home > 物語 > > TRPG第四弾「サーカス団」~前編~

TRPG第四弾「サーカス団」~前編~

 

 今日は、いつものメンバーが部室に集まって、もう何度目になるか、テーブルトークゲームを始めていた。

 ゲームマスターはユコ、おそらくこれがユコが最後に作り上げる物語になるだろう。

「それでは始めますわ。とりあえず好きな場所に居ることにしてください。それぞれの居場所を報告して下さいまし」

 ユコの語りかけで、物語は始まった。

「あたしはお城に居る。皇帝陛下と重要な会議で密談中」

「なんやそれ。んじゃ僕は――」

 ラムリーザの居場所報告を、さらりとリリスは妨害する。

「私はラムリーザと一緒に、宝石店で買い物中。ねぇラムリーザ、この真珠の首飾りを買ってくれないかしら」

「むっ! あたしは宝石店でバイト中! 無理だね~、根暗吸血鬼に売る宝石はね~な~」

 いきなりソニアを煽るなリリスとか、自分の居場所をコロコロ変えるなソニアといろいろ突っ込みたいが、ラムリーザはめんどくさくなって放置することにした。

「三人は宝石店ですのね、リゲルさんは?」

「酒場でまったりとしている、『ギルドでも作るか……』とつぶやきながら」

 リゲルは普段の言動からは想像しにくいが、一応シーフという扱いになっている。

「では私はその辺をお散歩中ということにします。いい天気ですねぇ、などと言いながら」

 ロザリーンは物語に導入しやすいように、無難な行動をしていることにした。

「それじゃあロザリーンから始めますわ。いきなりだけど、敏捷度判定するよろし」

 つくづくロザリーンは、このメンバーの中の数少ない良識派だ。ユコも簡単に物語を進めることができる。

 ロザリーンは、ダイスを二つ転がした。

「あ、目が低い。じゃあロザリーンは、前から駆けて来た人と正面衝突ですの、どす~ん」

「あら危ない、えっと、大丈夫ですか? と言います」

「ロザリーンとぶつかったのは、フードを目深にかぶった少年ですの。あ、ごめんなさい、急いでいたもんだから、と言ってます」

「いいえ、こちらこそごめんなさい。怪我とかしてない? と聞きます」

「少年は、ロザリーンの言うことは聞いていないようで、本当にごめんなさい、じゃ、僕はこれで……、と言い残して慌てて走り去っていきました」

「スリね」

 リリスがつぶやく。先ほどからソニアが、リリスがラムリーザと一緒に買い物をしていると言ったことを咎めているが、リリスは全然聞いていない。

「少年が去った後、ロザリーンはポケットに違和感を感じましたわ」

「違和感ですか? ちょっとラムリーザさん、ソニアさんを黙らせてください、うるさくてマスターの話が聞き辛いです」

 ロザリーンにたしなめられて、ラムリーザは仕方なくソニアの頭を抱えて自分の胸に押し付けた。ソニアはまだ何か言っているが、むぐむぐと聞こえるだけで支障はなくなった。

「残念ながらその逆、スリではありませんの。ロザリーンのポケットに、何かがポトッと入った感じですの」

「スッたのはロザリーンね、さすがシーフの彼女」

 ゲーム内の設定でもリゲルとロザリーンが付き合っていることになっているのかどうかは分からないが、リリスは自分が悪党の生まれで自分もシーフ技能を持っていることは忘れているようだ。

