home > 物語 > > 魅惑の壷、発祥の地

魅惑の壷、発祥の地

 

 三日間の学年末試験の終わった翌日、ユコはリリスの家にお出かけの誘いに現れた。篭り気味のリリスなので、ユコの方から誘いに来るのは三年前からほとんどこの形で続いていた。

「リリス~、今日は学校お休みだし、遊びに行きましょうよ~」

 ユコは、リリスの部屋の窓の外から声をかける。すぐに玄関の方からどたどたと音がして、リリスが家から出てきた。

「どこに行くのかしら?」

「ん~、引越しも近いし、適当にぶらつかない?」

「ああそうね、そうしようかしら」

「じゃあさ、今日は久しぶりにあの場所に行ってみない?」

 そういうわけで、二人は連れ添って出掛けていった。

 出掛けた先は、田舎町ポッターズ・ブラフに唯一と言っていいケーキの美味しい喫茶店として有名な場所だった。繁華街のエルム街まで出掛けたら、そのような店はいくつか存在するが、この小さな田舎町ではここだけだった。

 ポッターズ・ブラフの駅から少し離れた場所にあった喫茶店。そこはユコとリリスにとって、忘れることのできない思い出の場所でもあった。

 

 

 三年前――

 

「リリスさん、遊びに出掛けませんか?」

「あ、はい」

 ユコは、引っ越してきた家の隣に住む黒髪の娘と仲良くしようとしていた。

 しかし黒髪の娘リリスは、暗い雰囲気で外に出るのがめんどくさそうにしていたし、会話もぎこちない根暗吸血鬼真っ最中だった。

「リリスさんは、好きな食べ物はなぁに?」

 そんなリリスに、ユコはフレンドリーに話しかけたものだ。

「ケーキです……」

「どんなケーキ?」

「……甘いクリームのケーキ」

 はきはきと話しかけるユコに対して、リリスはぼそぼそと沈んだ声で返答する。

「それじゃあケーキを食べに行きましょう。ねぇ、この地方でおいしいケーキ屋ってどこ?」

「……行ったことはないけど、駅前にあるお店がおいしいみたいです」

「行ったことないのにわかるの?」

「お母さんが、買ってきてくれました」

 ユコは、リリスに手を差し出してから、にっこりと微笑んで言った。

「ねぇ、案内して頂戴。行ってみたいなぁ」

 リリスは、顔をしかめて「うっ」と呻いた。

「わかりました」

 手を取り答えながらリリスは思った。私も言ったこと無いから、正確な場所までは知らないのだけど、と。

 

 

 現在――

 この日二人で訪れたこの場所は、三年前リリスに案内されてやってきた場所だった。

 駅から少し離れた、閑静な場所。そこだけ時間の流れがゆったりしているような、落ち着いた場所。

「初めてリリスと一緒に出掛けた場所が、ここなんですのね……」

「広々としているわね」

 ただし、二人の目の前には、更地が広がっていた。そこには何も建っていなかった。

「いいお店だったのに、まさかあんなことになるとは思っていませんでしたわ」

「仕方ないよね」

 二人は、何も無い空間をぼんやりと見つめていた。

 そこには今から一年半前まではあった喫茶店の痕跡など、どこにも残っていなかった。

 

 

 三年前――

 

「へぇ~、この店がそうなのね。早速食べに入りましょう」

 妙にうろうろと迷った挙句、ようやく辿りついた喫茶店。ユコはすぐに入ろうとリリスを引っ張るが、リリスは妙にもじもじしている。

「どうしたの? リリスさん」

「いえ、初めてなので、緊張してきちゃいました」

「私も初めてよ、初めて同士、仲良く行きましょ~」

 ユコは、ぐずるリリスを引っ張って、喫茶店の中へと入っていった。店の中からは、可愛い売り子さんが「いらっしゃいませ」と迎えてくれた。

 二人は初めての喫茶店で、楽しい一時を過ごしたのだった。

 

 

 現在――

 

 更地を眺めているユコとリリス。

「この店のエンゼルケーキ、おいしかったですわ。できればまた食べてみたいんですけど、どこかに新しく同じ店ができていたりしてないんでしょうかねぇ」

「単純に移転じゃないから難しいかもしれないわ」

「もったいないことですのねぇ」

 昔のこと、初めてリリスと出掛けたときの事を思い出していて、ユコはあることに気がついた。

「そういえば、初めて会った時のリリスって、言葉遣い堅かったですわねぇ」

「ユコも最初は普通だったのに、いつの頃からかお嬢様言葉になっちゃってね、くすっ」

「いいんですの」

 きっぱりと言い切るユコであった。

 

 

 三年前――

 

