home > 物語 > > マックナルド・ヨンディーヌ

マックナルド・ヨンディーヌ

 

 ユライカナンから入ってきたジャンクフード店、マックナルド・ヨンディーヌ。もともとはユライカナン産ではなく、他所の国から入ってきたものだが、今回はユライカナンを仲介して入ってきたようなものだ。

 そういうわけで、今日も駅前の大倉庫に作った仮店舗に集まっていた。今日のメンバーは、いつものフォレストピア組みの六人と、リゲルの車でやってきたリゲル、ロザリーン、ユグドラシル、ミーシャの十名だ。リリスがジャンと一緒に現れたような気がするが、まあいいだろう。

「そういえばこの店は、先日旅行に行った先にあったよな」

「今日体験することになっていたから、その時はあえて入らなかったけどね」

 先週はずっと修学旅行でユライカナンに行っていた。戻ってきてから学校は今日まで休みで、次は明日から通うことになっている。

 さてと、今日も楽しくやっていこうではないか。

 

「ルァンルァンルゥ~」

 

 仮店舗に近づくと、突然ピエロのような格好をした人が、謎の掛け声と共に現れて一同は驚く。

「何これ! 変!」

 ソニアは怒ったような声を出す。変という感想はどうかと思うが、とにかくソニアには変に見えたのだろう。

「そうね、まるで怪人だわ」

 それにリリスも同調する。そう言われると、ピエロのような人も黙っていられない。

「怪人とは失礼なっ。マックナルドのヒーロー、ドンナルダーだぞっ」

「ごめんごめん、びっくりしただけだよ突然現れるから」

 ラムリーザは、ソニアとリリスを後ろに追いやって場を取り繕う。

「ピエロみたいなのが出てくる怖い映画があったよー」

「うん、いっとっとー、また見に行こうかね」

 その後ろでリゲルとミーシャが雑談している。

 どうも場が良くないので、さっさと店に入って料理を堪能することにした。

 座席は、これまでの反省を生かしてソニアとリリスを分断する。ラムリーザは、ソニアとユグドラシルとソフィリータ、ミーシャで一つのテーブルを囲むことにした。もう一つのテーブルが、リゲル、ジャン、リリス、ユコ、ロザリーンの五人だ。