「これは何ですか?」

「小さな銀の指輪ですね。飾りっけが少なくて、なんだか掘り込んでありますわ」

「指輪?」と言って、ソニアは自分の左手の薬指にはまっている指輪をみんなに見せた。

 とくにリリスに見せ付けながら、「エメラルドリングよ」と得意げに言う。

「その指輪、呪われているから。身につけていると、少しずつ少しずつおっぱいが際限なく膨らんでいくから」

「むっ、それならちっぱいのリリスがつけたほうがいいねーっ!」

「Jカップ様にあやかりたいから、その指輪頂戴」

 ソニアは、手を差し出したリリスに対して、指輪を外そうとして「待てよ」と動きを止めた。

「騙されない! 指輪あげない!」

「外野うるさいですの、それではロザリーン以外の場面に行きますわ。町のメインストリートのほうが賑やかだよ」

「ラムリーザ、メインストリートが賑やかみたい。行ってみましょうよ。ソニアも早くお城から戻ってきなさいよ」

 リリスは、まだラムリーザとデートしているつもりらしい。

「あたしとラムはお城にいるの。だからリリスは『空想の友人』とデートしているということで!」

「もうそれでいいから、僕は久々の大通りだと言って、メインストリートに出ます」

 ラムリーザは、二人の行動はこの際スルーすることにして物語を進める。

「ブガブガドンドン、あ、これは鳴り物の音ね。え~、寄ってらっしゃい見てらっしゃい! 稀代のサーカス『モンストレスサーカス』は今夜開催だよ~!」

 なんだかよくわからないが、ユコはノリノリだ。

「サーカス!? なんか知らないけど、面白そう!」

 ソニアも城から飛び出てきたようだ。城の中まで、町のメインストリートで鳴っている鳴り物の音が聞こえるのかどうかは不明だが、物語の進行上これでよい。

「私もメインストリートの方に行ってもいいのですか? あと、指輪について調べたいのですが」

 ロザリーンが尋ねると、ユコは「いいですの」と答え、「あ、リゲルさんも出てきて下さいね」と付け加えた。

「指輪について調べるなら、セージ技能+知力。技能ないならもちろん平目ですわ」

 ダイスをコロコロと転がす横で、リゲルはラムリーザの耳元でつぶやいた。

「おい、サーカスと言えば、ファンハウスだぞ」

「ファンハウス? 確かこの地方最東端にあるアミティヴィルの遊園地だっけ?」

「それもある。ただしそのサーカス団の立ち寄る場所のお化け屋敷には、奇怪な顔をした男がその顔をマスクで隠して客引きをやっているらしい」

「なんやそれ、気味が悪いなぁ」

 リゲルは、ニヤリと笑って付け加えた。

「別名、惨劇の館と呼ばれているぞ」

「外野うるさいですの! 惨劇なんてありません! あ、その目だと、掘り込んであるのは、ローエンシェント……な気がするぐらいですわ」

「ローエンシェントですか、ソーサラーじゃないからわかりませんね」

「ちなみに、『気がする』ってレベルで、本当にローエンシェントかどうかは怪しいけどね」

「あっ、リゲルがお酒くさい!」

 その場の雰囲気を出すためか、ソニアはリゲルに余計なことを言う。しかしリゲルも落ち着いていた。

「このゲームの中では、俺が扱っているキャラは二十五歳だ。酒を飲んでも問題ない」

「ふ~ん、ラムは何歳の設定?」

「え~と、ソーサラーだから七十歳ぐらい?」

 ソニアに話題を振られて、ラムリーザは適当に設定しておいた。

「ちょっとそれ、おじいさん過ぎるよ」

 このネタに、リリスはすぐにうれしそうに飛びついてきた。

「ソニアは何歳? ラムリーザと同じぐらいのおばあさん? それとも五十歳ぐらいの歳の差カップルのつもりかしら? それともおじいさんと孫娘?」

 このからかいには、ソニアも反論に困った。どの設定もソニアにとっては望ましくない。

「ラムはね、魔法でおじいさんの姿に化けているの。本当は二十歳ぐらいなの」

「おじいさんの姿に化けている理由は? 逆ならあるかもしれないけど、わざわざ老人に化ける意味はあるの?」

「ソーサラーはおじいさんの方がイメージに合うから、イメージ優先で老人に化けているの」

 ラムリーザの設定について、ソニアとリリスが押し問答を始めてしまった。

「キャラの年齢なんてどうでもいいよ。三十歳でも七十歳でも、二十万歳以上でもいっこうに構わないよ」

