home > 物語 > > 前夜祭前編 用意は周到に

前夜祭前編 用意は周到に

 

 今日は本来なら学校は休みだが、ラムリーザとソニアはいつものように並んで登校していた。

 ここのところ、体育祭などで休日が無い状態だ。その埋め合わせとして、文化祭が終わった後は、数日間の特別休暇が出ていたりする。

 さて、今日は文化祭前日。

 平日と同じように教室に到着し、全員が揃ったところでレルフィーナが教卓に立ち、力強く挨拶する。

 今日は授業は無い。一日かけて、明日の文化祭に向けて、最後の準備をする日になっていた。

 教室の机には、今日までに作り上げてきたさまざまな小道具が並べられている。看板、入り口の飾り、天井から吊るす飾りなど、ラムリーザ達の知らない間にいろいろ作成していたようだ。

 もっともラムリーザ達も、カラオケ喫茶に向けた演奏の練習にかかりきりだったのはレルフィーナも知っている。だから、クラスでの小道具作成に全然出ないのを認めていたのだ。

 ただ、部室で遊んでばかりいたのでは本末転倒なので、後半はレルフィーナが何度も部室に訪れていたりしていた。レルフィーナは演奏の出来具合に満足し、部室に来ては自分で歌って遊んでいたような気がするが、それでもカラオケ喫茶の成功を確信していたりするのだった。

 

 レルフィーナの舵取りで、クラスメイトはそれぞれ動き出し、それぞれの荷物を抱えて軽音楽部の部室へと向かっていった。

 カラオケ喫茶を作る場所は、部室と決めていた。

 そりゃそうだろう。教室でライブやっていたのでは、騒音が酷くて周囲のクラスの迷惑になる。だから、防音設備の整った校舎にある部室でやる必要があったのだ。

 レルフィーナはテキパキと指示を出し、装飾チーム、セットチーム、掃除チーム等とクラスメイトを上手く配分し、作業を着実に進めていった。

 まずは部室を喫茶店風に作り変えなければならない。

 折りたたみ椅子とテーブルは十分な数を借りてきていて、今は部室のすぐ外に積んである。

 まずレルフィーナは、主役扱いとなるバンドのセッティングに手をつけた。

「楽器は全部ステージにあった方がいいわね」

 普段はステージはほとんど使わず、部室の片隅に集まって練習していた。その配置変えから始まった。

 レルフィーナの提案で、まずはドラムセットをステージに移動させる。

 ステージとは言うが、部室の壁際の一角が階段一段分高くなっているだけで、ほとんど簡易ステージのようなものだ。それでもレルフィーナは、カラオケをする場所はそこが良いと考えたのだった。

 ドラムセットは通常真ん中後方にセットするが、ステージはそれほど大きくないのでこれでは真ん中で歌うスペースが十分に取れない。そういうわけで、ドラムセットはステージ左端に置くことにした。

 ソニアの要望で、ベースの位置はドラムの前に決める。

 ステージ中央を挟む形で、右側後方にユコのシンセサイザーを置き、その前でリリスがギターを弾くことになった。

 これで、歌う人を左右から囲むような形でのセッティングが完成した。

 ちなみにリゲルとロザリーンは、天文部の準備でクラスの作業には参加していない。ただ、発表する展示物がまとまれば手が空くので、その後はクラスの方にも顔を出すと言っていた。

 次の作業は、ピアノをどうするかという話になったが、どこに動かしても同じということで、アクセサリー扱いでそのままの場所に置いておく事になった。

 ロザリーンが戻ってきたときの演奏はというと、「前使っていた古いキーボードをピアノ音源にして使えばいい」とユコは言うのだった。

 ただし演奏する場所はステージに無い。ユコと交代しながらやれば疲れないだろう。その点ギターもリゲルが戻ってくれば、ローテーションで休憩できる。休憩できないのはドラム担当のラムリーザだけということになるが、リストの曲の中には、ドラムの入っていない曲も何曲か入っているので、所々休憩できるはずだった。

 そういうわけで、次はいよいよ喫茶店の準備だ。

 部室中央のソファー一式は、片隅に寄せて片付けて使わない。

 空いた中央に、折りたたみ椅子とテーブルをステージの方から並べてセットする。

 部室で使っているテーブルは、そのまま使えるので客席の一つにした。

 そういえば、部室には古くなって使っていないアンプやスピーカーが散乱している。そういった使わないものは、隅に集めて片付ける。

 そこそこ広い部室だが、昼過ぎにはすっかり姿を変え、二十席は確保できる喫茶店へと変貌を遂げていた。

 各テーブルに、二つの書類を置いておく。歌リストと食べ物のメニューだ。歌リストは百曲ぐらいあるが、食べ物メニューはほとんどお菓子と飲み物で、それほど種類は多くない。やはり主役はカラオケと言ったところだ。

