home > 物語 > > ラムリーズ始動! それは新たなる騒動の幕開け?

ラムリーズ始動! それは新たなる騒動の幕開け?

 

 この日の放課後、ラムリーザは友人達が動き出す前に声を掛けた。

「あー、ちょっといいかな。あ、リゲルも部活に行くのちょっと待ってくれ。みんなに話があるんだ」

 ラムリーザは席を立ち、窓際に立つ。そうすることで、周囲に居る全員が視界に入る。

 席替え時に一箇所に固まるように席順を決めたので、こういう時はやりやすい。

「君達は、シャングリラ・ナイト・フィーバーを知っているかな? まぁ、ソニアは知っているはずだけど」

「知ってますわ、帝都で有名なクラブじゃなかった……かしら?」

 答えたのはユコだった。

「私は名前しか知らないけど、リリスが将来ああいう所で演奏できたらってよく言ってましたわ」

「ああ、バンドがライブやってるらしいな」と、リゲル。

「そこでだ。昨日、中学時代の友人に会って、あーそいつ、そこの経営者の息子なんだ。それで、バンドのグループが足りなくなったからということで出演を頼まれたんだ。よかったらやってみないか?」

 ラムリーザはそう言って昨日の話を切り出した。もしみんなが尻込みするようだったら、自分だけで行くつもりだったが。

「や、やるっ、やるよっ」

 うわずった声で同意したのはリリスだ。普段の落ち着き払ったような雰囲気ではなく、少し興奮しているようだ。

「ユコ、やるでしょ? いいね?」

 リリスはユコに同意を求め、一旦言葉を切り深呼吸して、いつもの落ち着き払った声で続けた。

「そうと決まれば練習ね」

 短く言って、一人席を立ち教室を出て行った。だがその様子が、早足というか小走りなのは、やっぱり気分がうわずっているのか?

「お前らが真面目に取り組むのだったら、俺はやってもいいぞ」

 腕組みして、リゲルはある一点に冷たい視線を向けたまま述べた。

「な、なんであたしを睨むのよ!」

 何故かリゲルに凝視されたソニアが文句を言う。

 リゲルは、バンドはやりたいが、やはり雑談部に嫌気が差していたようだ。

 その雑談部の中心人物が、その睨み付けた先だとでも言うのだろうか。確かにソニアは、声が高くてよく響くので、雑談していたら一番目立つ存在になるのだ。

 ラムリーザは、リゲルがそういうお花畑な雰囲気を嫌うのが、先日新開地をみんなで見に行った時からなんとなく察していた。

「あたしはラムがやるなら一緒にやる」

 リゲルに睨みつけられたのが不満なのか、投げやりに口走った言葉はいつもの反応だ。ラムリーザと一緒がいい、それがソニアのいつもの反応である。

「あとは、ユコとロザリーンだが……」

「リリスがあの調子だと、私もやるしかないですわね。クラブで演奏かぁ……」

「あの、私はとりあえず両親と相談してから……」

 ユコは自由でいいけど、お嬢様――首長の娘――となると、そう簡単に動けないのだな、とラムリーザは思い、あれ、そういえば自分はこんなに自由にしていてもいいのかな? と考えるのであった。

 確かにラムリーザは親元を離れて、同じく親元を離れたソニアと同棲しているという自由な身分なのだ。

 

 この日の部活は、雑談部ではなくとりあえず軽音楽部としての体裁は整っていた。と言っても、曲を決めなければまとまらない。

 リリスとソニアは二人で何かやろうとしているようだが、交互に即興演奏をやっているにすぎない。

 そして自己主張の強い二人は、まるでカラオケの喧嘩のようにマイクの奪い合いと、段々雲行きが怪しくなってくる。

「あなたベースでしょ? でしゃばらないで裏方に回りなさいよ」

「あたしの方が声がいいんだから、あたしが歌ったほうがいいって」

「そうかしら? キーキーうるさいだけにしか聞こえないけど」

「ちょっ、なっ、うるさいって何よ!」

「あー、うるさいうるさい。リードボーカルはやっぱり客を虜にするように歌わなくちゃ」

「あたしの歌声でも十分虜にしてみせるわよ!」

「あなたの場合、歌声じゃなくてそのおっぱいで虜にするんじゃなくて? そんなに胸元広げていて、ふふっ」

「あっ、笑った! ボタンが閉まらないんだからしょうがないじゃない! 広げたくて広げてるわけじゃないのに!」

 マイクの奪い合いが、本格的な口喧嘩のようになってくる。

 それを傍から聞いていると、ソニアが一人で騒いでいるようにしか聞こえないのだが。この辺りが、リゲルに睨まれる要因なのだろう。

 そんな二人は置いといて、ラムリーザはユコに「ひとまず現存する全てのスコアを持ってきて欲しい」と伝えておくのだった。この場合、楽譜作成を趣味にしているユコの存在がありがたかった。

 今日は、やる気を出してくれただけで収穫有りということにしておくことにした。

 

 

 夜、夕食を終えてくつろいでいたラムリーザは、下宿先の屋敷の使用人に呼ばれた。ラムリーザ宛の電話がかかってきたようだ。

 電話の相手は、昨日会ったジャンだった。

「どうだ? 昨日件だけど、返事は決まったか?」

「うん、決まったよ。こっちでグループ用意するよ。多分五人か六人になるかな」

「なるほど、それはいい。そっちでもバンドやってたんだな」

「……まあね。ところで聞いておきたいことがあるんだけど」

 思わず今日から本格的にやりはじめた、と言いそうになるのを踏みとどまって話を進める。

 受け持つ時間や、楽器の用意が必要なのか等を聞いておくのだった。

 ジャンの話では、時間は一時間から二時間程。ラムリーザ達は平日は厳しいと思うので、シフトを調整して週末に入れるとのこと。楽器はクラブに備え付けのものでもいいし、持ち込んでも良いとのことだった。

「ところで、グループ名は何で登録する? 俺はもう出ないから、J&Rは使えないだろ」

 J&Rとは、去年までラムリーザとジャンが中心になって活動していたグループ名である。ジャンとラムリーザの頭文字だけを取った、単純なグループ名だった。

「ん、ラムリーズで」

 ジャンの何気ない問いに、ラムリーザも何気なく答える。去年まで、ソニアと妹のソフィリータとの三人で自宅セッションをやっていたときに冗談で付けていた名前を、とくに深く考えずに言ってしまっただけである。

「ラムリーズわかった。それじゃあ来月の二十五日に頼むよ」

「約一ヵ月後だね、了解」

 と言う風に、今日はいろいろと進展した一日でした。

 ちゃんとしたバンド活動が始まったっぽいけど、大丈夫だろうか。ソニアとリリスが早速争っているみたいだが……。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記