「ユグドラシルさん、そういえばリョーメンとスシが学食に現れましたね」

「うん、本場の味とまではまだ行かないけど、ある程度は真似られたと思うよ。そのうちフォレストピアで料理人に勉強させて、本格的にやっていこうと思うけどね」

「今年中にできるかなぁ?」

「難しいと思うけど、来年引き継いだ会長が音頭を取ればいいのさ。そうそう、ラムリーザ君が生徒会会長に立候補しないかい?」

「それはちょっと気が早すぎます。それに僕はフォレストピアのことで忙しいから、学校のことまで手が回らないと思いますよ」

「だったらあたしが会長になる!」

 そこにソニアが割り込んできた。生徒会長ソニア、うむ、あまりイメージ湧かないね。

「なんだかしっちゃかめっちゃかな生徒会になりそうだけど、それはそれで面白そうかも」

 来年には卒業してしまうので、ユグドラシルは後のことは知らぬみたいなことを言う。

「さて、この店のメニューはどんな感じかな?」

 雑談はほどとぼにして、メニューを開いて眺めてみる。

「えーと、ハンバーガー? 牛肉バーガーに、魚バーガー、卵バーガーに鶏肉バーガー」

「パンで挟むものばかりだね」

「ジャガイモや鶏肉を揚げたものもあるみたいだよ。よし、自分はこのチーズバーガーってのがおいしそうだからそれにしよう。チーズとか好きだしね」

「あたしはスマイルにする」

 そこでソニアは、メニューの一番下に書いてあるものを指差して言った。

「0エルドだ、と?」

「どれだけ頼んでもいいんだ、あたしスマイル十個!」

 怪訝そうにソニアを見つめるラムリーザの後ろから、店員がくすくす笑いながら説明してきた。

「それは笑顔よ、笑顔はプライスレスでいくらでも差し上げるよ」

「むーん……、くっ、じゃあ十個注文したから、笑顔十個持ってきてこの机の上でにこにこしろっ」

 ソニアは引っ込みがつかなくなって無茶を言い出す。

「そんなに店員居ませんよ」

「じゃああんたの笑顔食べる! 食べたら代わりの顔を持ってきてまた食べさせむーっむーっ……」

「そんなあんぽんたんなこと言うな」

 ラムリーザに頭を抱えられてソニアはうめく。

「自分はチーズバーガーよろしく」

「じゃあ僕はこのジャンボバーガーで」

「あたしもジャンボバーガー! とスマイル七つ!」

 ソニアはラムリーザと同じものを注文するが、まだスマイルにこだわっているようだ。

「では私はネギかき揚げバーガーでお願いします」

「ミーシャはこのぷにぷにバーガーがいいなぁ」

 ラムリーザは、ミーシャの注文を聞いてハッとした。いやな予感がしてメニューを見返してみたが、どこにも白いずんぐりむっくりなぬいぐるみは描かれていなかった。ただ単に似たような名前をつけただけだろう。念のために景品は無いか? と店員に聞いてみたところ、今はありませんと答えが返ってきたので安心したりしていた。

「ポテトと飲み物がついたセットですと、お得になってますよ」

「んじゃセットで、飲み物はメローグリーンで」

「では自分はマウンテンビューにしよう」

「あたしはワンバサ!」

 そんな感じに、それぞれ注文をしてしばらく待つことになった。お互い顔を見合わせて黙ったまま、まるで牽制しあっているような雰囲気が過ぎていく。

 このテーブルのメンバーを見て、ラムリーザはユグドラシル以外は去年の年末に映画を見に行った面子だなと思い出した。

「ミーシャちゃん、最近どんな映画を見た?」

 そこで、少し怖いような気になるような、そんな質問をしてみることにした。

「顔のある眼、面白くなかった」

 それを聞いたラムリーザは、ああ、なんか修学旅行のバスの中でリゲルが言っていたな、とか思い出すのだった。念のために、感想の詳細を聞いて見る。

「顔さえ無事なら他がグロでも許されるって風潮がつまんないのー」

 うん、リゲルの言っていた感想と同じようだ。

「付き合うとしてイケメン美女の生首と、ブサメンブスの健康体でどちらか選べと言われて、前者を選ぶような狂気を感じたのー」

 そこまで酷いのか……。

 その後注文の品が届いてからは、再び黙り込んで黙々と新しい味を堪能するのだった。

 

 食事が終わった後、隣のテーブルでは、リリスとユコがなにやら話しをしている。

「そういえば新しい曲の楽譜を仕上げましたわ」

「エロゲ?」

 リリスにそう言われて、ユコは「知りません」と答えた。これは怪しいかもしれない。

「メインボーカルが一人、サブボーカルが一人、後はコーラスから成り立っていますの」

「そう、ならば今ここで担当を決めちゃおう」

 そう言ってリリスは席を立つと、隣のラムリーザ達が居るテーブルへとやってきた。

 ラムリーザ達が振り返ったところで、リリスはソニアとミーシャに用があると言って来た。しかしソニアは、プイとリリスから顔を背けて言い放った。

「あたしは魔女に用は無い」

「いいわ、それなら私とミーシャとで、メインボーカルとサブボーカルの争奪戦やるから、ソニアはコーラスに回ってね」

「なんだとぉ?!」

 それを聞いてソニアは席を立ち上がる。

「待て、大食いはいかんぞ」

 飲食店で勝負となれば、大食いに決まっている。

 以前リョーメン屋でソニアとリリスが大食い勝負をして大迷惑をかけたことがあるので、そこのところは慎重になっていた。

「大食いはしないわ、早食いで勝負よ」

 そう言ってリリスは、ラムリーザから離れるようにソニアとミーシャを連れて別のテーブルへと向かっていった。

 数分後、リリス達のテーブルには、三十個のハンバーガーが並ぶことになっていた。

 大きなジャンボバーガーが三つ、チーズ入りバーガーが十二個、普通のハンバーガーが十五個ある。これを三人で十個ずつ分けて早食いをするらしい。

 最初に大きなジャンボバーガーを一つ、その後普通のハンバーガーとチーズ入りバーガーを交互に九個、先に完食したほうが勝ちだ。

「それ、大食いにならないか?」

 三人の様子が心配になってやってきたラムリーザは、その光景を見てそう呟く。テーブルにずらりと並んだハンバーガーの数は、さすがに普通ではなかった。しかしリリスは、ラムリーザの呟きをスルーして話を進めていった。

「大食いじゃなくて早食い。一番がメインボーカル、二番がサブボーカル、ビリはコーラスに回ってね」

「ミーシャ、無理はするな」

 リゲルはミーシャを気遣って止めさせようとするが、「ミーシャも歌うもん」などと言ってやる気満々なようだった。

 というわけで、よーいどんの掛け声と共に、三人は一つ目のジャンボバーガーの消費に取り掛かった。一個目から大きなバーガー、先が見えるような気がするが、こうなってしまったらラムリーザは黙って見ているしかない。

 ソニアとリリスはほぼ同じペースでかぶりついていて、ミーシャが少し遅れ気味か?