「あ、手伝うことある?」

 ラムリーザはふと思い出してレルフィーナに声をかけた。

 バンドのセッティングが終わってから、ラムリーザはドラム椅子に座り、ソニア達もいつも練習のときに座っている小さな椅子をステージ上に並べ、ラムリーザの周りに集まって雑談していたのだ。

 そこで、ラムリーザ達は、自分達が最初の作業以降何もしていないことに気がついたのだ。

「気がつかなくていいのに」

 リリスはそうつぶやき、ソニアも続く。

「作業なんて使用人がすればいいのよ」

 リゲルがこの場にいたら、「使用人はお前だろうが」と突っ込んでいただろう。

 レルフィーナは、ラムリーザ達は演奏要員としか考えて無かったので、それ以外の作業については何も予定していなかった。

「そうねぇ……、暇なら作業用BGMでも流してくれていたら助かる、かな?」

 レルフィーナは少し考えて、そう答えてきた。要望はBGMか、適当に流すとしよう。

「それじゃあ適当に作業用になる曲を――」

 ラムリーザがそう言いかけた時、突然ソニアは「ルシア」の演奏を始めた。

 メロディアスなベースラインを奏でるが、これはソニアの絶叫がこだまする曲だ。大丈夫だろうか?

 ラムリーザはそう思ったが、すぐにソニアのベースラインにドラムを重ねる。

 ユコもシンセサイザーの音をピアノにセットして、自然に合わせてきた。

 本来なら、この曲のピアノパートはロザリーンが担当しているのだが、そこはさすがユコ。何の問題も無く演奏するのだった。

 前奏が終わって歌が始まる寸前のことだ。突然レルフィーナがステージに上がってきて、ソニアからマイクを奪って歌い始めてしまった。

 作業用になってないぞ、これだとカラオケになっているじゃないか。

 当然ソニアは怒り、レルフィーナからマイクを奪おうとするが、レルフィーナはマイクスタンドからマイクを外すと、そのままソニアから離れて歌い続ける。

 マイクスタンドから離れてしまったら、ギターを持っているソニアにはどうすることもできない。

 ソニアはマイクを奪うのを諦め、レルフィーナの邪魔をすることに専念し始めた。歌っているレルフィーナを蹴りつけようとするで、レルフィーナもひょいひょうかわしながら歌い続ける。それは、少しばかり妙な風景だった。

 とりあえず作業用になっていない。レルフィーナは作業の手を完全に止めてしまい、作業の流れは遅れ始めてしまった。

 レルフィーナだけでは不公平になるので、他のクラスメイトも交代で歌い始める。

 そんな感じで、午後の作業は半分遊びながらの作業となってしまった。

 室内の飾り付けが終わり、最後に取り掛かった入り口の飾り付けが終わったときには、既に西の空が赤くなっていた。

 一日がかりで、軽音楽部の部室は、カラオケ喫茶へと姿を変えていた。後は明日、客を入れて歌ってお菓子を提供して楽しんでもらうだけだ。

 

 一通りセットが完成した後、レルフィーナは何人かのクラスメイトに頼んで、お菓子や飲み物を買ってきてもらうことにした。

「仕入れは明日の朝の方がよくない?」

 ラムリーザが尋ねると、レルフィーナはサラッと答える。

「こういった祭りの前には、前夜祭というのがあるのよ」

「膳全野菜? 何か料理でもするのかな?」

 レルフィーナは、ラムリーザの問いがボケなのかマジなのか分からなかったので、突っ込みは置いといて話を進めることにした。

「明日は仕事で忙しくなるから、のんびりできるのは今だけ。だから、今夜は身内で喫茶店を楽しもうよ」

「それはいいね。でも、僕達は今夜も明日も演奏か」

 ラムリーザが演奏に向かおうとすると、レルフィーナはラムリーザの袖を引っ張って止めた。

「あなた達は、今日までごくろうさま。今夜はゆっくり休んでくれていいよ」

 そう言って、レルフィーナは何を思ったか自分がドラム椅子に座るのだった。

 そういうことならと、ラムリーザはソニア達を連れて、客席について用意されたお菓子に手を伸ばすことにした。

 カラオケ喫茶となった部室に、レルフィーナの叩くドラムの音がドンとなる。

 こうして、クラスメイトだけによる、前夜祭が始まった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記