 この喫茶店が気に入った二人は、その後も何度か一緒に出掛けるのだった。

「今日もエンゼルケーキを食べに来たぞ~」

「私は今日は、キーライムパイにします」

 ユコは、いつものように固い表情をしているリリスの顔を見ながら静かに言った。

「そういえばさ、リリスってなんでいつも敬語なの? それに話すときも、いつも視線がきょろきょろしている」

「そ、そうですか? 敬語になっていますか?」

「その言葉遣いが堅いの。私はあなたにお世話――じゃないわ、友達でしょ? 普通にお話しようよ」

「あ、う、……友達?」

 この時期、リリスは周囲からは根暗吸血鬼とからかわれ、地味で暗い一人ぼっちだった。

 たまたま隣に越してきた、先入観のないユコだから普通に接してくれているが、リリスにとっては友達と一緒に遊んだのは何年ぶりになるだろうか? 五年以上は、一人ぼっちだった。

 ここまでリリスに親しく接してきたのは、ひょっとしたら初めてだったかもしれない。

「リリスが言葉遣いを変えてくれたなら、私も言葉遣いを変えるから、ね、もっとフレンドリーに行こうよ」

 ユコは、どぎまぎする新しい友人に、笑顔でそう語り掛けるのだった。

 

 

 現在――

 

 何も無い空間に、春の訪れを示すかのような風がさらっと流れた。

「私の言葉遣いを直すのはよかったけど、あなたまで変える必要なんてなかったのにねぇ」

「いいんですの、私もこういう話し方をしてみたかったんですの」

 何がきっかけでユコはお嬢様言葉を演じるようになったのかはわからないが、馴染んでいくうちにリリスも口調が砕けてきて、ユコも口調が演じられていった。

 そういえばユコの呼び方も、リリスさんからリリスに変わっていった。ただしリリスの方は、最初の頃はユコの名前を呼ぶことすらなかった。それがいつの頃からか、自然に名前を呼び合える関係になっていったのだ。

「へぇへぇ、いいわそれで。それにしてもこの店、無くなる時はあっという間だったよねぇ」

「犯人がすぐに捕まったのはよかったことですわ」

 二人は、この思い出の喫茶店の終末のことを思い出していた。あの時のことは、二人にとって忘れられない一日になっていた。

 

 

 一年半前――

 

 ある日、二人がいつものようにおいしいケーキを食べようかと思って馴染みの喫茶店を訪れたところ、そこにはほぼ全壊してガレキと化していた店の残骸が残っているだけになっていた。

 至る所から黒煙が立ち上っている。残っている柱も真っ黒だ。

 放火だった。

 ユコとリリスが楽しみにしていた喫茶店は、一夜のうちに焼け落ちてしまったのだった。

 二人は、呆然と見つめることしかできなかった。

 その後、今に至るまでこの喫茶店は、再建されていない。

 

 

 現在――

 

「私達の始まりの店は無くなってしまったけど、私達の関係はこれからもずっと続いていくんですの」

「喫茶店の名残は残しているわ、コミュニケーションサークルとして。あと、テーブルトークゲームに出てくる冒険者の酒場もそれにしたわね。でもいずれまた、私達の手でこの店を復活させることができたら面白いと思わないかしら?」

 ユコは、リリスの肩にもたれかかってきて言った。

「私、いつか必ずまた戻ってきますわ。その時は、この思い出の店を二人で復活させようね」

 ユコもリリスも、喫茶店の経営なんてやったこともないし、知っていることでもなかった。でも、何か約束をしておきたかった。また二人が会える日がやってくるために。

「そうね、それなら私はケーキの一つでも焼けるようにでもしておこうかしら」

 これまで一度も焼いたことのないケーキ作成、リリスはなにも想像できないまま約束をしてみる。こうしておけば、明日への希望が持てるような気がしたから。

「じゃあお互い、次に会うときまでの宿題にしておきましょう。お互いにケーキの一つや二つ焼けるようになっていること。喫茶店の経営は知らないから、そっちはリリスにお願いしますわ」

「喫茶店の経営なんて知らないわ。ケーキはユコが焼けるようになればいいのよ。経営はラムリーザにでもやらせるわ」

「それはいいですわね。でもそれじゃあリリスは何をするんですの?」

「コーヒー、紅茶、ケーキ、コース料理はいかがですか? いらっしゃいませ、いらっしゃいませ」

「それ客引きですの」

 二人は顔を見合わせて笑った。

 いつか建て直そう。二人は未知の領域、やったこともないことを夢見ながら笑い続けていた。

 二人の始まりの地、思い出の店、語り合ったあの場所、喫茶店「魅惑の壷」を再び――。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 らむの夢日記