home > 物語 > > 合わせ眼鏡

合わせ眼鏡

 

「リゲル兄やん、明日の今頃はミーシャ、列車の中だね。帝都はやっぱり大きいのかなぁ」

「……すまん」

「えー、リゲル兄やんは何も悪くないよ。ミーシャ楽しかったよ、今までありがとっ」

「ミーシャ、俺はお前の事忘れないからな」

「うん、ミーシャも忘れないよ。んーとね、んーとね、あっこれ。いつかまた、このグラス一つにしようね」

 

 

 この日の朝、リゲルは使用しているモノクルを手にとって見つめながら、物思いにふけていた。

 実はこのモノクルは、最初からモノクルではなかったりした。元々は普通の眼鏡で、それを二つに分割した片割れなのだ。残りの半分は、今も手放していなければ、一人の女の子の首飾りになっているはずだった。

 リゲルは、去年まで付き合っていた娘と離れ離れになる時に、自分の眼鏡を分割し、一つはモノクルに、一つは首飾りにしたのだった。いつか再び一つにできることを夢見て……。

「合わせ石か……」

 リゲルは自嘲気味に、薄ら笑いを浮かべて呟いた。

「エロゲの設定をパクるとは、俺も馬鹿だな……」

 ふと隣のベッドに目をやると、ラムリーザに引っ付いて幸せそうに寝ているソニアが目に入った。リゲルはそれを見て軽く舌打ちすると、身支度を整えて寝室から出て行った。

 

 

 この日も湖で遊ぶことには変わりはない。

 ソニア達女の子四人衆は、今日は桟橋に泊まっていた手漕ぎのボートに乗って、湖の沖へと出て行った。

 透き通った水面を進むボートは、まるで鏡の上を滑っている様に見える。

 ラムリーザは一人、湖岸に腰を下ろしてその光景をぼんやり眺めていた。その手には、倉庫から見つけ出してきたゴムマリが握られていた。取り残されたわけではない。ボートがそれほど大きくないので、五人も乗るスペースが無かっただけだ。

「あいつら……、今日は沖釣りをしようと思っていたのに、勝手にボート使いやがって」

 遅れてコテージから出てきたリゲルは、ボートが無くなっているのに気がついてぼやいた。

「まぁ、そのうち飽きて戻って来ると思うよ」

「しょうがねーな」

 リゲルは諦めたように呟き、ラムリーザも肩をすくめてみせるのだった。

 その時、リゲルはラムリーザがゴムマリを握り締めているのに気がついた。そこで、ラムリーザから少し離れた所に移動して言ってきた。

「おい、そのボールこっちに投げろ」

 ラムリーザは、急に何だ? と思ったが、素直に立ち上がってボールを投げてみた。リゲルはボールを受け取ると、すぐにラムリーザの方へ投げ返してきた。

「えーと?」

「ボールという物は、握りつぶすのではなくて投げるものだ」

「あ、なるほどね」

 リゲルの説明を聞いて、ラムリーザは再びボールを投げ返す。リゲルは少しずつ距離を取る様に後退する。

 こうしてしばらくの間、二人はキャッチボールを続けるのだった。

 ラムリーザの投げる球は、力はあるが荒れ球。逆にリゲルの投げる球は、球威こそ無いが、正確なコントロールだ。

「リゲルって奇麗な球投げるね。ピッチャーとかやったら?」

「球速と球威が足らん。まぁ、女子供ならキリキリ舞いさせられるかな?」

「ソニア達と野球する?」

「興味ない」

 二人がキャッチボールしている間に、どうやらソニア達を乗せたボートは対岸まで行ってしまったようだ。ボートを岸に泊めて上陸しているのが、遠目になんとか見ることができた。

「あれじゃあ戻って来ないな、今回は船釣りはあきらめるか。おいラムリーザ、お前の所の別荘は、確か南海の孤島だと言ってたな? 来年はそこで船釣りさせてくれよ」

「それは良いけど――」

 ラムリーザが言いかけたところで、何か額に冷たい物が当たる感触がして言葉を止めた。

 気がつけば、先程まで青空だったはずの空が、いつの間にか曇天模様と変化している。

 ポツリ、ポツリ。雨だ。

 雨粒は、徐々に大きく、激しくなってきた。

「ふむ、夕立か。コテージに戻るぞ」

 リゲルはボールを投げるのを止めて、コテージの中へと戻って行った。

 ラムリーザもリゲルの後を追い、入り口の屋根の下に到着したときに、はたと気付いて振り返った。

 ソニア達は湖の対岸まで行ってしまっているのだ。薄暗くなって遠目に見づらくなっていたが、慌てた感じでボートに飛び乗って、こちらに戻って来ようとしているのがなんとか確認できた。

