home > 物語 > > 主役の座を賭けた椅子取りゲーム始まる

主役の座を賭けた椅子取りゲーム始まる

 

 試験休み明け、今日は文化祭の出し物をクラス会で決めることになった。

 クラス委員のロザリーンは、まずはクラス単位での実行委員を決めることにした。それは、クラスメイトの一人、レルフィーナが立候補して担当することになった。

 なにやらレルフィーナはお祭り好きだとか。

 そういうわけで、レルフィーナを中心として文化祭に向けての話し合いが始まったのである。

「えーと、単刀直入に聞きます。文化祭の出し物は何がやりたいですか? 意見のある人はどうぞ」

 教室内はザワザワとしている。

 ラムリーザは、ソニアに尋ねてもまともな返事は返ってこないということで、後ろに居るリゲルの方を振り返って尋ねてみた。

「リゲルは何かやりたいことある?」

「別に何でもいい、俺は裏方……というより、天文部のほうで作業があるから、あまり手伝いできないしな」

「そっか……」

 その時、ラムリーザは背中に何かがぶつかってくる衝撃を感じた。振り返ると、休み時間のようにソニアが引っ付いて来たところだった。

「なんね?」

「ねー、ラムは何がやりたい?」

「んー、何でもいいな。楽なのならなおさらいいね」

 ソニアとの会話は避けてリゲルを選んだのだが、リゲルがそっけなかったので結局ソニアと話をしている。

「あたしは劇がやりたいかな」

「ゲキ? 膝頭を両手でパンパン叩きながらバタバタ足踏みしながらクルクルまわるあのお祭り?」

「あ、ゲキじゃない、演劇。あたしが主役で、ラムとのラブロマンスを描いた演劇」

「別に演劇でやらずに、普通に日々のロマンスを作り上げるのじゃダメなのか?」

「ダメ。えーとね――」

 そこにリリスが話しに割って入ってきた。

「それ、日常の延長で、何のドラマにもならないわね。ここは私とラムリーザを主役に持ってきて、甘美な世界を演出するのはいかがかしら?」

「おもしろい事を言うんだね、君は。甘美な世界って何?」

 今度はユコも話しに割り込んでくる。

「いいえ。ここは私とラムリーザ様が、帝国内に自治領を作って、じわじわと帝国を乗っ取る劇、いや演劇をやるべきですわ」

「すごいね、ユコの夢物語をそのまま描くんだね」

「こらぁ! ちっぱい共が主役になろうなんておこがましいわ! あんたらはあたしの使用人役で決定!」

「使用人の娘のくせに、くすっ」

「じゃあ、風船おっぱいお化けが出てくるホラー劇場にしたいというんですの?」

「うるさい! 呪いの人形が出てくるホラー劇場よりはずっと素敵! あっ、当然吸血鬼物も却下だからね!」

 どの話になろうとラムリーザにとってめんどくさいことには変わりはない。とりあえずソニア達が公の場で提案しだしたら、思いっきり反対してやろう。そんなことを思いながら、すぐ横で口喧嘩を始めた三人を放っておいて、窓の外に目を向けたのだった。

 

「あ、面白いこと考えた。ちょっとみんな聞いてーっ!」

 その時、実行委員になったレルフィーナが、急に大声を張り上げて呼びかけてきた。

「やりたいことが思いついた人は、えーと、教室では無理ね。隣の自由室に移動してくださーい」

 そういい残すと、レルフィーナはロザリーンと一緒に教室を出て行ってしまった。

 自由室とは、教室と違って机も椅子もない、がらんとした何に使ってもいい部屋のことだ。

 ソニア達は、自分達の演劇案を持ち込むために、二人の後を追っていく。ラムリーザも、三人の野望を阻止するために、リゲルを連れて三人の後を追うのだった。

 他にも何人かクラスメイトが続いたが、結局全員が移動することになったのである。

 

