home > 物語 > > 新開地フォレストピア最終視察

新開地フォレストピア最終視察

 

 この日は、学校も休みということもあり、ラムリーザにとっては引越し前最後の新開地フォレストピア視察に行こうという話しになった。

 ラムリーザ、リゲル、ロザリーンの主要メンバーに加え、今回はソニアとリリス、ユコも行くことになったので、どちらかと言えば視察を兼ねたピクニックだ。全員で揃って新開地フォレストピアに行ったのは、ラムリーズ結成前と新年の祈願以来三回目になる。意外とみんなでは行っていないものだ。

 それと今回は、ユコにとってフォレストピアの思い出を、という意味もあり、みんなで遊んだ思い出を増やそうという意図もあった。ユコは、最後に見る景色を見納めすることにしていた。

 

 今回は電車ではなく、リゲルの運転するバンで移動。リゲルが運転してラムリーザが助手席、女性陣は後部座席、これもいつものポジションだ。

「そういえばリゲル、以前聞いてもらうって話になった、ユコの転勤を無かったことにする件はどうなった? 何か話に進展でも見えたかい?」

 ラムリーザは以前、リゲルにユコの事情を話して、親の仕事の転勤を無かったことにできないか話をしてみてくれと頼んでみた。あれからしばらく経ったが、状況は変わっただろうか?

「ん、とりあえず話をしてみたが」

「どうなった?」

「ん、気にしなくていい」

「……なんやそれ?」

 リゲルは、なにやらはっきりしない返事をする。これはやはり、父親と話をすることはできなかったのか、まともな話し合いはできなかったかのどちらかだろう。

 ラムリーザは、難しいことは分かっていたのでさほど落胆はしなかった。

 しかし、そうなるとやっぱりこれから大変な面も出てくる。

 主に、シャングリラ・ナイトフィーバー二号店での活動において、ユコが抜けるとなると新しい曲を増やし難くなってしまう。キーボード担当も居なくなるということなので、規模は縮小するしかない。

 折角メイングループとしてやっていけそうになった矢先、今後はいろいろと大変だ。

「ユコが居なくなると大変だな……」

 ラムリーザのつぶやきはユコに聞こえていたのか、ユコは小さく「ごめん」とつぶやいた。

「いや、ユコが悪いわけじゃなくて、そうだなぁ……」

「楽譜を作り置きしてくれていたら、後は私達だけでも練習できるわ」

 リリスはそう言うが、ユコも自分が参加できないとなると、楽譜作成の意欲が上がらないというものだ。何かいい手はないものだろうか。

 次の年からは、ラムリーザの妹であるソフィリータが来ることにはなっている。

 ソフィリータはギターができるから、次からはギターのメンバーを増やしてキーボードの代わりをやってもらうことも可能だった。当面は、その形に馴染んでいくしかないだろう。

 しかしキーボードが無くなると、音が減ってしまう。それは仕方が無い、仕方が無い。

 

 ラムリーザがそんなことを考えている間に、みんなを乗せたバンは、フォレストピアの中央駅前に到着していた。

 駅からは北へ一直線の主要道路が引かれていて、シャングリラ・ナイトフィーバー二号店を含むいくつかの建物が並んでいる。ここが次の年からの主戦場になる場所だ。

 駅の隣には、物流の拠点となる大きな倉庫を兼ねた建物もある。これは初期の段階から完成しており、街建設の拠点にもなっていた重要な場所だ。

「あれ?」

 その倉庫を見ていたユコが、小さく驚いたような声を上げる。

「どうした?」

「さっきあの大きな倉庫に、お父様が入っていったような気がしたのですが、気のせいかな?」

 ラムリーザはバンドについて考え事をしていたので外は見ていなかったのでわからない。

「気になるなら見てくる? ここで待っているよ」

 ユコは少し何かを考えていたようだが、「いえ、いいですの」と答えた。

 ひとまずフォレストピアにやってきたものの、開幕直前の最後の追い込み、休日返上で人々は働いていた。下手に首を突っ込むと、邪魔になるかもしれない。

「場所を移動しよう、駅前じゃなくて中央公園に」

 ここに居てもあまりできることはないので、場所を移動することにした。ラムリーザの提案で、リゲルは再び車を動かし始めた。

「それで、この町でラムリーザは何をするのかしら?」

 リリスは前の座席に乗り出して、ラムリーザの耳元で誘うように囁いた。ラムリーザは、リリスの挑発行為は流石に慣れてきていたので普通に答えた。

「食事の選別をすることにしたんだ。少し前の寒波でけっこう食糧生産に打撃を受けたので、ユライカナンから支援してもらって、その料理をみんなで試してみることにするんだ」