 一分もしないうちにソニアとリリスはジャンボバーガーを食べ終わり、二つ目である普通のハンバーガーに取り掛かった。飛ばし気味の二人に対して、ミーシャはあくまでマイペースを保っている。勝てないのがわかっているので、味わって食べているのか?

 先行する二人が普通のハンバーガーを食べ終わったところで、ミーシャはジャンボバーガーを食べ終わった。

 三人が食べているのを見ているだけでは退屈なので、ラムリーザは追加でチキンナゲットを注文して食べ始めた。サクサクとした食感が口に心地よい。

 しばらくはソニアとリリスが先行してミーシャが追いかけるという図式になっていたが、折り返しを過ぎたところから少しずつ展開が変わってきていた。

 リリスは苦しそうに顔をゆがめ、ソニアも表情が険しくなってきていた。危険な兆候だ。

「待った、やっぱり大食いになっている。ここで終わりにするんだ」

「真剣勝負に口出ししないで」

 ラムリーザの忠告に、リリスは言い返してきた。しかしその声は力弱い。

「コールドゲームなんてずるいのだ」

 ミーシャも文句を言ってくる。しかしこちらはそれほど苦しく無さそうだ。

 ソニアが七個目のハンバーガーにかぶりつくのを見て、リリスも七個目にかぶりつく。しかしリリスはそこで固まってしまった。

「吐き出したら二度と食事会に連れて行かないからな」

 リリスの様子を見てラムリーザがそう言うと、リリスはぎょろりと険しい視線を向けてきた。ただし、鋭いのは視線だけで表情全体は苦悶そのものだった。

「んぬんうんむん――」

 今度はソニアが苦しそうなうめき声を上げる。

「吐き出したら桃栗の里行きだからな! 二人とも吐き出す前に止めるんだ!」

「なぁに? 桃栗の里ってミーシャが住んでいる寮だよ」

 ラムリーザのソニアに対する脅し文句を聞いて、ミーシャはきょとんとした顔で聞き返してきた。そういえばミーシャは親元を離れて一人でこの地方へとやってきて、寮から学校に通っていたのだった。リゲルに再会するために……。

「こら、ミーシャの住まいを、できの悪い奴の隔離施設みたいに言うな」

 去年と違って、リゲルは桃栗の里をソニア収容所扱いにすると文句を言ってきたりする。めんどくさくなったものだ。

 いつの間にかミーシャも七個目に取り掛かっていて、先行する二人に追いついていた。リリスは七個目を一かじりしたところで固まっているし、ソニアも七個目半分ぐらいで止まっている。吐き出すわけにはいかないので止まるしかないのだ。

 そのうちミーシャは八個目に取り掛かる。それを見てリリスは、慌てたように七個目の二口目にかぶりついて――、そのまま持っていたハンバーガーを落として両手で口を押さえる。ラムリーザと一瞬目があった後、リリスは席を立ち上がりそのまま店の外へと飛び出していった。

 外から不穏なうめき声が聞こえてくる。外で吐き出したな――。

 その声を聞いて想像したのか、ソニアも「うえっぷ」とうめいて口を押さえた。

「吐き出したら桃栗――じゃなくて、表に放り出すよ」

 表に放り出す、なんだろう、とっさに口を出たが、ラムリーザはそのフレーズに聞き覚えがあった。ソニアがしょっちゅうぬいぐるみのココちゃん相手につぶやいている言葉だ。クッションらしくしないと表に放り出す、だったっけ?

 それを聞いたソニアは、リリスと同じように店から飛び出していってしまった。外の惨状を目の当たりにしたのか、ソニアの気味の悪いうめき声が直後に聞こえてきて、それにリリスのうめき声がミックスされた。

 ラムリーザは、大倉庫の清掃員に心の中でお詫びするのだった。

 結局ミーシャは、ずっとマイペースを保ったまま、十個全てを完食してしまった。次の歌のリードボーカルは、ミーシャということになりました。

「いろんな意味で、ワンパターンだな」

 リゲルの皮肉に、ラムリーザは苦笑をして「もうやめようかな」と答えるしかなかったとさ、おしまい。
 
 
 
 
Sponsored Links



 
 
 前の話へ目次に戻る次の話へ

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020
古い記事

return to page top

©発行年-2020 フォレストピア創造記