「あれ? 全員来ちゃったの? すごいねー、そんなに案があるんだ」

 レルフィーナの問いに、近くに居た男子は、「いやぁ、何をするのか見にきただけ」と答えただけだ。最初の数人以外は、ただの野次馬だということだろう。

 レルフィーナは「もー、しょうがないわねぇ」と言うと、みんなが集まっているところから少し離れた位置に移動して言った。

「とりあえず意見のある人は前に出て。野次馬は壁際から離れないで」

 その言葉で、ソニア達を含めた十五人程の生徒が前に出る。ラムリーザもリゲルを引っ張ってそれに倣う。

 特に意見があるわけではないが、ソニア達の野望を阻止するために動く必要があるのだ。

 レルフィーナは、自由室の倉庫からパイプ椅子をいくつか取り出して並べながら言った。

「それでは、出し物決定権を賭けた椅子取りゲームを開催します。最後まで残った人の意見を採用するから、みんながんばってねん」

 無茶苦茶だ。内容も聞かずに権利だけ与えるというのだ。行き当たりばったりのこの実行委員は大丈夫だろうか?

 それを聞くと、リゲルはラムリーザの手を振り払って、見物しているクラスメイトの方へ行ってしまった。

「こ、こら、リゲル……」

「茶番劇に付き合ってられるか。ハーレムの住民の責任は、主人が取ることだな」

「くっ……、リゲルにもハーレムが形成される願い事を、流れ星に祈ってやる……」

 そういうわけで、いきあたりばったりで椅子取りゲームが始まったのだ。

 

「それではスタート!」

 

 椅子で輪を作った後で、レルフィーナは携帯型情報端末キュリオを操作して音楽をかけた。

「音楽が止まったら、すばやく椅子に座ってね」

 軽快な音楽に合わせて、ラムリーザ達は並べられた椅子の周りをグルグルと回るのだった。

 どういうわけか、ラムリーザは前にリリス、後ろにソニアと挟まれる場所になっていた。これは、開始直前に、ソニアとリリスにつれてこられた位置だった。何か意味があるのだろうか?

 まあいい、とラムリーザは深く考えるのを止めた。とりあえずソニア達は、無理やりにでも椅子から剥がして脱落させてやろう。三人が脱落したところで、次は自分もわざと脱落してやればよい。

 そういう意味でも、ソニアとリリスに挟まれた場所は都合がよかった。一人ずつ各個撃破で、力ずくでもこの輪から追い出してやろう。

 そんなことを考えながら、リリスの美しい黒髪を見ながら、ラムリーザは回り続けていた。

 しかし気になるのは後ろのソニアだ。ソニアは妙にラムリーザに接近していて、突き出た巨大な胸が、時折ラムリーザの背中にぶつかっている。

 ラムリーザは気になってチラリと後ろを振り返ってみたが、ソニアは真剣な表情でラムリーザを見つめている。だが、目を合わせることは無かった。

 なんだろう……。

 とにかく、ぷよぷよと当たるやわらかい感触が、気になって仕方なかったりするのだった。

 

 その時、流れていた音楽が止まった!

 

 ラムリーザは、胸の感触に気を取られかけていたが、少し遅れる形で急いで椅子へ向かおうとした。

 だが、そのほんの少し遅れた瞬間に、ソニアがいきなりラムリーザの肩を後ろからつかんだのだ。

 何だ急に? と思った瞬間、リリスも後ろへ振り返り、ラムリーザの肩に手を伸ばしてくる。

 次の瞬間、ソニアとリリスは力を合わせてラムリーザを輪から突き飛ばすと、そのまま並んで椅子に座ったのだ。

 ラムリーザは、転ぶことはなかったが、バランスを崩して輪から飛び出る形になってしまった。

 当然出遅れてしまい、椅子に座ることはできない。

「ちょ、お前ら、うらぎっ……、ええっ?」

 いや、椅子取りゲームでは元々敵だから、裏切ったわけではない。ソニアとリリスは、してやったりといった感じの笑みを浮かべて、ラムリーザを見ている。

「これで最大の敵は居なくなったわ。後に残った奴らならなんとかなる」

「うん、ラムが最後まで残ったら厄介だもんね」

「な……」

 これ見よがしにつぶやく二人に、ラムリーザは絶句する。最初から狙っていたというのか?

