home > 物語 > > ゲーム実況をやってみよう

ゲーム実況をやってみよう

 

 寒波は去り行き、例年通り暖かくなった日、ラムリーザは朝からバルコニーの木造デッキチェアに腰掛けてのんびりとくつろいでいた。

 一方ソニアは、携帯型情報端末キュリオの画面をじっと見たままだ。なにやらゲームをプレイしているような音が聞こえるが、ソニアはじっと見ているだけで指一本動かしていない。時折、誰かが話すような声も聞こえるが、別にソニアと会話しているわけでもなさそうだ。

 このままのんびりとした一日が過ぎるのかと思いきや、昼前にソニアはバルコニーに居るラムリーザの所へやってきて言った。

「ラム、ゲーム実況やろうよ」

「は? ゲーム実況? 何それ?」

「ゲームしながらおしゃべりするのを動画として残すの」

 ソニアは、今朝からずっとゲーム実況の動画を、携帯端末で見ていたのだ。そこで、自分もやってみたいという気になってラムリーザを誘ってきたというわけだ。

「それは楽しいのか?」

 ラムリーザは、ソニアの唐突な思い付きにワンクッション入れるつもりで尋ねてみた。

「見ていてすごくおもしろかったよ、だからあたし達もやってみようよ」

 ソニアは、デッキチェアに寝そべっているラムリーザを揺すりながら催促する。ソニアの言うには、ゲーム実況というものは今ものすごく流行っているらしい。

「わかったよ、それでそのゲーム実況とやらに必要なものは何だい?」

 ソニアは、すぐにキュリオの端末で調べ始めた。

「えーと、ゲームと、話し声を入れるためのマイクセット」

 それは問題ない。以前マインビルダーズというゲームでリリス達と遊んだ時に買ったものがある。ただし、ラムリーザが使っていたものは今は埃を被っているが。

「あとね、ゲームの画面を録画するソフトと、音声を録音するソフト」

 これは、マイコンという一般向けのコンピューターを使うのが一般的のようだ。しかし、マイコンはまだ所持していない。

「ねぇ、マイコン買いに行こうよ」

 そういうわけで、二人は繁華街のエルム街に出掛けて買い物をすることになった。

 

 しばらくして、そろそろ夕方になろうかという時間になって、ようやく全ての準備が完了した。

 ゲーム機を、テレビとマイコンに繋ぎ、両方に表示ができるようにした。テレビを見ながらプレイして、マイコンに表示した物を録画するという手筈になっていた。録画ソフトと録音ソフトは、マイコンにインストールしている。

「じゃあ始めよう!」

 ソニアは、マイコンを操作しながら楽しそうに言った。

「ゲームは何をするんだい?」

 格闘ゲームの対戦だけは、御免被りたいラムリーザであった。

「今やってる四国無双でいいよ」

 これは、大寒波前夜にラムリーザもプレイしたアクションゲームだ。対戦じゃなくて協力プレイなので問題ない。

「それじゃ始めようか」

 ラムリーザがコントローラーを手に取ると、ソニアはヘッドセットを手渡してきた。

「これ使ってお話をして」

 ラムリーザは、素直に受け取って装着する。

 いよいよゲームスタートだ。

 ソニアは、ゲームを開始すると同時に、録画と録音も開始した。

 ラムリーザは、とりあえず前回プレイしたことを思い出しながらプレイした。

 四つの国から選択したものは、以前と同じ「ギョク」という国。緑色が国のイメージになっている以外で選択している理由は無い。

「大盛りねぎだくギョク!」

 ラムリーザは、前回と同じことを言って、操作する武将を選択した。前回は一武将を選択したが、今回は総大将のチューカックを選択してみた。ソニアの選んだ武将は、前回と同じテーエンシ。ハメ技を覚えたら、それに固執する。

