home > 物語 > > 湖に映った星空は、僕を天国に誘うよ

湖に映った星空は、僕を天国に誘うよ

 

 クリスタルレイクの夜は、避暑地だけあって涼しい。寝室の窓をあけると、湖の方から涼しい風が流れ込んでくる。いっそキャンプの間だけでなく、夏の間中過ごしてもいいかもしれない。

 湖脇のコテージは、このように快適な時間を過ごせるようにできていた。

 コテージには、寝室が三部屋あり、一つは四人用の大部屋で、残りは二人用の小部屋になっている。

 ラムリーザとリゲルが二人用の部屋を使い、ソニア、リリス、ユコ、ロザリーンの四人が大部屋を使っていた。

 

 ソニア達四人は、怪談話でのパニックからようやく立ち直って、普通に談笑できるようになっていた。いわゆるパジャマパーティというやつか?

 ユコは普通タイプの上下シャツとズボンのパジャマ。リリスは色っぽいネグリジェ。ロザリーンはナイトガウン。そしてソニアは、ゆったりとしたシャツに、いつものプリーツミニスカート。

「ソニアは寝衣に着替えないの?」

「着替えてるよ」

 ソニアの格好に、リリスが突っ込みを入れてきた。これは、以前ラムリーザも疑問をぶつけてきたことなのだが。

「プリーツで寝るの? 型が崩れない?」

「いいの!」

「……まあいいわ」

 ソニア曰く、寝衣用スカートなのだから、ほっといて頂戴ということらしい。ちなみに今夜も、昼間履いていたのとは違うスカートを履いている。

 そのまま会話は、自然と先程まで行っていた怪談についての話題となっていった。

「さっき外から聞こえた音は、何なのでしょうね?」

「うーん、霊が現れると、破裂するような音がするって聞いたことがありますわ」

「それはラップ現象ですね」

 だがしかし、ソニアだけは話題に入れず蚊帳の外状態だった。

「そんな音した? あたし全然知らないよ?」

「あなたはラムリーザとの悲劇の別れ話をして、自爆して自分だけ勝手に別のパニックに陥ってただけじゃないの」

「うぐ……」

 ソニアは、リリスの指摘で先程話した事を思い出して言葉を失う。

「ラムリーザ様にとって、ロザリーンルートが世間から見て一番順当なのよね……」

「それはさすがにソニアさんに悪すぎますね」

「もうその話はやめてよぉ……」

 ソニアは懇願したが、リリスはさらに追い討ちをかけてきた。

「――で、ソニアはいつになったらラムリーザと別れて、彼をフリーにしてくれるのかしら?」

 それを聞いて、ソニアはキッとリリスを睨みつけて、突然飛び掛っていき、ベッドの上で馬乗りになった。そして手元にあった枕を振り上げると、リリス目掛けて叩き付けてきた。

「あたしがラムと別れるのは687年後! せいぜい長生きすることね!」

 リリスは素早く身をよじって枕をかわすと、ソニアの胸元に手を伸ばした。そしてブラを引き下げ、胸の先端をつねりあげる。

「ふっ、ふえぇ……」

 ソニアが一瞬怯んだ隙に、リリスは身体を反らして馬乗りになっているソニアを振り落とした。それからリリスも枕を掴むと、ソニアに叩きつけるのだった。

 ソニアも負けていない。すぐに気を取り戻して、枕を使って下からアッパーカットのようにリリスの顎に強烈な一撃を放った。

 壮絶な枕戦争が幕を開けたのだ。

「何をやってんだか……」

 ロザリーンは、呆れたような目つきで二人を見て呟いた。

「リリスも性格変わりましたわね。……いや、仲間に恵まれたら本来はああいう性格だったのかもしれないのかな?」

 ソニアはともかく、リリスはもはや根暗吸血鬼の面影は残っていなかった。

 

 

 一方その頃、ラムリーザは二人部屋の寝室の窓から、外を眺めていた。

 窓からは湖を一望することができ、星明りが湖面にまるで鏡のように映って、幻想的な空間を演出しているのだった。

「すごい景色だねぇ、リゲルは良い所に別荘持ってるね」

 部屋の明かりを落としているので、外の景色が奇麗に浮かび上がっている。リゲルは、その暗がりの中でギターを抱え、ベッドの上で奏でながら答えた。

「俺は何度も見てきた景色だが、お前は感動できるだろう。どうだ? 詩でも作ってみろよ、歌詞になるかもしれんぞ。天国抜きでな……」

 ラムリーザは、星の映った湖面を見ながら、何となく思うがままに呟いてみた。

 

――星に包まれた 静かな夜

湖に映った星空は 僕を天国に誘うよ――

 

「こらっ!」

「何だよ、ユコじゃないけど、話の腰を折らないでくれませんですの? リゲル様」

「何がリゲル様だ。速攻で天国に昇るな」

「あれっ?」

 ラムリーザは、そんなつもりはなかったのだが、無意識のうちに天国というフレーズを使ってしまったようだ。気を取り直して、もう一度トライする。

 

――天国はきっと上も下も無い星の海なんだろうな――

 

「しょっぱなから使ってんじゃねぇ!」

「あれぇ?」

「もう一度やりなおしだ」

「ん……」

 

――天……、てん、てんまりてんてまりぃ――

 

「だめだ、やめるわ……」

「いっそ地獄の歌作ってみろ、その方がインパクトあると思うぞ」

 だが、ラムリーザはもう諦めることにして、ベッドの上にごろんと転がった。そして、しばらくの間、リゲルの奏でるギターに聞き惚れていた。

 

