home > 物語 > > 良いとこ無し

良いとこ無し

 

 今日もいつもの光景、いつもの雑談が教室の座席で繰り広げられている。リリスの提供するネタは、まだまだ尽きないようだ。

「痰吐き人形って知っているかしら?」

 リリスの問いにソニアは「知らない」と答える。

「世界中にチェーン展開している雑貨屋、勇者店で売っているという噂の置物、人形ね」

「勇者店なら、繁華街のエルム街にある店なら行った事あるけど、そんな人形売っていたかしら?」

 ロザリーンの問いに、リリスはエヘンと咳払いをしてから語りだした。

「大きさはね、50cmぐらいかな? 飾り気の無い殺風景な人形よ。でもただの人形じゃないの、一定時間置きに痰を吐き出す人形なの。かーっぺって、小便小僧の痰版ね」

「汚いですわね」

 顔をしかめるユコを気にもせずに、リリスは解説を続けた。

「ま、あまりの汚さに不評で、今では痰ではなくて豆を吐き出すように改良されているけどね」

「あ、それなら見たことあるわ」

 今日のソニアは、三人の会話には興味を示さずに、自分に背を預けて窓の外を眺めているラムリーザの背中に頬を埋めてぼんやりしていた。

 

 その時、じっと携帯型情報端末キュリオの画面を眺めていたリゲルが、後ろからソニアの肩を揺すってきた。

「なによぉ、海賊船長のくせにぃ」

 ソニアはめんどくさそうに振り返ったが、リゲルの神妙な顔つきに眉をひそめた。リゲルのこんな表情は、ソニアの記憶の中では見たことが無かった。

「なぁソニア、例えばだ、例えばお前がラムリーザを驚かせたいと思ったとき、どんなことをする?」

「後ろから忍び寄って、十にして『わっ!』て大声を出す」

「十って何や。そんな短絡的な脅かせ方じゃなくて、数ヶ月かけて驚かせる……、ん~、サプライズって言うのかな? そういうのを考えた時、どんなことをやる?」

 ソニアは、目を左右にキョロキョロ動かして考えていたが、やがて視線をリゲルに戻して言った。

「ラムが外出して居ない間に、部屋中にたくさんの風船を飾ったり床に敷き詰めたりする」

「ん~、いつも一緒に過ごしているお前の考えだといまいちしっくり来ないか……」

 リゲルは、再び持っていたキュリオに視線を戻した。

「何よ、風船じゃおもしろくない?」

 ソニアの不満の声に、リゲルはうるさそうに返答する。爆弾発言で……。

「ラムリーザは風船が好きだからな、自分の女の胸に二つの大きな風船が付いているけど、二つに飽きてそのうち大量の風船を求めだすのだろうな」

「なっ、そっ、なっ、何よそれ! 風船なんか要らない! えっとね、ラムにあげる婚約指輪をケーキの中に隠して差し出す」

「ほう、お前らの場合は女の方から婚約指輪を渡すのか。まぁ独創的で面白いとは思う」

 ソニアは、自分の左手の薬指にはまっているエメラルドリングをリゲルに見せて言った。このリングは、引越し前に帝都でラムリーザに買ってもらったものだ。

「だってあたしもう貰っているもん。だから今度はあたしがあげる番なの」

「お前は何か勘違いしている。まあいいからもう黙ってろ」

 リゲルは、ソニアをシッシッと追い払う。

「何よ、そっちから聞いてきたくせに……」

 ソニアは口を尖らせて、再びラムリーザの背中に頬をうずめた。

 