「総大将選んだら、ラムが負けたら即ゲームオーバーだよ?」

「前回総大将の護衛が大変だったから、自分で何とかすることにする」

「まあいいか、ラムがやられなければ負けはないし」

 しかし、二人はすぐ隣に居るのにヘッドセット越しに会話しているのも、シュールな光景だ。

 ただし、会話はそれだけ。二人は、声を録音していることはすっかり忘れているのか、黙々とプレイしていた。

 プレイ内容は、前回と同じでソニアが敵陣に突入して、ラムリーザは本陣を守っている。いや、総大将だから守られている。時々突入してくる敵の兵士を追い返しているだけだ。

 その内、また前回と同じ事態が発生する。敵が本陣に奇襲してきたのだ。

 ラムリーザのプレイするチューカックの周囲に、突然敵の大軍が現れる。その敵が、総大将のラムリーザ目掛けて一斉に襲い掛かってくるものだからたまらない。たちまちラムリーザはピンチになってしまった。

「やばい、死にそうだ」

 これがプレイ始まっての初めての発言だ。

「死んだら許さないからね」

 ソニアは、敵の本陣に突入して敵を蹴散らしながらつぶやいた。

 しかし、あまりプレイしていないラムリーザは下手だった。前回は総大将の護衛だったから、自分は攻撃目標にされていなかったが、今回は違うし護衛もあまり強くない。

「あ、死んだ……」

「ラムの馬鹿!」

 画面に、ゲームオーバーを示すテロップが出て、物悲しい音楽が流れた。

「ソニアが護衛してくれないからだよ」

「それだったら誰が攻めるのよ! まあいいわ、ラムは練習していて、あたし今のプレイを動画に編集してみる」

 そういってソニアはマイコンを操作し始め、その隣でラムリーザは、練習ステージを黙々とプレイしていた。

 しばらくして――

 

『大盛りねぎだくギョク!』

 

 とつぜんマイコンから、ラムリーザの力よい声が響いた。

「びっくりした、何や!」

「動画ができたよ、今テレビに映してみるから見てみようよ」

 ソニアがそう言うと、テレビはゲームの画面からマイコンの画面へと切り替わった。画面中央のウィンドウに、ゲームの武将選択画面が映っている。

『総大将選んだら、ラムが負けたら即ゲームオーバーだよ?』

『前回総大将の護衛が大変だったから、自分で何とかすることにする』

『まあいいか、ラムがやられなければ負けはないし』

 聞いていて、ラムリーザは妙な気分になった。ソニアと会話は当たり前のようにやってきたが、客観的に会話している自分を聞くのは初めてだ。

「何か知らんところで自分が会話しているのを聞くのも妙だね」

「おもしろいじゃない、でもラム下手糞ねー」

 ソニアは、プレイしている時は自分の画面しか見ていないので、ここで初めてラムリーザのプレイをじっくりと見たことになるのだ。

 黙々とプレイ動画が流れている。

「でも、ゲーム実況と言いながら、実況してないね。何も話してないじゃないか」

「うーん……」

 ラムリーザの指摘に、ソニアは口をへの字にして考え込む。

『やばい、死にそうだ』

 画面の総大将が追い込まれた時、再びラムリーザの声が聞こえた。再び自分の声を聞いたラムリーザは、妙な気分を味わう。ライブで歌声を録音したものを聞いた事は何度もあるが、普通の会話を聞く機会はめったに無い。

「ラムは正面の敵ばかり見て、周りを見ていないのよ」

 確かにラムリーザの攻撃は直線的なだけだ。ソニアのように、画面を縦横無尽に駆け巡っているわけではない。

『死んだら許さないからね』

 続いてソニアの声。改めて聞いてみると、甲高いがドスが効いている。

『あ、死んだ……』

『ラムの馬鹿!』

『ソニアが護衛してくれないからだよ』

『それだったら誰が攻めるのよ! まあいいわ、ラムは練習していて、あたし今のプレイを動画に編集してみる』

 それから少しして、ブツッと動画は唐突に終了した。

 しばらく沈黙が流れた後、二人は顔を見合わせた。

「面白いね」

 ソニアは、にこっと微笑んで言った。だが、ラムリーザにはまだ疑問の余地が残されていた。

「いや、面白いか? 全然しゃべってないじゃん」

「う~ん、そこが問題ね。次はもっと話しながらプレイしようよ」

 そう言って、ソニアは再びマイコンを少しだけ操作する。そしてすぐにラムリーザの方を振り返りながら言ったる。

「はいこんばんは、ソニアです」

 挨拶をした後、ソニアは指を振ってラムリーザにも挨拶を促す。

「ラムリーザです――、いやちょっと待って」

「何よ」

「こういうのであまり本名を名乗りたくないな、ネットと一緒でハンドルネームみたいなのを名乗ろうよ」

「じゃあ何? ラムだから羊にするの?」

「ソニアが牛にするならそれでいいよ」

「絶対やだ」

「あと、こんばんはでいいのか? 動画を見る人が朝とか見ていたらどうするんだ?」

「う~ん……」

 