 四人とも水着姿だから濡れるのは平気だろう。しかし、身体は冷えてしまうかもしれない。

 雨はさらに強さを増してきた。

 ラムリーザはこのまま外に居ても仕方が無いと思って、コテージの中へ入って行った。

「リゲル、ちょっと早いけど風呂の準備してやってくれ。あいつらびしょ濡れになって戻ってくる」

「ふっ、俺のボートを勝手に使った罰だ」

 リゲルは、にやりと笑って言った。

「ロザリーンもびしょ濡れだよ」

 ラムリーザは機転を利かせて返答した。リゲルはソニアが困っても何とも思わないだろうが、ロザリーンとなるとそうも言ってられなくなるだろう。

 果たしてリゲルは「それはいかん」と言って、すぐに風呂の準備をするためにボイラー室へと向かって行った。

 その間にラムリーザはタオルを四枚用意して、ソニア達が戻って来るのを待っていた。

 

 

「濡女!」

「濡女はあなたでしょ?」

「濡れ魔女!」

「水も滴るいい女と言ってくれないかしら?」

「じゃあ外でずっと立っていたらいいじゃないの!」

「あなたはおっぱいが1メートルもあるから、下半身はおっぱいが雨を弾いてくれて濡れなくていいわね」

「うるさいちっぱい! 雨が当たらないほど酷いちっぱいは、雷様に上から何の抵抗も無くおへそ取られるんだ!」

「あらっ? おっぱいに滝ができてるわよ」

 しばらくすると、コテージの外から何やらお互いを罵るような言い合いが聞こえてきた。

 突然の夕立に打たれて、みんな気が立っているか? と思ったが、よく聞くと騒いでいるのはソニアだけ、それを挑発しているのはリリスだけ。平常運転だ。

 ラムリーザが放置していたら、いつまでたってもその掛け合いが終わらない。仕方なく、入り口のドアを開けて言った。

「何をしているんだね、君達は……」

 見ると、いきり立っているのはソニアだけで、リリスはそれを見てからかっている。ユコとロザリーンはそんな二人をどうしたものかと、困った表情で見つめているだけだ。

「あっ、ラム! このちっぱい濡れ魔女が、ずっと雨に打たれていたいんだって!」

「ソニアもこの夏初めてのシャワーで、身体洗えて気持ちよさそうね」

「あっ、なっ! 誰が初めてよ! 昨日露天風呂で洗った!」

「騒ぐな。んー、このまま入ってきたらリビングがびしょびしょになるな、そのままコテージの裏に回って風呂に直行しなさい」

「でもラム、この魔女が――」

「行きなさい」

「――はーい」

 なんとかなだめて露天風呂へ向かわすことに成功した。

 ん? 露天風呂? 雨だけど大丈夫か? とラムリーザは思ったが、屋根がついてたかな、とか思い出していた。

 

