこの日のライブでは、二つの大きなイベントが用意されていた。

「今日は、二つのメインイベントがあります」

 ライブの開始前に、進行のジャンもそう紹介していた。

 しかしイベントの前は、いつものノリで行こう!

 ラムリーザは、いつものようにラムリーズを率いて、ライブを開始した。今日のメニューは、意図的に総集編とも言えるように、これまでに観衆受けがよかったものを選別していた。

 また、今日はユコの参加する最後のライブでもあった。来週末にはユコは新天地へと旅立ってしまう。結局、今後もライブだけでも参加するという話は、うやむやになってしまっていた。

 そんなこともあり、ユコはこれまで一年間の事を思い出しながら演奏していた。思わず涙ぐんでしまうが、メインボーカルではないので涙声を披露することはなかった。

 

 観客席には、レフトールとマックスウェルの二人の姿があった。

 この二人は一流クラブの客としては似つかわしくないが、ラムリーザの友人であるということで、特別に入館を許されたのだった。

「これがあるから力のある人につくのはやめられねぇよな。ラムさん最高だぜ、ここの飯もうまいよなぁ。ほらマックスウェル、お前ももっとノリノリにだな、飯もうまいぞ」

「食うのか踊るのか、どちらかに絞った方がいいと思うけどなぁ」

 マックスウェルは、落ち着いた感じでステーキにナイフを入れながら、同じようにナイフを扱うが縦ノリしながら落ち着かない友人に答えた。

「腰振りながら肉を食うのも難しいもんだな」

 身体を揺らしながら食事をするものだから、周囲に飛び散らかせて汚い。

「おいレフ、変なことしてないで、ステージで演奏しているあのおっぱいちゃんを見てみ」

 マックスウェルは、ステージをフォークで差しながら注目させる。

 レフトールが目をやると、そこにはノリノリで演奏するソニア。リズム良く縦ノリするたびに、その大きな二つの風船が――。

「おお、おっぱいちゃん!」

「おっぱいちゃん!」

 レフトールが叫ぶと、すぐ側の席からも同じような叫び声が上がった。

「なんだ? お前もおっぱいちゃん好きなのか?」

 レフトールが振り返ると、そこには同じようにソニアを見つめている一人の娘が居た。

「ソニアのおっぱいは私のものだからね!」

 そう宣言したのは、ソニアが去年まで帝都に居た時の友人メルティアだ。

「いや、あれは俺のものだ。ラムさんが飽きたら俺に譲ってくれることになっている」

 そうはなっていない。五百年もすれば流石に飽きるとは言っていたが、五百年である。ありえないという意味だ。

「いや私の!」

 変なところで、レフトールとメルティアのにらみ合いが始まってしまった。

 マックスウェルは、「あほらし」とつぶやきスープをすすった。

 

「みなさんありがとう、それではラストタイトル、さよならのかわりに行きます!」

 ラムリーザの司会で、ラムリーズのラストナンバーが始まった。

 

 みんなで見つけたたくさんの思い出が、瞼に浮かんで思い出す~

 

 それを聞いて、ジャンは「あれ?」と首をかしげる。

 ジャンの記憶では、ラムリーズのラストナンバーは、毎回「きーらきーら」であった。だが思い返してみれば、先月辺りからその曲をやらなくなっていた。

 実はあの大寒波の日に、雪の降る寒さに懲りたソニアは雪が嫌いになり、雪を歌った「きーらきーら」をレパートリーから外していたのだが、ジャンはそんなことを知る由も無かった。

 

 みんなで誓おう、さよならのかわりに~

 

 こうしてラムリーズのラストナンバーは終わった。

 ソニアとリリスの二人は、奇麗にはもらせて気持ちよく歌っていたが、それがまたしてもユコの用意したエロゲソングである、ということを知っていなかった。

 知るのは楽譜起こしをしたユコと、そのゲームを知っているリゲルのみ。観客の中には知っている人も居るかもしれないが、こういった曲をやるのもラムリーズの特徴だと今では受け入れられていた。

 

「さて、今日はみなさんにお知らせしたいことが三つあります! メインの三つ、一つずつやっていきましょう!」

 数グループのライブが終わり、一段落したところでジャンはメインのイベントを持ってきた。イベントを挟んで、ライブの後半に移るという意図と、電車で遠くに帰る必要のあるラムリーザ達は、最後まで残れないというのを考慮したプログラムであった。

「増えたね」

 ラムリーザはつぶやいた。それを聞いたソニアが、ステージに野次を飛ばす。

「最初二つって言ったのに、三つになった!」

「今日は、三つのメインイベントがあります!」

 ソニアの指摘を受けて、ジャンは強引に三つと宣言しなおした。ソニアはまだ何かを言いたがっていたが、ラムリーザは袖を引っ張って押しとどめる。

「それでは早速一つ目! 皆さんにすっかりお馴染みのラムリーズですが、今日で学業上の都合により卒業となりました。それではユコ、ステージへどうぞ」

 ジャンの誘導で、ユコはステージへと上がり一礼し、ジャンは話をつづる。

「彼女はこの春から、新天地へと旅立つことになりました。お別れは寂しいけど、出会いの数だけ別れはある、偶然ではなく必然なのです」

「ジャンさん、なんだかよくわからないですの」

 ユコに指摘され、ジャンは慌てて「と、とにかくお疲れ様!」と締めくくった。

 ユコは笑顔で観衆に手を振り挨拶をした。

「ええと、ラムリーズを結成して以来、今日まで一年弱、ラムリーズ及びユコのために、絶大なるご支援を頂きまして、ありがとうですの」

 ユコは、ジャンから受け取ったマイクを手に、お別れの挨拶を述べ始めた。

「私は、今日、引退を致しますが、我がラムリーズは永久に不滅です!」

 ユコは力強く言い切ったが、観衆の一部ではザワザワとし始めていた。またエロゲか何かのパクり演説だろうか?