 ………

 ……

 …

 

「は~い、おはよう、こんにちは、こんばんは、初めましての人は初めまして、コーネリア・ウィンザーでっす!」

 なんだかまどろっこしいソニアの挨拶と、プレイする時だけ使う適当に決めた名前の自己紹介がなされた。

「はいどうも、ロイヤル・サンフォードです」

 ラムリーザも少し照れながら、事前に打ち合わせした通りに偽名を名乗る。

「今日は、四国無双というゲームをやって行きたいと思います。さっそくギョクの国を選択します。緑色がいいよね、やっぱり。あたしはテーエンシ、これしかないの。はい、ラムの番」

「いや、本名出すなよ。えーと、僕はチューカックを選択します、総大将です」

 ラムリーザは、とりあえずソニアに合わせて説明する。

 こうして、ゲーム実況テイク2が始まった。

 

 再び黙々とプレイする二人。いや、これだとダメだろう?

「ラムじゃなくてロイヤル、何かしゃべってよ」

 ソニアは、すぐに実況中だということを思い出して、ラムリーザに話をするよう促してくる。

「あー、えー、風船二つゲット!」

 このゲームには、0になったらやられてしまう体力と、特殊技を使用すると減る精神力のパラメータがあり、何故か風船が精神力回復のアイテムになっていた。

「ラムの馬鹿!」

「何で?! 風船取っただけやん、それと名前が違う!」

「風船取るの禁止!」

「何その縛りプレイ……」

 全然実況になっていない。二人はいつもの雑談をしているだけだ。

「そうだ、いいことを思いついたぞ」

 ラムリーザの発言に、ソニアは「何?」と答える。

「ソニじゃなくて、コーネリアが一人でプレイしろよ。それで僕は、ソニアを後ろから抱きかかえる。そしておっぱいを掴んで、黙ったら揉むというルールでプレイしよう。それなら嫌でもしゃべるだろ?」

 ラムリーザは、音声を録音していることを忘れて、普段通りに卑猥なことを言う。

「そんなの嫌!」

「悶えながらプレイするのを見た方がおもしろいと思うけどなぁ」

 確かに一部の視聴者に、需要があるかもしれない。ただし、卑猥に感じる映像が消される可能性の方が高いが……。

 

 とりあえず二度目のプレイは、ラムリーザも少しは練習したのと、先程よりも簡単なステージを選んだので、無事にクリアできました。

 ソニアは、ゲームプレイを中断して、再びマイコンを操作して動画編集を始めた。

「そうだ、これを動画共有サイトに載せて、明日リリスに見せてやろう」

「やめろそんな恥ずかしい……」

 ソニアはなんだか楽しそうだが、ラムリーザは不安しか感じていなかった。

 

『ソニじゃなくて、コーネリアが一人でプレイしろよ。それで僕は、ソニアを後ろから抱きかかえる。そしておっぱいを掴んで、黙ったら揉むというルールでプレイしよう。それなら嫌でもしゃべるだろ?』

 

 編集中に、ラムリーザの恥ずかしい台詞が流れてくる。

「いや、それを投稿するのは止めてくれ。どうしても見せたいのなら、携帯端末に動画を入れてリリスだけに見せてくれ」

 リリスに見せるのも嫌だが、ソニアは止めようとしないので、最低限度の譲歩を見せることにした。

 そういうわけでソニアは、今回は動画投稿サイトに共有することはやめにした。

 ラムリーザは、ホッと胸をなでおろしたが、これは新たな混乱の幕開けに過ぎなかったので、ある。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 フォレストピア創造記