 夜の十一時を過ぎた頃、リゲルは弾いていたギターを床に置いて、ベッド脇のスタンドを消しながら「そろそろ寝るか」と言った。

「寝る時間か……」

「何だ? 何か気になるのか?」

 ラムリーザが、寝る時間を気にしている風に言ったので、リゲルは何かあるのか尋ねてきた。

「あいや、ん~……」

 ラムリーザは、ある予感がしていて、それが気になっていたのだ。突然その状況になっても慌てないように、あらかじめ話しておこうと考え、部屋の入り口のドアを見つめながら、少し決まりが悪そうな感じでリゲルに話し始めた。

「あのな、ソニアのことだけど……」

「ん? あいつがどうした?」

「何と言うか、ね、ひょっとしたら、たぶん無いとは言い切れない、というか恐らく来るけど」

「何だ? 話が見えんぞ?」

「ソニアが僕と一緒に寝るために、ここに来るかもしれないけど、その時はスルーしてやってくれ」

 ラムリーザは、意を決して一気に言い放った。

「……お前ら、まさか毎日?」

 リゲルは、以前ラムリーザから聞いていたので、二人が同棲していることは知っていた。

「ああ、自動車教習合宿でも毎晩来た。というか、途中から住み着いた」

「……で、やるのか?」

「いや、それはない。やりたいとか言い出したら叩き出す。ただ、寝るだけなら多目に見てやってくれということだ」

「ふっ、好きにしろ」

 とりあえず、突然その状況になってもリゲルを慌てさせないために、説明しておくことはできた。今夜はソニアは四人で居るから、ひょっとしたら来ないかもしれないけど、念の為だ。

「そういえば――」

 ラムリーザは、まだすぐに寝付けるといった状態じゃなかったので、少し気になっていたことを聞いてみることにした。

「ソニアの怪談になっていない怪談を聞いた時、すごく機嫌が悪そうだったけど、別れ話とか苦手だったりする?」

 ラムリーザは、あの時のリゲルの歯軋りや、いつもに増して激しい舌打ちを聞き逃さなかったのだ。

「ああ、あの話か……、あの話な」

「バッドエンドは不快だよね、やっぱり」

「殺傷沙汰は勘弁な」

「いや大丈夫だって。たとえソニアが話したような流れになったとしても、僕はソニアを手放さないから。ソニアの親を飛ばしても無駄だよ、ソニアは僕が責任を持って面倒見るから」

 少し強く出すぎたかな、とラムリーザは思ったが、親を説得できなければ駆け落ちする。ソニアを手放さない為なら、そのくらいの覚悟はあった。

 リゲルは、ラムリーザが語ったことに対しては何も述べずに、しばらくの間沈黙の時間が過ぎていった。

 部屋が静かになると、ラムリーザは先程よりもさらに、入り口のドアが気になりだした。突然開くのか、それとも一応ノックぐらいはしてくるのか。

 そんなことを考え、待てよこれじゃ僕がソニアが来ないかなって気にしているみたいじゃなか、とか思って、そんなことは無い無いと、一人で首を横に振っていたりするのだった。

「俺もそうすべきだったのかもしれんな」

 そんな時、リゲルが唐突に口を開いた。

「えっ? 何?」

 ラムリーザは思わず聞き返す。ソニアのことばかり考えていて、リゲルの事が頭から消えていたときに呟かれたものだから、一瞬何が起きたのか分からなかったりした。

「ミーナという名前を聞いたときは、焦ったな」

「え? ミーナって娘が昔居たの?」

「いや、ミーナではない」

 リゲルは、一旦言葉を切り、小さくため息を吐いて話を続けた。

「俺もあいつの話みたいに、親にやられたんだよな」

「なっ、えっ? それって……」

「実は去年まで付き合っていた娘居たんだけど、そいつはうちの親に無理矢理――」

 

ガチャリ――

 

 リゲルが語りかけたところで、突然入り口のドアが開いた。誰かが入ってくるのを感じて、リゲルは話すのをやめて、再び部屋に沈黙が訪れた。

 入ってきたのが誰かは、部屋が暗くてわからない。だが、窓から差し込む月明りで、シルエットだけは確認できた。

 なんですか? その胸からぶらさげた二つのスイカは。

 だが入ってきた人物は、入り口の傍から動かない。おそらく、いやほぼ間違いなく、部屋にベッドが二つあるから困っているのだろう。

 どっちに誰が居るのか分からない。当たりと外れ、しかしこの場合、外れはその人影にとってものすごく苦手な人物であった。

 ラムリーザは、このままでは埒が明かないので、指示してあげることにした。

「えーと、そっちから見て左側に僕は居るよ」

 ラムリーザがそういうと、ようやく入り口傍の人影が動き出した。ラムリーザのベッド脇にやってきて、すぐにもぞもぞと布団の中に入ってきた。それからごそごそと身体の位置を整えると、やがてスウスウと寝息を立て始めた。

 ラムリーザは、しょうがない奴だなと思う反面、何故か安堵している自分が居ることに気がついていたりした。

 右脇のこの感触。それはまるで麻薬のように依存性があるのかもしれない。

 そういうわけで、ラムリーザも何となく気が落ち着き、眠りの世界へ旅立とうとしているのだった。

 意識が途切れる瞬間、リゲルの舌打ちする音が聞こえたような気がした。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記