「力強い、本当に力強い、ユコのお別れの挨拶でございました」

 とりあえずジャンの締めの言葉で、ユコのお別れ挨拶は終わった。あとは、餞別の花束などプレゼントが渡されている。

 ラムリーザもステージに上り、ユコにプレゼントを渡す。真珠で出来た首飾りで、先端には大きなムーンストーンがはめ込まれている。

「ソニアもこういうの好きだし、ユコもこれで喜んでくれれば、と思って用意したよ」

「うわぁ、ありがとうですの」

 ユコは受け取った宝石を少し見て、「ん?」と首をかしげた。

「何か変だった?」

「ラムリーザ様、これ、誕生日に頂いたものと同じですわ」

「…………」

 ラムリーザは、誕生日のことを完全に忘れていた。そもそもこれまで誕生日を祝うという概念の無かったラムリーザだから、ユコの誕生日のことは、どうしても印象が薄れてしまっていたのだ。

 周囲から笑い声が上がり、ラムリーザは顔を赤くしてうつむいてしまった。

「あ、いいですの、同じ金のネックレスをたくさんジャラジャラとつける人も居ますし、私も首飾りたくさんつけますわ」

 尊敬するラムリーザがうろたえるのを見て、ユコは慌ててフォローする。

「あたしはこれ!」

 丁度いい具合に、ソニアもプレゼントを渡しにステージへやってきた。なにやら大きな包みだ。

 ユコが包みを開くと、ずんぐりむっくりとした、帽子をかぶった白いぬいぐるみが現れた。

「あ、ココちゃんぷにぷにクッション!」

 そういえば、ユコはこのぬいぐるみを欲しがっていた。

「そう、ココちゃん。ぬいぐるみじゃなくてクッション。でもあげるわけじゃないからね、次にまた会う日まで貸してあげる。ココちゃんをあたしだと思って可愛がってね!」

「つまり、ソニアは人間じゃなくてぬいぐるみということな」

 ソニアの面白い行動に、ラムリーザはいつもの余裕を取り戻していた。

「違う! クッション!」

 ソニアの返事は、意味不明だった。

 リリスとロザリーンは、無難に花束。そしてリゲルは、小さな包みをユコに手渡した。

 ユコが包みを開き、「あっ、チョコレートですの!」と驚いた。

 リゲルは、オークション事件のときにソニアに、チョコレートをプレゼントして機嫌を直したのを覚えていて、今回は餞別品として使ってみたのだ。

「あたしもチョコレート欲しい」

 などとソニアはリゲルにせがむが、リゲルはさっさとステージを降りていってしまった。

「そして二つ目!」

 ユコの餞別が終わり、ジャンは次のイベントへと移った。

「ラムリーズは今日の演奏を持って、この一号店ではお別れとなります。彼らには、この春からは二号店を主戦場としてやっていってもらう予定です。ラムリーズに会いたい方は、ぜひとも新開地、フォレストピアへお越し下さい!」

 観衆から、「アンコール!」の掛け声が響き渡る。

 ラムリーザは、ジャンに促されて一曲だけ演奏することにした。

 

 き~らき~らか~がや~く雪が~

 

 結局歌うのか、雪はもうコリゴリじゃなかったのか?

 ソニアが言うには、雪は嫌いだけどそれはそれ、これはこれ、歌は好き。

 ならばなぜここ一ヶ月ほどレパートリーから外していたのか? という話になるが、もうどうでもいいや。

「そして最後のお知らせです」

 ジャンは一呼吸置いて、最後のイベントを発表した。

「最後はこの俺、ジャン・エプスタインも二号店の支配人見習いとして本格的にやっていくので、一号店の皆さんとはお別れです。この一年、一号店で学んだことを生かして二号店、俺の店を、俺のやり方で発展させていこうと考えておりますので、どうか遠い地での俺の活躍を、応援して下さい。そして、俺に会いたい方は、ぜひとも新開地、フォレストピアへお越し下さい!」

 最後の締めは、先ほどと同じ内容になってしまった。

 こうして、ジャンのとラムリーズの移動、ユコのお別れが発表され、三つのイベントは終わりライプは後半戦へと突入していった。

 これらの一連の流れは、二階の一般観衆席からソフィリータも見ていた。

 ソフィリータは、年末にラムリーザにライブに誘われて以来、ちょくちょく見に来るようになっていた。

「ユコさんかぁ。美人の後釜が勤まるかどうかはわかんないけど、次の春からは私がなんとかしようかな。ちょうどリザ兄様と同じ学校に行くことになったしね。ギター弾けるから、ユコさんの穴は別の方面からフォローできるわ、そう思うでしょ? ミーシャ」

 ソフィリータは、一緒に見に来ていた友人ミーシャを振り返って言った。

「ソフィ……」

 ミーシャは、意味ありげな表情を見せて答えた。ただし、声色は相変わらず甘ったるい。

「なあに?」

「あたしもあのラムリーズに加わるかも……」

「えっ? 何だって?」

 ミーシャは小さくつぶやいたので、ステージで演奏しているライブの音にかき消されてソフィリータにはいまいちよく聞こえなかったみたいだ。

 

 人々の様々な思いを残したまま、ラムリーズのシャングリラ・ナイトフィーバー一号店での出来事は、これで終わったのだ。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 フォレストピア創造記