 ラムリーザは、適当に答えて二人の論争を終わらせようとしたが、適当すぎで油を注いでしまった。

「二十万歳ってすごいね、老人とかそういうの超越しているわ。二十万年前って、いったいどんな世界だったのかしら?」

 リリスは、ラムリーザに迫ってきて問い詰める。

「なんだろうね、リゲルは何かわかるかい?」

 ラムリーザは、二十万年前と聞かれてもピンと来ないので、いつものようにリゲルに頼ってみる。

「ん~、人類の原型が現れたのがそのぐらいの時期じゃなかったかな? 生物歴史学はあまり詳しくないから、合っているかどうかはわからんが」

「だそうだ」

 ラムリーザは、リリスの方を振り返って言った。

「つまり、ラムリーザは人類の原型なのね」

「リリスも吸血鬼だから五百歳ぐらい」

「外野うるさすぎですの! 全然話が進まないじゃありませんか!」

 脇道にそれて雑談ばかりしているので、とうとうユコは癇癪を起こしてしまう。

「お、おう、すまん。で、サーカスでは何をするのかな?」

 ラムリーザは、慌ててユコの作り出した物語について尋ねてみた。

「身軽な人がアクロバットをしたり、猛獣が芸をしたりするショーですの」

「了解っ!」

 ラムリーザは、ソニアが何か言い出しそうになるのを抑えてユコに敬礼して見せ、それを見たユコも、すぐに気分を落ち着かせて、物語を先に進めだした。

「場所は、メインストリート先の広場だよ。夜までまだ公開してないけど、チケットは売ってますの」

「チケット? あたしチケット買って転売する。リリスみたいにナリオ製品に賭けるより、ずっと堅実だと思うの」

「しっつこいわね。ラムリーザ、ナリオカレーを銀貨一枚で買わないかしら?」

「そこ! ゲーム中に商売始めない! ソニアも転売禁止ですの!」

「じゃああたしが買いに行く、ラムお金頂戴」

「買ってきたら払うよ」

「あ、ちなみに、ソニアの身長はどのくらいって設定ですの?」

 唐突に、ユコはソニアの設定を尋ねてきた。そういえば、身長体重の設定は考えていなかった。まぁ、プレイヤーと同じでよいとするか?」

「あたし? ん~と、二メートル二十三センチぐらいかな」

「ちっちゃいか大きいかで料金が変わるから、真面目に答えてくださいですの!」

 ソニアの設定した大きさだと、どこの巨人族だ? ファイターだから有りと言えば有りだが、極端すぎる。

「じゃあ155で」

 ソニアは、小さければ安くなりそうだということで、小さめに宣言しておいた。

「んじゃ、チケット売り場に行くと、付け耳付け尻尾のワイルドセクシーなお姉さんが『御嬢ちゃんお使い? えらいねぇ~』って言ってきましたわ」

「ワイルドセクシーか……」

「何? ラムリーザは付け耳付け尻尾に興味があるのかしら?」

 リリスは、なんだか嬉しそうにラムリーザを見つめながら尋ねてくる。

「ラムは吸血鬼に興味ないから! あ、チケット買います、大人二枚、子供一枚、吸血鬼一枚お願いするね!」

 リリスを攻撃しながら、ソニアは突っ込み所が多すぎる買い物をした。誰が子供だ? 吸血鬼は別料金なのか?

「待ってくれ、人数が合っていない。ここに居るのは五人だよ」

 ラムリーザは、あえて人数の方を突っ込むことにした。

「大人四枚、風船おっぱいお化け一枚に訂正ね」

 ラムリーザの突っ込みを受けて、リリスは訂正したが、荒らす気満々だ。

「二十万歳も大人料金か?」

 リゲルも要らんことを言う。

「えーと、チケットを買ったことにして、夜まで待ちませんか?」

 どうも収拾が付かないので、ラムリーザはロザリーンの意見に賛成して、ソニアとリリスの意味のない諍いを受け流すことにした。

 年末前に初めてプレイしたときは、ゲームマスターがリゲルだったこともあってか、みんな真面目、もしくは黙り込んでプレイしていたが、馴染んできてゲームマスターがユコになると、この有様である。

 賑やかなのはいいことだが、全然話が進まない。

 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
新しい記事
古い記事

return to page top

©発行年-2019 フォレストピア創造記