 コテージのリビングで、ラムリーザとリゲルはとくに何もするわけでなくのんびりとしていた。

 この二人はコテージにさっさと引き上げて、特に濡れていないので急いで風呂に入る必要は無かった。

 外はますます薄暗くなってきて、時折雷が鳴るようになってきた。

「これだけ雷鳴ってたら、ギター弾くのに邪魔だな」

「じゃあ歌を歌う?」

「歌ってみろ」

「光り輝く天国では――」

「ストップ、もういい」

 こんな感じに、ラムリーザとリゲルが、とくに生産性も無い会話をしていた所に、入浴を済ませた四人が戻って来た。

「雷がすごいんで、さっさと切り上げたよ」

「ん、それは賢明だな」

 それでもユコなどは、雷が鳴るたびに脅えているようだ。これはカーテンを閉めれば少しはマシになるかな。

 一方ロザリーンは、落ち着いて昼食の支度をしている。

「今日は魚は無いの?」

「お前らがボート勝手に使ったから、今日は無しだ」

「ほら、リリスが乗ろうって言うからリゲルが怒った!」

「何を言ってるのかしら、あなたが乗ろうって言い出したんじゃないの」

「言ってない! あたし泊めてあったボートに乗ってただけ! リリスが乗る? って聞いたから、うんと言っただけ! 乗るとは言ってない!」

 ソニアは、リリスに詰め寄ってまくし立てる。騒々しいったらありゃしない。

「屁理屈言ってないで、というかそれは乗るって言ったことだね」

 ラムリーザは、ソニアの腰を抱えてリリスから引き剥がした。

「やーん、下ろしてよぉ」

 そのままソファーの方へ運んで行って、ソニアの身体を両腕で少し持ち上げてから、ソファーの上に投げ落とした。

「ふーん、やっぱりラムリーザ様って腕力あるんですのね」

「5kgのおっぱいを、軽々と持ち上げて投げ飛ばしたね」

 リリスの発したまた荒れるような発言は、幸いなことにソニアの耳には届かなかったようだ。

 ソニアは投げ飛ばされたことで、非難の矛先がラムリーザに向かっていたし、その口はラムリーザにふさがれて「むーむーむー」と唸るだけだ。

「ボートに乗ったのはどうでもいいから、少し落ち着いて静かにしろ。雨に濡れたからって何をそんなに興奮しているんだよ」

「違う! 悪いのはリリス! あたしんぐー、んー、むー」

「別に誰が悪いとか聞いてないから」

 口を開くとすぐに騒ぎ出すので、ラムリーザはソニアの口を塞いだままそのまま顔をつかんで放さないようにするしかなかった。

 ソニアは必死になってラムリーザの手を引き剥がそうとするが、残念ながら力の差が有り過ぎてどうしようもない。

「ごめん、ちょっと席外す。食事できたら呼んで」

 ラムリーザはそう言って、ソニアの口から手を放さずに、もう片方の腕でソニアを後ろから抱きかかえてリビングから出て行った。

「なんか、あのまま針に引っ掛けそうな勢いだな」

 リゲルが呟いたように、その様子はまるで人間の皮でできたマスクを被った怪人が、被害者の女性を部屋の中に引きずり込むような雰囲気だ。

 ラムリーザは、ソニアを抱えて寝室に入っていく。そのまま、今度は自分の口で、ソニアの口を塞ぐことにした。精神的に落ち着かせるのは、やっぱりこの方法しかない。

 石鹸の香りがラムリーザの鼻をくすぐってきた。

 

 

「いざ、タリムへ!」

「いや、わからんて」

 ソニアのよくわからない挨拶で、昼御飯が始まった。

 ラムリーザとソニアにとっては、親元を離れて生活するのはいつものことだが、他の四人にとっては珍しいことである。大人の居ない、自由にできる時間を十分に堪能していた。

「そういえば、ラムリーザ様は去年の夏休みとか、どんなでしたの?」

「去年、んー、去年。んー、妹とソニアと一緒に、ジャンの店に入り浸って演奏したり遊んだりしていた記憶が強いなぁ。後は、父の計らいで城に泊まったりかな。宮廷料理はやっぱり違うね」

「城?! すごい……、やっぱりラムリーザ様は私達と違うんですのね……」

 ユコは自分で聞いておきながら、一人驚いて何か考え込んでしまう。

「そう言うユコは? リリスは?」

「夏休みを利用して、RPG二本クリアしたよ」

 そう答えたのはリリスだ。ゲームにはまっていたのね、今もそんなに変わらないけど。

「私もゲームしたり、楽譜書いたりダラダラと過ごしていたような。去年のリリスはあんまり外に遊びに行きたがらなかったし」

「去年の夏と言えば、『こんにゃく』か?」

 リゲルが横から、よく分からない事を挟んできた。

「ええ、あれも感動できる名作でしたわ」

 どうやらリゲルとユコの間では、会話が成立しているようだ。

「ふっ、お前はやっぱりな……」

 リゲルが軽く笑って見せたので、ユコは少し憤慨してしまった。

「何ですの?! でも、やっぱり今年の夏休みは全然違いますわね。何か充実していたって言うかー」

「それで、リゲルって去年はどうだったのかしら?」

 リリスは、リゲルとユコの間で交わされた話の流れをとくに考えずに、今度はリゲルに話を振ってきた。

「去年の夏か……。公園でギター弾いたり、海で釣りをして魚食ったり、ショッピングに出掛けたり、ゲーセンとかかな。あと遊園――なんでもない」

「ふーん、リゲルさんは釣りとか公園とか、今年とあまり変わらないんですのね」

 ユコは何気なく言ったが、ラムリーザにはリゲルの話は今年とは全然違うのだろうな、というのが分かっていた。

 去年のリゲルには、それらのイベント時に、常に傍に一人の女の子が居たはずだ。リゲルの親によって引き離される前、二人はずっと仲良くしていたのだろう。

 リゲルに話を聞いていたために、その事がなんとなく分かっていたラムリーザは、ミーシャとはどんな娘だったんだろうかな、といろいろと想像していた。ラムリーザの予想では、真面目で大人しい物静かな娘、リゲルの傍に居るのは、そんな娘しか想像できなかった。

 

 外では雨は小降りになってきていた。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記