「わぁ、いいなぁ。私もそれやりたかったですの」

 ユコが残念そうに言う。

「美味しかったものはユコの所にも送るよ。それに、ライブの時だけ会うって方向も考えているからね」

「うん」

「ぐえっ!」

 突然リリスが、何の脈絡も無く苦悶の表情を浮かべて悲鳴を上げた。

「どした?!」

 ラムリーザが見ると、うずくまっているリリスの横で、ソニアが両手を合わせたポーズを取ってニヤついている。よく見ると、リリスはお尻を押さえて苦しんでいる。

 ソニアは、合わせた手の指先の匂いをかいで、「くさっ」と言った。どうやらリリスの尻を、両指で突いたな……。

「なっ、何すんのよこの変態乳牛!」

 久しぶりに聞くリリスのソニアを責める怒号。

「ラムに近づくものは、この黄金の爪が尻をぶちやぶる。魔女など恐るるに足りず、尻を甘やかすから、そのような苦しみを受けるのだ」

 ソニアは得意げな顔で意味不明な御託を並べるが、すぐにリリスは「何が黄金の爪よ! 敵が寄ってくるだけ!」と叫びながらソニアに飛び掛かっていく。リゲルの「車の中で暴れるな」という言葉は、残念ながら二人の耳に届いていなかった。

 

 中央公園は、まだ人が訪れてはいない。結構広くて、広場に沿って並んでいる花壇には、イチゴの花が咲いていた。

 おそらく次の春からは、今ラムリーザ達の通っている帝立ソリチュード学院に通う生徒の中にも、このフォレストピアに越してくる人も居るだろう。

 電車が走っているから通学には困らないし、フォレストピアとポッターズ・ブラフを隔てているアンテロック山脈にトンネルが開通すれば、バスなどによる通学も可能になるだろう。

「近いうちに、僕もリゲルみたいに車を運転して、車通学しようかなって考えているよ。今住んでいる下宿先に停めさせてもらえれば問題ないし」

 中央公園の駐車場に車を停め、一同は周辺を散策し始めた。駅から中央公園までは一直線で、遠くに小さく駅が見えている。

 ラムリーザは、「何かこの街に置いて欲しい施設とかある?」と聞いてみた。

 リリスは「楽器屋を作って、いろいろな種類置いてくれたら見ているだけでも楽しいかも」と答える。他にも、ゲームセンターやゲームショップを希望してきた。どうも趣味に偏りがありすぎるものだ。

「リゲルは何かいいものある?」

 ラムリーザは、リゲルに聞いてみた。彼ならためになる施設を考えてくれるだろう。

「俺か? そういえば天文台はどうなっている?」

  このフォレストピアの地は、ぐるりと山脈が半分囲んでいる感じになっている。ポッターズ・ブラフと隔てている東側ははるか南の海岸まで山脈が伸びているが、西側は途中までしか伸びていず、さらに西に広大な平野を見渡すことができている。

 天文台は、その西側のうねの途中、ひときわ高くなった場所に建造中だ。

「大学はどうなっていますか?」

 そう尋ねたのはロザリーンだ。

 夏休みのキャンプで語り合った時、大学を作ろうという話になっていた。

「それならあれだよ」

 ラムリーザは、中央公園から見える駅から反対側を指差した。その先には、建設中の大きな建物が遠くに見えた。

「たぶん大学は完成までにもうしばらくかかると思うよ。まぁ僕達が入学するまでには間に合わせるさ」

 そこでラムリーザは、ユコの方を振り返って言葉を続けた。

「ユコ、大学でまた会おう」

「ええ、そうしましょう。それまでにもっといろいろな楽譜を書けるようになっているから、みんなも腕を上げていてね」

 将来的に町の運営は、ポッターズ・ブラフ地方と同じように首長を置いて、そちらに任せることになるだろう。

 いずれは自分たちだけで町を動かしていきたいので、その役はジャンやロザリーンに任せたいところだ。しかしまだ学生の内は無理なので、当面はラムリーザの母親のソフィアがやることになるだろう。

 そういえば、この春からは妹と共に母親が執事やメイドを連れてやってくる。

 ジャンも二号店の経営のためにやってくる、またさらに楽しくなりそうだ。

「フォレストピア、私も住んでみたかったですの」

 ユコのつぶやきにラムリーザは、「二年後、大学生として住もう」と答えた。

 

 

 いよいよフォレストピアの開幕まで一ヶ月を切った。

 一年間という長い期間をかけ、ようやく準備は整った。

 近いうちにこの新しい町が、エルドラード帝国の流行の最先端になるかもしれない。

 ラムリーザは一人、夢と希望に胸を膨らませていた。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 フォレストピア創造記