「座席の奪い合いになったら、ラムリーザは力ずくでも私達を引き剥がして座ることも可能でしょ?」

 確かにリリスの言うとおりだ。

 ラムリーザの腕力があれば、たとえ先にリリスが座ったとしても、無理やり持ち上げてどかせることは容易い。というか、元々そのつもりで居たが、二人の突然の行動で、完全に出遅れてしまった。

「他の男子なら、あたし達を掴むの遠慮するだろうけど、ラムは特にあたしになら遠慮しないもんね」

 ソニアの言うことももっともだ。

 たとえ力があろうと、こうした公衆の場で何の関係も無い女の子を掴みあげる行為など普通はやらない。掴まれた所で、悲鳴の一つでも上げれば撃退することも可能だ。

 だが、ラムリーザにとってソニアを掴みあげることなど何てこと無い日常の風景だ。

 リリスも、「ラムズハーレムポジション」で、ラムリーザの身体の上に堂々と乗ってくるのだ。いまさら掴まれたぐらいで悲鳴を上げたところで、説得力が無いというものだ。

 この点においても、二人にとってラムリーザは最大の敵だったわけだ。

「初回にっていうのも、不意打ちになってよかったよね」

「うん、これが後の方だと、突き飛ばしても結局強引に奪われるかもしれないからね」

 事実、ラムリーザは突然の出来事に呆然としてしまい、とっさに奪い返すという行動に出られなかった。それに、今も二人の言い訳を延々と聞いているだけだ。

 これがラスト近くだったら、座席も少ないし多少出遅れても強引に座席を奪い返すこともできただろう。

 しかし初回となると座席も多く、その他大勢の中からソニアやリリスだけを狙って奪い取るというのも気が引けたりする。

「それに、ラムリーザは私達の邪魔をするために参加したのでしょ?」

 ばれてる。

 ラムリーザは、「それは、なあ?」と口ごもってしまった。

「何? ラムは何か出し物の案でもあったの?」

「えーと……、喫茶店? いや、めんどくさいな……、休憩室とか?」

「あたしに聞かないでよ」

 普段はいがみ合っているくせに、ラムリーザという共通の敵の前では手を組むことがあるとはな。勉強はできないくせに、悪知恵だけは妙に働くやつらだ。

「でもさ、今から奪い取りに行ったら、結局同じことだよね?」

 ラムリーザは、二人に歩み寄っていく。とりあえずリリスの方からでも持ち上げて座席を奪い取るか?

「ラムリーザ?」

 リリスは、近づいてくるラムリーザを誘うような目つきで見つめ返してきた。

 ラムリーザは足を止めて、「どうした?」と聞き返す。

「キスしてあげようかしら?」

 頬を赤らめて誘ってくる。

 ラムリーザは、そのように見つめられると手が出しにくくなってしまった。仕方なくソニアの方へ手を伸ばしかけると――。

「ココちゃん!」

「は?」

「ココちゃんはクッション!」

「…………」

 突然叫ばれて、思わず手を引っ込める。

 その時、レルフィーナの声が、自由室に響いたのだった。

「はい、そこまで! 椅子に座れなかった人は残念! 退場~」

「あ……」

 ラムリーザはその場で動けなくなってしまった。

 してやられた、二人の時間稼ぎにはまってしまったのだ……。

 最後の最後まで悪知恵を働かせる奴らだった……。

 ラムリーザは、ため息を吐き、肩を落として退場することになったのである。

 リゲルに「ハーレムの反乱」などとからかわれるので、「うるさいよ」とだけ返しておいた。

 再び音楽が流れ、第二ラウンドが始まる。

 ラムリーザは、ソニアとリリス、それとユコの三人が、さっさと退場してしまうことを願うだけだった。

 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2018 らむの夢日記