(更新中)フォレストピア創造記 第二章 第四節 ~パタヴィア編~

  
あらすじというか概要
 フォレストピアに奇妙な事件が発生。
 なにやらクッパという者に、購入した「クッパの」という食べ物を奪われるというよくわからないもの。
 クッパとはクッパ国に関係あるものなのか?
 ラムリーザたちはその原因を探るべく、滅びたはずのクッパ国跡地へと向かう。
 そこには、パタヴィアという新しい町ができていたのである。
 
 
 
物語は、基本的に日付に沿って一日一話といった具合に進展していきます。(一部、この形式はぶっこわれます)
タイトルと分類で話の内容が分かるようになってます。
文字数は一話の長さの目安です。
なお、この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。←これ重要だからね!
 

 
目次

物語の日付 タイトル 分類 文字数
12/26(木) クッパの? クッパのパ? 日常 5277文字
12/27(金) クッパの被害者の会 日常 6394文字
ユライカナンのイシュト嬢 日常 6845文字
12/28(土) 謎が膨らむばかり 旅路 4936文字
北上の車旅 5119文字
パタヴィアらうめん 5375文字
羽ばたく亀亭 5172文字
12/29(日) 怪しげな雑貨屋、ムェット店 パタヴィアにて 4936文字

 
→ Chapter2_Topへ
 

Posted by 一介の物書き