 そんなソニアの様子を見ていたユコは、「今日のソニアは甘えんぼさんモードですのね」とつぶやいた。

 ソニアは、ユコを睨みつけ、次にユコの隣に居るリリスの方へと視線を向けた。

「ソニアってさぁ、ラムリーザの事はどこまで本気なのかしら」

 その時リリスは、いつもの何か悪巧みをするかのような怪しげな微笑を浮かべて聞いてきた。

「あたしとラムは、運命の鎖で結ばれているの」

「赤い糸じゃなくて、鎖なんですのね……」

 ユコは突っ込み、リリスはさらに問い詰めてくる。

「そうかしら? 適当にラムリーザの好意に甘えているだけに見えるけど?」

 リリスの指摘にソニアは、ラムリーザにひっついていた身体をがばっと起こして、激しく言い返した。

「何よ! あたしはね、ラムの良いところは百個言えるけど、悪いところは百一個言えるんだから!」

「なんだか何処かで聞いたような台詞ですのね……」

「良いところより悪いところの方が多いみたいだけど、どうせ何かのゲームのパクリでしょ? くすっ」

「うるっさいわね! ゲームの台詞パクッた歌詞しか書けないリリスに言われたくないわ!」

「それじゃあまずはラムリーザの悪いところを百一個挙げて、適当に考えていないことを証明して頂こうかしら」

 リリスは、笑みを絶やさず言葉を続ける。既にこの地点で、ソニアはリリスの術中にはまっているのだが、これもいつものことだ。

「リリスに親切にし過ぎる、ユコに構い過ぎる、ローザを信用し過ぎる、リゲルと親しくし過ぎる――」

 ソニアは、神妙な顔つきになって次々にラムリーザの汚点を並べ立てる。リリスは、それを聞きながらどんどん顔がにやけていく。

「それ、悪いところかしら?」

「ただヤキモチを焼いているだけですの」

「何よ、文句ある?」

 ソニアは文句を言うが、リリスはまだ攻めてきた。

「はい、まだ四つよ、他に何か?」

「う~……、リンゴ握り潰す、格闘ゲームの対戦相手になってくれない、一緒に寝てくれる、胸を揉みまくる――」

 残念ながら、だんだん適当になってきている。良い所なのか悪い所なのか判断に迷い、むしろ良い所では? と考えられるような事も言い始めた。

「ほらまだ八つ、後九十三個言いなさいよ」

「……格闘ゲームが弱い、ギターが下手、お風呂に一緒に入ってくれる、ひまわりの種を食べる……、う~……」

「十二個になったね、でもまだまだ足りないわよ」

「ちょっと待って、お風呂に一緒に入るって何ですの?」

 ソニアとラムリーザの二人は、先日の大寒波の日、一刻も早く二人で温まりたいがために、二人で一緒に入浴して以来、癖になったのか風呂には一緒に入るという生活を続けていた。

「いいから、さぁ続けて」

 ユコの突っ込みを阻害して、リリスはさらにソニアに発言を促した。

「う~ん……、いつも外の景色ばかり見ている、熱い物を食べられない、ミニスカート捲る、ドラムが下手……、ん~……」

「十六個よ、はい後八十五個言いなさい。それとも、ラムリーザの悪いところ、たった百一個も言えないのかしら? 幼馴染って言ってるけど、口だけなのね」

「うるっさいわね! 今考えているんだから黙っててよ!」

「考えているって、何ですの?」

「妹ばかり構う、あたしに優しくしてくれない、結婚してくれない、ゲームしてたら胸揉む」

「待って、胸を揉むはもう言ったわ」

「ゲームしていたらふとももを揉む!」

「ふ~ん……」

 既にロザリーンは興味を失い自分の席に戻って本を読み始め、ユコもどうでもよくなってきていた。リリスのみが、意地悪く追求している。

 ラムリーザは、最初の方は聞いていなかったが、途中から横で聞きながら気が気ではなかった。このまま放っておけば、何を言い出すか分かったものじゃない。既に公で言っていいものかどうなのか微妙な項目も上がってきている。

「後八十一個!」

「……緑色が好き、欲しいものなかなか買ってくれない、昼寝ばかりしている、朝制服をちゃんと着こなすまで見張ってる……」

 ラムリーザは、緑色が好きなのは悪いことなのか? と思った。また、買ってくれないと言うが、指輪とかプレゼントはしている。所々、適当なことを言っているようだ。

「はい、後七十六個ね」

「ところでラムリーザ様、カノコの設定についてですけどね――」

 ユコも完全に興味を失い、ラムリーザに先日行なったテーブルトークゲームの内容について語りかけてきた。

「……リゲルやローザよりテストの点が悪い、……試験前になると試験勉強を強要する、……胸が大きい人が好き、……リリスやユコに浮気しすぎ……」

「七十二個!」

「……、幼馴染でいてくれる……太ってない……、優しい……」

「ダウト! さっき優しくないって言ったわ」

 既に良い所悪い所関係無く、ラムリーザの特徴を挙げ始めていた。

「リリスの事を根暗吸血鬼と呼ばない!」

「それで?」

「ナリオカレーやナリオふりかけの応募はがきを買わない!」

「くっ……、もういいわ、それじゃあ今度は良い所を百個挙げてみなさいよ」

 相変わらず、ナリオ製品に反応を示すリリスであった。根暗吸血鬼は解決したが、ナリオ製品問題は解決していないし、解決のしようがない。

 ソニアは、今度は笑顔を浮かべて意気揚々とラムリーザの美点を述べ始めた。だが――

「あたしに優しくしてくれる」

「ダウト! それ悪いところで優しくないと挙げたから矛盾しているわ」

「む……、いつも一緒に寝てくれる」

「ダウト! それ悪い点で挙げたわ」

「う……、将来結婚してくれることになってる」

「ダウト! 悪い点で結婚してくれないと言ったわ」

 リリスはどんどん得意気になり、ソニアはどんどん顔色が悪くなっていく。

「……ドラムが上手い」

「ダウト! ドラム下手って言ったわ」

「……緑色が好き」

「ダウト!」

「……あたし一筋でいてくれる」

「ダウト!」「……」「ダウト!」「……」「ダウト!」

「…………」

 とうとうソニアは、何も言えなくなってしまった。それも仕方が無い、良い所悪い所全部含めて、先に悪い所で言ってしまっていたからだ。

 ついに逆にリリスは、最後の一撃を放ってきた。

「なーんだ、ソニアはラムリーザの良い所を一つも言えないんだね。口では本気と言っておきながら、何も考えていないのね、くすっ」

 これを聞いて、とうとうソニアは机に突っ伏してしまった。

「ふえぇ……」

 ソニアを言いくるめたリリスは、満足そうな表情を浮かべて前へと向き直り、机にもたれかかった。

 なんだかよくわからない、昼下がりのとある日常であった。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむの夢日記